オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
NightCry公式サイトへ
レビューを書く
準備中
NightCry
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ついに発売された「NightCry」のプレイレポートを掲載。豪華客船で巻き起こる惨劇から,か弱い美少女(とおっさん)は生き残れるのか?
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/04/02 00:00

プレイレポート

ついに発売された「NightCry」のプレイレポートを掲載。豪華客船で巻き起こる惨劇から,か弱い美少女(とおっさん)は生き残れるのか?

 「クロックタワー」シリーズの精神的後継作として,同シリーズの生みの親であるゲームクリエイターの河野一二三氏率いるヌードメーカーが開発を続けていた「NightCry」。そのPC版が,2016年3月29日にPLAYISMより発売された。

 4Gamerでも,すでに何度もお伝えしているとおり,本作は豪華客船に閉じ込められた主人公となり,巨大なハサミで人間を襲ってくる謎のクリーチャー“シザーウォーカー”から身を隠しつつ,脱出方法を探るというホラーアドベンチャーだ。そんな本作を遊んでみたので,ネタバレを避けつつ,簡単なプレイレポートをお届けしよう。

NightCry
NightCry NightCry

「NightCry」公式サイト



ハサミ男(?)に追い回される恐怖が再び

非力な一般人となって,逃げて隠れてやり過ごせ


 物語の主な舞台となるのは,カリブ沖を航海中の豪華客船オシアネス号。西暦2016年8月18日の夜,船内ではちょっとしたカクテルパーティーが催されていたが,この時すでに,シザーウォーカーの魔の手が静かに忍び寄ろうとしていた。
 ゲームは全部で3つのチャプターで構成され,各チャプターはさらに複数のシーンに分割されている。そして,チャプターごとにそれぞれ異なる主人公を操作しながら,物語の全貌を解明し,船からの脱出を図るというのがゲームの大まかな流れだ。

NightCry
チャプター1の主人公・モニカ。とても色っぽいが,ルーニーとの仲はあまり良くない様子
NightCry
チャプター2の主人公・レナード。文化人類学の教授で,モニカとルーニーは共に彼の教え子でもある
NightCry
チャプター3の主人公・ルーニー。とある事情で,周囲からは“死にたがり”だと思われている

 「デジゲー博SPECIAL in 闘会議2016」でのミニインタビューで河野氏自身が語っているとおり,本作ではポイント&クリック方式を採用しており,行きたい場所や調べたいものをクリックで指定しつつ,アイテムを集め,ほかの生存者の話を聞き,謎を解きながらゲームを進めていく。クロックタワーシリーズ同様,主人公側は武器などを持っていないため,シザーウォーカーに見つかったら隠れてやり過ごすか,身近にあるものを利用して一時的に撃退するしかない。

身近で頼りになる武器と言えばこれ。消火器を噴射してシザーウォーカーを撃退!
NightCry

 探索中は場所ごとにカメラ位置が固定される「Alone in the Dark」方式となっており,行きたい場所をクリックすると歩き,ダブルクリック(もしくは,歩き中にDキー)でダッシュできる。キャラクターを直接操作するのではないため,慣れるまでは若干戸惑うかもしれないが,思わぬ動きをしてしまっても極限状況でパニックを起こしているのだと脳内補完して乗り切ろう。

NightCry
船内にはさまざまなロケーションが存在する。隅々まで探索して,脱出の手がかりを見つけよう
NightCry NightCry

 本作は基本的に,特定のポイントでオートセーブが行われる仕組みだが,ゲーム序盤でスマートフォンを入手したあとは,スマホの充電器がある場所で,任意に途中経過をセーブできるようになる。ただし,セーブデータは常に1つしか保存されず,ゲームを再開(コンティニュー)したときは,オートセーブとスマホでのセーブデータのうち,どちらか最新のものが選択される。

 また,スマホ入手後はLキー(もしくは画面右にあるアイコンをクリック)でライトのオン/オフが可能になる。薄暗い船内では,このスマホの明かりが頼みの綱で,スマホを使ってSNSに投稿したり,ほかの生存者と連絡を取り合ったりすることで先に進めるようになるシーンもあるなど,攻略に欠かせないツールになっている。

