オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「GALLERIA GAMEMASTER ファンフェスティバル」をレポート。新モデルやe-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」の開催も発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/03/21 16:10

イベント

「GALLERIA GAMEMASTER ファンフェスティバル」をレポート。新モデルやe-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」の開催も発表

 サードウェーブデジノスは2017年3月20日,同社が展開するゲーマー向けPCブランド「GALLERIA GAMEMASTER」のユーザーに向けたイベント,「GALLERIA GAMEMASTER ファンフェスティバル」を東京六本木のニコファーレで開催した。

 このイベントは,GALLERIA GAMEMASTERシリーズのユーザーを招いて開催されたもので,会場では関係者による最新モデルの発表や,対応タイトルのステージなどが行われた。本稿では,その新モデル発表会と,「Halo Wars 2」PC / Xbox One)のステージの模様をお届けする。

GALLERIA GAMEMASTERシリーズのユーザーが招待され,新モデルやゲーム紹介のステージが行われた
ロビーではプレゼントが当たるゲームコーナーや,軽食のコーナーも用意された

「GALLERIA GAMEMASTER」公式サイト



ゲームタイトルの動作サポートや,24時間365日のユーザーサポートを実現


 2016年8月より展開されているGALLERIA GAMEMASTERの新モデル発表にあたり,ブランドロゴが一新された。GALLERIAの中でも,もっとも輝く製品という思いを込めたゴールドカラーとなり,ユーザーのパートナーとして頼られる存在をアピールするために,鷹狩りなどで古来から人と関わりを持ってきた鷹のエンブレムをあしらっている。

GALLERIA GAMEMASTERの取り組みについて解説したサードウェーブデジノス 大浦豊弘氏
GALLERIA GAMEMASTERの新ロゴ

 同ブランドでは「安心」「快適」「安定」という3つの取り組みによって,ユーザーの快適なゲームプレイを約束するという。


 「安心」は,ユーザーがゲームをプレイするために購入したPCでゲームが思うように動かないといったことがないように,動作サポートタイトルに関しては実機を使った動作検証を行い,確実に動作することを実現するというもの。
 家庭用ゲーム機では対応ソフトが動くのが当たり前だが,その感覚で動作サポートタイトルをプレイしたいとき,PCスペックを気にすることなくGAMEMASTERを購入すればいいという安心感をもたらすものだ。
 なお,2017年3月20日現在,46タイトルをサポートしているとのこと。またこれまで午前1時までだったユーザーサポートを,24時間365日対応することも決定した。


 「快適」と「安定」は,ユーザーにとって主役であるゲームを,美しいグラフィックスと滑らかな動きのまま,長時間安定してプレイできるスペックを実現するというものだ。今回発表されたすべてのモデルに,第7世代intel Coreプロセッサー,NVIDIA GeForce GTX 10シリーズ,高速SSDを標準搭載。また安定性向上のための冷却対策が施された設計となっている。


 当日発表と同時に発売されたのは,フラグシップモデル「GALLERIA GAMEMASTER GX」,17.3インチノートPC「GALLERIA GAMEMASTER NX」,15.6インチノートPC「GALLERIA GAMEMASTER NV」の3モデル。スペックはもちろん,GXでは透明なサイドパネルを採用し,GXとNXでは形状や質感を変えるなど,見た目のデザインにもこだわった仕様となっている。


製品の新規購入者及びユーザーにはアイテムコードがプレゼント。また動作サポートタイトルを紹介する小冊子が店頭などで配布中だ


e-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」の開催を発表


 ステージでは,同社のe-Sportsに対する取り組みについても発表された。

 e-Sports先進国であるアメリカや韓国に続き,中国をはじめとするアジア圏でも大きな成長を見せているこの市場だが,大幅な遅れをとっている日本のe-Sports市場を盛り上げるため,GALLERIA GAMEMASTERブランドによるe-Sports大会「GALLERIA GAMEMASTER CUP」を開催するという。

 この大会では,BenQ主催の大会「eXTREMESLAND Asia 2017」の日本予選を行う「チャレンジ部門」(6月予定)と,異なるジャンルの3タイトル予定とした大会を国内各地で行う「エントリー部門」の2つの部門を用意し,国内e-Sportsの活性化を図っていく。これらの詳細は5月に発表となる予定だ。


 また,この大会の発表にあたり,5月にシドニーにて開催される「Intel Extreme Masters」の観戦ツアーが3名に当たるキャンペーンもスタートした。世界のe-Sportsシーンを見たいという熱いプレイヤーに向けたもので,当選者には観戦にあたり現地からのTwitterでレポートする役目もあるそうだ。応募資格はGALLERIA GAMEMASTER公式サイトでの会員登録のみで,4月16日まで募集中となっている。詳しくは「こちら」で確認してほしい。

※3月22日13:00追記。初出時,募集期間の締め切りを発表会で公開された「4月20日」としていましたが,正しくは4月16日でした。訂正いたします。



トッププレイヤーによるエキシビションが披露された「Halo Wars 2」ステージ


 イベントではGALLERIA GAMEMASTERを使用した,PCゲームのステージも行われた。ここでは日本マイクロソフトの「Halo Wars 2」ステージの模様を簡単にお届けしよう。

 「Halo」の世界観でプレイするRTS「Halo Wars」の約8年ぶりの新作となった本作。コヴナントの傭兵軍「バニッシュド」と,国連宇宙司令部「UNSC」による激しい戦いが描かれている。ゲームは2月23日に発売済みで,オンライン対戦を中心に盛り上がりを見せている。


 ステージではイベントのMCであるドグマ風見さんが,RTSの著名プレイヤーmatsujunさんAirlityさんのアドバイスの元,ゲームのチュートリアルを体験し,さらにAirlityさんによるオンラインのエキシビションマッチも行われた。

左からAirlityさん,ドグマ風見さん,matsujunさん

 マップ上にいる複数のユニットをリアルタイムで動かし,戦いながら資材を集めて基地や新たなユニットを生産して戦力を強化。さらなる戦いへと挑んでくという基本ルールは,チュートリアルにて覚えられる。RTSはほぼ初めてという風見さんも,何とかルールを理解し,ミッションを完了した。


 一方,Airlityさんは,マルチプレイモードの「ブリッツ」を使ったマッチを披露した。「ブリッツ」は,手持ちのカードで内政を進めながら,マップ上の3つの陣地を奪い合ってポイントを溜めていくというものだ。本作のJPコミュニティの管理人で,RTSのトッププレイヤーであるAirlityさんに対するのは,本作のオープンβテストの勝利数で世界第3位になったbironistさん。この2人による超ハイレベルな対戦が行われた。


 なお,Halo Wars 2では,1か月に1回DLCが配信される予定だ。特殊能力を備えた「リーダー」が1人ずつ追加される予定とのことで,今後さらに奥深い駆け引きが繰り広げられるようになる。ランクマッチなども実装済みで,チュートリアルなども含め初心者も入りやすい環境にあるので,気になる人はぜひプレイしてみよう。

「GALLERIA GAMEMASTER」公式サイト

  • 関連タイトル:

    GALLERIA

  • 関連タイトル:

    Halo Wars 2

  • 関連タイトル:

    Halo Wars 2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月19日〜04月20日