オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/09/18 02:30

イベント

[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー

画像集#010のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
 9月17日,東京ゲームショウのセガブースにおいて,チュンソフトが放つニンテンドーDS用ソフト「風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」のイベントが行われた。イベントが始まると,動画投稿サイトでの実況プレイで知られるコンビ・えどふみ(えどさん゛&ふみいち)が登場。実況プレイで慣らした流暢なしゃべりで,シレン好きであることがよく伝わるエピソードを披露し,観覧しているシレン好きをニヤリとさせた。

画像集#001のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
えどさん゛氏(左)&ふみいち氏(右)のコンビで「えどふみ」。ゲーム実況のプロとして,さまざまなタイトルを実演PR。前作では,公式チュートリアル&プレイ動画の実況を担当していた

画像集#002のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
チュンソフト代表の中村光一氏。えどふみとのトークも弾んだ
 続いて,開発/発売元であるチュンソフトの中村光一氏が登場した……のだが,少しでも早く新情報が知りたいえどふみの2人から,怒涛の質問攻めに。2人のイキオイに圧倒されつつも中村氏は,「新たにガイド役として登場するタオは,雇うとブーメランを使って攻撃してくれるが,そのガイド料は1500ギタンとかなり高額!」「前作から間を置かずに発表できたのは,2タイトルを並行して作っていたから」といったエピソードを披露。もちろん,前作から導入された要素はほぼ入っているという。

 そして,前作との最大の違いとして,ワイヤレス通信機能を使った対戦&協力マルチプレイが可能であることを公表。詳細は説明されなかったが,シリーズ初の試みだけに,どんな新しさ&楽しさが味わえるのか,今から楽しみだ。

 話が一段落したところで,このイベント本来の目的である実況プレイがスタートし,ふみいち氏がプレイヤーとしてクリアに挑戦した。しかも,普通のプレイでは盛り上がらないだろうという配慮(?)で,「復活の草」を「引き寄せの巻物」に変えておくという過酷な条件で,高い難度の「現代の塔」5階のクリアを目指すこととなった。

画像集#003のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
ふみいち氏がゲームをプレイしながら実況。えどさん”がツッコミ,中村氏が解説を担当した

画像集#011のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
 スタートした直後,ふみいち氏が入手したのは新アイテムの「金食い虫の盾」。いきなりの新アイテム入手に,仕事を忘れて興奮しそうになるが,その効果は「攻撃を受けるたびにギタンを支払ってダメージを軽減する」というもの。「スタート直後でお金がないのに……」と不安顔になる一幕が,場内の笑いを誘った。

 その後は,倒すと転がって行く先のモンスターを巻き込む「コロン」,フロアに落ちている草を勝手に拾っては投げつけてくる「草子どり」といった新モンスターと遭遇し,とまどいながらも退治。途中,どうたぬきを入手すると,「これでイケる!」と思わず声が出る。


画像集#004のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
スタート早々に新アイテム「金食い虫の盾」をゲット。えどさん”も興味深そうに画面に食い入る

 どうたぬきの威力の高さもあって,2階,3階と順調に進んできたふみいちシレン。幾度かのピンチも,中村氏からのアドバイスなどで切り抜けていった。さらに,目の前に迫るマゼモンに,身代わりの杖で変身させたモンスターを追わせ,さらにモンスターを笑わせて行動できなくする新アイテム「笑いの壺」を駆使し,無傷で武器合成をするテクニックを披露。事前に入手していた「かまいたち」とどうたぬきで,どうたぬき+6(かまいたち効果付き)という,強力な武器を完成させた。

 そのイキオイをかって4階に到達したふみいちシレン。3方向に攻撃できるかまいたち効果で強まったどうたぬきで,バシバシと敵を倒していく。しかしここで,好事魔多しなシレンを証明するかのような出来事が。新アイテム「バクチの巻物」を読んだところでなんと無一文に! ギタンがないと効果が減退する金食い虫の盾だけに,急転直下,ヒヤヒヤしながらのプレイとなった。

画像集#005のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
何が起こるかは,読んでみるまで分からない「バクチの巻物」を使用。無一文になったことで,思わず「うわーっ!」と頭を抱えるふみいち氏

画像集#012のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
 なんとか最終フロアである5階にたどり着いたふみいちシレン。途中,ガラ魔導士と攻撃力の高い新モンスター,処刑者に挟み撃ちにされるも,強引に難局を乗り切って,ついにクリアへの階段を発見。これでクリアかと思いきや,その階段上で待ち構えていたのは,先程苦労させられた処刑人。攻撃力の高さを信じて刀を振るったふみいち氏だったが,ここでなんと痛恨の攻撃ミス! もう1撃で倒される,というところで,残っていた「笑いの壺」を思い出し,その効果で動けなくなった処刑人を撃破。見事に「現代の塔」クリアを果たしたのであった。

画像集#006のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
「ギャザーがトゥギャザー!」と笑いの壺がモンスターにギャグを放つ。一度起こった笑いは,モンスターの間で広がっていく

