オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

佐々木秀二

このページの最終更新日:2019/04/20 12:00

rss


  • このページのURL:

キーワード

下線

【PR】これは買いだ。サイコムのGPU&CPU簡易液冷ゲームPC「G-Master Hydro」は,スペックからは考えられない静かさが魅力

【PR】これは買いだ。サイコムのGPU&CPU簡易液冷ゲームPC「G-Master Hydro」は,スペックからは考えられない静かさが魅力

 「G-Master Hydro」で世界で初めてGeForce RTX 20シリーズの簡易液冷化に成功したゲームPCメーカー,サイコム。4GamerではそのRTX 2070搭載モデルを入手できたので,多角的に検証した結果をお届けしてみたい。先にお伝えしておくと,最新世代のハイクラスGPU搭載ゲームPCとは到底思えない,強烈な静粛性は要注目だ。

[2019/04/20 12:00]

「ジャンプチ ヒーローズ」サービス1周年記念インタビュー。クリエイターに聞く,多彩な作品のファンに応える秘訣とは

「ジャンプチ ヒーローズ」サービス1周年記念インタビュー。クリエイターに聞く,多彩な作品のファンに応える秘訣とは

 「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年記念タイトルとして,LINEが配信している「ジャンプチ ヒーローズ」がサービス開始から1周年を迎えた。新たなライバルタイトルも増え続けるなか,いかにして「ジャンプチ ヒーローズ」はプレイヤーの心を掴み続けているのかを,運営&開発のキーマンに聞いてみた。

[2019/04/15 18:00]

「Razer Seiren Elite」レビュー。Razerのゲーマー&ストリーマー向けダイナミックマイクは扱いやすさが魅力

「Razer Seiren Elite」レビュー。Razerのゲーマー&ストリーマー向けダイナミックマイクは扱いやすさが魅力

 発売から時間は経ってしまったが,どうしても取り上げておきたい製品として,今回はRazer製ダイナミックマイク「Seirēn Elite」をテストする。同社のコンデンサマイクもテストしてきたサウンドデザイナー,榎本 涼氏は,税込価格2万円台半ばのモデルをどう評価するだろうか。

[2019/04/03 00:00]

人間とは“何”か――重厚なテーマを描く「RenCa:A/N」開発の経緯とは。木村明広氏と保志総一朗氏らにインタビュー

人間とは“何”か――重厚なテーマを描く「RenCa:A/N」開発の経緯とは。木村明広氏と保志総一朗氏らにインタビュー

 オルトプラスとビーグリーの共同企画タイトルとなる新作スマホ向けRPG「RenCa:A/N(レンカ アルバニグル)」。先日,本作の原案を手掛けた木村明広氏,スーパーバイザーを務める保志総一朗氏,原作・企画を務めるスタッフ陣が編集部を訪問してくれたので,その模様をお届けしよう。

[2019/04/02 12:00]

「闘神祭2018-19 CHAMPIONS CARNIVAL」フォトレポート。10作品を超えるアーケードタイトルで新たな闘神が決まる

「闘神祭2018-19 CHAMPIONS CARNIVAL」フォトレポート。10作品を超えるアーケードタイトルで新たな闘神が決まる

 2019年3月23日と24日の2日間にかけて,タイトーが主催するアーケードゲーム全国大会「闘神祭2018-19 CHAMPIONS CARNIVAL」が東京・TFTホールにて開催された。各タイトルを代表するトッププレイヤーが集結し,その腕前を存分に披露した大会の模様をフォトレポートでお届けしていく。

[2019/03/30 00:00]

「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 OC MINI」を試す。ちょっと短尺RTX 2070カードは消費電力の低さと動作の静かさに注目したい

「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 OC MINI」を試す。ちょっと短尺RTX 2070カードは消費電力の低さと動作の静かさに注目したい

 発売当初は「高価」と言わざるを得なかったGeForce RTX 2070カードだが,あれから約5か月経って,少しずつ安価になってきた。そこで,ZOTAC GAMINGの短尺カード「ZOTAC GAMING GeForce RTX 2070 OC MINI」を用い,あらためて実力をチェックしてみたい。RTX 2070カードに買い得感は認められるだろうか。

[2019/03/29 12:00]

