オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「鉄拳7」の新キャラクター公開や,招待選手によるトーナメントで大いに盛り上がった「鉄拳」シリーズ20周年記念のファン感謝祭をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/12/09 16:27

イベント

「鉄拳7」の新キャラクター公開や,招待選手によるトーナメントで大いに盛り上がった「鉄拳」シリーズ20周年記念のファン感謝祭をレポート

鉄拳7
 人気対戦格闘シリーズ「鉄拳」の20周年を記念するファン感謝祭が,2014年12月7日に東京のバンダイナムコ未来研究所にて行われた。
 抽選で選ばれた鉄拳ファンが駆けつけ,リリースが待たれる最新作「鉄拳7」の最新情報や,世界各国からの招待選手による「鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド」「鉄拳7」のトーナメント戦で大いに盛り上がったイベントの模様をレポートしよう。


お祝いビデオから鉄拳7の最新情報まで,お祭り感満載の第一部


 イベントは,歴代鉄拳シリーズ作品の映像で構成された,20周年を振り返るスペシャルムービーからスタートした。そしてステージに明かりが灯ると,そこには「鉄拳」プロジェクトの開発スタッフが。ファンからは「オオーッ」という歓声が上がった。

 スタッフを代表してマイクを握ったプロデューサーの原田勝弘氏は「20周年はあっという間に思えますが,始まった当初は苦労もありました。『鉄拳3』のときにはスタッフがごっそりいなくなって,ゼロから作り直さないといけないことも」と,今だから話せるエピソードを絡めつつ,「『鉄拳6』の時点で家庭用で4000万本を超えるセールスとなり,世界で一番売れた対戦格闘ゲームシリーズとなりました。辛辣な声もありましたが,これも皆さんの支えがあってのことだと思います」と感謝の言葉を述べた。


鉄拳シリーズの顔である原田勝弘氏。ファンにはお馴染みのフランクな(脱線気味ともいう)トークで,イベントを大いに盛り上げた
鉄拳7

ダークスーツにサングラス姿で登場した鉄拳プロジェクトのスタッフ達は,「鉄拳7」の開発作業で休日出勤していたところを駆りだされのだとか
鉄拳7

ゲストとしてイタリア出身の“美しすぎるコスプレイヤー”ユリコ・タイガーさんがリリの姿でステージに。あまりの美しさ&そっくりさに,会場からどよめきが起こった
鉄拳7 鉄拳7

 続いて20周年のお祝いとして,お笑い芸人の鉄拳さんからのビデオメッセージが披露された。「鉄拳という芸名はゲームの鉄拳からもらったもので,髪型は平八を意識したかも」「初めて鉄拳をプレイしたのは22年前(※鉄拳は今年20周年です)」「鉄拳4でコミッショナーを担当したから身内みたいなもの」と,芸風そのままのおとぼけ発言を連発。最後は「僕とゲームは,一心同体です。これからもどんどんと新しいシリーズを出してください。それと,僕の考えたスケッチブックで殴る新キャラクターを出してください」というお祝い(?)のコメントで締めた。

額に「20周年」と記してビデオメッセージに登場した鉄拳さん。デビュー直後は「鉄拳親父」と名乗っていたのだとか
鉄拳7

 次に行われたのは,稼働中の「鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド」を使用したトーナメント戦。日本,韓国,フィリピン,アメリカで活躍するトッププレイヤー8人による一夜限りのドリームマッチとあって,ハイレベルな試合が続出し,会場は一気にヒートアップした。

日本からノビ選手たけ選手弦選手たぬかな選手,韓国からSaint選手JDCR選手,フィリピンからAK選手,アメリカからMr.NAPS選手と,名うての鉄拳プレイヤーが勢揃い。20周年にふさわしい豪華なトーナメントとなった
鉄拳7

実況は4Gamerのライターとしても活躍中のハメコ。氏(左)が担当
鉄拳7

 プロゲーマーである韓国人選手2人が1回戦で脱落するなど,波乱含みの展開の中,決勝へと駒を進めたのは,13歳の少年ゲーマー,弦選手と,アメリカでその名を知らぬ者はいないMr.NAPS選手。新鋭対ベテランの対決は,弦選手が若さあふれる猛攻で押しに押し,パーフェクトを含むストレート勝ちで,見事優勝を勝ち取った。

鉄拳7
世界各国から集まったの強豪同士による対戦だけあって,見ているだけでも興奮してしまう試合が続出した
鉄拳7
優弦選手には,2014年に鉄拳ネットやロケテストで配布されたすべてのバナパスポートカード入りのアートブックが贈られた

 トーナメントの興奮も冷めやらぬ中,開発中である「鉄拳7」の最新情報コーナーとなった。この日公開されたのは,新キャラクターのラッキー・クロエ。ネコミミ付きのヘッドホン(耳あて?)を装着した何とも意外なビジュアルだが,ダンスを踊るかのように華麗に戦う姿は,確かに鉄拳キャラクターらしさを感じさせる。原田氏によると「意外な設定も隠されている」らしく,ファンには気になるところだ。
 なお,鉄拳7の登場キャラクターは,過去作品からの継続参戦も含めて多数控えているとのことなので,今後の情報に期待しよう。

ネコミミ姿が印象的な新キャラクターのラッキー・クロエに,会場からは驚きの声が上がった
鉄拳7

鉄拳7 鉄拳7

鉄拳7
鉄拳7 鉄拳7
鉄拳7 鉄拳7
鉄拳7

 11月に行われたロケテストで公開された新システムも,原田氏から改めて説明された。今後の開発状況によっては仕様が変更になるとの前置きはあったが,いずれも戦い方の幅を広げそうな内容だけに,ファンの期待も高そうだ。

