オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GeForce GTX 600
  • NVIDIA
  • 発表日:2012/03/22
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/03/07 00:00

ニュース

いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ

 PC&IT関連製品見本市「CeBIT 2012」が,2012年3月6日にドイツ・ハノーヴァー市で開幕。そこでは,NVIDIAの次世代GPU「Kepler」(ケプラー,開発コードネーム)を搭載すると思われるゲーマー向けノートPCが複数台展示されていた。

P2542G Gaming Notebook
画像(002)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
 たとえばGIGA-BYTE TECHNOLOGYは,「Ivy Bridge」(アイヴィーブリッジ,開発コードネーム)世代のCore i7プロセッサを搭載する15.6インチワイドサイズのノートPC「P2542G Gaming Notebook」で,未発表のGPU「GeForce GTX 660M」を搭載すると発表している。また,MSIも「GT70」というノートPCで「Nvidia next generation GPU」(※原文ママ)の搭載を謳っているといった具合だ。

画像(003)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ 画像(004)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
デバイスマネージャからは,P2542G Gaming NotebookがGeForce GTX 660Mと「Intel HD Graphics 4000」を搭載することが確認できた(左)。つまり,CPUはIvy Bridgeだというわけである。なお,GIGA-BYTE TECHNOLOGYの製品ポップによれば,グラフィックスメモリ容量は2GBの模様
画像(005)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ 画像(006)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
MSIのゲーマー向けノートPC,GT70。「Nvidia next generation GPU」の搭載が謳われる。残念ながら,Windowsにログオンできないよう設定されていたので,デバイスマネージャは確認できなかった

Acerは次世代GeForce搭載を正式発表している。写真はAspire Timeline Ultra M3
画像(007)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
 また,AcerはCeBIT 2012初日の報道関係者向け発表会で,未発表GPU「GeForce GT 640M」を搭載したUltrabook「Aspire Timeline Ultra M3」の市場投入を公表している。
 そのほかにも発表会場には,「GeForce GT 650M」という未発表GPUを搭載したノートPC「Aspire V3」や,GeForce GT 640M搭載のノートPC「Aspire V5」も展示されていた。

画像(008)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ 画像(009)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
GeForce GT 650Mを搭載するAspire V3。グラフィックスメモリ容量は2GBとされる
画像(010)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ 画像(011)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
GeForce GT 640Mを搭載するAspire V5

 「Graphics Core Next」アーキテクチャに基づくRadeon HD 7000シリーズのラインナップ拡充をAMDが積極的に進めているため,傍目には劣勢に回っている気配のNVIDIAだが,同社のKeplerに対する信頼はいささかも揺らいでいないようだ。
 1月の2012 International CESで,NVIDIAでテクニカルマーケティングを統括するNick Stan氏は,Radeon HD 7900シリーズでRadeon HD 6900シリーズに対して約1.5倍の性能向上が得られていることを引き合いに出しながら,次のように述べていた。

Nick Stan氏(Technical Marketing Director, NVIDIA)
画像(012)いよいよ「Kepler」が離陸体勢へ。「GeForce GTX 660M」などNVIDIAの次世代GPUを搭載したノートPCがCeBIT 2012の会場に並んだ
 「我々のユーザーは,従来製品から“たった”1.5倍程度の性能向上では満足しないだろう。Keplerの詳細は明かせないが,消費電力あたりの性能は大幅にアップし,同価格帯の従来製品と比べて絶対性能も著しく向上するはずだ」。

 実のところNVIDIAは,2011年末から,将来のGPUで採用する要素技術の公開を始めており,その一部ではKeplerでも採用されると見られている。
 一例を挙げておくと,NVIDIAは2011年末に開催された半導体関連の技術会議で,CUDA Coreの利用効率を向上させるべく,各コアでより多くのスレッドを処理できるようにするアプローチを紹介していた。そこで語られたのは,現行世代の製品において32スレッドで制御される「Warp」(=スレッドを束ねたバッチ)のスレッド数を大きくし,スケジューリングの改善と合わせることでGPUの利用効率を引き上げ,低消費電力化と高性能化を両立させよう,といった内容である。

 その詳細は機会をあらためてお伝えしたいと思うが,NVIDIAのアプローチは「Intelの『Hyper-Threading』を思い浮かべてもらえれば分かるように,CUDA Coreの空きリソースをほかのスレッド処理に利用できるようにすることで,CUDA Coreあたりの処理性能を引き上げ,性能あたりの消費電力を引き下げられるようにする」(NVIDIA関係者)というものだ。
 また,NVIDIAに近い関係者は,「Keplerでは,PhysXやDirectComputeの処理性能が向上する」と述べてもいるが,たしかにNVIDIA関係者の言うアプローチを採れば,グラフィクス処理よりも“軽い”演算処理を,CUDA Coreの空きリソースに割り当てられるわけで,性能向上を図れたとしても不思議ではないだろう。

 いずれにせよ,こうしてCeBIT 2012の会場で搭載製品が実際に動作している以上,そう遠くない将来に,デスクトップPC向けモデルも含めて,Keplerの詳細が明らかになるはずだ。いよいよKeplerが離陸体勢に入ったと見てもいいのではなかろうか。
  • 関連タイトル:

    GeForce GTX 600

  • 関連タイトル:

    GeForce 600M

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月23日〜11月24日
タイトル評価ランキング
94
71
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
55
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月