日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

プレイレポート

魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

画像(001)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
 魔法「少女」に憧れている主人公がある事情で,魔法「少年」のマスターに転身! カエルエックスがサービス中のスマホ向けアプリ「ディアマジ −魔法少年学科−」iOS / Android)は,魔法少年候補の男の子たちと過ごす学園青春ストーリーが描かれています。本稿では,序盤のストーリーとシステムをプレイレポートでお届けします。


「ディアマジ −魔法少年学科−」公式サイト

「ディアマジ −魔法少年学科−」ダウンロードページ

「ディアマジ −魔法少年学科−」ダウンロードページ


 プレイヤーキャラクターである主人公は,魔法に特化したウィンクルム魔法学園に在学する女の子。「魔力おばけ」とあだ名がつけられるほど魔力値が高いものの,魔法を扱うのが苦手なため,魔法少女からマスター学科への転学を勧められます。

マスターは魔法少女に魔力を与え,変身させたり,強力な魔法を使う手助けをしたりする存在。この学園は,魔法少女科,マスター科とさまざまなコースに分かれているようです
画像(032)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(033)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 魔法少女に強い憧れを抱いていたため,簡単には割り切れない主人公でしたが,ある男の子のアドバイスで転学することを決意。しかし,想いを新たにマスター科への一歩を踏み出した主人公の前に現れたのは,火之宮カイト(CV:斉藤壮馬),水無月サクヤ(CV:陣谷 遥),風間ミカ(CV:松岡禎丞),夢幻堂ニキ(CV:梅原裕一郎),才賀アラタ(CV:榎木淳弥),蔵主リン(CV:山谷祥生),陸守ユウ(CV:武内駿輔)の,学年の違う7人の“少年”たち。そして,主人公と彼らは,自分たちが学園初の魔法少年を目指すこと,そのマスターになることを告げられるのでした。

「魔法少年」という言葉に,男の子たちも微妙な反応。どうやら好意的な意見よりも,戸惑いや嫌悪感のほうが強いようですが……
画像(034)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(035)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
画像(036)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(037)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 魔法少女になりたかった主人公と,突然魔法少年になれと言われた男の子たち。ちぐはぐした彼らの関係は,すぐに一致団結とはいかないようです。彼ら魔法少年との成長を描くこの物語が「メインストーリー」として進んでいきます。


マスターLvを上げて,ストーリーを開放


 メインストーリーは現在第1部までを公開中。第1部は12章で構成されており,1章につき4〜6話の物語があります。プロローグ終了後は,「マスターLv」が上がるごとに新しいストーリーが開放される仕組みです。また,マスターLvではなく,「キラキラLv」が必要な「カレストーリー」もあります。

 マスターLvは,「パワー」(いわゆるスタミナ)を使用した「魔法演習」で上げられます。制限時間内にモンスターをタップして倒し,マスターPTや「ごはん」をゲット。マスターPTは自動的に加算され,一定を超えるとマスターLvがアップします。
 また魔法演習中は左下にある「AUTO」ボタンをタップすると,セミオートに切り替えられ,キャラクターが自動で敵を攻撃するとともに,プレイヤー自身でも攻撃できるので,より多くのモンスターが倒せます。とくに「HARD」では,自分の手では追いつかないところを男の子に補ってもらうつもりで,ガンガン使っていきましょう!

魔法演習には「EASY」「NORMAL」「HARD」の難度があります。難度が上がるほど,もらえるマスターPTやごはんもアップ!
画像(038)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(039)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
ガチャで手に入る「ストーリーカード」を「デッキ」にセットすると,魔法演習が有利になるスキルが自動で発動! 手に入れたら,どんどん設置を
画像(002)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(003)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
モンスターを倒していくと,画面下のフィーバーゲージが溜まります。星のスティックが描かれたフィーバーボタンが光ったら,タップで魔法少年に変身!! これでたくさんのマスターPTをゲットです
画像(004)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(005)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 なお,獲得したごはんは,「差し入れ」でストーリーカードのストーリーを読むのに使用できます。ここでは,キャラクターそれぞれにスポットを当てた物語が見られるほか,スチルも楽しめます。