 プレイ後の感想を「新しい道具やモンスターが出るたびに,変な汗が出ます」と語ったふみいち氏は,興奮を隠しきれない様子。通信プレイが早くやりたいというえどさん”に対し「じゃあ,発売されたらマルチプレイで実況をしますか?」と返す中村氏。後日,実現の可能性があるかもしれない。

 最後に中村氏は「現状では12月発売となっていますが,今月の22日に公式サイトで正式な発売日をお知らせします」と発表。そこで同時に発表されるパスワードで,ゲームの発売後にアイテムがもらえる仕掛けもあるとのことなので,チェックを忘れずに。

画像集#007のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー

「不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」公式サイト



パブリッシャ復帰の意気込みも語られた中村光一氏インタビュー


 イベント後に,チュンソフト代表の中村光一氏への合同インタビューが行われたので,その内容をお伝えしよう。なお,一番気になる“マルチプレイ”に関しての質問はおあずけ。非常に残念だが,続報を待ちたい。

――ガイドのタオというキャラクターが公開されていますが,ほかにもガイド役のキャラクターはいるのでしょうか。

画像集#008のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
中村氏:
 いままでもNPCというか,一緒に付いてきてくれるキャラがいましたが,今回もそういった意味ではたくさんいます。アイテムを預けておくと成長させてくれるキャラとか,お金を預けておくといいものを持ってきてくれるキャラなど。一緒に戦ってくれるキャラも含めてのお助けキャラがいます。

――イノリの里以外にも町は登場しますか。

中村氏:
 もちろん,シレンの行く途中途中に村や町はあります。そのあたりは,初代シレンからと同じ流れです。

――前作のコンセプトは「原点回帰」で初代のテイストでしたが,今回は1発クリアはできない難度でしょうか。

中村氏:
 毎回「こりゃムリだよね?」っていいながら作っているんですけど,みんながクリアするんですよ(笑)。それがこのゲームのすごいところというか。斜め歩きとかも皆さん普通にやっているんですけど,作り手側がそれを前提にしてしまうと難しくなってしまう。そのへんのバランス具合で,うまくクリアされてしまうんじゃないかと(笑)。今日のステージは,かなり順調にいったほうではないかと。ここだけの話,昨日のリハーサルではメチャクチャなことになってました(笑)。

――新しいアイテムやモンスターは,前作に比べてどれくらい増えているのでしょうか。

中村氏:
 そうですねえ(困った笑いを浮かべつつ)。具体的な数はともかく,自分でプレイしてクリアしているのですが,それでもいまだに,知らないアイテムが出てきますから,かなり豊富です。もちろん,前作よりは増えています。

画像集#014のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー 画像集#015のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー

――4と5を並行して開発されたとのことですが,それによるメリットはありましたか。

中村氏:
 コアになっているプログラムの部分を共有しながら作れたのはよかったですね。ただ通信など,5特有の要素を作るという大変さはありましたが,それ以上にスピードが早く開発を進められたのがよかったです。中核となるスタッフも共通しています。

――開発当初から,4の要素を引き継いだものを作ろうと思っていたのですか。

中村氏:
 同じシレンですから,アイテムやモンスターはシリーズを重ねるごとに追加しています。ストーリーは当初から別にすることで決めていました。

――初プレイアブル出展ということで,ユーザーさんの反応もご覧になったかと思いますが,いかがでしたか。

画像集#013のサムネイル/[TGS 2010]通信プレイにも対応した「風来のシレン5」の実況イベント&中村光一氏インタビュー
中村氏:
 デモプレイでお見せした「現代の塔」は,僕も何回か遊んで難しいんじゃないかと思っていたのですが,ショーで触ってくださった皆さんは,結構クリアしているみたいで(笑)。しっかり遊ばれてもらっているんだという気持ちになりました。

――そうしてコアに遊ばれているユーザーさんだけでなく,新しく入ってくるユーザーさんのことも考えないといけないと思いますが,そのための施策は

中村氏:
 確かにシレンシリーズはハードコアなユーザーさんが多いので,単純に簡単にするだけだと,怒られてしまいます。ですから,新しく入ってくる方々がゲームを理解をできるような練習用ダンジョンを用意しています。今回も,クリアをするためのコツを半分くらい解説しているダンジョンがあります。

――6年ぶりのパブリッシャ復帰となりますが,その理由をお聞かせください。

中村氏:
 ゲームって,シレンのような家庭用ゲーム機や携帯電話など,いろいろな広がりを見せている。いろいろな選択肢がある中で,いままでのように「CMだけ流していれば売れる」という状況ではなくなっていると感じたんです。ゲームの魅力をちゃんとお客さんに伝えるためにはどうしたらいいのか――そのことをしっかり考えながら,トータルでエンターテイメントとして届けられるように,改めてもう一度パブリッシャとして頑張ろうと思ったからです。

「不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    不思議のダンジョン 風来のシレン5 フォーチュンタワーと運命のダイス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月04日〜12月05日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月