オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
鉄拳レボリューション公式サイトへ
読者の評価
58
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
70
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

鉄拳レボリューション

鉄拳レボリューション
公式サイト http://tekken-revolution.bngames.net/
発売元 バンダイナムコエンターテインメント
開発元
発売日 2013/06/12
価格 基本プレイ無料+アイテム課金
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
58
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 新しいビジネスモデルの意欲作 80
    • 投稿者:JUNK-(男性/40代)
    • 投稿日:2013/10/29
    良い点
    基本無料
    無敵技をつけて読み合いの発生する技のやりとりを簡略化した
    大雑把な勝敗になりやすい=ラッキー勝利が誘発される
    悪い点
    特になし
    レボが初心者向けなためTAG2をがっちり遊んでいる層には物足りないかもしれない
    総評
    敷居が高いという対戦格闘というゲームのジャンルにおいて永久とも言えるジレンマがある、読み合いやコマンドテクニックの複雑化は底辺層が離脱してしまう。
    反応速度や入力が求められるのはあくまでも相手の選択肢に対し答えがわかっている場合である、つまり特定のリスクを抑えた立ち回りに対し解答を知らない場合は詰んでしまう。
    今作はこれに対し無敵技を追加することで対応した、ベストの解答ではないものの(ガードされるとほぼ浮き確定=大ダメージ=リスクが高い)よくわからないうちに死ぬという最もストレスのたまる展開が減る、ハイリスクを抑えたければ知識を増やせばいい、それを上達という。

    ステータスがいじれる、無敵技がある、クリティカル確立に補正がかかる
    これらは全て偶発的な決着を促進させるシステムであり、純粋な腕前の勝負をしたいならば余計なものかもしれない、しかしレボの狙いとターゲット層はそこではないのだろう。
    システム廻りが全て底辺拡大のためにどういう仕掛けをするか、かつ最低限の利益をどうやって確保するかという点に集約していてまったくぶれがない。
    不満点としてあげられる要素がないわけではないが、それらの大半はガチ勢の視点ではないだろうか、週に1〜2度1時間程度遊べればいいといったライトユーザーや初心者がこのゲームのターゲットである以上はどちらの意見を取るかの判断で思い切りライト層向けに調整したという事だ、この判断は正解でかなりの人数が未だにログインしている。

    今プレイしてるゲームにちょっと飽きた時、そういやダウンロードしたの入ってたなと起動して遊べる、そしてレボを触っていた経験からTAG2や次回作を遊ぶようになる予備軍が増える。
    底辺の拡大を狙い成功している、それがこのゲームの真価ではないだろうか。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 5 4 3
  • 実験的格ゲー 75
    • 投稿者:アウト(男性/30代)
    • 投稿日:2013/06/28
    良い点
    ・DL無料で無課金でもそこそこ遊べる。
    ・ネット対戦に関しては基本的にタッグ2準拠で快適。
    ・初心者やエンジョイ勢向けに簡略化された点が多い。
    ・タッグ2より女キャラが可愛くなった…と思う。

    その他プレイヤーの立ち位置によって良くも悪くも感じられるところが多いので
    総評も合わせて読んで欲しい。
    悪い点
    ・6月末現在では対戦かCPU戦のみ。オフラインでの対戦も不可。
    ・6月末現在では使用可能なのは12キャラのみ。
    ・基本的にタッグ2からの流用なので新コス、新ステージなどがない。
    ・確率でダメージが上がるクリティカルアーツという不確定要素。
    ・パラメーター振り分けのせいでダメージ予測が難しい。
    ・パラメーターの振り分け方によってはもの凄く大味な展開にもなる。クリティカル+レイジの影響もあれば尚更。

    前者3つは今後アップデートで追加が予定されてるとの事なのでそれ次第。
    後者3つはいわゆるガチ勢としての不満。

    さらに本作には様々な変更点があるがそれらの中には
    ガチ勢、ゲーセンに馴染みのない人、CPU戦など一人用を中心に楽しむ人、完全新作を望んでいた人等には不満点と映るものが多いかもしれない。
    詳しくは総評の最後、変更点のくだりを見て欲しい。
    総評
    ストーリーモードなどがなく、対戦に特化した構成はゲーセンの方式を家庭用に組み込んだという感じ。
    ゲーム内容もタッグ2のソロをベースに、無敵技の追加とパラメーター振り分けの導入という大胆な要素を入れた実験作的な印象。
    ただ実験作的な印象とはいえ基本的には鉄拳なので問題なく遊べる出来。
    課金形態もゲーセン基準で考えれば300円で10クレ、1クレ換算だと30円(まとめて買うともう少し安い)
    それに対戦用無料コイン5クレ+1日1枚貰えるプレミアムチケットと考えると破格のサービスと言える。

    ここからはさらに主観的な意見や個人的な遊び方の披露になってしまうが
    時々テレビやネットを見ながら1日1時間程度の遊び方なので無課金で十分なはず。
    ただガッツリやりたいのであれば課金は必須。
    勝率にもよるのであくまで一例だが2時間ランクマにこもった(合間に多少の休憩を挟みながら)時は
    無料コイン5クレ(と30分毎に1枚回復した分)+チケット3枚+有料コイン3クレかかった。

