オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
PITFALL!
レビューを書く
準備中
PITFALL!
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
冒険者になって密林や洞窟を駆け抜ける。iOS向けアクション「PITFALL!」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第69回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/26 10:00

連載

冒険者になって密林や洞窟を駆け抜ける。iOS向けアクション「PITFALL!」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第69回


スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。 そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

PITFALL!
 過去に大ヒットを飛ばしたタイトルをリメイクするのは,スマートフォン向けアプリに限らずゲーム業界ではよくあること。本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」で紹介するiOS向けアクション「PITFALL!」もそんな一作。レトロゲームに詳しい人なら,タイトルを聞いただけで「インディ・ジョーンズっぽい,あの!」とお分かりいただけるかもしれない。

ドット絵のゲーム画面が,実は冒険者が覗き込んでいたタブレットの画面だった,なんていう洒落た演出でスタート
PITFALL! PITFALL!

「PITFALL!」ダウンロードページ


 ゲームはいたってシンプル。常に前進する主人公を操り,ひたすら障害物を回避して2万メートル先にあるゴールを目指すという内容だ。
 コースは,森林や洞窟などさまざまで,巨岩や倒木,深い谷といった危険な障害が用意されている。回避操作や入力タイミングをミスすれば,即座にゲームオーバー。障害の配置場所はプレイごとにランダムで変更されるので,プレイするたびにプレイヤーの反射神経が試されることとなる。

ジャングルや遺跡,洞窟などのさまざまな場所を進んでいく
PITFALL! PITFALL!

 障害を避けるための基本操作は,上にスワイプすれば主人公がジャンプ,下ならスライディング,曲がり角や分かれ道での移動には左右に,といった具合。たまに出現する毒ヘビや毒クモは,画面をタップすればムチで攻撃できる。また,本体を左右に傾けることでコースのライン取りを変えることも可能だ。

PITFALL!

 コース上に落ちているクリスタルは,「STORE」でアイテムを購入するのに使えるので,できるだけ拾うようにしよう。アイテムには,主人公の能力を強化するものだけでなく,主人公の服なども用意されている。

服は種類が多く,集めがいがありそう
PITFALL! PITFALL!

 障害の種類を瞬時に見極め,テンポよく回避していく本作のゲーム性は,スリリングでなかなか面白い。ただ,演出でカメラ視点が変化するときがあり,そこでミスをしやすい点には注意したい。
 似たようなゲーム性のタイトルに,本連載第5回で紹介した「Temple Run:メリダとおそろしの森」(iOS / Android)があるが,グラフィックスの質や演出など,全体のクオリティに関しては,こちらに軍配が上がると感じた。85円(税込)の有料アプリだが,その価値は十分にあると思わせてくれる完成度だ。

障害物は,タイミングよく回避すればいい。直感的に操作できるのでチュートリアルいらずだ
PITFALL! PITFALL!

「PITFALL!」ダウンロードページ


著者紹介:トリスター&馬波レイ
 90年代中頃からライターとしてのキャリアをスタートし,セガ系雑誌を中心に記事執筆や取材活動に勤しむ。近年はゲーマガ編集部に所属し編集・ライターとして活動するも2012年に雑誌が休刊。現在はフリーのライターとしてゲームメディアを中心に活動中。わかりやすいルールで短時間で楽しめるスマートフォン向けゲームは,昔のアーケードゲームの匂いがして好きです。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    PITFALL!

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日