オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[COMPUTEX]背負えるVR向けPC「Backpack PC」の実機がついに公開。MSI本社メディアツアーレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/05/31 00:00

イベント

[COMPUTEX]背負えるVR向けPC「Backpack PC」の実機がついに公開。MSI本社メディアツアーレポート

台湾・新北市にあるMSI本社オフィス
G Series
 COMPUTEX TAIPEI 2016(以下,COMPUTEX)開催前日となる2016年5月30日,MSIは,世界各地の報道関係者を招いたイベント「2016 MSI Global Gaming Media Tour」を,台湾・新北市の本社で開催した。
 このイベントでは,PC本体を背負うことで,仮想現実(以下,VR)対応ヘッドマウントディスプレイ(以下,HMD)のケーブル問題を解決するとして話題を呼んだバックパック型PC「Backpack PC」(関連記事)の実物がいち早く披露された。イベントの概要を簡単にレポートしたい。


見た目は大人用のランドセル?

ベールを脱いだBackpack PC


Sam Chern氏(Global Marketing Director,MSI)
 イベントの冒頭で壇上にあがったのは,MSIにてGlobal Marketing Directorを務めるSam Chern氏である。氏は初めに,MSIとゲーマー向け製品の歴史を簡単に説明した。
 そもそもMSIというメーカーは,1986年に設立された企業で,同年に初の製品となるオーバークロック対応マザーボードを出荷している。つまり2016年は,創立30周年というアニバーサリーイヤーであるわけだ。Chern氏によると,MSIが設立された当時は,500社以上のPC関連企業があったが,現在も事業を続けているのは5社ほどのとのことだ。

 1997年に最初のグラフィックスカードを出荷したのちも,MSIは成長を続け,2013年には1000万枚,そして2015年は1億枚に達する製品を出荷したとのこと。「これは,ゲーマーおよびゲーム産業にフォーカスした結果であり,MSIは常にゲーマーのための製品を製造し,e-Sportsを支援し続けていく」とChern氏は述べた。

Backpack PCを掲げるChern氏
G Series
 そして2016年,VR時代に向けた新たな製品としてChern氏が披露したのが,あのBackpack PCだ。
 発表時の記事でもお伝えしたように,これは,ユーザーが背負って使うバックパック型PCで,ケーブルの取り回しが面倒になりがちなVR HMDに対する最適のソリューションであるという。
 なんだか,空とか飛んじゃいそうなフォルムだが,Chern氏がマシンの姿を明らかにした瞬間,MSIの大きな会議室はシャッター音とフラッシュに包まれた。さすがにメディアの注目度は高いようだ。

なにやらジャージをかけた何かを掲げるChern氏(左)。ジャージを取り去ると,ついにBackpack PCの実物が露わに(右)
G Series G Series

 Chern氏によれば,Backpack PCは当然ながらバッテリー駆動で,高めのスペックを要求するOculus VRの「Rift」や,HTCの「Vive」に対応するため,CPUにはSkylake世代のCore i7を,GPUとしては「GeForce GTX 980」を搭載するという。

見た目は樹脂製のバックパックといった印象で,これだけならPCには見えない
G Series

背負い方によっては,大人用のランドセルに見えなくもない
G Series

 バッテリー駆動時間は,現段階で約90分とのことだが,バッテリーを追加すればさらに延長できるようだ。ただし,これを90分以上も背負っていられるかという問題があるので,時間としては適正だと考えているという。気になる重量だが,5kg以下であるとのこと。イベント後,試しに持たせてもらったが,片手で持つとかなりズッシリくるという印象。もっともこれは,個人差の大きい部分だろう。

G Series G Series

側面には通気孔の役目を果たす孔がたくさん開けられている
G Series G Series

 発売時期や価格については,今のところ未発表で,スペックや内部構成も今回はおあずけ。5月31日に開幕するCOMPUTEX会場のMSIブースに展示される予定になっているので,詳細はそちらでということのようだ。実際にVR HMDを組み合わせた実演など,さらに詳しい情報を期待したい。

MSI本社内の見学ツアーで披露された「IDルーム」という部屋は,MSI製品のデザインを行う場所とのこと。BackpackPCのモックアップもあった
G Series

IDルームに展示されていたMSI製品群。日本では見かけないものもあった
G Series G Series

X99A GAMING PRO CARBON
G Series
 イベント会場には,COMPUTEXに出展される新製品のいくつかが展示されていた。ゲーマー向けのマザーボードでは,「X99A GAMING PRO CARBON」と「Z170A MPOWER GAMING TITANIUM」などが出展されるという。デスクトップPCは,発売済みの「Vortex G65」をはじめとして,奇抜な筐体の「Aegis X」「GAMING 24 6QE」などが披露される予定だ。

新型デスクトップPCのAegis X。VR HMDの使用を想定した製品で,前面にHDMI出力端子を備えているとのこと
G Series G Series

15.6インチ液晶ディスプレイ搭載のゲーマー向けノートPCとしては薄型の「GS63」。GPUはNVIDIA製とのことだが,詳細未公開
G Series G Series

 そのほかにも,ゲーマー向けキーボード「Interceptor DS4200 GAMING」なども出典される予定である。詳しい情報は,追ってレポートできると思うので,楽しみにしていてほしい。

こちらはMSI本社内にある「ゲーミングルーム」。ゲームトーナメントのほか,ゲーマーによる機器のテストなどに使われている部屋とのこと。Viveのベースステーションも設置されていた
G Series G Series

MSI 日本語公式Webサイト

COMPUTEX TAIPEI 2016取材記事一覧

  • 関連タイトル:

    G Series

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月