オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/06/09 18:21

ニュース

[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック

 E3 2012のLucasArts Entertainmentブースで行われていた,「Star Wars 1313」PC / PlayStation 3 / Xbox 360)のデモプレイの模様をお伝えしよう。

 本作は,E3開催の直前に発表されたばかりの,スター・ウォーズを原作としたアクションゲームの最新作だ。ブースはテーマパークのライドアトラクション風に,宇宙船のコクピット内部を模した作りになっていて,ちゃんと“窓の外”の景色まで動くという凝りよう。のっけからスター・ウォーズ気分を堪能できるシアターで,見ている側も座っているだけでノリノリな気分になってくる。

画像(003)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック 画像(004)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック
画像(006)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック 画像(007)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック

 タイトルについている1313(サーティーン・サーティーン)とは,スター・ウォーズの世界における銀河の一丁目,惑星コルサントの1313階を意味していて,本作はこの1313階を中心に物語が展開するという。
 ちなみに映画に出てくるような宇宙船が行き交う最上部は5000階に相当する部分であり,下層部に行くほど治安は悪くなる。つまり1313階というのは,ジェダイの騎士が普段は近づくこともないような,ならず者達の住処というわけだ。

 プレイヤーキャラクターは,ひょんなことからこの1313階へと降りていくこととなった若者で,そこでバウンティハンターとして善と悪の境目もない仕事を請け負っていくことになる。プロデューサーのMatt Shell(マット・シェル)氏の説明によれば,本作はこれまでのどの作品よりもダークで,大人向けのアドベンチャーになるとのことだ。


画像(005)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック
 Star Wars 1313は,Industrial Light & Magic(ILM)Skywalker SoundといったLucasfilmの映画制作チームの技術や資産,人材をフルに活用し,制作が進められている。今回のデモプレイでも,ILMの特殊効果チームで利用される「パフォーマンスキャプチャ」という技術が使われており,ここしばらくの表情アニメーション技術では最高峰にある「Mass Effect」シリーズの,さらに上を行くような仕上がりを目指しているとのこと。
 パフォーマンスキャプチャとはモーションキャプチャ技術の一種で,通常のモーションキャプチャと同時に,役者の頭部に固定したカメラで細かい表情を録画し,それをリアルタイムでモーションキャプチャと連動させるというもの。最近では映画「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」などで利用されている。
 パフォーマンスキャプチャという名称は,Lucasfilmが自社のテクノロジーを名付けてこう呼んでいるものだが,ゲームにおけるその効果は明らかだ。今回のデモでは,キャラクター同士で会話しているときに,ふと遠くに目を逸らすような“目の泳ぎ”までが再現されていた。話したり,首を振ったりしたときのシワの拠り方なども非常に自然で,さすが百戦錬磨のILMといったところだろう。


 デモでのストーリーの流れは,プレイヤーとその雇用者と思われる男性が,幼生のランコアのような獰猛なモンスターを積めた箱を,1313階へと密輸しようとするところから始まる。巨大な通風孔のように縦に開いた場所を宇宙船のまま下降していると,そのモンスターを奪いに来たアサシンドロイドとストームトルーパー軍団による襲撃を受けるという内容で,2隻の船が炎上しながらも主人公達が戦うという迫力のあるものだった。
 途中,主人公達が相手の船に向かってジャンプするようなシーンもあり,このあたりはアンチャーテッド風の臨場感あるクイックタイムイベントで描かれることになると思われる。銃撃戦では,カバーアクションをとりながら,遮蔽物から腕だけ出して乱射するようなシーンも見られ,アクションゲームとしても十分に楽しめそうな印象だった。


 Star Wars 1313は,PC,PlayStation 3,そしてXbox 360向けにリリースされる予定だが,発売日を含めてその詳細はまだまだ明らかにされていない。今回のデモも,まだα版にも達していない,PC上で開発されているプリプロダクション版ということで,完成版では細部が変更される可能性もなくはないが,少なくとも技術力の高さはお墨付きだ。スター・ウォーズ サーガの最新IPという意味でも注目を集めることは必至の本作。今後の続報に期待しておきたい。

画像(002)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック

画像(001)[E3 2012]遂にベールを脱いだ新世代スター・ウォーズゲーム「Star Wars 1313」デモプレイレポート。ILM直伝のビジュアル効果をムービーでチェック

「Star Wars 1313」公式サイト(要年齢認証)

「E3 2012の特設ページはこちら」

  • 関連タイトル:

    Star Wars 1313

  • 関連タイトル:

    Star Wars 1313

  • 関連タイトル:

    Star Wars 1313

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月18日〜09月19日
タイトル評価ランキング
93
83
あつまれ どうぶつの森 (Nintendo Switch)
66
54
VALORANT (PC)
44
VALIANT TACTICS (PC)
2020年03月〜2020年09月