※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2019
号外No.3
東京ゲームショウまとめ読み!9月13日〜15日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
プロゲーマーの第一人者は今のeスポーツに何を思う
ウメハラ氏インタビュー
観覧者が殺到したステージイベントをレポート
さらなる新要素が明らかに
「DEATH STRANDING」
召喚獣はすぐに帰らない
「FINAL FANTASY VII REMAKE」
TGSに集結した海外タイトル
The Outer World
Vampire: The Masquerade -
Bloodlines 2
ダンジョンマンチーズ
期待のスマホアプリプレイレポート
妖かしレストラン
ガール・カフェ・ガン
悪魔城ドラキュラ Grimoire of Souls
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
トランスピー公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:7
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
実力派女性レーサー 神子島みかさんも登場! オンラインレーシングゲーム「トランスピー」発表会。CBT募集は10月21日から
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2008/10/16 21:00

ニュース

実力派女性レーサー 神子島みかさんも登場! オンラインレーシングゲーム「トランスピー」発表会。CBT募集は10月21日から

 ゲームヤロウは,本日(10月16日),新作オンラインレーシングゲーム「トランスピー」(Transpee)の発表会を東京都内で行い,その中でクローズドβテスター募集および,クローズドβテスト(以下,CBT),正式サービスの日程を発表した。

 クローズドβテスター(ドライバー)募集は10月21日〜27日の期間,CBTが10月29日〜11月3日の期間で実施される予定とのこと。オープンβテストの実施については何も言及されなかったが,今冬に正式サービスが開始されるとのことなので,CBT以降にそれほど間を置かずにプレイできるのではないだろうか。なお,正式サービスと同時にネットカフェでの展開も行われる予定だ。

トランスピー トランスピー


 発表会ではまず,9月16日にゲームヤロウ代表取締役社長に就任したばかりの,村井真郎氏による挨拶が行われた。同氏はトランスピーについて,「高い完成度のシステムやグラフィックスだが,低スペックPCでも動作するので,幅広いプレイヤーにスピード感,爽快感,興奮が体験してもらえる作品だ」とアピールする。

 また,トランスピー投入を決定した理由として,同社がサービス中のオンラインFPS「サドンアタック」での成功を挙げている。それまで日本では,オンラインFPSという市場が確立されておらず,その原因としてFPSは難しいのでは? 面倒くさいのでは? など,PCオンラインゲームが抱えるハードル(先入観)があった。そこで,簡単かつ低スペックPCでプレイできるサドンアタックをリリースすることで,閉塞感があったオンラインFPS市場に一石を投じたのだという。
 その実績に自信を持ち,今度はコンシューマやアーケード市場において成熟しているというジャンル“レースゲーム”での,オンラインゲーム市場の確立に挑戦すべく,トランスピーを投入する決意をしたわけだ。

トランスピー トランスピー トランスピー
トランスピー トランスピー トランスピー

 村井氏の挨拶に続き,チームトランスピー(Team Transpee)体制発表が行われた。これは,チームオーナーを村井氏とする仮想レーシングチームの発表ということで,そのメンバーには,チームディレクターにパブリッシング事業部プロデューサー孫用官氏,テクニカルディレクターに韓国から駆けつけたというGamehi 開発プロジェクトマネージャ金鍾俊氏,さらにチームレポーターを担当する神ちはるさん,チームトランスピーのドライバーに,現在FCJ(Formula Challenge Japan)に参戦する傍ら,ファッションモデルやタレントとして活躍中の,現役女性レーサー 神子島みかさんが壇上に登場。
 このチームが今回限定のものなのか,今後のオン/オフラインイベントなどでも登場するのか,気になるところである。

チームトランスピーの一同。(左から)金鍾俊氏,孫用官氏,村井真郎氏,神子島みかさん,神ちはるさん


 その後,チームディレクター孫氏により概要についての発表が行われた。本作は,ジェットコースターのようなスピード感と,物理エンジンを採用したことで実感できるリアルさ,個性豊かなキャラクターとレーシングカー,最後まで何が起こるかわからないスリル感,そして簡単な操作で楽しくリアルな体験ができるオンラインレーシングゲームだという。簡単操作ということで,もちろんゲームパッドでの操作にも対応している。

 現在,6種類のキャラクターと10車種で,20のコース――リバースを含めれば40コースをプレイできるが,今後はキャラクターはもちろん,日本のオリジナルコースなど楽しくプレイできるものを開発していくとのこと。

