オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ハースストーン公式サイトへ
読者の評価
78
投稿数:24
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ハースストーン」初心者向けガイド。戦術の基本や,ゲームの基礎を覚えるためのデッキを紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/01 12:00

攻略

「ハースストーン」初心者向けガイド。戦術の基本や,ゲームの基礎を覚えるためのデッキを紹介


 世界中で多くのプレイヤーに親しまれ,eスポーツの競技タイトルとしても盛り上がりを見せているBlizzard Entertainmentのオンライン対戦カードゲーム「ハースストーン」PC / iOS / Android)。この記事は,本作を始めたばかりの人に向けたガイドブックとなる。戦術の基本や,ゲームの基礎を覚えるのに適したデッキを紹介しているので,ぜひ参考にしてほしい。

著者紹介:ルネ
カードゲームやボードゲームの攻略・レビュー記事をメインに担当するフリーライター。第1回ドミニオン世界選手権優勝,第4回ドミニオン日本選手権優勝,多数のアーケードカードゲームで全国ランキング入りなどの経歴を持つ。Hearthstoneでは,WESG2016 Asia-Pacific Final 3位入賞,日中対抗戦日本代表などの実績あり。

※ガイドの内容は,ゲーム環境の変化に合わせてアップデートしていく予定です。(最終更新日:2018年10月01日)

低コストのカードなしでは戦えない! マナカーブを意識してバランス良くデッキを組もう


 最初のうちは各ヒーローの初期デッキを使って戦うことになるかと思うが,何戦かプレイして勝手が分かってくると,自分でデッキを組みたくなるだろう。ただ,いざデッキを組むとなると,何を基準に作れば良いのか迷うものだ。

 ハースストーンは,ヒーローの固有カードが強力なので,固有カードとそれをうまく活かせる中立カードをチョイスしてデッキを組んでいくのがベターだ。しかし,強力なカードほど必要なマナコストも高いので,そればかりでデッキを作ってしまうと序盤に何もできず,カードが出せるようになる頃には,取り返しのつかない状況になっているということもある。

これらのカードは,ステータスが低い代わりにマナコスト0で出せる
ハースストーン ハースストーン

デッキを組むときに,ヒーローの顔があるところにマウスカーソルを合わせると,画像のような棒グラフが出てくる。この棒グラフを点で結んだときにできる曲線をマナカーブと呼び,コスト配分が偏っていないかが分かる
ハースストーン
 そんなわけで,デッキを作る時はきちんと序盤からカードを出せるよう,低コストのカードからバランス良く組んでいこう。最序盤に出せる1〜2コスト帯のカードは,最低でも4枚,できれば合計で8枚以上はあったほうが良い。
 どのコストのカードがどれくらい入っているかは,デッキ画面にある棒グラフで確認できる。各コストのグラフをつないだ線がなだらかな曲線を描いていれば,比較的コストバランスの良いデッキといえるだろう。この曲線は通称“マナカーブ”と呼ばれ,デッキを組むときの指標のひとつとなるので,デッキを作ったら1度は確認する癖をつけよう。


デッキの勝ち筋を知ろう



 ハースストーンで使用されるデッキには,大きく分けて3つのコンセプトが存在する。低コストのカードを多く採用し,序盤からガンガン攻めていく「アグロ」。3〜6コストあたりの中コスト帯カードを軸に攻めていく「ミッドレンジ」。序盤は防御に徹して後半に本領を発揮する「コントロール」といった感じで,コンセプトによって戦法も大きく変わってくる。

 本項で言う“勝ち筋を知る”というのは,そのデッキの強いターンを知ることである。上述した3つコンセプトはいずれも,強いターンが存在し,そこでどういう動きをして勝つかがハッキリとしているわけだ。
 例えばアグロ型のメイジデッキであれば,序盤からミニオンをガンガン展開して相手のライフを削り,「フロストボルト」「ファイアーボール」といったダメージ呪文で止めを刺すといった感じになる。対戦で多くのプレイヤーに使われているデッキは,このような明確な勝ち筋があるということを覚えておくと,その対策方法も考えやすくなるだろう。

