オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]Tt eSPORTSはどこへ行く? 巨大なゲーム用デスクとチェアを堂々展示
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/06/01 14:49

イベント

[COMPUTEX]Tt eSPORTSはどこへ行く? 巨大なゲーム用デスクとチェアを堂々展示

 COMPUTEX TAIPEI 2016で,メイン会場となるTaipei Nangang Exhibition Center, Hall 1の4F,かなり目立つ場所へ出展しているThermaltake Technology。そんな同社ブースの中央付近に,目視でざっくり長辺1m級という巨大なゲーマー向けデスクと,最近e-Sportsシーンで見かける例の増えてきたゲーマー向けチェアが2セット,アーケードの対戦台のような格好で置いてあった。

Tt eSPORTS
巨大な机と,いわゆるレカロシートっぽい椅子が,ブースの中央付近にどん,と置いてある。具体的なサイズデータは明らかになっていないので,人間の背の高さや,置いてある27インチワイド液晶ディスプレイからサイズ感をイメージしてほしい

Tt eSPORTS
筐体の側面にある大きな空気孔
 Tt eSPORTSブランドで展開され,その名もズバリ「Gaming Desk」というデスクは,厚みのある木で組んであり,いかにも重量感がある。
 そして,その天板部は多くが厚めのアクリルパネルで覆ってあり,その下にはPCを構成するコンポーネントが,比較的余裕を持って並んでいた。展示機は2台とも本格的な液冷仕様で,基本的には筐体両側面に空いた大きな吸排気孔を利用しながら冷却する構造になっている。

Tt eSPORTS
2台あるデモ機のうち,片方の内部を覗いたところ。「GeForce GTX 780」搭載グラフィックスカードを使用するシステムが本格液冷されていた。内部構造には十分すぎるほどの余裕を感じる

Tt eSPORTS
もう1台はこんな感じ。レイアウトはほぼ同じように見える

Tt eSPORTS
 こんな巨大なデスクをTt eSPORTSはいったいどうしたいのか。説明員に聞いてみたところ,これはインターネットカフェ向け製品のコンセプト展示だという答えが返ってきた。いわく「不特定多数が使う前提で頑丈に作ってあるため重く,かつ,購入者が組み上げて,さらにPCコンポーネントを筐体内でどう配置するかも考えねばならないので,とても個人向けではない」とのことだった。

筐体の下を覗き込んでみると,いろいろ手作り感があり,コンセプトモデルという言葉の説得力を強く感じた次第である
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

Tt eSPORTS
 ちなみにサイズやデザインは「ひとまずこんな感じでどうでしょう」として出したもので,COMPUTEX TAIPEI 2016の期間中を通じて,世界中のインターネットカフェ関係者と話をして,形状やデザインを詰めていきたいと,本コンセプトを担当しているという説明員は話していた。

 一方,組み合わせてあるTt eSPORTSロゴ入りのゲーマー向けチェアは,どこかのチェアブランドとの共同開発品ではなく,あくまでもTt eSPORTSオリジナルのものだそうだ。

ほとんど製品版と言ってよさそうな完成度だったゲーマー向けチェア。名前はまだない
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

 座ってみた感じでは良くも悪くも最近のゲーマー向けチェアといったところで,「最終調整前」というステータスながら,リクライニングや高さ調整機構といった基本機構はすべて動作した。実際に展示されていたのは,最終製品版にかなり近いコンセプトモデルだという。こちらは,インターネットカフェ以外に一般用途向けの販売を行う可能性があるが,具体的には何も決まっていないとは説明員の弁である。

リクライニングはこんな感じ(左)。チェアとしての基本機構はきちんと動作した(右)
Tt eSPORTS Tt eSPORTS

Tt eSPORTS
 失礼を承知で言えば,Tt eSPORTSというブランドは,製品そのものの質でも,ファンの数でも,一流への壁を突き破れずに長年足踏みしている印象がある。
 とくに日本ではその傾向が顕著なだけに,「まずはマスを狙った製品づくりに集中すべきではないのか」と思ってしまうのだが,マウスやキーボードをやや奥まったところへ置いてまで,こういうコンセプトモデルをどーんと展示するTt eSPORTSは,ひょっとすると目指しているところがトップブランドとはそもそも異なるのではないか,という気もしてくる。

 いつかTt eSPORTSのゲーマー向けデスクがインターネットカフェのゲームコーナーに並んだとき,我々ゲーマーはThermaltake Technologyの壮大な計画が進行していることに唸らされるのかもしれない。

Tt eSPORTS公式Webサイト(英語)

COMPUTEX TAIPEI 2016取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    Tt eSPORTS

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月