オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
舞浜でレグルスが舞う! 「スクメロ」Apricot Regulus はじめての“特訓”ツアーEXのライブレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/15 17:56

イベント

舞浜でレグルスが舞う! 「スクメロ」Apricot Regulus はじめての“特訓”ツアーEXのライブレポート

 スクウェア・エニックスは2018年1月13日,スマホゲーム「スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜」iOS / Android。以下,スクメロ)のライブイベントとして,「Apricot Regulus はじめての“特訓”ツアー EXPERT! in 舞浜アンフィシアター」を開催した。

 今回のイベントは,スクメロの顔役アイドルチーム“アプリコット・レグルス”(以下,レグルス)が結成から約半年で積み重ねてきた,ライブでの特訓(ツアー)の集大成を見せる場となった。本稿では彼女達を応援するファンの熱気も含めて,会場の雰囲気が少しでも伝えられれば幸いだ。



これまでの成果を2時間に凝縮!


 本公演のライブ会場となったのは,千葉県・舞浜にある「舞浜アンフィシアター」だ。レグルスにとってはこれまで最も規模の大きい会場であったが,会場のキャパシティにあわせて,現地にはかつてない人数のファンが詰め掛けていた。SNS上でも開催直前まで,レグルスの良さをより多くの人に知ってもらおうとファンが率先して声がけをしていたので,このライブでレグルスを知った,という人も中にはいるのかもしれない。


 ライブスタートと同時に,レグルスの篠宮明佳里(CV:富永美杜)藤代 渚(CV:秋田知里)桐原香澄(CV:宮崎珠子)上月真央(CV:鷲見友美ジェナ)水沢 薫(CV:馬場なつみ)の5名が,ステージ中央のリフトからその姿を見せる。1曲めは本作と彼女達の表題曲とも言える「I Wish」だ。ファン達も度重なる公演で鍛え上げられてきたのか,楽曲のテンポに合わせて,5人のパーソナルカラーを現わす5色のペンライトの発光が小気味よく宙を舞っていた。


 I Wishの歌唱後,それぞれお決まりの挨拶を行っていく(※参考記事)。単独で2時間のライブともなると,彼女達にとってはまさに“EXPERT相当”の難度であっただろうが,見る側からすれば,そんな不安はそうそうに吹き飛んでいた。次に贈られた「オルヴォワール プラネット」「優しい風」「僕らの星空」が,「もう特訓いらないんじゃないかな」と言いたくなるくらいの出来栄えであったからだ。


 続いては,昨年末に終了したラジオ番組「アプリコット・レグルスのメロメロRadio!」の特別編と題して,リアルタイムで“幻の第14回”が行われることに。お正月にちなんだ話では,「お正月はコタツでゴロゴロしてた人」(明佳里&真央)から,年末年始にかけて「ずーっと絵を描いていた人」(薫)など,思い思いの休暇が語られていく。

 お悩み相談コーナー「ズバッと真央ちゃんラブパワー注入」では,早起きのコツに対して,「朝起きる1時間前に暖房を入れる」という真央の回答が飛び出す。個人的に日常生活で活用してみたい。ちなみに,渚は明佳里によくモーニングコールをするというが,朝の彼女は絶対に起きない……という裏話も。

手癖モンスターのグッズ化に伴う「Tシャツコンペ」の様子
最後はお馴染み「おやすみ☆渚ちゃん」で〆

 コーナー終了後,2018年1月24日に発売される,1st Album「スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜Melody Collection」より,ボイスドラマ「レッツ鍋パーティー!」の一部が公開された。その内容は,冬に鍋をするレグルスの様子を描いたものであったが,なぜか闇鍋が始まってしまい……。まるごとバナナ1本(切るのめんどくさくなっちゃって by.明佳里)や,イチゴ大福でHOTになりたい人は必聴だ。

 なお,ボイスドラマにあわせて公開されていたイラストは,すべて薫が描き上げたものだという。貴重な年末年始の時間がたっぷりと注ぎ込まれたのだろう,薫の見事な職人っぷりには,会場からも大きな喝采が飛ぶ。


 衣装を着替えて心機一転,5曲めの「Daily Miracle」から,「New World」「Right on!!」「ユートピア」と各自のソロ楽曲が披露される。とくにユートピアは終始,薫がソロで歌い上げていた。普段の彼女の印象とは違う力強さに,思わずヤラレてしまった人も多いのでは?


 そして「Snow Planet」「Pop and Jump!」「Step!」で温まった会場に,ラストの「例えば君の未来が」が鳴り響く。本楽曲は,明佳里とスクメロの別グループ「アルタイル・トルテ」の美山椿芽(CV:石原夏織)のデュオ曲であるが,意外なほどにしっくりきた。きっと本楽曲が“スクメロとスクストの架け橋”ともいえる楽曲だからだ。


 ラストの楽曲が終わったところで,レグルスは退場。もちろん,会場にはアンコールを求める,大きな声が響き渡る。筆者は今回,写真撮影のためにほとんど席に着くことはなく,会場をくまなく歩きまわっていた。そのため,来場者達の姿や声をチラチラと見聞きできたのだが,大体の反応は決まって,羨ましいほどに楽しげであった。

 レグルスの良さは一体なんなのか。それは筆者が文字にして伝えるより,彼らがレグルスに向けている姿を見たほうが,よほど説得力がありそうだ。


 アンコールに応えて,ステージにレグルスが再登場する。ここで最新情報として,明佳里のグラビアが1月18日発売の「週刊ヤングジャンプ 7号」に掲載されること,蒼井ひな太氏が描くコミカライズが1月19日発売の「サンデーGX 2月号」から連載されること,そして今春からレグルスの新たなライブツアーが行われることが明かされた。


 これからの展開に湧く来場者達に届けられたアンコール曲は,“特訓”ツアーの最後を飾るに相応しい「I Wish」。いつもの振り付けとは違い,5人がステージ上を目一杯に走り回り,飛び回る,千秋楽ならではの姿を見せてくれた。

 今回のライブをはじめ,レグルスは今後も多くのリリースイベントを控えているという。彼女達のパフォーマンスを目にする機会はこれからもたくさんありそうなので,さまざまな形で展開するスクメロを,今年も追ってみてはいかがだろう。


セットリスト
1:I Wish
2:オルヴォワール プラネット
3:優しい風
4:僕らの星空

【コーナー】
「アプリコット・レグルスのメロメロRadio!」特別編
ボイスドラマ「レッツ鍋パーティー!」

5:Daily Miracle
6:New World
7:Right on!!
8:ユートピア
9:Snow Planet
10:Pop and Jump!
11:Step!
12:例えば君の未来が

【アンコール】
13:I Wish

「スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜」公式サイト

「スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜」ダウンロードページ

「スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜

  • 関連タイトル:

    スクールガールストライカーズ 〜トゥインクルメロディーズ〜

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月16日〜07月17日