【PR】RTX 2080 Max-Q搭載で厚さ19mmのMSI「GS75 Stealth 8SG」徹底検証。これはバトロワのための薄型ノートPCだ

【PR】RTX 2080 Max-Q搭載で厚さ19mmのMSI「GS75 Stealth 8SG」徹底検証。これはバトロワのための薄型ノートPCだ

 薄型のゲーマー向けノートPCに注力するMSIから,厚さ19mmの筐体に「GeForce RTX 2080 with Max-Q Design」と垂直リフレッシュレート144Hz対応の液晶パネルを搭載する「GS75 Stealth 8SG」が国内発売となった。気になる3D性能,そして使い勝手はどうなのか,例によってじっくり検証してみたので,結果をレポートしたい。

[2019/03/27 16:00]

Creative「SXFI AMP」レビュー。最先端のバーチャルサラウンドヘッドフォン技術を採用した「尖りすぎ」なUSBサウンドデバイス

Creative「SXFI AMP」レビュー。最先端のバーチャルサラウンドヘッドフォン技術を採用した「尖りすぎ」なUSBサウンドデバイス

 Creativeの開発したバーチャルサラウンドヘッドフォン技術「Super X-Fi」。それを採用する初のUSBサウンドデバイスとなるのが「SXFI AMP」だ。耳と顔の写真を撮ると,それに合わせて音を最適化してくれるという製品だが,サウンドデザイナー,榎本 涼氏はどう評価するだろうか。テスト結果をお届けしたい。

[2019/03/25 00:00]

PS4版「コール・オブ・クトゥルフ」をより深く楽しむための6つのトリビア。すべての探索者とキーパーに贈る,先行インプレッションを掲載

PS4版「コール・オブ・クトゥルフ」をより深く楽しむための6つのトリビア。すべての探索者とキーパーに贈る,先行インプレッションを掲載

 海外では2018年10月に発売されたアドベンチャーゲーム「Call of Cthulhu: The Official Video Game」(PC / PS4 / Xbox One)の日本語版,「コール・オブ・クトゥルフ」(PS4)が,オーイズミ・アミュージオより2019年3月28日に発売となる。本稿ではその内容を紹介するとともに,その背景である「クトゥルフ神話」について解説する。

[2019/03/21 00:00]

DREVO製キーボード「BladeMaster TE」レビュー。側面にノブを備えた10キーレスモデルはゲームにどんな価値をもたらすか

DREVO製キーボード「BladeMaster TE」レビュー。側面にノブを備えた10キーレスモデルはゲームにどんな価値をもたらすか

 中国のゲーマー向けブランドであるDREVOの「BladeMaster TE」は,クラウドファンディングで資金調達を成功させて登場した10キーレスキーボードだ。コンパクトな筐体の左側面にノブ型入力装置「Genius-Knob」を備えるのが最大の特徴だが,完成度はどれほどか。delave氏が検証する。

[2019/03/16 00:00]

「Fit Boxing」プレイヤー必見! “中の人”に聞く,開発秘話と正しい運動法。プロによるレクチャー動画もあり

「Fit Boxing」プレイヤー必見! “中の人”に聞く,開発秘話と正しい運動法。プロによるレクチャー動画もあり

 Joy-Conを両手に握り,ボクシングスタイルのエクササイズをするイマジニアのSwitch用ソフト「Fit Boxing」。パンチだけでなく,ダッキングやステップなどさまざまな運動ができることが話題となり,2018年12月20日の発売以降,ジワジワと売れ続けている。本稿では“中の人”二人へのインタビューをお届けする。

[2019/03/16 00:00]

「GeForce GTX 1660」レビュー。税別219ドルからという安価なTuringは性能だけでなく消費電力も要注目だ

「GeForce GTX 1660」レビュー。税別219ドルからという安価なTuringは性能だけでなく消費電力も要注目だ

 2019年3月14日22:00,NVIDIAは,Turing世代のGPU新製品「GeForce GTX 1660」を発表した。搭載グラフィックスカードの価格が219ドル(税別)からという設定になっているエントリーミドルクラス市場向けモデルは「GeForce GTX 1060 3GB」を置き換えるとされるが,さて,その実力はどれほどだろう。テスト結果をお届けしたい。

[2019/03/14 22:00]

