お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2023/03/01 19:00

インタビュー

[インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み

 2023年3月11日,埼玉県の川口総合文化センター リリア 音楽ホールで作曲家・伊藤賢治氏をフィーチャーしたゲーム音楽コンサート,「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat.伊藤賢治」が開催される。
 この公演は,伊藤氏が手がけてきたゲーム音楽を中心に,これまで影響を受けてきた名曲の数々を伊藤氏(ピアノ),土屋玲子さん(ヴァイオリン),川村 竜さん(ベース),井谷享志さん(パーカッション),そして岸川恭子さん(ボーカル)というアコースティック編成で演奏するというもの。前売り券は6000円(税込)で,現在も発売中だ

画像集 No.001のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み 画像集 No.002のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み

 4Gamerでは先日,この公演の仕掛け人である公益財団法人 川口総合文化センター 事業課 主査の柴田彰久氏に企画意図などをインタビューし,会場側からのオファーで本公演が実現するに至った経緯などを聞いたが,今回は伊藤氏ご本人に本公演への意気込みなどを語ってもらった。未発表の演奏曲についてのヒントなども教えていただいたので,興味のある方にはぜひご一読いただきたい。

関連記事

川口総合文化センター リリアはなぜゲーム音楽のコンサートを主催するのか。「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat.伊藤賢治」の仕掛け人に聞く

川口総合文化センター リリアはなぜゲーム音楽のコンサートを主催するのか。「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat.伊藤賢治」の仕掛け人に聞く

 ゲーム音楽コンサート,「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat.伊藤賢治」が,2023年3月11日に埼玉県の川口総合文化センター リリア 音楽ホールで開催される。自治体系のホールがゲーム音楽のコンサートを主催するのは,比較的レアなケースだろう。そこで今回,“仕掛け人”である公益財団法人 川口総合文化センター 事業課 主査の柴田彰久氏に企画意図などを聞いてみた。

[2022/11/11 15:30]

「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat. 伊藤賢治」イベント情報



今後の伊藤賢治氏の音楽活動において

一つのターニングポイントになり得る公演


4Gamer:
 今回のコンサートは,川口リリアの柴田彰久さんから「伊藤賢治さんのコンサートを開催したい」とオファーがあったことで実現するそうですね(関連記事)。このお話を聞いたときの率直な感想を教えてください。

伊藤賢治氏(以下,伊藤氏):
 まず驚きました。これまでは基本,こちらが何か公演をやりたいとなったときに,ホールを探して空き状況を確認したうえで,「この日にそちらの会場を使用させてください」とお願いする形だったんですよ。それと比べたら,まるで逆パターンじゃないですか。
 だからとても驚きましたし嬉しかったですし,同時に本当なのかな? ドッキリじゃないのかな? なぜ,自分を選んでくれたんだろう? みたいな気持ちもありました(笑)。

画像集 No.003のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み

4Gamer:
 伊藤さんはかつて,観客の一人として川口リリアを利用したことがあるそうですし,感慨もひとしおだったでしょうね。ちなみに当時はどんな公演をご覧になったんですか?

伊藤氏:
 スターダストレビューは何度も行きました。母と一緒にさだまさしさんのコンサートに行った思い出もあります。
 余談ですけど,僕が育った大宮周辺のコンサート会場って大宮市民会館(2022年閉館)や大宮商工会館(1985年閉館),浦和市文化センター(現・さいたま市文化センター)ぐらいで,子供の頃にコンサートへ連れて行ってもらうとなると,このうちのいずれかだったんですね。大宮ソニックシティ(1988年開館),川口リリア(1990年開館)ができてからは,ソニックシティのチケットが取れなかったらリリアに行く,みたいな感じになりました。川口リリアは交通の便が良く,駅からものすごく近い! まず,これが最高ですよね(笑)。

4Gamer:
 ですね(笑)。
 伊藤さんの音楽の根底には,フォークや歌謡曲を含む邦楽が根付いているというお話は以前にもうかがったことがありますが,それはそういった会場での体験があったからこそ,なんですね。

伊藤氏:
 ええ。若い頃からそういったものを生で体験できたのは,大きな財産です。音楽だけではなく,演出面に関しても。例えば,オープニングの雰囲気作りだとか,ワクワク感の生み出し方とか,サプライズ的な演出だとかは,確実に自分でコンサートをやるときの糧になっています。当時はそんなつもりで見ていたわけではないんですけど,こういう具合に演出をするから引き込まれるんだな,みたいなものは参考になっていますね。

4Gamer:
 そんな経験をしてきた川口リリアでのコンサートは,ある意味において伊藤さんにとっての集大成的なものになるのかな? という気がしたのですが,いかがでしょうか。

伊藤氏:
 コンサートをやるときは,毎回その時点での集大成として作り上げるつもりで取り組んでいるんですが,今回は会場からオファーを受けての開催ですから一層気合いは入っています。次につなげたいですし。

4Gamer:
 「リリア・ゲームミュージック・セレクション」を「Vol.1」で終わらせてはならない,と。
 さて今回,編成についてはどのように決めていったのでしょう?

