オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DUEL MASTERS PLAY’S公式サイトへ
  • タカラトミー
  • 発売日:2019/12/18
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/27 20:26

イベント

「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 タカラトミーとディー・エヌ・エー(DeNA)は2019年9月26日,スマートフォン向け新作アプリ「DUEL MASTERS PLAY’S」iOS / Android)に関する記者発表会を都内で開催した。実機プレイを用いてゲーム内容が紹介された本イベントの様子をレポートしよう。

正式タイトルの発表前は「PLAY'S」というサブタイトルのみが公開されていた
画像集#001のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 ステージにはタカラトミーのディレクターである石井孝典氏をはじめとする本作の開発陣が登壇し,ゲーム内容の紹介が行われた。本稿においては,本作のβ版を使用した実機プレイも披露されたイベントの様子をレポートする。

「DUEL MASTERS PLAY’S」公式サイト


 発表会冒頭では,タカラトミーのデジタル事業部,事業部長を務める佐戸憲一氏がステージに登壇した。佐戸氏はまず発表直前まで“PLAY'S”とのみ伝えられていた本作の正式タイトルが,「DUEL MASTERS PLAY’S」であることを明らかにした。

タカラトミー デジタル事業部長の佐戸憲一氏
画像集#002のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

画像集#003のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 本作はその名のとおり,TCG「デュエル・マスターズ トレーディングカードゲーム」(以下,DM TCG)を題材としたスマートフォン向けアプリだ。

 DM TCGは,世界初のTCG「マジック:ザ・ギャザリング」を手掛けるWizards of the Coastが制作し,タカラトミーが販売しているTCGだ。国内では2002年から約17年にわたって楽しまれ続けているDM TCGは,今やTCG界における老舗タイトルの一つである。

画像集#004のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
画像集#005のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 佐戸氏いわく,そんなDM TCGのスマートフォン版にあたる本作のコンセプトは「さまざまなデュエマバトルがある遊び場を作ること」だと語った。ライト層やコア層を含めたあらゆるタイプのユーザーに向けた“遊び場”を提供するという位置付けの作品となるようだ。

 また,本作ではオンラインだけでなく,先行体験会を含めたオフラインイベントなど,現実の遊びにつながる仕組みも用意する予定とのこと。

タイトルになっている「Play's」は遊び(Play)と場所(Place)の両方の意味を込めた造語だという
画像集#006のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 その後に上映された映像内では,ゲーム内のカードやキャラクターを紹介する内容が確認でき,最後には本作の配信時期が今冬であることが告知された。


 佐戸氏と入れ替わる形で次はディー・エヌ・エーのアライアンスプロデュースグループ グループリーダーを務める塩澤 敦氏が登壇した。

ディー・エヌ・エー アライアンスプロデュースグループ・グループリーダーの塩澤 敦氏
画像集#008のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 塩澤氏によると,今回の座組はタカラトミーとWizards of the Coastがゲーム開発や調整を行い,ディー・エヌ・エーはそれをデジタルに落とし込む制作面を担当しているという。そうした座組について塩澤氏は「両社の専門性は絶妙に被っておらず,状況に応じてそれぞれがリーダーシップを取れる良い開発環境が構築できています」とコメントした。
 また,アプリの配信と同時ではないものの,PCでスマートフォン向けアプリを遊べるプラットフォーム「AndApp」への対応が予定されている。

画像集#009のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
画像集#010のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

会場ではWizards of the CoastでDM TCGの制作を手掛けているディレクターのCharloe Catino氏によるビデオメッセージも公開された。Catino氏によると本作はWizards of the Coastと二人三脚で制作されているとのことで,リリース後もサポートを続ける旨が語られた
画像集#011のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム


スマホ向けに最適化されたゲームルールで

スピーディーなバトルを実現


 ゲームの概要が大まかに解説されたところで,次に登壇したのはタカラトミーのデジタル事業部で本作のディレクターを務める石井孝典氏だ。ここからは,実際のゲームプレイを交えて本作の詳細なゲーム内容が解説されることになった。

タカラトミー デジタル事業部 ディレクターの石井孝典氏
画像集#015のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 本作の舞台となるのは,日夜バトルが繰り広げられている「デュエマシティ」だ。プレイヤーもデュエマシティで戦いに明け暮れるDM TCGプレイヤーとなって,バトルに挑むことになる。

