オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
【PR】ゲーム実況を始めるならCPUは「Ryzen 7」で決まり!「PUBG」を使った競合製品との比較で明らかにする,8コア16スレッドの威力
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/09 12:00

広告企画

【PR】ゲーム実況を始めるならCPUは「Ryzen 7」で決まり!「PUBG」を使った競合製品との比較で明らかにする,8コア16スレッドの威力


 ここ何年かの間に,「ゲームプレイ映像をオンラインで生配信すること」(以下,ゲーム実況)のハードルは大きく下がった。PCならグラフィックスドライバと連係して動作する無料ユーティリティソフト,据え置き型ゲーム機ならOSレベルでそれぞれ標準対応なのだから,一般化したと言ってもいいだろう。
 実際,プロのストリーマー(streamer,配信者)として名を挙げる人が誕生したり,ごくごく普通のゲーマーが気が向いたときだけふらっと配信したりと,ゲーム実況は世界的なムーブメントとなった。

Ryzen

デスクトップPC向けRyzen 7プロセッサ。AM4プラットフォームに対応する
Ryzen
 こと国内においては,PC版「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(以下,PUBG)がゲーム実況のムーブメントを引っ張る存在になっている。
 その流れに乗って「ゲーム実況用PC」の導入を検討している人も多いと思うが,そこで考慮に入れたいのがAMDの新世代CPU「Ryzen 7」だ。

 冒頭でも簡単に述べたとおり,今や「GeForce Experience」(の「Share」機能,以下 GFE)や「Radeon ReLive」といった無料ユーティリティソフトがあれば,ゲーム実況自体は簡単に行える。たとえばGFEなら,TwitchやYouTube Liveへ配信することはとても簡単だ。しかもフレームレートに与える影響は小さいので,なぜCPUなのか,なぜRyzen 7なのかと疑問に思う人も多いだろう。

 これは,実際に使ってみると分かるのだが,GFEに代表される,GPU側のハードウェアを用いたH.264/MPEG-4 AVC(以下,H.264)エンコードは,「x264」というソフトウェアを用いてH.264エンコードを行う,俗に言うソフトウェアエンコードで設定を最適化した状態と比べると,画質が一段落ちる傾向にある。

 下に示したのは,GeForceに統合されるハードウェアエンコーダ「NVENC」と,ソフトウェアエンコードとでPUBGの録画を行い,それを切り出したものだ。上は同じようなシーンで止まった状態,下は振り向き動作中のもので,いずれも左がハードウェアエンコード,右がソフトウェアエンコードの結果だ。サムネイルはごく一部を切り出しているが,いずれもブロックノイズの量がかなり異なるのが分かるだろう。

筆者の自宅回線では,ビットレートが2500を少しでも超えると,バッファリングが数秒おきに発生してしまうので,ここでは2500kbpsでビットレートを揃え,ハードウェアエンコードとソフトウェアエンコードを行ってみた。結果はご覧のとおりで,ハードウェアエンコードは明らかにブロックノイズが多い。空の雲やゲームの方角表示,本来なら木の形をしているべき部分などを見ると,違いが分かりやすいと思う
Ryzen Ryzen
Ryzen Ryzen

 また,GFEで実現される機能はとてもシンプルというのもある。ゲーム映像へ,Webカメラの映像と最大3枚の画像をオーバーレイ表示させられるだけだ。生放送でストリーマーの顔を出したり,PUBGでストリームスナイパー(※)避けにマップを隠したりといったことはできるものの,それ以上のことをしようとすると,とたんに難度が上がってしまう。

※ゲーム実況のマップを見てストリーマーの位置を特定し,襲撃しにくる人。事象として扱い「ストリームスナイプ」と呼ぶこともある。

Ryzen
 そのためプロのストリーマーやゲーム実況熟練者の間では,ゲームプレイ用PCと配信用PCを用意し,片方でフルスクリーンのゲームをプレイしながら,片方で配信し,視聴者とコミュニケーションも取るという,2台体制を敷くのが一般的になっている。
 理由は単純で,1台のPCですべてをまかなおうとすると,何かの弾みでゲーム側,もしくは配信&コミュニケーション側にいわゆる処理落ちが発生する恐れがあるからだ。ただ,さすがにゲーム実況のためだけに2台体制というのはハードルが高すぎると思う読者が多いだろう。