「リネージュ」のスマホ版が目指すところや魅力を聞いた。「Lineage M」の運営キーマン,大河内卓哉氏にインタビュー

「リネージュ」のスマホ版が目指すところや魅力を聞いた。「Lineage M」の運営キーマン,大河内卓哉氏にインタビュー

 エヌシージャパンは,スマホ向けMMORPG「Lineage M」(リネージュM)を2019年春にリリースする予定だ。今回4Gamerでは,本作の目指すところや魅力について,運営キーマンの大河内卓哉氏にインタビューを行い,大いに語ってもらった。本稿でその内容をお届けしよう。

[2019/03/06 18:00]

Max-Q版「GeForce RTX 2080」のゲーム性能にはどれだけ期待できるのか。GIGABYTE製ノートPC「AERO 15-Y9」を試す

Max-Q版「GeForce RTX 2080」のゲーム性能にはどれだけ期待できるのか。GIGABYTE製ノートPC「AERO 15-Y9」を試す

 2019年1月下旬にGeForce RTX 20シリーズ搭載ノートPCが販売解禁となった。今世代では「Max-Q Design」版を搭載して薄型筐体を実現した製品が目立っているが,実際のところ,搭載ノートPCにはどの程度のゲーム性能を期待できるのか。国内市場への本格参入を果たしたGIGABYTE製の15.6型モデル「AERO 15-Y9」をテストしてみたい。

[2019/03/06 00:00]

「第55回プライズフェア」フォトレポート(その2):ジャンプ系やゲームキャラが勢揃いのバンプレスト/タイトー/エイコーブースを紹介

「第55回プライズフェア」フォトレポート(その2):ジャンプ系やゲームキャラが勢揃いのバンプレスト/タイトー/エイコーブースを紹介

 2019年2月19日に開催された「第55回プライズフェア」のフォトレポートをお届けする。今回掲載しているプライズ製品は,2019年7月から9月に登場する予定のもの。本稿ではその中からバンプレストとタイトー,エイコーのブースを紹介している。

[2019/03/05 20:13]

「第55回プライズフェア」フォトレポート(その1):コア系アイテムがズラリと並んだセガ/フリュー/システムサービスブースを紹介

「第55回プライズフェア」フォトレポート(その1):コア系アイテムがズラリと並んだセガ/フリュー/システムサービスブースを紹介

 2019年2月19日に開催された「第55回プライズフェア」のフォトレポートをお届けする。今回掲載しているプライズ製品は,2019年7月から9月に登場する予定のもの。本稿ではその中からセガとフリュー,システムサービスのブースを紹介している。

[2019/03/01 17:56]

「DEAD OR ALIVE 6」は“みんなが遊べる対戦格闘ゲーム“と“世界一のエンターテイメント”を目指す。新堀洋平プロデューサーへのインタビュー

「DEAD OR ALIVE 6」は“みんなが遊べる対戦格闘ゲーム“と“世界一のエンターテイメント”を目指す。新堀洋平プロデューサーへのインタビュー

 コーエーテクモゲームスが2019年3月1日に発売する対戦格闘ゲーム「DEAD OR ALIVE 6」には,深い駆け引きが楽しめるゲーム性はそのままに,対戦格闘ゲームの初心者が楽しみながら上達できる仕組みが取り入れられているという。同作のプロデューサーを務める新堀洋平氏に話を聞いた。

[2019/02/28 13:00]

パナソニックのFFXIV推奨サウンドバー「SC-HTB01」で,スクエニのサウンドチームは何を監修したのか。祖堅正慶氏ら両社のキーパーソンに話を聞く

パナソニックのFFXIV推奨サウンドバー「SC-HTB01」で,スクエニのサウンドチームは何を監修したのか。祖堅正慶氏ら両社のキーパーソンに話を聞く

 2019年1月,パナソニックから,「ファイナルファンタジーXIV」の推奨認定取得済みサウンドバー「SC-HTB01」が発売となった。注目は,祖堅正慶氏らスクウェア・エニックスのFFXIVサウンドチームが音づくりの監修を行っているところだが,どういうチューンが入ったのだろう? 両社のキーパーソンに話を聞いた。

[2019/02/28 12:30]

