オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
DmC Devil May Cry公式サイトへ
  • カプコン
  • Ninja Theory
  • 発売日:2013/01/17
  • 価格:通常版:6990円(税込)
    イーカプコン限定版:9490円(税込)
    ダウンロード版:6200円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
63
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
85
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「DmC Devil May Cry」がついに発売。プロデューサーの江城氏とアシスタントプロデューサーの内田氏から,いろいろな話も聞けた発売記念イベントをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/01/17 19:58

イベント

「DmC Devil May Cry」がついに発売。プロデューサーの江城氏とアシスタントプロデューサーの内田氏から,いろいろな話も聞けた発売記念イベントをレポート


 本日(2013年1月17日)ソフマップ秋葉原アミューズメント館で「DmC Devil May Cry」(以下,「DmC」。PlayStation 3/Xbox 360)の発売記念イベントが開催された。
 イベントでは,「DmC」を購入した人の中から豪華賞品が当たる抽選会が行われたほか,本作のプロデューサー務める江城元秀氏と,アシスタントプロデューサーのDOYA!内田こと内田洋平氏によるサイン会も行われた。

サイン会の様子
DmC Devil May Cry DmC Devil May Cry

 また,イベント前のわずかな時間ではあったが,お二人に話を聞く機会が得られたので,以下にそのインタビューの内容を届けしよう。

プロデューサーの江城元秀氏(左),アシスタントプロデューサーの内田洋平氏(右)

「DmC Devil May Cry」公式サイト



4Gamer
 ついに発売を迎えましたが,今の率直な気持ちを聞かせてください。

内田洋平氏(以下,内田氏)
 やっとここまで来たなという感じでしょうか。ユーザーの皆さんには,発表からかなりの期間,待っていただいたので,無事に発売できて感無量です。

江城元秀氏(以下,江城氏)
 「DmC」は,発表当時からいろいろな意味で話題の集まったタイトルだったんですが,実際にプレイしてもらえるようになったあたりから,皆さんの評価が上がったのを感じました。「Devil May Cryらしいね」という意見が多かったのも印象的です。このゲームの良さを皆さんに分かってもらえてから発売を迎えられたことを,とても嬉しく思っています。

DmC Devil May Cry

4Gamer
 プレイしてから評価が上がったというのは,ゲーム性の良さの現れですね。

江城氏
 前作からデザインと世界観を大きく変更したので,従来作のファンにとって不安な部分も大きかったと思うんです。ですので,なるべくユーザーの人が直接触れられる機会を設けさせてもらいました。

4Gamer
 本作の見どころは,どういう部分でしょうか。

江城氏
 やはりコンボの自由度ですね。今回は,従来のシリーズ作品よりもさらに幅広いコンボができます。プレイ中に「エンジェルモード」「デーモンモード」を自由に切り替えられるので,好きなタイミングでいろいろな技を試せるのも大きなポイントですね。
 また,コンボをとことん練習できる「道場」モードも用意しましたので,今まで以上にアクションの楽しさを追求できるシステムになっています。

内田氏
 Ninja Theoryが手がけた映画的な演出や映像美も魅力です。「カプコンがNinja Theoryと組んだからこそ生まれた作品」という感じでプレイしていただければ幸いです。

抽選会には,購入したレシートを提示することで参加可能だった。Tシャツ,タペストリー,オリジナルバッグなど,特製グッズがズラリ
DmC Devil May Cry

4Gamer
 Ninja Theoryとタッグを組んだことで,最も影響の大きかった部分はどこですか。

内田氏
 繰り返しになってしまいますが,やはり演出ですね。ハリウッド的な大作感というか,日本人だと思いもつかないようなことをNinja Theoryのメンバーは考えていて,それを実行する能力を持っている。そこは本当にすごいと思います。