伊藤氏:
 最初はいろいろなパターンを考えました。クラシック寄りにすべきだろうか,ジャズ寄りにすべきだろうか,あるいは電子楽器も入れるべきだろうか? と。
 ただ,この企画を担当された柴田さんから,「(川口リリアの)音楽ホールは非常に音響が良いので,ぜひ生音で!」とのリクエストがありましたので,ほぼマイクを使わないアンプラグド編成にしようと決めました。
 そのうえで,ピアノ五重奏(ピアノ+弦楽四重奏)という案もあったんですが,「リリア・ゲームミュージック・セレクション」の初回ということで,自分の楽曲をよく理解してくれている人達と演奏したいと考え,ピアノ+ヴァイオリン+ウッドベース+パーカッションという編成に決めました。「ロマンシング佐賀2018」でやったライブのメンバーと,もう一度やりたいという思いもずっとありましたし。

画像集 No.004のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み

4Gamer:
 そういった背景もあったんですね。佐賀県まで聴きに行けなかったファンにとっても,嬉しいものになりそうです。

伊藤氏:
 ええ。メンバーの皆さんは各方面で活躍されていますし,皆さんのファンにも楽しんでいただきたいという思いもありました。スケジュールの調整が難しいかな? とも予想していたんですが,いざ聞いてみると「むしろやらせてください!」という嬉しい反応をいただけて,ありがたかったです。

4Gamer:
 編成が決まったところで,演奏する曲はどのように選んだのでしょう?

伊藤氏:
 柴田さんから「七英雄バトル」や「熱情の律動」をはじめ,いくつかリクエストがあったので,そのあたりをピックアップしつつ,「この曲をやるなら,この曲もありだな?」という形で広げながら少しずつ決めました。「熱情の律動」をやるなら,岸川恭子さんに歌ってもらわなければいけないし,まだ発表はしていませんが,岸川さんがいるなら……という選曲もあります。

4Gamer:
 あれかな? という想像はできますね。

伊藤氏:
 そこは当日までのお楽しみということで(笑)。
 ちなみにウラディーミル・ヴァヴィロフの「カッチーニのアヴェ・マリア」という曲は,岸川さんにとっても初の歌唱らしく,「不安だけどとても楽しみ」と言っていたので,ぜひ現地で聴いてほしいです。

4Gamer:
 そのほか,発表されていない演奏曲について,何かヒントがあればお願いします。

伊藤氏:
 これまでのライブなどで定番になっているような曲はいくつかあります。ゲーム音楽でも,ゲーム音楽以外でも,この編成ならではのものをお楽しみいただこうと準備していますので,楽しみにしていてほしいです。

4Gamer:
 いろいろと想像がふくらみます。
 では今回のコンサートに足を運ぶ皆さんには,どんなところを注目してほしいですか?

伊藤氏:
 ライブハウスのようにコンパクトな感じではないし,オーケストラやロックコンサートのような大ホールでもない,アコースティックな音の響きを存分に堪能できる規模のホールで,ステージから客席に向けて降り注いでいくような生のサウンドを全身で味わってほしいと思っています。
 さっきも少し,音楽ホールでピアノを弾かせてもらったんですけど,本当に響きが良いので,ぜひ体感していただきたいと,あらためて思いました。自分自身,こういう会場でほぼ生音で演奏する経験って,あまりないことなので楽しみにしています。

画像集 No.005のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み
画像集 No.007のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み 画像集 No.006のサムネイル画像 / [インタビュー]伊藤賢治氏に聞く,川口リリアの思い出と「リリア・ゲームミュージック・セレクション Vol.1」への意気込み

4Gamer:
 となると,今後の伊藤さんの音楽活動の幅を広げるきっかけの一つにもなりそうです。

伊藤氏:
 確実に一つのターニングポイントになるでしょうね。うまくいけば,これまでにやってこなかったような形態のコンサートも含めて考えていきたいですし。

4Gamer:
 そして「リリア・ゲームミュージック・セレクション」の「Vol.2」にも期待したいですし。

伊藤氏:
 この企画が続くとなったら,自分が「笑っていいとも!」のタモリさんのようにホストとして,ほかのゲーム音楽の作曲家を紹介する形なんかも楽しそうですよね。柴田さんに相談しなきゃ(笑)。

4Gamer:
 楽しみにしています。ありがとうございました!

「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat.伊藤賢治」.

日時:2023年3月11日(土)14:15開場 / 15:00開演
会場:川口総合文化センター リリア 音楽ホール
   〒332-0015 埼玉県川口市川口3丁目1-1
   ※JR京浜東北線 川口駅 西口正面
   https://www.lilia.or.jp/
席種&チケット料金:
 全席指定 6000円(税込)
出演:
 ピアノ:伊藤賢治
 ヴァイオリン:土屋玲子
 パーカッション:井谷享志
 ウッドベース:川村 竜
 ヴォーカル:岸川恭子
プログラム:
 七英雄バトル(ロマンシング サガ2)
 熱情の律動(ロマンシング サガ -ミンストレルソング-)
 再生の絆〜 Re;univerSe 〜(ロマンシング サガ リ・ユニバース)
 Departure(パズル&ドラゴンズ)
 V.ヴァヴィロフ:カッチーニのアヴェ・マリア
 ピアソラ:リベルタンゴ ほか
前売り券販売所:
 ・リリア・チケットセンター
 ・イープラス
 ・チケットぴあ
 ※お申込み方法及び注意事項は受付画面よりご確認ください。

「リリア・ゲームミュージック・セレクション vol.1 feat. 伊藤賢治」イベント情報

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ -ミンストレルソング- リマスター

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ リ・ユニバース

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ リ・ユニバース

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    ロマンシング サガ2

  • 関連タイトル:

    パズル&ドラゴンズ

  • 関連タイトル:

    パズル&ドラゴンズ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日