「G933s」「G633s」レビュー。Logicool Gの新世代ハイエンドヘッドセットは長時間ストレスなく聞けて,索敵能力にも優れる

「G933s」「G633s」レビュー。Logicool Gの新世代ハイエンドヘッドセットは長時間ストレスなく聞けて,索敵能力にも優れる

 2019年2月26日,Logicool Gのヘッドセット新製品「G933s」「G633s」が発売日を迎えた。G933&G633のビッグマイナーチェンジに当たる新モデルではハードウェアとソフトウェアに1つずつ大きな変更が入っているが,さて,使い勝手はどう変わったか。サウンドデザイナーである榎本 涼氏の評価をお届けしたい。

[2019/02/26 00:00]

KLab 森田英克氏インタビュー。新たな船出に向けて,ゲーム事業の柱“3 PILLARS”を軸にさらなる成長を目指す

KLab 森田英克氏インタビュー。新たな船出に向けて,ゲーム事業の柱“3 PILLARS”を軸にさらなる成長を目指す

 KLabは2018年12月26日,専務取締役である森田英克氏の代表取締役社長就任が内定したと発表した。今回4Gamerでは,同社のゲーム事業をリードし,さらなる成長を期待させる森田氏へ就任後の新体制やKLabGames10周年の振り返り,今後の展望について話を聞いた。

[2019/02/25 12:17]

「Sound BlasterX G6」レビュー。PCでもPS4でもSwitchでもバーチャルサラウンドを利用できる製品は「エンジョイ勢」に向く

「Sound BlasterX G6」レビュー。PCでもPS4でもSwitchでもバーチャルサラウンドを利用できる製品は「エンジョイ勢」に向く

 発売からしばらく経ったタイミングではあるが,PCでもPS4でもSwitchでもUSB接続でバーチャルサラウンド出力を利用できるというユニークなサウンドデバイス「Sound BlasterX G6」を取り上げたい。1万円台半ばで購入できる製品を,サウンドデザイナーの榎本 涼氏はどう評価しただろうか。

[2019/02/25 00:00]

【PR】Corsairの新型ワイヤレスマウス「HARPOON RGB WIRELESS」は,低遅延で通信障害にも強い新方式と安定したセンサー性能に注目だ

【PR】Corsairの新型ワイヤレスマウス「HARPOON RGB WIRELESS」は,低遅延で通信障害にも強い新方式と安定したセンサー性能に注目だ

 ワイヤレス化が進むゲーマー向けマウスの世界に,Corsairから新型のワイヤレス&ワイヤード両対応マウス「HARPOON RGB WIRELESS」が登場した。新しい通信方式によって既存製品よりもさらに低遅延で,通信障害にも強いという本製品の見どころと実力をチェックしてみたい。

[2019/02/23 12:00]

「GeForce GTX 1660 Ti」レビュー。レイトレ非対応のTuringこそが新世代の鉄板GPUになる!?

「GeForce GTX 1660 Ti」レビュー。レイトレ非対応のTuringこそが新世代の鉄板GPUになる!?

 2019年2月22日,NVIDIAは,GPU新製品「GeForce GTX 1660 Ti」を発表した。Turing世代のGPUコアを採用しつつも,世代最大の特徴であるリアルタイムレイトレーシングおよびDLSSに対応しないが,その代わりに搭載カードのメーカー想定売価は279ドル(税別)と安価だ。では,これは買いなのか。テスト結果をお届けしたい。

[2019/02/22 23:00]

[EVO Japan]「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門優勝,サミット選手インタビュー。チップを使い続ける理由とその魅力とは――

[EVO Japan]「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門優勝,サミット選手インタビュー。チップを使い続ける理由とその魅力とは――

 「EVO Japan 2019」の3日目(2019年2月17日)に実施された「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門の決勝トーナメントでは,チップ使いの古豪,サミット選手が優勝した。古くからチップを使い続け,結果を残し続ける氏に大会後インタビューを行ったので,その模様をお届けしたい。

[2019/02/22 00:00]

[EVO Japan]Grand Finalでは「ももち」をぶつけるしかないと思った――「ストリートファイターV AE」部門優勝,ももち選手インタビュー

[EVO Japan]Grand Finalでは「ももち」をぶつけるしかないと思った――「ストリートファイターV AE」部門優勝,ももち選手インタビュー

 2019年2月17日に閉幕した「EVO Japan 2019」。「ストリートファイターV AE」部門では,忍ismの代表であり,ゲーミングチーム・Fudohなどを運営するプロゲーマーのももち選手が,ふ〜ど選手との激戦を制し,見事優勝を果たした。ここでは大会直後に行ったインタビューの模様をお届けしていく。