 ショップでは,ゲーム内ポイントで,レーシングカー,キャラクター,デカール,ペイントなどが購入でき,プレイヤーのガレージで,レーシングカーのチューンやキャラクターのファッションが楽しめるようになっている。なお,今後は強化に成功すればエンジンの,ターボ/ブースト/スピードといった項目の性能が向上する,エンジン強化といった要素が追加予定となっている。失敗すれば……? やっぱり壊れちゃったりするのだろうか。

トランスピー トランスピー トランスピー
トランスピー トランスピー トランスピー

 また,いきなりほかのプレイヤーとレースするのは……というプレイヤーは,シングルモードが用意されているので思う存分練習可能だ。最速タイムを目指してタイムアタックに挑戦するのも良いだろう。

 このほか,対戦モードとしてはアイテムを駆使して戦略的なレースを競う“アイテム戦”,スピードとテクニックのみで競う“スピード戦”が用意されており,ギルドに相当するコミュニティ要素“クラブ”同士での対戦といったものも考えているとのこと。
 コースのあちこちに点在するガードレール・看板などゲーム内のすべてのスペースは,ゲーム内広告として活用でき,これらを通じて提携会社とのタイアップ,人気キャラクターとのコラボレーション,またゲーム大会を定期的に実施するなど,オンラインレーシングゲームでのトップを目指すとしている。



 続いてテクニカルディレクター金氏により,本作のゲームシステムが紹介された。本作では,先ほどお伝えしたように物理エンジンが採用されており,リアルタイムで車の力学関係を演出し,地面の状態によるハンドリングの変化が感じられたり,タイヤの負荷と地面の質によってタイヤに圧力を計算しリアルなコーナリングを実現したりといった,精密な計算が行われているとのこと。キャラクターやレーシングカーの可愛らしさの裏側では,とても緻密な計算で車の挙動の制御が行われているのだ。
 このほか,ドリフトやスリップストリームといったレースゲームを盛り上げる要素や,本作の特徴であるアクロバティックなコース,そしてさまざまな効果をもつアイテムの一部が紹介された。アイテムには,相手を吹き飛ばすミサイル,進路を妨害するストーン,近づいたプレイヤーを巻き込むトルネード,急激にスピードを上げるジェットエンジンなどがあり,一発逆転を狙って最後まで油断できないレース展開が楽しめそうだ。


トランスピー
 発表会の最後となり,チームトランスピーのドライバーとなった神子島みかさんからのお話が,と思った矢先に突如モニターに登場した本作のキャラクター“デニス”。どちらが速いか,チームトランスピーとデニスのチーム“デニスフレンズ”で,3回勝負が行われることに。
 気が付いたらレースがスタートしていた(?)といったハプニングが起こりつつも,2勝1敗で見事にチームトランスピーの勝利で幕を閉じたのだった。神子島さんの感想は「スピード感が凄くリアルだし,コースバリエーションが多くて楽しかったです。来年の自分のレースでも勝てるように,ゲームと共に頑張りたいと思います」とのことだった。

突然登場したデニスとの勝負。ちなみに上段右の女性お二人は,神子島みかさんと共に登場のレースクイーンの方々だ
トランスピー

 ちなみに,韓国では「Go Go Xing」というタイトル名で,HanGameがサービスを行っている本作。2007年のG★にも出展されており,4Gamerで紹介したこともあって記憶している読者もいるのではないだろうか。

■G★2007での記事一覧
[G★2007#48]カジュアルレースゲーム「Go Go Xing」のプレイムービーを4GamerにUp
[G★2007#28]NHN,「Go Go Xing」のプレス向け説明会を開催。最大のウリは「手応え」
[G★2007#17]カジュアルレースゲーム「Go Go Xing」のプロモーションムービーを4GamerにUp
[G★2007#06]スピード感溢れるカジュアルレース「Go Go Xing」がプレイアブル展示


トランスピー トランスピー トランスピー
トランスピー トランスピー トランスピー


 10月21日にはテスターの募集が開始されるということで,間もなく開幕となる「トランスピー」のレース。募集枠などの詳細は分かり次第お伝えしていくので,参戦を考えているレーサーの諸君は続報に注視しよう。


トランスピー
  • 関連タイトル:

    トランスピー

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月14日〜09月15日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月