オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/10/31 10:00

連載

得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

画像(012)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,スマホ向け動物育成シミュレーションゲーム「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」iOS / Android)を紹介しよう。プレイヤーは森のがっこうの先生となって,動物たちを育成していくことになる。

アプリは無料で遊べる。有料アイテムの販売もあり
画像(001)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」ダウンロードページ

「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」ダウンロードページ


 ゲーム中は動物たちに餌をあげたり,動物を撫でてコミュニケーションを取ったり,“がっこうの運営”にも取り組んでいったりする。動物たちがより幸せな暮らしをできるよう,先生として奮闘しよう。

画像(002)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回
動物ごとに細かいステータスや好み,特性などがある
画像(003)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回 画像(004)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

 作物を植えると,一定時間ごとに収穫できるようになる。収穫物は倉庫にストックされるので,動物たちの食事に利用しよう。また,特定の作物を使うと料理を作れる。動物たちの好みに合った料理をふるまって,心の距離を縮めよう。

画像(005)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回
画像(006)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回 画像(007)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

 仲間を増やすには,どうぶつの絵柄が描かれたカードが必要だ。動物たちを探索に向かわせるとイベントが発生し,結果に応じてさまざまな動物カードを入手できる。

カードが一定枚数集まると,カードに描かれている動物をがっこうに招待できる
画像(008)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

 森のがっこうでは季節ごとのイベントが用意されており,体重やお笑い,さらに発明などを競ったりできる。動物たちには得意不得意が設定されているので,相性のいい動物をエントリーさせて,景品をゲットしよう。また秋に行われる,感動の「卒業式イベント」も必見だ。

画像(011)得意科目はゲームと愛情。スマホ向け動物育成SLG「もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1854回

 子供向けのような可愛らしいビジュアルだが,ゲームの中身は大人も楽しめる本格的なシミュレーションゲームとなっている。森のがっこうの先生になって癒やされるもよし,動物たちの幸せを追求するもよしである。

著者紹介:オクムラワタル
 平成生まれのゲーム野郎。ファミコンとともに幼年期を過ごし,ゲームによって育てられた存在。ジャンルを問わずゲームを愛しており,FPSから恋愛シミューレーションまでなんでもいじる。ちなみに説明書は読まない派である。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園

  • 関連タイトル:

    もりのがっこう : 愛のどうぶつ学園

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月15日〜11月16日