オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
リンクスリングス公式サイトへ
  • サムザップ
  • 発売日:2019/05/30
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
読者の評価
74
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/09/25 13:09

リリース

「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に


リンクスリングス リンクスリングス
配信元 サムザップ 配信日 2018/09/25

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

【ステージイベントレポート】『戦国炎舞 -KIZNA-』のサムザップ最新作
カンタン操作の新感覚マルチバトルゲーム『リンクスリングス』
「TGS2018」にてスペシャルステージを開催
りゅうちぇるファミリー(?)が陣取りバトルに挑戦!

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社サムザップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:桑田栄顕)は、「東京ゲームショウ2018」(以下、「TGS2018」)の「サイバーエージェントグループブ−ス」にて、新タイトルとなる『リンクスリングス』のスペシャルステージを行いました。

画像(001)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に

ゲームの企画・開発・運営事業を展開する株式会社サムザップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役:桑田栄顕)は、「東京ゲームショウ2018」(以下、「TGS2018」)の「サイバーエージェントグループブ−ス」にて、新タイトルとなる『リンクスリングス』のスペシャルステージを行いました。

『リンクスリングス』は、リアルタイムで協力し4人対4人でエリアを取り合うスマートフォン用新感覚マルチバトルアクションゲームです。

「TGS2018」の「サイバーエージェントグループブース」では、開発陣である石原直樹プロデューサーや飯田隼一ディレクターに加え、コスプレイヤーのみゃこさん、りゅうちぇるさん、お笑いコンビ“ガリットチュウ”の福島さんと熊谷さんが出演し、ゲームのデモプレイを行いました。

■3分間でアツくなる!新感覚の陣取りゲーム!

画像(002)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に 画像(003)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に

『リンクスリングス』は、手軽な操作で誰でも「陣取り合戦」を楽しむことができる、新感覚マルチバトルゲームです。プレイヤーは、キャラクターを動かしてマップを自分たちの「エリア」にしていきます。そして「制限時間の終了時に広くエリアをとったチームが勝利する」というルールとなっています。

画像(004)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に 画像(005)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に

操作方法は「画面にタッチして、進みたい方法にスワイプするだけ」というシンプルな方法です。しかし、キャラクターにはそれぞれ得意分野があるほか、相手のエリアを囲むと一気に自チームのエリアを拡大できる「コネクトリンク」や、途中で補給拠点となる「タワー」を作成してエネルギーを補給しながら移動する必要もあるなど、奥深い戦略性も魅力のひとつとなっています。

今回のステージでは、ゲームのデモプレイを行うスペシャルゲストとして、りゅうちぇるさんと、お笑いコンビ“ガリットチュウ”のおふたりが登壇しました。

りゅうちぇるさんは、ゲームのタイトルロゴと同じ青と白を基調にした服を着て登場。息子のリンクくんの名前が入っている『リンクスリングス』のステージに出演できたことについて「(息子の)リンクとリンクしてる。奇跡だなと思いました」と笑顔で語ります。その後、りゅうちぇるさんと一緒にデモプレイを行う「ファミリー」として、ガリットチュウの福島さんと熊谷さんがコスプレ姿で登場。ペコさんのコスプレをして登場した福島さんに、りゅうちぇるさんは「よく見ると可愛んだけど……ペコりんはそんなに大きくな〜い!」とツッコミを入れます。また、子育ての様子を尋ねられると「(授乳の必要がある)ペコりんに栄養があるものを食べてほしくて、自分で料理をするようになりました」と笑顔で語ります。出産後のペコさんとの関係については「”ママ”って感じになりました。リンクが生まれてからケンカはしてないです」と答え、さらに「家事もするようにしています。もともとお世話を焼きたがる性格なので、家事も苦にならないんです」という言葉に、会場からも「いいな〜」という声があがります。2人目の予定を尋ねられると「当分は…。最初は2人、3人と思っていたけど、今が大変なので」と漏らすりゅうちぇるさんに、一男一女のパパである”ガリットチュウ”の福島さんから的確(!?)なアドバイスをもらう場面もありました。

しばらく子育てトークに花を咲かせたあと、いよいよゲームのデモプレイが開始となります。りゅうちぇるさんとガリットチュウのおふたりに みゃこさんが加わった「りゅうちぇるファミリーチーム」と、石原プロデューサーと一般参加者から選ばれた代表3人が組んだ「石原プロデューサーチーム」が、3分間の試合を2回行います。

「りゅうちぇるファミリー」の皆さんは、一試合目からキャラクターを見事に操作し、タワーを作成してエリアを広げていきます。しかし、対する石原プロデューサーが容赦なく敵チームを攻撃する、なんとも大人げないプレイを展開。「りゅうちぇるファミリー」のキャラクターは次々と撃破され、その間にエリアを大きくとられて敗北してしまいます。

どうやら、敗因は石原プロデューサーだけでなく、「りゅうちぇるファミリー」の皆さんが自分のキャラクターの特性を生かし切れていなかったことにもある様子。「りゅうちぇるファミリー」は作戦会議を行った上で、二試合目に挑みます。

作戦会議の甲斐もあってか、二試合目は「りゅうちぇるファミリー」チームがしっかりと連携してエリアを広げていきます。一度は「石原プロデューサー」チームに押し込まれますが、終盤では「コネクトリンク」を活用して猛追。しかし、最終的には数パーセントの差で「石原プロデューサー」チームの勝利となりました。接戦だっただけに「りゅうちぇるファミリー」チームの皆さんは悔しそうな様子。“ガリットチュウ”の福島さんは「ウチは4人家族なので、ぜひ家族でチームを組んでリベンジしたい」と語りました。試合終了後、ゲームの感想を尋ねられた りゅうちぇるさんは「家族や恋人とか、友達と遊ぶと楽しく盛り上がれるゲームですね」とコメント。一般参加者の皆さんも、ゲームの正式リリースが待ちきれない様子でした。

画像(006)「リンクスリングス」,東京ゲームショウ2018のイベントレポートが公開に

「リンクスリングス」公式サイト

  • 関連タイトル:

    リンクスリングス

  • 関連タイトル:

    リンクスリングス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月12日〜11月13日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月