    対戦人口についても触れておくと、基本的に夜8時から0時頃の間にランクマでプレイしている限りでは
    長くても1分程度の待ち時間でマッチングしている。
    同じ相手と何度も当たる事もないので現時点ではそれなりに人がいると考えていいはず。
    (余談だがコインがかかってるとプレマで対戦しづらいのは私だけだろうか?家庭用タッグ2やゲーセン、ランクマでは遠慮なく勝つ気になれるのだが…)

    以上つらつらと書き連ねたが個人的には無料でコレなら概ね満足と言える。
    7月に1回、以降2ヶ月毎に大きなアップデートを予定してるとの事で
    追加要素を楽しみにしつつ、適当に力を抜いて遊んでいきたい。
    ※なお五段階評価のボリュームの項についてはアプデ次第なので評価不能だと思っていただきたい。ただあえて6月末の現時点で語るなら2。



    最後にタッグ2からの変更点を列記する。
    まずは良い面もあり悪い面もあると思われる変更点。
    ・バウンドの廃止 良:拘束時間の短縮/悪:コンボ開発の楽しみが減った
    ・ソロのみ 良:操作とキャラ対がしやすくなった/悪:単純に出来る事が減った
    ・キャラ数の整理 良:キャラ対がしやすくなった/悪:単純に選択肢が減った
    ・無敵技の導入 良:いわゆるFの押しつけ、分からん殺しが通用しにくくなった/悪:一方的に攻める快感が減った。様子見が多くなる事による冗長化。
    ・クリティカルアーツの導入 良:そのキャラの主要な技が分かりやすい/悪:キャラによってはあまり主要ではない技に割り振られているのでこれによるキャラ格差が出来た
    ・パラメーターの導入 良:やり込む事である程度実力の差を覆せる助けになる/悪:悪い点に書いた通り

    その他基本的にポジティブと思える変更点。
    ・段位が上がりやすくった。また今までキャラ毎の段位だったがプレイヤーに統一された
    ・戦績表示は勝利数のみ
    ・後転起き上がりのやられ変更でダウンから起き上がりやすくなった
    ・投げが抜けやすくなった
    ・投げにもレイジが適用される様になった
    ・レバー後ろ入れの後退速度が速くなった 
    ・キャラの輪郭が強調され背景との差別化が強化された
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 3 4 3 3
  • PRでも失敗した“怪作” 20
    • 投稿者:ジュラン(男性/40代)
    • 投稿日:2013/06/24
    良い点
    ・基本料金無料
    ・初心者でも遊べる。
    ・コマンド入力が簡略化
    悪い点
    ・AIの動作が穴だらけ。
    ・難易度設定がない。
    ・アーケードモードでは無料で遊べるのは1時間につき2回だけ。
    ・ロビーが初日から過疎状態。
    ・最初から使えるキャラが少ない。(アーケードやネット対戦でLVが上がると使えるキャラがアンロック)
    ・上記の理由で目当てのキャラを使える様にするためには違うキャラを使って勝ち続けなければならない。
    ・今回はストーリーモードがない。
    ・ギャラリーなどのコンテンツも無し。
    総評
    過去のシリーズからの流れでで多くなった使用キャラ。ライバル作同様、キャラごとに複雑なコマンドを設定することで差別化を図ったものの、本作はあえて「遊びやすさ」を求めてコマンドを簡略化したようですね。原点回帰が唯一の長所。

    後は皆欠点。

    まずアーケードモードです。AIの挙動が単純過ぎて攻撃パターンがすぐ読めてしまう。格ゲーが得意でもない私でもパーフェクトを何度か迎えました。
    本当にLV上げの為のモードです。設定でも難易度を調整する項目すらない。(プレイヤーLVが上がればアンロックされるのか、それも情報不足)
    しかもこのモードは連続で2回しか遊べない。もう一回遊ぶ為には最低1時間待つかあるいは有料のコイン(1枚につき30円)を買うしかありません。
    LV上げの為のアーケードモードでも経験値が一定な為に、LVが上がれば上がるほど次のLVになる手間が恐ろしく掛かります。

    ソウルキャリバー犬鮃垢亡柄撚修靴燭茲Δ淵轡好謄爐任垢、これはもう格ゲーですらない。格ゲーの皮を被った“擬似ハック&スラッシュ”(本当のH&Sでもない)、スバリそれです。やりたいのは格ゲーなのか、それともH&Sなのか。とにかく方針がブレまくり。

    ネット対戦を売りにしている本作ですが、PR活動のやる気のなさ(発表が運営開始前日!)が祟って初日から過疎状態。夜中でも相手がまともに見つかりません。
    口コミを期待してワザとひっそり始めたのか。それとも短期間の運営を前提にわざとPRをやらなかったのか。はたまた次回作への試金石か。
    フアンを小馬鹿にしたような運営の神経を疑います。

    あえて言うなら「やるな!!」の一言。過去作のフアンで、強い奴を求める硬派な格ゲープレイヤーはストレス溜まる事請け合いですよ。
    これが二週間触ってみた結果。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 1 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月21日〜07月22日