Ryzen
 そこで多コアCPUとしてのRyzen 7なのである。
 AMDによる起死回生の一撃として2017年にデビューしたRyzen 7は,最大8コア16スレッドに対応する――誤解を恐れず表現すれば,最大で16の処理を同時に実行できる――プロセッサだ。極めて高価な「HEDT」(High-End DeskTop)プラットフォーム向けのRyzen ThreadripperやCore Xといった特殊な製品を除くと,現状,最もCPUコア数の多いPC向けCPUでもある。

 競合のIntelが(特殊な製品を除くと)長らく4コア8スレッド対応に留まり,6コア12スレッド対応のCPUを出してきたのはつい最近ということもあり,多くのPCゲーマーにとって一般的なのは4コア8スレッド対応CPUだろう。その点,Ryzen 7なら,単純計算で「4コア8スレッド対応CPU搭載PC」2台分の活躍を期待できる。もっとはっきり言うと,プロのストリーマーが採用している「配信環境におけるPCの2台体制」を,1台でまかなえるかもしれないのだ(※)。

※その場合も,ディスプレイだけは2台あったほうがいい。1台でもゲーム実況を行うことは可能だが,配信ソフト操作のためにタスクを切り換える必要があり,「視聴者のコメントを見ている間に撃たれて死ぬ」ようなリスクが上がるためである。

Radiant GZ2600X370A
メーカー:サイコム
問い合わせ先:「お問い合わせ」ページ
BTO構成価格:20万5800円(税込)
Ryzen
 さて,今回筆者が入手したのは,Ryzen 7のエントリーモデル「Ryzen 7 1700」(8コア16スレッド対応,定格クロック3.0GHz,最大クロック3.7GHz,共有L3キャッシュ容量16MB)を搭載したサイコム製PC「Radiant GZ2600X370A」だ。
 グラフィックスカードとして「GeForce GTX 1080」(以下,GTX 1080)搭載モデルを組み合わせてあり,今回のBTO構成だと,価格は20万5800円(税込)となっている。

白い筐体と派手なLEDイルミネーションが目を惹くRadiant GZ2600X370A。ミドルタワーらしく,内部構造には余裕がある。標準採用のCPUクーラーはAMD純正の「Wraith Max」。グラフィックスカードは外排気仕様のクーラーを搭載していた
Ryzen Ryzen
Ryzen Ryzen


いかにして1台のPCでゲームプレイと配信&コミュニケーションを行うか


Ryzen
 TwitchやYouTube Liveなどに代表される動画配信サービスでは,配信される映像に対して視聴者がコメントを書き,そのコメントに対して配信者が反応するという,循環型のコミュニケーションが成立している。
 そのため,プロのストリーマーやゲーム実況の熟練者は,配信画面にチャットボックスを表示させたり,視聴者が行った特定のアクションをトリガーとして画面上に何らかのアクションが生じるような仕掛けを施したりして,他の配信者との差別化を図っているのが一般的だ。

 そこでよく使われるのが,ストリーミング向けの配信ソフトウェア「Open Broadcaster Software」(以下,OBS)や「XSplit Broadcaster」だ。OBSベースの配信ソフトを「OBS Studio」と言うが,OBS StudioとTwitchを用いるための導入方法を下に画像とキャプションで示しておくので,「普通にゲームの映像を流す」ゲーム実況から一歩踏み出したい場合は参考にしてもらえればと思う。

(0)Twitchのアカウントを持っている人はパスしてもらえればと思うが,そうでないならTwitch公式Webサイトからアカウントの登録が必要だ。もっとも,任意のアカウント名もしくはFacebookのアカウントを登録して,最後に「興味のあるタイトル」を最低3本以上選択。最後に届いた(英語の)確認メールで[Verify your email]ボタンをクリックするだけである
Ryzen Ryzen
Ryzen Ryzen

(1)OBS公式Webサイトのトップページにある[Download OBS Studio]ボタンを押す。すると,「どのプラットフォーム向けか」尋ねられるので,OBSをインストールする対象がPCなら[Windows 7+]ボタンをクリックしよう。インストーラのダウンロードが始まるはずだ
Ryzen Ryzen