[2019/02/22 00:00]

[EVO Japan]強さを積み上げるのは,自分1人の力ではない――「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門優勝,Tomo/relo選手インタビュー

[EVO Japan]強さを積み上げるのは,自分1人の力ではない――「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門優勝,Tomo/relo選手インタビュー

 格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」の最終日(2019年2月17日),「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門の決勝トーナメントが行われた。見事優勝を果たしたのは,TSURUGI所属のプロゲーマー,Tomo/relo選手。本稿では,同選手へ優勝後に行ったインタビューの模様をお届けしたい。

[2019/02/22 00:00]

[EVO Japan]フランスの代表として戦い,頂点に立てたことを誇りに思う――「ソウルキャリバーVI」部門優勝,Keev選手インタビュー

[EVO Japan]フランスの代表として戦い,頂点に立てたことを誇りに思う――「ソウルキャリバーVI」部門優勝,Keev選手インタビュー

 EVO Japan 2019の2日目(2019年2月16日),「ソウルキャリバーVI」部門の決勝トーナメントが行われ,フランスの強豪・Keev選手が優勝の栄冠を手にした。古くからナイトメア使いの強豪として活躍し,国内選手とも親交の深いKeev選手に大会優勝後,インタビューを行った。

[2019/02/22 00:00]

[EVO Japan]写真と共に振り返るDay3,現地レポートまとめ。「鉄拳7」「ストV AE」など4部門の決勝が行われ,3日間にわたる激闘が決着する

[EVO Japan]写真と共に振り返るDay3,現地レポートまとめ。「鉄拳7」「ストV AE」など4部門の決勝が行われ,3日間にわたる激闘が決着する

 2019年2月15日から17日に開催された「EVO Japan 2019」のDay3,最終日(2月17日)の現地レポートをお届けする。「BBTAG」「Xrd REV2」「鉄拳7」「SFV」の4部門で繰り広げられた決勝トーナメントの激戦の模様を,写真とともに振り返っていこう。

[2019/02/18 20:27]

[EVO Japan]優勝賞金150万円はももち選手の手に。「ストリートファイターV アーケードエディション」部門決勝にて,ふ〜ど選手との至極の地上戦を制す

[EVO Japan]優勝賞金150万円はももち選手の手に。「ストリートファイターV アーケードエディション」部門決勝にて,ふ〜ど選手との至極の地上戦を制す

 2019年2月17日,九州の福岡国際センターで開催された格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」の全プログラムが終了し,最後の競技種目となった「ストリートファイターV アーケードエディション」部門の優勝者が決定した。開催2年目のEVO Japan,同部門2人目の優勝者はプロゲーマーのももち選手だ。

[2019/02/17 22:56]

[EVO Japan]「鉄拳7」を制したのはパキスタンの超新星,Arslan Ash選手。並みいる強豪を打ち倒し,優勝の栄冠を手にした

[EVO Japan]「鉄拳7」を制したのはパキスタンの超新星,Arslan Ash選手。並みいる強豪を打ち倒し,優勝の栄冠を手にした

 福岡国際センターで開催中の格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」。その最終日となる本日,「鉄拳7」部門の優勝者が決定した。勝利したのは,パキスタンの超新星,Arslan Ash選手。フィリピンの最強プレイヤー,AK選手とのGrand Finalを制し,勝利の栄冠を手にした。

[2019/02/17 18:54]

[EVO Japan]「鉄拳7」,新キャラ“ジュリア・チャン”の配信日が2月28日に決定。ウォーキング・デッドの“ニーガン”も同日配信

[EVO Japan]「鉄拳7」,新キャラ“ジュリア・チャン”の配信日が2月28日に決定。ウォーキング・デッドの“ニーガン”も同日配信

 バンダイナムコエンターテインメントの3D対戦格闘ゲーム「鉄拳7」にて,DLC第8弾キャラクターとして告知されている新キャラクター“ジュリア・チャン”の配信が,2月28日にスタートすることが明らかとなった。さらにDLC第9弾“ニーガン”の配信も同日に行われる。

[2019/02/17 16:28]