アグロタイプのデッキは速攻戦術を得意とし,相手ヒーローの体力を一気に削り切るのが得意。早いターンで勝利を決めてしまうことも珍しくないのだ
ハースストーン

 言ってしまえば,勝ち筋がハッキリしていないデッキはただの紙束である。デッキを作る時は,「こういう動きをして,こうやって勝つ!」というビジョンを持つことが大切なのだ。


マリガンのときに考えること


 試合が始まったら最初にやるのが初期手札の交換――通称「マリガン」だ。このマリガンだが,初心者のうちは「何を交換して何を残せば良いのか分からない」というプレイヤーが多いはず。そこで,マリガンをする時に“ここだけは押さえておきたい” という基本を紹介しよう。

ゲーム開始直後に初期手札の交換があるが,果たして,何を交換して何を残せばいいのか。初期手札の選別は勝負を決めうる重要な要素の1つである
ハースストーン

 マリガンとは,「自分が使いたいカードを引くための行動」である。つまり,最初に欲しいカードを引くために,不要なカードを交換しているのだ。筆者がマリガンをするときに残すカードは,以下のような特徴を持つ。

(1)序盤に強い動きをするための低コストのカード
(2)すぐに使うことはできないが,その試合で1回は使いたいカード

 (1)については先ほども書いた通り,序盤に使えるカードが手札にないと,ターンを無駄にすることになる。とくに,使用しているデッキがアグロタイプならば,このマリガン次第で勝率がかなり変わってくる。

ハースストーン ハースストーン

 例えばアグロ型のメイジであれば,序盤から速攻をかけたいので,「マナ・ワーム」「魔法学者」といった低コストのカードをマリガンで残す。「マナ・ワーム」は,強くなる可能性を秘めたカードであり,1ターン目に置くことで盤面に大きなプレッシャーを与えられるので,とくに初期手札に引き入れておきたいカードだ。
 「魔法学者」は2コスト2/3という及第点のステータスを持ちつつ,3コストの秘策カードをドローしてくるため,序盤の動きを確保しつつ,盤面にプレッシャーを与えられるのが大きい。

ハースストーン ハースストーン

 同じアグロ型のメイジを使って(2)の理由で残すカードは,「アルネス」「占星術師ルナ」といったカードである。「アルネス」は6コストと重めなので,序盤では使えないカードだが,装備さえできれば毎ターンカードを3枚引けるようになる。そのため,あえて序盤使えないリスクを負ってでも残す価値があるのだ。「占星術師ルナ」も,多少カードの性質は異なるものの,ほぼ同様の考え方となる。

 マリガンは相手のデッキタイプを予測して行うこともある。例えば,相手が速攻型のデッキだった場合,序盤に動けないことが致命傷となるので,(2)の考えは捨てたほうがいい。逆に,相手のデッキが初動の遅いコントロールデッキだと考えるならば,(1)のカードを残す優先度が下がることもあるのだ。
 とはいえ,このあたりの細かい部分は,実際に対戦をしていく中で覚えていけばよい。ひとまずは,マリガンをする時にはこういった基準でカードを選ぶ,ということだけ覚えておいてもらえれば大丈夫だ。

 ちなみに,相手のデッキのタイプを予測するのは,そのときの「流行り」を知っていればそう難しくはない。たとえばコントロール型のドルイドデッキが盛んな時期に,ドルイドとマッチングしたならば,コントロールデッキと戦うことになる可能性が高くなるというわけだ。ハースストーンはデッキの流行り廃りの変化が激しいので,情報を常に追うことも,強くなるためのポイントとなる。