好きな食べ物はみんなバラバラ。後半のストーリーになるほど必要な差し入れが多くなります
画像(006)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(007)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
サクヤの誕生日を記念したストーリーカードでは,サクヤがみんなからお祝いをしてもらうストーリーが楽しめます。自分の誕生日になかなか気づかないサクヤがカワイイです♪
画像(008)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(009)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート


自由な会話を楽しむトークルーム


 男の子たちと話し,キラキラLvを上げられる「トークルーム」。ここではメッセージ欄に自由にメッセージを書き込んで,男の子たちと話すことができます! 話せる回数は,交互の会話を1ターンとして5ターンまで。
 「おはよう」「なにしているの?」などの定番から,「斉藤壮馬」「陣谷遥」などキャスト陣の名前まで,男の子たちが反応してくれるメッセージはさまざま。トークが成り立つメッセージはまだ多いとは言えませんが,それでもおもしろいトークに発展すると「おぉ!」とテンションが上がります。ぜひ,いろんな言葉を入れて,新しいトークを発見してみましょう。

ルームにいるメンバーは,入室するごとに変化。また,場所はマスターLvが上がることで増えていきます
画像(013)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(014)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
ガチャで手に入れた「スタンプ」は,ターンに関係なく送ることができます。キラキラPTを稼ぐチャンスなので,積極的に使ってオーケー!
画像(015)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(016)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート
筆者オススメのメッセージは「にゃー」!! 自分に酔いしれるアラタや,主人公に習って「にゃー」と言いそうになるミカなど,おもしろい反応が見られますよ♪
画像(017)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(018)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 またトーク中,突然男の子の一人から個人宛のメッセージが来ることも。こちらはターンが消費されることはないので,ドキドキの内緒話を堪能しましょう!

画像(019)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(020)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート


ガチャで手に入るお楽しみ要素に胸キュン


 ここまでに紹介したストーリーカードやスタンプのほか,ガチャでは男の子たちが着る「アバター」「メッセ付きボイス」が手に入ります。ダブッたアイテムは,ほかのアイテムと交換できるメダルに自動的に変化するので,無駄がありません。また,アバターは「ロッカー」で着せ替えることで,見た目が変わるほかに,キラキラPTがゲットしやすくなる効果があります。

現在用意されているアバターは,制服と私服。最初に選んだ推しキャラは,制服のアバターとセットでプレゼントされます
画像(021)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(022)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 このなかで,とくにおもしろいのがメッセ付きボイスです。メッセの内容もバラエティー豊かで楽しいのですが,なによりもその話の流れでゲーム内で電話がかかってきて,投げかけられるメッセージボイスの破壊力がすごいのです! 仕様だと分かっているのに,「はっ,電話!」と思わず慌てて取ってしまうほどナチュラル……!! ボイスを手に入れた方は,ぜひとも「コレクション」で確認を。

コール音が鳴り,それを取るとボイスがスタート! 本当に会話をしているような臨場感を味わえますよ
画像(024)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート 画像(025)魔法少女じゃなくて,魔法少年! 少年たちとおしゃべりできる「ディアマジ -魔法少年学科-」プレイレポート

 ストーリーを読み進める従来のアドベンチャーパートのほかに,自由度の高いコミュニケーションシステムを採用している本作。配信から間もない現在は,まだアッサリした印象もあるものの,これからどんどんトークもメッセも増えていきそうな予感! 試行錯誤しつつ,魔法少年との会話を楽しみましょう。

「ディアマジ −魔法少年学科−」公式サイト

「ディアマジ −魔法少年学科−」ダウンロードページ

「ディアマジ −魔法少年学科−」ダウンロードページ

注目の記事

1
★★★★★★★★
2
★★★★★★★
3
★★★★★★★
4
★★★★★★
5
★★★★★★
6
★★★★★
7
★★★★
8
★★★★
9
★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する