江城氏
 Ninja Theoryとずっと一緒にやってきて感じたんですが,ゲームに対する情熱は日本も海外も変わらないんですよね。日本のタイトルとか海外ゲームとかの区別はありますけど,根っこの部分は一緒なんです。
 また,Ninja Theoryでは,プログラマーでもグラフィックスのことを知っていたり,デザイナーでもプログラムが分かっていたりするので,一人でもいろいろなことができるのがすごいと思いました。日本では,プランナーが考えたものをデザイナーが作り,それをプランナーがチェックするといった形が一般的でしょうけど,海外では個人が考えたことをゲームに突っ込んでいきながら,それをディレクターがまとめて1つの形にしていく――そういう開発体制は,とても勉強になりました。

DmC Devil May Cry

4Gamer
 ところで,今回初めてシリーズ作品をプレイするという人に対して,アピールポイントなどはありますか。

江城氏
 シリーズの流れをくむ作品ではあるのですが,「DmC」という新しいゲームを作ったという感じなので,従来作の経験には関係なく,誰でも楽しめる作品になっています。デーモンモードとエンジェルモードに関しても,一見すると難しそうかもしれませんが,プレイしてもらえれば,スタイリッシュなアクションが簡単にできるんです。
 アクションが苦手な人でも十分楽しめると思いますし,コアなプレイヤーには「こういったこともできるんだ」と発見する面白さも感じてもらえるのではないでしょうか。

内田氏
 「DmC」でキャラクターや世界観が大きく変わったことにより,中には取っつきづらいと思っている人もいるかもしれませんが,これもカプコンが進める新しい「Devil May Cryの形」だと思ってください。そして,「Devil May Cryってこういう風にもなれるんだ」ということを感じてほしいです。

江城氏
 「DmC」に対して「難しい」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが,アクションゲームが好きな人ならスッと入っていけるくらい間口が広い作品です。迷っている人は,まず体験版をプレイするのもいいと思います。

DmC Devil May Cry

4Gamer
 1月19日には,「ハギとこ!(ハギーのとこトンやってみよう!)」の公開収録があり,そこで「DmC」のプレイ講座や開発秘話などが明かされるとのことですが(関連記事),具体的にはどういう内容になるのですか。

江城氏
 うちのスーパープレイヤーのDOYA!内田が,オススメのアップグレードなどを紹介しつつ,実際にデモをお見せする予定です。新しいステージなども紹介しますので,購入された人はもちろん,迷っている人もぜひ見てほしいですね。

内田氏
 公開収録はWonderGOO 守谷店で行われるので,お近くの人はぜひ来てください。そこでだけ教えられる僕のプレイ方法などもお伝えできればと考えています。見るだけで「買いたい!」と思ってもらえるプレイを披露します!

4Gamer
 「ハギとこ!」というと,お二人に対する萩原さん(カプコンの萩原良輔氏)のイジリが,日に日にすごくなっていますね。

江城氏
 あの人はヒドいですね(笑)。ウケることがすべてなので。でもそれが「ハギとこ!」のいいところでもあると思います。まあ,イジられているのを見てもらえればお分かりでしょうが,プロデューサーとはそんなに偉いものではないよ,ということですね。

筆者も我慢できずに購入。特製キーホルダーを手に入れた

4Gamer
 それでは最後に読者に一言お願いします。

内田氏
 本日発売された「DmC」,少しでも興味のある人は,ぜひプレイしてください。そして自分だけのコンボを見つけたり,爽快感を覚えてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします

江城氏
 間口が広くて奥の深いゲームになっているのはもちろん,周回プレイが楽しめる内容にもなっていますので,ぜひいろいろなコンボを試してください。また,今回は多くの初回特典を用意しましたので,ぜひ早めに手に入れてもらえたらと思います。

4Gamer
 本日は,どうもありがとうございました。

「DmC Devil May Cry」公式サイト

  • 関連タイトル:

    DmC Devil May Cry

  • 関連タイトル:

    DmC Devil May Cry

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月15日〜06月16日