(2)ダウンロードしたインストーラを実行する。英語だが,基本的には画面の指示に従うだけだ。最後のところで「何をインストールするか」聞かれるが,ここも基本的には標準設定のままでいい。ちなみに標準でチェックが外れているのは,Intel製カメラ「RealSense」用のプラグインである
Ryzen Ryzen Ryzen

(3)初回起動時は使用許諾契約の確認がある(右)。[OK]ボタンをクリックすると,メインウインドウが開き,「自動構成ウィザード」に関するダイアログが出てくるので,[はい]をクリックする(※[いいえ]を選んだ場合でも,メインウインドウの「ツール」→「自動構成ウィザード(β版)」から呼び出せる)
Ryzen Ryzen

Ryzen
(4)というわけで自動構成ウィザードだ。まずは「配信のために最適化し,録画は二次的なものとする」を選択して[次へ]
Ryzen
(5)すると「基本(キャンバス解像度)」と「FPS」を尋ねられる。ここは迷ったらデフォルトのままでいいが,後者は「60」を選択しておくのもアリだ。今回は「60」を選んだ
Ryzen
(6)次の設定は「配信情報」だ。「配信種別」が「ストリーミングサービス」,「サービス」が「ストリームキー」になっているのを確認したら,「ストリームキー」のところの「リンク」をクリックする
Ryzen
(7)するとWebブラウザでTwitchの「配信キー」ダイアログが立ち上がる(※Twitchへログインしてなかった場合は,ログインしてから(6)をやり直す)。ここでは[キーを表示]を押そう
(8)注意事項が出てくるので,よく読んでから[承知しました]を押す。すると「配信キー」の下に「live_」で始まる文字列が出てくるので,これをコピーする。注意書きにもあるが,配信キーを他人に教えてはいけないので注意しよう
Ryzen Ryzen
(9)ふたたびウィザードに戻って,先ほどの「ストリームキー」のところへキーをペーストする。その状態で[次へ]をクリックすると,OBS Studio側で各種設定を行ってくれるので,しばらく待つ
Ryzen Ryzen
Ryzen
(10)「最終結果」が出てくれば設定完了だ。ここでは「どんな設定が自動的になされたか」を確認できるので,ひととおりチェックしたら[設定を適用]をクリックしよう。ちなみに設定内容はメインウインドウ右下の[設定]ボタンを押すことで確認,変更できる
Ryzen
(11)こちらが実際に「設定」を開いたところ。主にチェックすべきは「出力」だ。基本的には弄らなくていいと思うが,どうしても配信時の解像度やビットレートを変えたいときはここを弄ればいい

 以上で最低限の下準備は完了だが,まだこれだけではOBS StudioとTwitchの連係を行っただけであって,まだゲームの映像を送信するには至っていない。
 ここからはゲームの映像をOBS Studioに取り込んでいこう。以下はPUBGを前提にするが,それ以外のタイトルでも設定方法は基本的に同じだ。作業の前にゲームを起動しておく必要があるので,その点はご注意を。

(12)OBS Studioのメインメニュー左下にある「シーン」の[+]ボタンをクリックし,「シーン追加」ダイアログに分かりやすい名前を付けて[OK]を押す(左,今回は「配信」とした)。すると「シーン」以下に項目が1つ増えるはずだ
Ryzen Ryzen
(13)続けて「ソース」のところで右クリックし,「追加」→「ゲームキャプチャ」と進む。すると「ソースを作成/選択」というウインドウが出てくるので,ここで「新規作成」のところに分かりやすい名称を入れて[OK]をクリックしよう。今回は「PUBG」とした
Ryzen Ryzen
(14)すると今度は「‘PUBG’のプロパティ」というウインドウが開く。ここでは「モード」を「特定のウィンドウをキャプチャ」へ変更し,さらに「ウィンドウ」のプルダウンメニューからPUBGの起動ファイルである「TslGame.exe」を選択する。するとプレビュー状態が表示されるはずだ。問題なければ[OK]をクリック
Ryzen Ryzen
(15)ひとまず設定完了だ。ここで[配信開始]ボタンを押せばすぐTwitch上で生配信が始まる
Ryzen