プレイヤーが使用するアバターの外見や服装は自由に調整できる
画像集#017のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
画像集#018のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
画像集#020のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 プレイヤーの分身となる主人公は,スキンとして「切札勝舞」や「黒城凶死郎」「白凰」といった原作キャラクターの使用も可能という。それぞれのボイスはアニメ版と同一のキャストによる録り下ろしとのこと。。

原作のプレイヤーであればおなじみのカード「コッコ・ルピア」が人間の姿になった「コッコ・ルピコ」など,本作独自のキャラクターも登場するようだ
画像集#021のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 ゲーム開始段階で5種類のベーシックデッキが収録されている。新たなカードを入手するためにはカードパックを購入したり,カードを“ポイント化”したりして入手できるリソースを消費し,必要なカードをピンポイントで獲得可能だ。

 ゲーム内で最初にリリースされるカードパックは,1パック5枚入り(全225種)の「超獣の始動 -MASTER OF DUEL-」となる。なお,過去のパックをそのまま収録/販売するのではなく,ゲーム向けに調整してパッケージ化したものをパックとして販売する形式を採用しているとのこと。

 カードパックには本作独自のカードも収録するとのことだが,石井氏は「当時のゲーム環境をなるべく大事にする」と語っており,新しいカードはあくまで旧来の人気カードをサポートする立場になるようだ。

第1弾拡張パックに続く形で,近いうちに第2弾,第3弾のリリースも行われる予定とのこと
画像集#022のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 気になるルールについては,ほぼ原作のDM TCGそのままだが,スマートフォンアプリ化にあたって多少の調整が加えられている。現場で分かった変更点は以下にその内容をまとめたので,チェックしてみてほしい。

手札上限 10枚
場に配置できるクリーチャー上限 7枚
マナコストの支払い マナゾーン内に1枚でも,使用するカードと同じ色のマナシンボルがあれば支払いが成立する

画像集#025のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 中でもとくに影響が大きいのは,マナコストの支払いに関するルールだろう。本作では,例えばマナゾーンに赤カードと青カードを1枚ずつ配置した状況でも,赤の1マナカードを2枚唱えられる。

 石井氏によると,マナゾーンのカードをタップする操作を省略し,よりテンポの良い対戦を実現するための処理だという。こうしたルールの調整に合わせて,カード自体の能力にも変更を加えているとのことなので,原作プレイヤーにとってはそのあたりも見どころと言えるかもしれない。

画像集#026のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 ゲーム性以外の部分で石井氏が大きく取り上げたのが,戦局によってBGMのアレンジがシームレスに変化する「インタラクティブミュージック」という要素だ。

 会場で実際のバトルシーンが公開され,バトル開始時のBGMがシールド枚数の有利不利によって変化し,さらにクライマックスに近づくにつれて音楽が自然に移り変わっていく様子を感じ取ることができた。

主題歌は制作中で,後日発表予定とのこと
画像集#027のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム
画像集#028のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 発表会の終了後には,会場に用意された先行β版を体験できた。クリーチャーの召喚やカードの挙動は非常に心地よく,ルールを知っている人であれば,つっかえることなく自然にゲームに入り込めるだろう。

画像集#029のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 ターン内でできることがなくなったら自動でターンが終了する機能(設定で切替可能)などが搭載されており,DM TCGの基本ルールを踏襲しつつも,スピーディーに楽しめる工夫が光っていたのも印象的だ。「シールドトリガー」の発動時にはカットインが入り,爽快感も抜群だった。

こちらがゲーム画面。シールドやマナの表示がきれいにまとまっている
画像集#030のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

 現在は公式サイトや公式Twitterアカウントがオープンし,10月12日(東京)と13日(大阪)では先行体験会が,10月下旬にはクローズドβテストの実施がそれぞれ控えている。興味がある人は続報を見逃さないようにしよう。

画像集#023のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

画像集#031のサムネイル/「DUEL MASTERS PLAY’S」記者発表会をレポート。デュエマバトルをスマホで楽しめるゲーム

「DUEL MASTERS PLAY’S」公式サイト

  • 関連タイトル:

    DUEL MASTERS PLAY’S

  • 関連タイトル:

    DUEL MASTERS PLAY’S

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
74
BLESS UNLEASHED (PC)
67
67
DEKARON (PC)
55
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
2021年03月〜2021年09月