オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
198X公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2020/01/23 00:00

ニュース

1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

 ハチノヨンは,スウェーデンのHi-Bit Studiosが開発したマルチジャンルゲーム「198X」(イチキュウハチエックス)の,Nintendo Switch版の国内配信を,ニンテンドーeショップ(リンク)で本日(2020年1月23日)開始した。価格は980円(税込)。CEROレーティングはD(17歳以上対象)となっている。
 なお,Steamで配信されているPC版リンク)への日本語ローカライズアップデートおよび,PlayStation 4版も,近日中に配信予定とのことだ。

画像(002)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信


 既報のとおり,198Xの舞台は1980年代の世界。思春期を迎えた主人公のストーリーと,その心象風景と重なる80年代風のアーケードゲームからなるタイトルである。レトロスタイルのピクセルアートで展開するゲームだ。

画像(003)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信
画像(004)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

 ゲーム内では,ベルトスクロール型アクション,シューティング,レース,強制スクロールアクション,3DダンジョンRPGという5種のゲームの“さわり”をプレイできる。これらのゲームの一つひとつに,少年の心情が投影されている点が大きな特徴である。
 また本作の開発には,フランスや日本からもスタッフが参加しており,あの作曲家・古代祐三氏もその一人だ。

ベルトスクロール型ビジランテアクション「Beating Heart(ビーティングハート)」
画像(005)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信 画像(006)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

凶悪メカ艦隊に立ち向かうシーティングゲーム「Out of the Void(アウト・オブ・ザ・ヴォイド)」
画像(007)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信 画像(008)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

スーパーカーで大都会へと駆け抜けるレースゲーム「The Runaway(ランナウェイ)」
画像(009)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信 画像(010)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

刃で魔物に立ち向かう忍者アクション「Shadowplay(シャドウプレイ)」
画像(011)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信 画像(012)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

3Dダンジョンでサイバーモンスターと戦うRPG「Kill Screen(キルスクリーン)」
画像(013)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信 画像(014)1980年代のゲーセン×青春ストーリー。5種のゲームで少年の心情を描くマルチジャンルゲーム「198X」,Switch版が本日より配信

関連記事

インディーズゲームの小部屋:Room#589「198X」

インディーズゲームの小部屋:Room#589「198X」

 「インディーズゲームの小部屋」の第589回は,Hi-Bit Studiosの「198X」を紹介する。本作は,今の生活から抜け出したいと思っている少年の心情を,5つの1980年代風アーケードゲームを通じて描いたオムニバス作品。美麗なピクセルアートとノスタルジックなナレーションで綴られるストーリーに,思わず胸を打たれてしまう。

[2019/07/03 10:00]

ニンテンドーeショップの「198X」ページ

「198X」公式サイト(英語)


80年代のゲーセンと青春ストーリーを融合させた
ユニークなマルチジャンルゲームが
Nintendo Switch向けに配信開始!

有限会社ハチノヨン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:源紘子)は、Hi-Bit Studios(スウェーデン)が開発したマルチジャンルゲーム、「198X」(イチキュウハチエックス)のNintendo Switch版を、本日Nintendo eShopにて配信開始いたしました。
「198X」は、1980年代を舞台に、思春期を迎えた主人公のストーリーと、その心象風景に重なる80年代風のアーケードゲームからなる、ユニークなタイトルです。
本作では、次の5種のゲームの「さわり」をお楽しみいただけます。

  • Beating Heart(ビーティングハート)ベルトスクロール型ビジランテアクション
  • Out of the Void(アウト・オブ・ザ・ヴォイド) 凶悪メカ艦隊に立ち向かうシーティングゲーム
  • The Runaway(ランナウェイ)スーパーカーを駆り、大都会へと駆け抜けるレースゲーム
  • Shadowplay(シャドウプレイ)刃で魔物に立ち向かう、切れ味鋭い忍者アクション
  • Kill Screen(キルスクリーン)3Dダンジョンの中でサイバーモンスターを蹴散らすRPG

各ゲームは、それぞれのプレイ時間は簡潔ながらも、当時を思わせる本格的な作りとなっています。
本作はスウェーデン、フランス、日本の俊英スタッフが参加。レトロスタイルの美麗なピクセルアートに加え、複数のアーティストによるサウンドトラックを採用。内外に幅広いファンを持つゲーム音楽作曲家、古代祐三氏も参加しております。また、本作はプロローグともいうべき作品で、今後開発会社が準備しているゲームへと続く予定です。
なお、先行して配信中のPC版への日本語ローカライズのアップデート、及びPlayStation4版についても近日中に配信予定となっております。その他、ゲームの詳細は以下の公式サイトをご覧ください。

公式サイト:
http://198x.jp/
発売記念トレーラー:
https://www.youtube.com/watch?v=yohWZVZPP1A


【商品概要】
タイトル:198X(カナ表記: イチキュウハチエックス)
ジャンル:マルチジャンル
開発元:Hi-Bit Studios

対応機種 / 配信開始日/ 価格(税込)
Nintendo Switch / 2020年1月23日/ 980円
PlayStation 4 / 未定 / 980円
PC (Steam) / 配信中 / 980円
発売元: ハチノヨン (Nintendo Switch, PS4)
CERO レーティング: D
プレーヤー数: 1 人

  • 関連タイトル:

    198X

  • 関連タイトル:

    198X

  • 関連タイトル:

    198X

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月19日〜02月20日
タイトル評価ランキング
89
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年08月〜2020年02月