Ryzen
メインメニューの[設定]ボタンを押して開くウインドウ以下,「出力」の「エンコーダ」からエンコーダを変更できる。今回は画質重視なので「ソフトウェア(x264)」を選んでおこう
Ryzen
「音声」からマイク入力用デバイスを選択したところ
 さあ,これでGFEと同等なレベルで配信を行えるようにはなった。だが,本稿におけるゴールはここではない。さらにカスタマイズしていこう。
 OBS Studioでは,(GeForceを搭載する環境だと)「ソフトウェア(x264)」もしくは「ハードウェア(H.264)」のどちらかをビデオエンコードに利用できる。本稿の冒頭でお伝えしたとおり,画質を考慮に入れるなら前者を選ぶべきだ。

 また,視聴者のコメントを見ながらコミュニケーションを取る場合,マイクのセットアップは必須となる。
 プレイヤー側の音声も映像に載せるには,「設定」ウィンドウの「音声」を選び,「マイク音声デバイス」から,マイク入力用デバイスを正しく選択しておこう。

 ただ,これではまだ配信に個性が足りない。OBS Studioのカスタマイズで,より賑やかに見えるよう,工夫をしてみたい。
 先ほどPUBGのゲーム画面を取り込むのに使ったOBS Studioの「ソース」は,ゲーム映像の上にオーバーレイ表示させる項目を追加したりカスタマイズしたりするためのものと,あらかじめ理解しておいてもらえれば幸いだ。

1.画像追加

(1)OBS Studio上の「ソース」で[+]ボタンを押すか,ゲーム画面部で右クリック→「追加」と進むかすると,メニューから「画像」を選択できる。選択後,「ソースを作成/選択」というダイアログウインドウが出たら,「新規作成」以下に適当な名前を入力して[OK]を押す。すると今度は「‘(適当な名前)’のプロパティ」ウインドウがポップアップするので,追加したい画像を選択するという流れだ
Ryzen Ryzen Ryzen
(2)選択すると,OBS Studioのメインウインドウ上に画像がオーバーレイ表示されるので,その赤枠部を操作して,任意の場所に移動させたり,大きさを調整したりする(左)。右はその結果だ。ちなみにukeru.jpというのは筆者が所持しているドメインの名称である
Ryzen Ryzen

2.Webカメラ(など)の映像追加

 映像配信に欠かせない要素の1つが,Webカメラで撮影したプレイヤーの映像だ。プレイヤーの様子や表情をゲーム映像とセットで見せることで,より臨場感のあるゲーム実況を楽しんでもらえるようになる。

こちらがFacerig。まずはきちんと自分の顔を認識するか確認しておきたい。確認後は最小化してしまって大丈夫だ
Ryzen
 ただ,「自分自身を世界に晒す」のは抵抗があるという人も多いだろう。そこでお勧めしたいのが,プレイヤーの表情をWebカメラで読み取り,動物や2D美少女などさまざまなアバターにその表情をさせることのできる有償ソフトウェア「Facerig」だ。
 Facerigの導入方法は別記事で紹介しているため,本稿では繰り返さないが,OBS Studioとの連係方法は下に紹介しておきたい。

Ryzen
(1)メインメニューの「ソース」から[+]ボタン→「ウィンドウキャプチャ」と進み,「プロパティ名」を「Facerig」にして保存
Ryzen
(2)「‘Facerig’のプロパティ」ウインドウが開いたら,「ウィンドウ」のプルダウンメニューから「Facerig.exe」を選択して[OK]を押す
Ryzen
(3)あとは画像ファイルを追加したときと同じように,Facerigのレイヤーサイズを調整すれば設定完了だ
Ryzen
(4)Webカメラの映像に対しては「窓枠」を用意しておくといい。画像として「ソース」からレイヤーを足せばOK

3.画面上にコメントを表示させ,見た目をもっと賑やかに

 さらに,配信画面上に視聴者のコメントが表示されるようにもしてみたい。この機能を追加するためには,StreamlabsというWebサイトとTwitchを連係させる必要がある。
 以下,簡単に手順を示しておくので,参考にしてほしい。