「パワークラッシュ」一度出せば,途中で相手の攻撃を食らっても出しきれる,いわゆるスーパーアーマー技。食らった分の体力は減るが,壁際に追い詰められたときの脱出手段などとして使えそうだ
鉄拳7 鉄拳7

「レイジアーツ」体力が一定以下となり,レイジ状態となったときに,一度だけ繰り出せる必殺技。ヒットすると,ド派手な演出ともに高威力の技が繰り出される。ただし,発動後はレイジ状態が解けてしまうので使いどころが難しそうだ
鉄拳7 鉄拳7

「スーパースロー」お互いの体力が残り少ない状態で同時に攻撃を出すと,決着までの瞬間がスローモーションになる演出。原田氏によると「11年くらい前から考えていたシステムで,見て盛り上がってもらえるように」というアイデアなのだとか
鉄拳7 鉄拳7

 会場の別スペースには,「鉄拳7」の試遊台など,来場者が楽しめるさまざまなコーナーが用意されていた。

招待選手を含む多くのプレイヤーが飛びついていたのが,鉄拳7の試遊台。11月に東京と大阪で行われたロケテスト以外では触れなかったとあって,長蛇の列ができた
鉄拳7

シリーズの設定画などが展示されたギャラリー。貴重な品にじっくりと見入るファンが多数いた
鉄拳7 鉄拳7

初代から最新作まで,コンシューマゲーム機向けにリリースされた歴代の鉄拳が自由にプレイできるコーナーも。「懐かし〜!」の声があちこちから聞こえてきていた
鉄拳7

原田氏,ユリコさんとの記念フォトスペースも大人気となっていた
鉄拳7


稼働前の鉄拳7を使ったスペシャルマッチで大いに盛り上がった第2部


 休憩を挟んで行われた第2部は,来場者への大抽選会。サンタの衣装に身を包んだ原田氏から贈られる秘蔵アイテムの数々に,会場は大いに沸いた。

原田サンタから良い子達への一足早いクリスマスプレゼント。デビル仁が描かれたバナパスポートカードや,ヨーロッパで販売されているというキャラクターTシャツ(左),ファイティングスティック(右)などのレアアイテムが来場者とニコ生視聴者に贈られた。なお,トナカイ役はディレクターの米盛祐一氏
鉄拳7 鉄拳7

 イベント最後のコーナーは,なんと正式稼働前の鉄拳7を使ったトーナメント戦。先ほど激戦を繰り広げた8人の招待選手が,(ほぼ)ぶっつけ本番で臨むという,非常に興味深い戦いとなった。選手達は慣れないシステムに不安を隠しきれない様子だったが,いざ戦いが始まれば,そこはスーパープレイヤー。レイジアーツなどの新システムを見事に使いこなしてのバトルが繰り広げられた。

原田氏が「プレイ前にインストカードから目を離さない大会は新鮮ですね」と話したように,名うての強豪といえども不安な様子。それでも新システムや新技をしっかり使いこなして戦うのだから,さすがとしか言いようがない
鉄拳7

 決勝に駒を進めたのは,日本のノビ選手と韓国のJDCR選手。攻めにより自分のペースを作るスタイルのノビ選手と,鉄壁の防御を得意とするJDCR選手による一戦は,文字通りの一進一退となった。互いに2セット取ってからのファイナルラウンドでは,ノビ選手が,タイムアップ間際に放たれたJDCR選手のレイジアーツを冷静にガードしてKO勝利。公認プレイヤーでもあるノビ選手が,“初の鉄拳7大会”を見事に制した。

決勝戦はノビ選手のラース対JDCR選手の平八というマッチアップ。両者一歩も引かず,ファイナルラウンドまでもつれ込む熱戦となった
鉄拳7

優勝したノビ選手(右)は「ロケテストで前もってプレイできたのがよかった」と喜びのコメント。賞品として,記念の楯と世界に1枚だけのバナパスポートカードが贈呈された
鉄拳7

 イベントの最後に原田氏は「20周年といっても節目でしかありません。鉄拳は2世代くらいプレイヤーが入れ替わっているので,これからの若い人のためにも,我々開発陣が頑張っていこうと思います。これからも鉄拳シリーズを,鉄拳7を楽しみにしていてください!」と締めのコメント。これからも続くシリーズの熱い戦いに期待を感じさせて,イベントは幕となった。

原田氏に内緒のサプライズ演出として,プレイヤー代表者から感謝状の贈呈。原田氏は驚きながらも「今まで以上に真摯にゲームを作っていきます」と力強く宣言した
鉄拳7

最後は,出演者と来場者が一緒になっての記念撮影
鉄拳7

「鉄拳」シリーズ公式サイト

  • 関連タイトル:

    鉄拳7

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2 アンリミテッド

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2

  • 関連タイトル:

    鉄拳タッグトーナメント2 Wii U EDITION

  • 関連タイトル:

    鉄拳6 BLOODLINE REBELLION

  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳6

  • 関連タイトル:

    鉄拳TAG TOURNAMENT2

  • 関連タイトル:

    鉄拳5 DARK RESURRECTION オンライン

  • 関連タイトル:

    鉄拳 ダーク・リザレクション PSP the Best 

  • 関連タイトル:

    鉄拳 ハイブリッド

  • 関連タイトル:

    鉄拳レボリューション

  • 関連タイトル:

    TEKKEN TAG TOURNAMENT 2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日