※見出しをクリックすると記事が読めます
東京ゲームショウ号外を自動表示しない
TGS 2018
号外No.1
東京ゲームショウまとめ読み!9月21日〜23日の3日間,東京ゲームショウ号外をお届け 特設ページへ
「サマーレッスン」チームが挑んだ“本物のパイロット体験”
「エースコンバット7」VRモード
スマホ向けロマサガ完全新作の舞台は「3」の300年後
「ロマンシング サガ リ・ユニバース」発表
VRでもスマホでも,恋愛は楽しい!?
ラブプラス EVERY
Forcus on You
ゲームパッドはオリジナルの大きさ
写真で見る
プレイステーション クラシック
今年のTGSを彩る注目タイトルのプレイレポート
Days Gone
KINGDOM HEARTS III
ドラゴンクエストビルダーズ2
デビル メイ クライ 5
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GeForce Driver公式サイトへ
  • NVIDIA
  • 発表日:2003/10/23
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[CES 2018]「GeForce Experience」の新機能「FreeStyle」を試す。「ゲームにリアルタイムポストエフェクト」とはどういうことか
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/01/10 15:30

イベント

[CES 2018]「GeForce Experience」の新機能「FreeStyle」を試す。「ゲームにリアルタイムポストエフェクト」とはどういうことか

 CES 2018に合わせてNVIDIAが行ったゲーム関連の発表というと,65インチワイドの4K 120HzかつG-SYNC HDR対応ディスプレイ「Big Format Gaming Display」(BFGD)が真っ先に思い浮かぶ読者も多いだろう。ただNVIDIAはほぼ同じタイミングで,GeForce専用ソフトウェア「GeForce Experience」(以下,GFE)の最新β版となる「3.12 Beta」も発表している。日本時間1月10日時点では,バージョン3.12.0.79を入手可能だ。

 「GeForce 390.65 Driver」の紹介記事でも触れたように,この最新版GFEでは,プレイ中のゲームにリアルタイムでポストエフェクトを適用できる機能「FreeStyle」(フリースタイル)が利用可能になっている。


 FreeStyleを使うと,オーバーレイ表示したメニューから,ゲーム画面の色調を変更したり,ゲームにはない効果を適用したりできる。
 たとえば,下に示した写真は,PC版「Call of Duty: WWII」の画面に,白黒映画風のエフェクトをかけたものだが,画面が白黒になっているだけでなく,昔の映画フィルムでありがちなノイズまで載っている。そして重要なことに,この画面表示のままゲームをプレイ可能だ。

Call of Duty: WWIIの画面に,白黒映画風のエフェクトをかけた状態。第二次世界大戦当時の記録映像っぽい見た目になっている
GeForce Driver

 CES 2018におけるNVIDIAの特設会場では,PC版「ARK: Survival Evolved」を使ったデモを見ることができたが,確かにNVIDIAの言い分どおりの効果が得られると言ってよさそうだ。

こちらが通常のゲーム画面
GeForce Driver
上の画面に対して,FreeStyleで青い色調のエフェクトをかけた状態。ゲームの雰囲気がまるで変わって見える
GeForce Driver

 FreeStyleの設定パネルは,[Alt+Z]キーによるGFEのインゲームオーバーレイから「Game Filter」を選ぶか,[Alt+F3]キーを押すかで呼び出せるようになっている。

FreeStyleの設定パネル。GFEを使ってポストエフェクトを指定するわけである
GeForce Driver
FreeStyleの設定パネルからは,色の鮮やかさを変更したり(左),緑一色に変えたり(右)もできる。これがすべて,リアルタイムで可能なところがポイントだ
GeForce Driver GeForce Driver

 すでにお伝えしているとおり,FreeStyleは,著名なタイトルで広く対応済みだ。GFEのβ版を導入することに抵抗がないなら,まずは挙動を試してみてはどうだろうか。

AnselのUI画面も改良が入った
GeForce Driver
 3.12 Beta版GFEでは,対応タイトルで自由にスクリーンショットを作り込める機能「Ansel」にも拡張が入っている。

 ゲーム中に[Alt+F2]キーを押すとAnsel対応ゲームでは進行が一時停止し,操作パネルがオーバーレイ表示されるわけだが,まずそのユーザーインタフェースが新しくなっている。また,ゲーム映像からキャラクターだけを抜き出し,それ以外の部分を任意の色で塗り潰すことで,クロマキー合成用のスクリーンショットを作り出すなど,新しい機能が加わっているという。

ゲーム画面の背景を塗り潰して,キャラクターだけのスクリーンショットを作る機能も搭載(左)。塗りつぶしの色は,任意に設定が可能だ
GeForce Driver GeForce Driver

 Anselは対応タイトルがまだあまり多くないが,対応タイトルではこれまでよりもさらに凝った“作品づくり”を行えるようになっているようなので,こちらも機会があれば試してみるとよさそうだ。

GeForce.comのGFEダウンロードページ(英語)

GeForce.comの当該ポスト(英語)

Googleが公表した「脆弱性」に対策する「GeForce 390.65 Driver」は,ゲームにリアルタイムでポストエフェクトをかける新機能にも対応

  • 関連タイトル:

    GeForce Driver

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月20日〜09月21日
タイトル評価ランキング
83
80
OCTOPATH TRAVELER (Nintendo Switch)
55
51
2018年03月〜2018年09月