オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
じわりと来る精神的な恐怖が味わえる「DYING:Reborn」レビュー。魚頭の男に閉じ込められたホステルから,謎を解いて脱出しよう
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/11 18:00

レビュー

じわりと来る精神的な恐怖が味わえる「DYING:Reborn」レビュー。魚頭の男に閉じ込められたホステルから,謎を解いて脱出しよう

 DMM.comが本日(2018年1月11日)配信を開始したPC用ホラーアドベンチャー「DYING:Reborn」のレビューをネタバレなしでお届けしよう。本作は中国のゲームパブリッシャーOasis Gamesがパブリッシングし,NEKCOMが開発するタイトルでNEKCOMが開発するタイトルで,謎の魚頭の男が徘徊するホステルから脱出するという作品だ。モンスターやグロといった直接的な表現ではなく,間接的にじわりと来る精神的な恐怖を楽しめる。

DYING:Reborn

 主人公のマシューは,失踪した妹シェリーを探すため,寂れた港町ハーバータウンを訪れる。しかし,捜索を始める前に何者かに襲われて意識を失い,気がつくと古びたホステルに閉じ込められてしまう。
 途方に暮れるマシューの前に「案内人」を名乗る魚頭の男が現れ「お前を新しい世界へ連れて行く」と宣言。奇怪な仕掛けが施された部屋を用意し,マシューに試練を与えるのだった。果たしてマシューは妹に再会できるのか? そして,魚頭の男の正体とは……?

DYING:Reborn
主人公のマシューは,古びたホステルに閉じ込められてしまう
DYING:Reborn
ホステルの各所にはTVが備え付けられており,魚頭の男がメッセージを送りつけてくる
DYING:Reborn
魚頭の男はホステル内をうろついているようだ。果たしてその正体は……?

 本作はアクション要素が無く,閉ざされた部屋でアイテムや手がかりを集めて謎を解いていくスタイルとなっている。2017年5月にはPS4版(PS VR対応)とPS Vita版が配信されているので,プレイした読者もいるのではないだろうか。PC版ではVR HMDは使えないものの,一人称視点で臨場感のあるホラー体験が楽しめる。

 マシューが閉じ込められたホステルは,ハーバータウンの没落と共に営業を停止し,そのまま放置された建物らしく,かつては観光客で賑わっていたようだ。しかし,壁に意味不明のメッセージが書かれていたり,拷問用にしか見えない鋼鉄のベッドが置かれていたりと,今ではあまり長居したくない場所になっている。

拷問用にしか見えない鋼鉄のベッド。クローゼットの中には女性のマネキンが磔にされていた
DYING:Reborn
DYING:Reborn

死体やモンスターは出てこないものの,間接的な演出により恐怖が増す
DYING:Reborn
DYING:Reborn

 部屋のあちこちには,当時の客が残したものなのか,魚頭の男が配置したものなのか,いろいろなアイテムが存在している。プレイヤーは,これらを利用して謎を解いていく。
 ここで重要になるのが,2つのアイテムを組み合わせて新しいアイテムを作り出す「融合」のコマンドだ。例えば「ドライバーの刃」はそのままでは使えないが,別の場所で手に入れた「取っ手」と融合させることでドライバーが完成。これを目覚まし時計に使えば,ネジを外して蓋を開くことができ,中に隠された鍵が手に入るのだ。
 この鍵を使って扉を開き,その中にあるスイッチを入れると,電気が通ってスタンドに明かりが灯る。すると,スタンドの明かりをさえぎるものがあり……といった具合に,融合コマンドをキッカケにしてゲームが展開していくこともあるというわけだ。

謎を解く上で「融合」コマンドは重要。ドライバーの取っ手と刃先を融合させれば,完成品のドライバーが手に入る
DYING:Reborn
DYING:Reborn

 ホステルの各所には,暗証番号でロックされた金庫や,パズルを解かないと開かない引き出しなどの仕掛けが用意されている。周囲を調べるとヒントが見つかるので,行き詰まった場合は,あらためて探索し直すと道が開けることも多い。
 一部のアイテムはマウスで動かすこともできる。例えば,ビンを逆さにして振れば中に入っていたコインが手に入るし,汚れたプレートをこすれば綺麗になるといった感じだ。

ホステルの各所に,魚頭の男が仕掛けたと思われるパズルが存在する
DYING:Reborn
DYING:Reborn

ビンを逆さにして振ったり,汚れたプレートをこすったりと,マウス操作が臨場感を高める
DYING:Reborn
DYING:Reborn

 本作はホラーアドベンチャーだが,不気味なモンスターや惨殺された死体など,直接的な恐怖描写があるわけではない。薄暗いホステルの中を歩いていると突然悲鳴が響き渡ったり,ドアがガタガタとなったり,窓の向こうに魚頭の男が歩いているのが見えたりと,ジワジワと精神を追い詰めてくる演出が多い。描写が間接的なだけに恐怖が増すという感じで,ホラーに弱い筆者などは,怖くなって何度かプレイを中断してしまった。

DYING:Reborn
ガタガタとなるドアに近づいたら,向こうから魚頭の男がこちらをのぞき込んでいた。心臓が止まりそうになる一瞬だ
DYING:Reborn
DYING:Reborn
魚頭の男はマシューに奇怪な指示を出す。腐った心臓を食べさせたり,マネキンを拷問ベッドに乗せさせたりと,その目的は不明だ

 そして,何より怖いのが,ホステルの各所に落ちている文書だ。パズルのヒントから当時の雑誌まで,内容はさまざま。これを読んで過去に何があったかを推察するのだが,明確な答えが示されるわけではないので,かえって想像力が刺激されてしまう。

ホステルの中には,いろいろな文書やメモが残されており,プレイヤーの想像力を刺激する
DYING:Reborn
DYING:Reborn

 謎解きの中にはいくつか突拍子もないものもあり,ノーヒントですべてのアイテムや文書を集めるとなると,難度がやや高く感じられる。
 直接的な描写なしで恐怖を感じさせる演出はなかなか興味深く,ホラーアドベンチャーとしては面白い方向性だ。ホラーファンはもちろん,グロが苦手だがアドベンチャーは好きな人にオススメの作品と言えるだろう。
 本作は章仕立てになっており,一度クリアした章ならいつでも遊ぶことができるため,エンディングを迎えた後で,もう一度ホステルをめぐってみるのも面白いのではないだろうか。

ついに魚頭の男に捕らえられたマシュー。魚男の正体とは? 積み上げられたTVがこれから映し出すものは……
DYING:Reborn
DYING:Reborn

「DYING:Reborn」販売ページ(DMM.com)

  • 関連タイトル:

    DYING:Reborn

  • 関連タイトル:

    DYING:Reborn

  • 関連タイトル:

    DYING:Reborn

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日