(1)Streamlabsへアクセスしたら,[LOGIN TO GET STARTED]ボタンを押す。するといくつかログインの選択肢が出てくるので,[LOG IN WITH TWITCH]をクリック
Ryzen Ryzen
(2)Twitchのアカウントから許可を出すか尋ねられるので,[許可]を押す。これでログイン完了だ。右がメインメニューで,左に選択項目が並んでいるが,ここで下から3番めの「Widgets」をクリックする
Ryzen Ryzen
Ryzen
(3)「Chat Box」がメインメニューに表示されたら,「Widget URL」の右にある「Click To Show Widget URL」をクリックする
Ryzen
(4)URLが表示されるので,その右隣にある[COPY]ボタンをクリック。これでURLをクリップボードへコピーできる
(5)OBS Studioの「ソース」から[+]ボタンを押して「追加」→[BrowserSource]を選択。「ソースを作成/選択」ウインドウが開いたら,分かりやすい名前(※今回は「CHAT」)を付けて[OK]
Ryzen Ryzen
Ryzen
(6)「‘CHAT’のプロパティ」が開くので,「URL」とあるところに,StreamlabsからコピーしておいたURLデータを貼り付けて,[OK]ボタンを押す
Ryzen
(7)あとはOBS Studioメインウインドウ内での表示領域を調整しながら位置を決めればいい。ただ、この状態では背景が透過するため,枠のみとなる
これで設置完了だ。実際にTwitchから配信を行いつつ,自分のチャンネルへ備え付けのチャットルームで適当に文字を入力してみよう。問題なければOBS Studio上でチャットが表示されるはずだ。なお,Streamlabsではほかにもさまざまな機能があるが,それは各自試してみてもらえればと思う
Ryzen

 以上でかなり賑やかになるはずだが,Google検索で「OBS Overlay PUBG」といった具合に検索すれば,さらに賑やかにするためのオーバーレイファイルを探すこともできるだろう。OBS Studioを使えば,いくらでもカスタマイズできるので,ぜひ試してみてほしい。

筆者が今回の記事のため作成した配信画面。画像とFacerig,チャット用の枠を組み合わせつつ,ストリームスナイパー対策でマップ部にロゴ画像を載せている。レイヤーの配置にあたっては,1枚ゲーム中の画面をスクリーンショットとして用意して「ソース」から仮に貼り付けておくと,ゲームを起動しなくても各種UIの位置関係を確認しやすいのでお勧め
Ryzen


ここまで豪華な配信環境を整えても,余裕でゲーム実況できるRyzen 7


Ryzen
 ここまでの作業で,「視聴者のコメントを見ながら,かつ,アバターに自分の声でしゃべらせながらのゲーム実況」を行えるようになったわけだが,ではこの配信にRyzen 7は耐えるのか。「Ryzen 7 1700+GTX 1080」という構成のサイコム製ゲームPCで試してみよう。
 繰り返しになるが,OBS Studioでは今回,画質を優先する理由から,NVENCではなく,ソフトウェアのx264エンコーダを用いる。なので,それだけでもCPU負荷はかなりのものになるわけだが,8コア16スレッド対応のRyzen 7 1700は捌くことができるのか,その点をチェックするわけだ。

 確認方法は至ってシンプル。テスト対象のPCに2台のディスプレイを接続したうえで,プライマリディスプレイにゲーム画面をフルスクリーン,セカンダリディスプレイに設定済みのOBS StudioとWindowsのタスクマネージャー内「パフォーマンス」タブを開いた状態で配置する。そのうえで,以下の負荷状況をチェックすることにした。

  1. セカンダリディスプレイのデスクトップをビデオキャプチャデバイスで録画したビデオ(※解像度1920×1080ドット,音声なし)
  2. Twitchへ配信したビデオ(※解像度1280×720ドット,音声あり,フレームレート表示付き)

Ryzen
 テストに使うシーンは,降下地点を変えながらの「降下→屋内」移動,広範囲が描画される状況下におけるクルマ移動の2つ。「1ゲームずっと」は長くなりすぎるので,編集している。
 配信の映像は720p(=1280×720ドット),ビットレート2500kbpsのものだが,720pを選択した理由は,OBS Studioの「自動構成ウィザード」推奨だからというのが1つ,1080p(=1920×1080ドット)ではビットレート制限からむしろ画質が低下するというのが1つである。