[EVO Japan]「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門の優勝はサミット選手の手に。エントリー数320名の激戦を制し,賞金50万円を獲得

[EVO Japan]「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門の優勝はサミット選手の手に。エントリー数320名の激戦を制し,賞金50万円を獲得

 福岡国際センターで開催中の格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」にて,「GUILTY GEAR Xrd REV 2」部門が終了し,優勝者が決定した。エントリー数320名の中から,その頂点に立ったのはWalker Gamingのチップ使い,サミット選手だ。

[2019/02/17 15:10]

[EVO Japan]「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門,優勝はTomo/relo選手。Loser'sから怒濤の6連勝を果たす

[EVO Japan]「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門,優勝はTomo/relo選手。Loser'sから怒濤の6連勝を果たす

 格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」の最終日(2019年2月17日),Day3最初の決勝種目「BLAZBLUE CROSS TAG BATTLE」部門の優勝者が決定した。勝利の栄冠を手にしたのはTSURUGI|Tomo/relo選手。Grand Finalでは怒濤の6連勝でアルコル選手を下しての優勝だ。

[2019/02/17 12:02]

[EVO Japan]「KOF XIV」「SC6」部門の決勝が行われるDay2レポートまとめ。「SFV AE」「鉄拳7」「GGXrd REV 2」「BBTAG」ではTOP8が決定

[EVO Japan]「KOF XIV」「SC6」部門の決勝が行われるDay2レポートまとめ。「SFV AE」「鉄拳7」「GGXrd REV 2」「BBTAG」ではTOP8が決定

 現在,福岡国際センターで開催されている格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」Day2のまとめをお届けする。明日(2019年2月18日)行われるファイナリストを決定するための激戦が繰り広げられるDay2。リアルタイムで更新している@4GamerLiveと合わせて,観戦のお供としていただけたら幸いだ。

[2019/02/16 16:46]

[EVO Japan]福岡の現地からお届けする,「EVO Japan 2019」Day1レポートまとめ。「KOF XIV」部門は5名の日本人選手が決勝へ進出

[EVO Japan]福岡の現地からお届けする,「EVO Japan 2019」Day1レポートまとめ。「KOF XIV」部門は5名の日本人選手が決勝へ進出

 2019年2月15日から17日の3日間,福岡国際センターで開催されている格闘ゲームイベント「EVO Japan 2019」“Day1まとめ”をお届けする。Day2も引き続き,現地からの情報を@4GamerLiveからお届けする予定なので,気になる人はぜひフォローしておいてほしい。

[2019/02/16 00:51]

GIGABYTE「AORUS GeForce RTX 2080 XTREME 8G」レビュー。大型クーラー搭載のゲーマー向けカードは総合力の高さが見どころだ

GIGABYTE「AORUS GeForce RTX 2080 XTREME 8G」レビュー。大型クーラー搭載のゲーマー向けカードは総合力の高さが見どころだ

 GIGABYTEのゲーマー向けRTX 2080カード「AORUS GeForce RTX 2080 XTREME 8G」は,キーワードてんこ盛りの大型クーラー「WINDFORCE STACK 3X」を搭載した製品だ。長くて重い実機を試してみると,なかなかに高い総合力を確認できたので,今回はそのあたりをレポートしたい。

[2019/02/16 00:00]

「チェインクロニクル3」ストーリーインタビュー第5弾。リヴェラ伝で描いたこと,第3部9章までの解説を,松永氏ら8名に聞いてきた

「チェインクロニクル3」ストーリーインタビュー第5弾。リヴェラ伝で描いたこと,第3部9章までの解説を,松永氏ら8名に聞いてきた

 セガゲームスが配信中のスマホゲーム「チェインクロニクル3」の物語に迫る,ストーリーインタビュー第5弾。今回は第3部の各主人公の物語を手掛ける,シナリオライター陣に出席してもらい,メインストーリー6章から9章までの内容について話を聞いてきた。もちろん,最初に聞くべきは年末の目玉“リヴェラ伝”だ。

[2019/02/09 12:00]

意外なところにゲーム人 第2回:ゲームの要素を導入した生活習慣病予防のシリアスゲーム開発に取り組む後藤 誠氏

意外なところにゲーム人 第2回:ゲームの要素を導入した生活習慣病予防のシリアスゲーム開発に取り組む後藤 誠氏

 ゲーム開発会社での経験を生かして他業種で活躍する人を,ゲーミフィケーションデザイナーの岸本好弘氏が訪ねる連載「意外なところにゲーム人」。第2回は,生活習慣病を予防できるゲームの開発に挑む後藤 誠氏に話を聞きました。

