オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
サイレント VR公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「サイレント VR」が本日発売。ニンジャとなって悪鬼を斬る,一人称視点のハクスラアクションRPG
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/10/17 20:31

ニュース

「サイレント VR」が本日発売。ニンジャとなって悪鬼を斬る,一人称視点のハクスラアクションRPG

 イニシアティブメディアは本日(2019年10月17日),PlayStation VR用「サイレント VR」の日本語版を発売した。本作は一人称視点のハック&スラッシュ型アクションゲームで,プレイヤーは刀や銃,鎖鎌など多彩な武器を駆使して敵を打倒していく。

画像(001)「サイレント VR」が本日発売。ニンジャとなって悪鬼を斬る,一人称視点のハクスラアクションRPG

 PlayStation Moveに対応しており,2本のモーションコントローラを使用しての二刀流二丁拳銃プレイを楽しめる。また,Steam版ではダウンロードコンテンツであった追加要素も収録している。

「サイレント VR」公式サイト


華麗なニンジャ・アクションで悪鬼羅刹を斬りまくる!
ハクスラアクションRPG『サイレント VR』のPlayStation VR版が本日いよいよ発売!
斬るたびに強くなれ!

イニシアティブメディア合同会社は本日、PlayStation VR版『サイレント VR』の日本語版が本日10月17日、予定通り発売されましたことを、お知らせいたします。

https://www.jp.playstation.com/games/sairento-vr-ps4/

『サイレント VR』はシンガポールのMixed Realms社が開発したVR デバイス対応タイトルで、一人称視点のゲームとしては比較的珍しい、ハック&スラッシュのゲームシステムを採用したアクションRPGです。
主人公は2066年の「サイバートウキョウ」を舞台に、刀やハンドガン、弓矢に鎖鎌、果ては鉤爪、大型銃といった多種多彩な武器を駆使して戦う美しいアサシン。マップは毎回自動生成されるため、最強の武器を求めて、あるいはテクニックを磨きスキルを育てるため、何度でも新鮮な感覚でプレイ可能なタイトルとなっています。

画像(002)「サイレント VR」が本日発売。ニンジャとなって悪鬼を斬る,一人称視点のハクスラアクションRPG
本タイトルが初めてリリースされたのは2016年末(PC版)でしたが、購入した90%以上のユーザーが高い評価を与え、さらに2017年と2018年の両年に渡ってVRゲーム部門のベストセールスを達成するなど、非常に人気のあるタイトルでした。
今回のPlayStation VR版では、PlayStation Moveに完全対応。2本のモーションコントローラを駆使して本格的な二刀流、二丁拳銃プレイ楽しむことができるほか、Steam版では追加ダウンロードコンテンツとなっていた部分もすべて含めた形でフルパッケージでのリリースとなります。

商品形態としてはパッケージ版、ダウンロード版の両方が用意され、PlayStation Storeをはじめ、全国の各家電量販店やゲームショップ、ECサイトなどを通じてご購入いただけます。

また『サイレント VR』の公式サイトでも、購入可能な店舗さまの情報等をご案内しております。
https://www.sairentovr.jp/

大変恐れ入りますが商品お取扱店の有無は各店舗様までお問合せください。『サイレント VR』のパッケージ版は、株式会社3gooが販売元となります。

一人称視点、VR専用 ハック&スラッシュ・アクション RPG
『サイレント VR』
発売予定日:2019年10月17日
予定価格:パッケージ版 4,200円(税別)
     ダウンロード版 3,500円(税別)
対応機種:PlayStation VR (PlayStation 4)
     PlayStation Move およびモーションコントローラ 2個必須
CERO:Z
  • 関連タイトル:

    サイレント VR

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/10/17)
サイレントVR - PS4
Video Games
発売日:2019-10-17
価格:3810円(Amazon) / 3810円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