戦術の基本(1)――フェイスorトレードとは



 ハースストーンの基本は,カードを使って場にミニオンを召喚し,そのミニオンで相手ヒーローの体力を削って勝つというものになる。もちろん,相手もミニオンを場に召喚してくるので,ときにはこれを倒す選択を取らなければならない。
 プレイヤーの間では,相手のヒーローを攻撃することを,ヒーローの顔を叩くという意味を込めて“フェイス”,ミニオンを攻撃することは,ミニオン同士の交換という意で“トレード”と呼ばれる。

 どちらの選択を取るかは,自分の持つ勝ち筋や,その時の状況に応じて変わる。簡単にまとめると以下のとおりだ。

【アグロ】
序盤からフェイスを優先することが多い。

【ミッドレンジ】
序盤はトレードに徹し,中盤以降でフェイスを狙うタイミングが生まれる。

【コントロール】
ゲームを通してほぼトレードに徹することが多い。

 少し大雑把なので,細かい部分はデッキによって変わってくるところもあるが,大体はこういうものだということを覚えておくといい。


戦闘の基本(2)――有利なトレードを狙え


 フェイスとトレードの意味は分かってもらえたかと思うが,ではアグロデッキは常にフェイスを叩けばいいのかというと,必ずしもそうではない。“有利なトレード”を行える場面なら,相手ヒーローの体力がある程度削れるまではトレードをしたほうが良い。そのほうが,最終的に与えるダメージが大きくなる可能性がある。では,有利なトレードとは一体なんなのか。まずは下のスクリーンショットを見てほしい。

ハースストーン

 このシチュエーションでは,相手の2コスト3/2のミニオンを1コスト2/1のミニオンで相打ちしている。要するに1コスト少ないカードでトレードをしたわけだ。このように,相手のミニオンより低いコストのミニオンで相打ちを狙ったり,自分のミニオンが生き残った状態で一方的に相手のミニオンを倒すことを,有利なトレードと呼ぶ。相手のミニオンを攻撃するときは,自分にとって有利なトレードを行えているのかを意識しよう。

 もちろん,手札と盤面のミニオンで次のターン以降にトドメがさせそうであれば,フェイスを狙ったほうが良い場合もある。もう少し踏み込むと,相手の次のターン以降の行動を予測してフェイスorトレードを決めていくという話になるが,ここは実戦で少しずつ学んでいく部分になる。
 なので,とりあえずは「有利なトレードができそうであればトレードを行う」「次のターン以降にとどめが刺せそうなら,フェイスを狙う」という2つを頭に叩き込んでおけば,試合運びがしやすくなるだろう。



初心者が基本を学ぶのにオススメの「Zoo Warlock」を紹介!


 このガイドの締めとして,「初心者はこれを使い倒せ!」というオススメのデッキを紹介しよう。初心者向けだからといって侮るなかれ。今回紹介するのは,使い続けることで基本を学べつつ,最高ランクのレジェンド帯でも一線級で戦っている強力なデッキ「Zoo Warlock」(以下,Zoo)だ。

カード名 枚数 セット
ヴードゥーの呪術医 2 ベーシック
ヴォイドウォーカー 2 ベーシック
コボルトの司書 2 コボルトと秘宝の迷宮
ライトウォーデン 2 クラシック
入魂 2 博士のメカメカ大作戦
炎のインプ 2 クラシック
魂の炎 2 ベーシック
魂箱 1 博士のメカメカ大作戦
ケレセス公爵 1 凍てつく玉座の騎士団
キノコの呪い師 2 コボルトと秘宝の迷宮
ドッペルインプ 2 博士のメカメカ大作戦
ハッピーグール 2 凍てつく玉座の騎士団
サロナイト鉱山の奴隷 2 凍てつく玉座の騎士団
ドゥームガード 2 クラシック
卑劣なるドレッドロード 1 凍てつく玉座の騎士団
菌術師 2 コボルトと秘宝の迷宮
苔むしたモノノケ 1 妖の森ウィッチウッド
デッキコード
AAECAfqUAwT3zQKc4gLL7AKPggMNMIQB9wTOB8II9wybywKfzgLy0ALR4QKH6AL09wLT+AIA