 その結果は下に示したとおりだ。2つのムービーを再生してもらうと,ソフトウェアエンコード,そしてOBS Studioを介して行っているさまざまな外部アプリケーションとの連係でCPUに負荷がかかっているにもかかわらず,CPUの使用率はざっくり45〜55%程度に留まっているのが分かるだろう。
 実際,テスト1.で確認できる「配信者が見ているゲーム画面」でも,「Twitchで配信されている映像」でも,処理落ちらしい処理落ちはない。「プロストリーマーなどが2台でやっている作業」を,Ryzen 7 1700搭載PCなら1台でまかなえていることを,はっきり確認できるわけだ。


 なら,2017年のゲーマー向けPC用CPUとしてごくごく一般的な4コア8スレッド対応モデルで同じことをやったらどうなるだろう? 今回は,搭載するGPUも,PC4-19200 DDR4 SDRAM 8GB×2というメモリ構成も,ストレージをSerial ATA 6Gbps接続のSSDとする構成もRyzen 7 1700機と揃えつつ,CPUを「Core i7-7700K」(定格4.2GHz,最大4.5GHz,共有L3キャッシュ容量8MB)へ変更した環境でも同様のテストを行うことにした。

 その結果が下の動画で,テスト1.のほうを見るとCPU負荷率が極めて高いことと,配信者側のゲーム映像にそれほどの影響はない一方で,Twitch生配信ログを見ると配信映像が露骨にカクつくことを確認できる。
 Core i7-7700Kはつい最近まで「純粋なゲーム用途としては最強」のプロセッサとして君臨していた製品だが,ことゲーム実況という観点に立てば,Ryzen 7は最も安価な選択肢でさえ,“最強のCPU”より快適というのがよく分かるだろう。


 視聴者側で見ることのできる映像は,言うまでもなくテスト2.のほうだけだ。せっかく高画質かつ個性的な配信を行っても,肝心のところでカクついて,決定的なシーンを見ることができないようだと,視聴者は見る気が失せてしまう。本気で配信をするなら,「視聴者からどう見えるか」を考慮する必要があるというのも,今回の比較からは掴んでもらえるのではないかと思う。


1台のPCで本格的なゲーム実況を行いたいならRyzen 7


Ryzen
 筆者はこれまでもゲーム実況を嗜んできたが,序盤で触れたように,ゲームPCとゲーム実況用PCという2台体制で行ってきた。ゲームPCからプライマリディスプレイへ出力しつつ,スプリッタを使って途中で分岐させ,分岐したほうをゲーム実況用PCへ入力するという格好でやっていたわけだ。
 本稿で紹介した内容は,そんな「筆者がこれまで行ってきた配信環境」を1台に集約するというものだったが,CPU単体価格が3万円台前半からという,ミドルハイクラス的な価格設定のRyzen 7 1700を搭載したゲームPCが,ここまで4コア8スレッド対応CPU搭載PCを圧倒するとは,正直,思っていなかった。

 というわけで,日本時間12月21日に製品版へ昇格する予定となっているPUBGに合わせてゲーム実況を始めたい,ただゲーム映像を流すだけでなく,ストリーマーとして視聴者と積極的にコミュニケーションを図りたい,しかしPCの2台体制などといった大仰なことはしたくないというワガママな人にとって,Ryzen 7は間違いなく有力な選択肢だ。もちろん,GFEなどを使ったシンプルな配信方法で行き詰まりを感じている人にとっても,お勧めのアップグレードパスと言えるだろう。

 この冬,Ryzen 7とPUBGで,これまでとは一味違うゲーム実況を始めてほしい。

Ryzen

Ryzen 7をAmazon.co.jpで購入する(Amazonアソシエイト)

Ryzen 7をパソコンショップ アークで購入する


サイコム「冬のボーナスキャンペーン」ページ


(C)2017 BLUEHOLE INC. ALL RIGHTS RESERVED. PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS is a registered trademark, trademark or service mark of Bluehole, Inc. and its affiliates
  • 関連タイトル:

    Ryzen

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月24日〜09月25日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
Conan Outcasts (PS4)
51
2018年03月〜2018年09月