オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/02/07 15:49

ニュース

[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた

画像集#009のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
 本日(2020年2月7日)開幕したジャパン アミューズメント エキスポ2020(以下,JAEPO2020)のセガブースに,VRリズムアクションゲーム「Beat Saber」PC / PlayStation 4)のアーケード版「BEATSABER ARCADE MACHINE」(ビートセイバーアーケード)がプレイアブル出展されている。さっそく遊んできたので,その模様をお伝えしよう。

画像集#002のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
ビートセイバーアーケード筐体を正面から見たところ。本作はVRヘッドマウントディスプレイを装着して遊ぶゲームだが,筐体に備わった大型ディスプレイにより,外からもプレイの様子が分かるようになっている

 Beat Saberは,チェコのBeat Gamesが開発したVRリズムアクションゲームだ。サイバーなVR空間で2本の“ライトセーバー”ライクな剣を振り,画面奥から迫ってくるキューブ(いわゆるノーツ)を斬っていくというタイトルで,Steamでは2018年5月にPC向けアーリーアクセス版が登場。2019年5月の正式リリースから現在にいたるまで,人気のVRタイトルとなっている。

画像集#003のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
こちらは公開されている筐体イメージ。……だが,床面のマーカーを見ると分かるとおり,通常はディスプレイ側を向いてプレイすることになる

 Beat SaberそのものはPCのほか,PlayStation VR向けのPlayStation 4版(リンク)が配信されている。そんなBeat Saberのアーケード版は,設置店舗に行けば,すでに用意されたハードウェアで手軽にプレイ可能できるのが大きな魅力だろう。プレイヤーは筐体備え付けのVRヘッドマウントディスプレイを装着し,両手にワイヤレスコントローラを持つというスタイルで遊ぶ。

画像集#004のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
モードや難度を選択する時のみコントローラのトリガーを使用する。ゲーム中は振るだけ

 VR空間の中でプレイヤーは赤と青の剣を手にしており,プレイ中はそれを自在に振ることができる。
 曲と難度を選んでゲームを開始すると,画面奥から,方向を示す三角形のマーカーの付いた赤と青のキューブがリズムに合わせて迫ってくる。これを同じ色の剣で,そして三角形で示された向きで,タイミング良く斬っていくのが基本ルールだ。

画像集#005のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
画面奥より迫ってくるキューブ。三角形の向きに剣を振って斬っていく

画像集#006のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
このドットが描かれたキューブは,どちらから斬ってもいい

 またプレイ中に,巨大な壁が迫ってきたり,トゲのある爆弾が現れたりすることもある。前者は実際に身体を動かすことで,そして後者は斬らないようにすることで,それぞれ回避が可能だ。

画像集#007のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
壁は(現実世界の)身体を左右に動かしたりしゃがんだりして回避する。その圧迫感はかなりのもの

画像集#008のサムネイル/[JAEPO2020]「Beat Saber」のアーケード版をセガブースでプレイ。プレイ映像も直撮りしてきた
爆弾を斬るとミスになってしまうので無視しよう

 VR空間にある剣はコントローラの動きとシンクロしているので,手の延長のような感覚で動かすことができる。流れてくるサウンドに合わせて迫ってくるキューブをスパスパ斬っていくのは実に心地いい。
 また,ミスを重ねても曲の途中でゲームオーバーにはならない仕様なのも嬉しいところ。もちろんミスをしなければコンボがつながるので,これでハイスコアを狙うのも楽しいだろう。


 ビートセイバーアーケードは,アーケード版オリジナルの10曲を収録。通常の設定では,500円で2曲をプレイできるという。那須ハイランドパーク(関連記事),東京ジョイポリス,セガ秋葉原3号館では稼働中であり,もちろんJAEPO2020の一般公開日(2月8日)でも試遊が可能だ。来場する人は,ぜひその爽快感を味わってみてほしい。

JAEPO2020 セガブース特設サイト

JAEPO2020公式サイト


4GamerのJAEPO2020記事一覧

  • 関連タイトル:

    ビートセイバーアーケード

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月25日〜11月26日
タイトル評価ランキング
94
72
原神 (PC)
68
62
VALORANT (PC)
59
原神 (PS4)
49
LOST ARK (PC)
2020年05月〜2020年11月