NightCry
特定のポイントでSNSに投稿したり,電話をかけたりすることで展開が変化することも
NightCry
スマホは,SNSに投稿したり,ほかの生存者に連絡したり,ライトとして活用したりと大活躍

 探索中にシザーウォーカーと遭遇すると「探索」モードから「逃走」モードに切り替わり,一部操作が変更される。このときは,カーソルを動かした方向に任意にカメラを向けられるようになり,右クリックでうしろを振り返ることができる。さらに,マウスホイールを押すことで,ダッシュよりも素早い移動が可能な全力ダッシュで逃げられるが,体力をより多く消耗してしまう。体力が消耗してくると画面の周囲が赤くなるので,振り返ってシザーウォーカーとの距離を確認しつつ,立ち止まって回復しよう。

NightCry
ホラーものでは定番のクローゼットに隠れるシーン。隠れ場所によっては見つかってしまう場合もある
NightCry
隠れている最中には「パニックモード」が発生することも。右にある心臓のカーソルを,左のマーカーに合わせ続けることで息をひそめた状態をキープできる。マーカーは動き回るので,見逃さないように

 上述のとおり,主人公達は戦うすべを持たないので,シザーウォーカーに出くわしたら,とにかく隠れられそうな場所を見つけるしかない。もし捕まっても,体力が十分に残っていればクリック連打で振りほどけるが,そうでなければ死あるのみ。また,一度はうまくやり過ごせたポイントでも,もう一度そこに隠れると今度は見つかってしまったりするので油断できない。プレイ中は神出鬼没のシザーウォーカーに何度も襲われることになるので,うまく隠れられるポイントを見つけるまで,これまた何度もゲームオーバー画面を拝むことになるだろう。

シザーウォーカーに捕まってしまったら,クリック連打で振り切ろう。逃げ切れなくて死ぬこともあり
NightCry

 本作では,この「回避/撃退ポイントの発見」と「イベントのフラグ立て」の2つがゲーム進行のカギを握っており,クロックタワーシリーズのファンならば「そうそう,この感じ!」と思わず膝を叩きたくなるはず。一方で,完全な“死に覚えゲー”であるとも言えるので,そのあたりは好みが分かれそうだ。また,現状ではいくつか細かいバグが残っているのも気になるところで,こちらは今後のパッチに期待したい。

 とはいえ,薄暗い船内の雰囲気は抜群で,いつどこでシザーウォーカーに襲われるか分からない恐怖感(いかにも出そうだなあというポイントもあるけど)と,先が気になるストーリー展開はさすがのひと言。作りの荒い部分も散見されるが,ゲームクリエイターとしての河野氏のセンスの確かさをしっかりと感じさせる作品に仕上がっている。

シザーウォーカーは,ときには思わぬ場所から現れたりするので結構びっくりする
NightCry

 また,ホラーゲームは通常,何が起こるか分からない最初の1回が肝心で,ネタが割れた2周め以降のプレイでは面白さが半減してしまうものだが,本作ではゲーム中での行動に応じてその後の展開が変化するマルチストーリー/マルチエンディング方式を採用することで,その問題をクリアしている。
 一度通ったルートはフローチャート上に記録されるうえ,任意のシーンから再開できるので,すべてのルートを確かめたくなり,繰り返しプレイに向いているのも嬉しいところ。同様に,一度見たエンディングや怪奇現象,死亡シーンなども記録されるので,ぜひ隅々まで遊び尽くしてほしい。

プレイ中に主人公達を襲うのはシザーウォーカーだけではない。教授,うしろ,うしろ!
NightCry
ルーニーの頭上から突然コンテナが落下! クリック連打で危機を回避するのだ
NightCry
一度通ったルートはフローチャートに記録される。ゲームを隅々まで遊び尽くそう
NightCry

「NightCry」公式サイト

  • 関連タイトル:

    NightCry

  • 関連タイトル:

    NightCry

  • 関連タイトル:

    NightCry

  • 関連タイトル:

    NightCry

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月18日〜11月19日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月