 このデッキの良いところは,デッキパワーの高さに比べて“かなり安価で作れる”点だ。最高レアリティのレジェンドカードも「ケレセス公爵」「魂箱」の2つのみで,レジェンドに次ぐレアリティのエピックのカードは「苔むしたモノノケ」1つ。ほかの一線級のデッキと比べて必要な高レアリティのカードがかなり少ないのだ。そういう意味でも,これから始める初心者には非常にオススメのデッキである。

○基本的な戦略

 Zooは,速攻型のアグロタイプに属するデッキだ。そのため,序盤からどんどんミニオンを場に出して,ガンガン攻めていくのが基本戦略となる。
 ただ,先ほども教えたとおり,序盤に有利なトレードを行えるときは,積極的に行っていきたい。そして,ある程度勝利への道筋が見えた段階で,フェイスを攻めていくと良い。このトレードからフェイスへの切り替えという,ハースストーンの基礎を学べるのがZooの良いところでもある。

○序盤に狙っていきたい動き

ハースストーン

 このデッキの強力な動きは,「ケレセス公爵」から,ほかのミニオンにつなげるというもの。「ケレセス公爵」は,ほかの2コストのカードをデッキに入れられないという欠点を持つものの,デッキの中のすべてのミニオンのステータスを+1/+1するという非常に強力なバフ効果を持つ。1ターン目や2ターン目にこのミニオンを出すことで,その後の盤面のやり取りを一気に優位に進められるのだ。

ハースストーン ハースストーン

 普通のミニオンを強化するだけでも充分強いが,強化された「ドッペルインプ」や「サロナイト鉱山の奴隷」を出せるとベストである。これらのミニオンは,雄叫びで「自身のコピーを召喚する」という効果を持っており,このコピーもケレセス公爵による強化を受けた状態で召喚されるのだ。序盤の引き次第なので狙ってやるのは難しいが,この動きができれば勝利はグッと近づく。

○オススメのコンボ

・入魂→ドッペルインプ/サロナイト鉱山の奴隷

ハースストーン

 1マナで手札のカードを+2/+2するという効果を持つ「入魂」は,普通に使っても強力なカードだ。この効果が「ドッペルインプ」や「サロナイト鉱山の奴隷」にかかると,強力なスタッツ持ったミニオンが,一度に2体生成できる。バフ対象が手札の一番左のミニオンなのでうまく調節する必要があるが,ハマれば一気に優勢を取れるだろう。


・各種回復→ハッピーグール

ハースストーン ハースストーン ハースストーン

 このデッキは別名「回復Zoo」とも呼ばれている。その理由は,ふんだんに積まれた回復カード,それによって起動する「ハッピーグール」とのシナジーが強力だからだ。
 コンボの起動用カードになるのは,「ヴードゥーの呪術医」「キノコの呪い師」といった回復系カードだ。これらのカードでヒーローを回復すると,ハッピーグールのコストが0になるので,一気にミニオンを展開できる。注意すべきは,ヒーローの体力が満タンだと回復扱いにならないということ。したがって,ヒーローパワーなどを使ってあらかじめ体力を減らしておく必要がある。

 より効率的なのは,「コボルトの司書」「炎のインプ」といった雄叫び効果で体力を減らすミニオンを使うことだ。これらのミニオンは1コストなので,後攻でコインを使えば,「炎のインプ」→「ヴードゥーの呪術医」→「ハッピーグール」のコンボで,1ターンに3体を展開できる。また,「ライトウォーデン」は回復をするたびに攻撃力が強化されるので,これをコンボに絡めることも意識していこう。


○プレイングのちょっとしたコツ

ハースストーン ハースストーン

 このデッキの中でちょっとクセが強いのが,「魂の炎」「ドゥームガード」といった,手札を捨てる系のカードだ。初めのうちは手札を捨てるという効果に躊躇してしまうかもしれないが,そのぶん強力なパワーを持っているので,使えるタイミングがあればどんどん使っていったほうが良い。とくに「ドゥームガード」を5ターン目に出すのは,非常に強い動きの1つだ。