[2019/02/08 00:00]

「Radeon VII」レビュー。世界初の「7nm,16GB HBM2,1TB/s」なゲーマー向けGPUはRTX 2080に勝てるか

「Radeon VII」レビュー。世界初の「7nm,16GB HBM2,1TB/s」なゲーマー向けGPUはRTX 2080に勝てるか

 日本時間2019年2月7日23:00,AMDの新世代GPU「Radeon VII」が正式発表のタイミングを迎えた。コンシューマ向けGPUとしては初めて7nmプロセス技術を採用して製造され,メモリ容量16GB,メモリバス帯域幅1TB/sを実現する製品はどれだけ速いのだろうか? テスト結果をお届けしたい。

[2019/02/07 23:00]

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

BenQ ZOWIE「RL2460S」レビュー。新しくなった「格闘ゲーマー向けディスプレイ」は今回もユーザーの鉄板となるか

 垂直リフレッシュレート60Hzへの最適化を果たし,また,HDMIパススルー出力で1台のゲーム機からの2画面出力に対応するとして,「格闘ゲーム向け」と謳われる,BenQ ZOWIE製ディスプレイ,RL2460シリーズ。その最新モデルとして2018年末に発売となった「RL2460S」をチェックする。今回も鉄板と言えるだけの性能を持っているだろうか。

[2019/02/04 00:00]

Razerの新作アーケードスティック「Panthera Evo」レビュー。機能性と可搬性を兼ね備えた,トーナメントを勝ち抜くための1台

Razerの新作アーケードスティック「Panthera Evo」レビュー。機能性と可搬性を兼ね備えた,トーナメントを勝ち抜くための1台

 RazerのPC/PS4向け新作アーケードスティック「Razer Panthera Evo」が,2019年1月25日に日本市場にて発売となる。トッププレイヤーからの支持も厚い製品の後継機として,期待を集めるこの製品。本稿では新機能やプレイフィールを中心としたレビューをお届けしよう。

[2019/01/25 00:00]

新生DHARMAPOINTのマウス第2弾「DRTCM39」レビュー。「旧37の正統後継」は買いか?

新生DHARMAPOINTのマウス第2弾「DRTCM39」レビュー。「旧37の正統後継」は買いか?

 新生DHARMAPOINTの「復活失敗」から1年2か月。ついに,第2弾となるワイヤードマウス「DPTM39」が発売の日を迎えた。2種類の異なるコーティングで登場する新製品は,「旧37」の正統後継にして,完全復活を目指したものでもあるが,その完成度は「買い」と言えるものなのか否か。BRZRK氏による評価をお届けしたい。

[2019/01/25 00:00]

Samsung「SSD 970 EVO Plus」レビュー。書き込み性能を高めたミドルクラス市場向けSSDの新モデルはかなり「強い」選択肢だ

Samsung「SSD 970 EVO Plus」レビュー。書き込み性能を高めたミドルクラス市場向けSSDの新モデルはかなり「強い」選択肢だ

 日本時間2019年1月23日0:00,SamsungがSSDの新製品「SSD 970 EVO Plus」を発表した。事実上の「SSD 970 EVO」後継となるマイナーチェンジモデルは,スペック上の書き込み性能を大幅に高めつつ,価格はほぼ同じかむしろ安いレベルで登場することになるが,実際の性能はどれほどか。容量1TBモデルの検証結果をお届けしたい。

[2019/01/23 00:00]

「リボルバーズエイト」,CBTの振り返りからキャラクターの裏設定まで語られた開発者インタビューをお届け

「リボルバーズエイト」,CBTの振り返りからキャラクターの裏設定まで語られた開発者インタビューをお届け

 セガゲームスが本日(2019年1月22日)配信を開始したスマートフォン向けリアルタイムストラテジー「リボルバーズエイト」。本稿では,プロデューサーの菊池正義氏と,キャラクター原案の五十嵐孝司氏,開発ディレクターの黒澤 勝氏に行ったインタビューの模様をお届けする。

[2019/01/22 15:00]

「GeForce RTX 2060」レビュー。349ドルで登場する60型番のRTX 20シリーズは「みんなの新世代GPU」となれるか

「GeForce RTX 2060」レビュー。349ドルで登場する60型番のRTX 20シリーズは「みんなの新世代GPU」となれるか

 北米時間2019年1月15日に搭載カードの販売が始まる「GeForce RTX 2060」。ミドルクラス市場向けとして知られてきた下2桁「60」のモデルながら,メーカー想定売価は349ドル(税別)とかなり高めの設定だが,果たしてこれはGeForce RTX 20シリーズの恩恵をゲーマーに広くもたらしてくれる存在なのか。テスト結果をお届けしたい。

[2019/01/07 23:00]

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

「ROG Swift PG27UQ」レビュー。4K 144HzのG-SYNC HDRディスプレイという「いま買える未来」の価値を探る

 4Kかつ垂直リフレッシュレート144Hz,G-SYNC,そしてDisplayHDR 1000に全対応という,強烈なスペックのASUS製ディスプレイ「ROG Swift PG27UQ」。まさにいま買える未来のディスプレイといった印象だが,その実力はどこまでゲーマーの期待に応えてくれるものなのだろうか。じっくりテストしたので,結果をお伝えしたい。

[2018/12/29 00:35]

「GP104版GTX 1060 6GB」は通常版と何が違う? 玄人志向の搭載カード「GF-GTX1060-E6GB/GD5X」で確認してみた

「GP104版GTX 1060 6GB」は通常版と何が違う? 玄人志向の搭載カード「GF-GTX1060-E6GB/GD5X」で確認してみた

 2016年夏に登場したPascal世代のミドルクラスGPU「GeForce TX 1060 6GB」は「GP106」コアとGDDR5メモリを搭載する製品だったが,2018年第4四半期になって「GP104+GDDR5X」という仕様の製品が市場に出回り出した。GTX 1080などと同じGPUコアを採用するこれは,果たして何なのか。玄人志向の搭載カードをテストしたので,結果をお伝えしたい。

[2018/12/29 00:30]

原作者・蝸牛くも氏のGMでお届けする「ゴブリンスレイヤーTRPG」先行リプレイ。マフィア梶田ら,歴戦の冒険者達がダンジョンに挑む

原作者・蝸牛くも氏のGMでお届けする「ゴブリンスレイヤーTRPG」先行リプレイ。マフィア梶田ら,歴戦の冒険者達がダンジョンに挑む

 2018年12月29日に最終話を迎えるテレビアニメ「ゴブリンスレイヤー」。その原作小説をベースに開発中のTRPG「ゴブリンスレイヤーTRPG」の先行リプレイをお届けする。GMを担当するのは原作者である蝸牛くも氏。対するはお馴染みマフィア梶田らを始めとする,歴戦の冒険者達だ。

[2018/12/29 00:05]

ゲーム好きの少年が考えた世界観が「ロードス島戦記」へ。日本のファンタジーシーンに大きな影響を与えた水野 良氏にインタビュー

ゲーム好きの少年が考えた世界観が「ロードス島戦記」へ。日本のファンタジーシーンに大きな影響を与えた水野 良氏にインタビュー

 日本のゲームシーンにテーブルトークRPGの楽しさを広め,国産のファンタジー小説として広く親しまれた「ロードス島戦記」。2018年にはシリーズ30周年を迎え,2019年に待望の新シリーズが予定されている。その著者である水野 良氏に,ゲームとの出会いからなろう系ファンタジーまで,いろいろな話を聞いた。

[2018/12/29 00:05]

「Déraciné」「SEKIRO」と新体制の成果が見え始めたフロム・ソフトウェア。その目指すところや今後について,宮崎英高氏に聞いた

「Déraciné」「SEKIRO」と新体制の成果が見え始めたフロム・ソフトウェア。その目指すところや今後について,宮崎英高氏に聞いた

 PS VR用ソフト「Déraciné」や,2019年3月発売予定の「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」といった,宮崎英高氏による新体制発足後のタイトルが姿を見せ始めたフロム・ソフトウェア。その手ごたえや目指したところ,そして2019年以降の展開はどうなるのかについて,宮崎氏に聞いてみた。

[2018/12/29 00:00]
さらに記事を探す

トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日