ハースストーン ハースストーン

 場に2体以上ミニオンが並んでいる時は,5ターン目の「ドゥームガード」よりも,5ターン目の「菌術師」のほうが強力だ。また,相手の盤面に体力1のミニオンが並んでいる時は,「卑劣なるドレッドロード」で一掃するといい。ミニオンを並べる相手に対しては,これをちらつかせるだけで大きなプレッシャーを与えられる。

ハースストーン

 レジェンドの呪文カード「魂箱」は,できるだけ後半に使ったほうが良い。3ドローという効果は強力なものの,引いたカードをほぼ使い切らないと,その真価を活かせたとはいえないからだ。ほかにろくな選択肢がない場合は序盤に使っても良いが,できるだけ最大マナが6以上になるターンまで温存するようにしたい。
 また,「魂箱」で引いたカードも「魂の炎」などでカードを捨てる時の対象になるので,「魂の炎」を2回連続で使用したい時に,「魂箱」を利用するというのも小技として覚えておくと良いだろう。

ハースストーン ハースストーン ハースストーン

 1枚だけ入っている「苔むしたモノノケ」は,相手が出してきた「拡がりゆく虫害」,もしくは「含み笑う発明家」への対策として使う。普通に出してもあまり強くないカードなので,相手がこれらのカードを出してくるタイミングに合わせよう。とくに対戦相手のヒーローがドルイドであれば,拡がりゆく虫害が入っていることが非常に多いので,相手が出してくるまで温存するようにしよう。

○マリガンについて

 Zoo Warlockは,序盤に強い動きのコンボを揃えられるかが重要だ。そのため,マリガンもある程度決まっており,対アグロや対コントロールなど,相手によって細かく変える必要はない。そのため,初心者でもマリガンのポイントを覚えやすいはずだ。

【常にキープ】
ケレセス公爵,炎のインプ,コボルトの司書,ハッピーグール

 この4種類のカードが初期手札に来たらキープして良い。とくに「ケレセス公爵」は,序盤に強力な効果を発揮するので,キープしない手はない。「炎のインプ」や「コボルトの司書」といったカードも,1コストの割に強いだけでなく,自分の体力を減らすことで「ハッピーグール」コンボにつなげやすいのが利点だ。

【特定の条件でキープ】
入魂+呪文カードを除き,一番左の手札にあるドッペルインプ,サロナイト鉱山の奴隷

 普段は「ドッペルインプ」「サロナイト鉱山の奴隷」といったカードはキープしないが,「入魂」とコンボできるときは話が別だ。このコンボが見えている時は,ほぼ最優先でキープして良い。また,「ドッペルインプ」や「サロナイト鉱山の奴隷」が手札の一番左に入らなくても,間にいるミニオンのコストが1ならば,すぐに詰められるのでそれごとキープしても問題ない。

【優先的にキープ】
ヴォイドウォーカー,ライトウォーデン,ヴードゥーの呪術医,入魂

 これらのカードも優先的にキープして良い。ただし,Zoo同士の戦いであれば,「ヴォイドウォーカー」「ライトウォーデン」などは,1ターン目に出しても「炎のインプ」で一方的にトレードされてしまうので要注意。「入魂」も,必ずしも「ドッペルインプ」や「サロナイト鉱山の奴隷」のコンボだけを狙わなくても良く,序盤に出せる1コストのミニオンに使えそうなときは,優先的にキープしていこう。


 初心者向けガイドは以上となる。まずはZoo Warlockを使い倒して戦術の基礎を学び,勝率が上がってきたら,タイプの違うデッキにも手を出してみると良いだろう。何百枚とあるカードを覚えるのは至難に思えるかもしれないが,実際に使われるカードはそこまで多くないので,試合を重ねていけばカードも自然と覚えられるはずだ。ぜひこのガイドを参考にして,脱・初心者を目指してほしい。

「ハースストーン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • 関連タイトル:

    ハースストーン

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月14日〜11月15日