オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版

Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版
公式サイト -
発売元 イーフロンティア
開発元 Ubisoft Entertainment
発売日 2007/04/27
価格 6090円(税込)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
販売価格一覧 Powered by Amazon / Yahoo!ショッピング(リスト更新日:2012/06/03)
価格 在庫 店舗名 支払い方法アイコンの説明
お店ページで確認 確認 Amazon
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
グラフ
スクリーンショット一覧へ最新画像(全048枚)
Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版
Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版
Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版
Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版
ゲーム紹介
1941年から1945年までの太平洋戦線を舞台とした,潜水艦シミュレーションゲーム。プレイヤーは米潜水艦を指揮して,日本海軍に戦いを挑む。ミッションの結果をもとに,次回のミッションが生成される「ダイナミックキャンペーンシステム」により,繰り返しプレイしても飽きにくくなっている。
最新記事(全16件)

「Xブレード」「Assassin's Creed」「Silent Hunter 4」の3作が“Best Selection of GAMES”に。お買い得価格で6月4日に登場

「Xブレード」「Assassin's Creed」「Silent Hunter 4」の3作が“Best Selection of GAMES”に。お買い得価格で6月4日に登場

 イーフロンティアは,「Xブレード」「Assassin's Creed」「Silent Hunter 4 Gold Pack」の3作を,“Best Selection of GAMES”シリーズに追加すると本日(5月18日)発表した。“洋ゲー”ファンの心をくすぐる海外製タイトルが,より買い求めやすい価格で6月4日に登場する。

[2010/05/18 12:39]

舞台はインド洋へ。イーフロンティア「Silent Hunter 4 Gold Pack 日本語マニュアル付英語版」を9月5日に発売

舞台はインド洋へ。イーフロンティア「Silent Hunter 4 Gold Pack 日本語マニュアル付英語版」を9月5日に発売

 イーフロンティアは本日(8月1日),「Silent Hunter 4 Gold Pack 日本語マニュアル付英語版」を9月5日に発売すると発表した。価格は7140円(税込)。本作は「Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific」とその拡張パック「Silent Hunter 4: Wolves of Pacific U-Boat Missions」がセットになったパッケージ。太平洋だけでなくインド洋でも戦えるのだ。

[2008/08/01 22:43]

潜水艦シム「Silent Hunter 4」,無料追加ミッションがリリース

[2008/02/25 18:29]

潜水艦シム「Silent Hunter 4」でUボートが使える拡張パック発表

[2007/11/01 13:33]

週刊連載「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」最終回を掲載

 至近距離から敵艦船を雷撃するという特性を生かし,米軍潜水艦で日本海軍の有名艦艇を見物しまくる連載記事「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」の,最終回を掲載した。太平洋戦争における海戦の締めくくりは,日本軍が予定したよりも2か月ほど早く,あらぬ場所で生じるようだ。

[2007/06/14 19:37]

週刊連載「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」第5回を掲載

 日米海戦史に米軍の立場から水面下で介入する連載記事,「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」の第5回を掲載した。今回の題材は,すっかり追いつめられた日本海軍が戦艦部隊で戦局を打開しようとしたレイテ沖海戦。栗田艦隊の「謎の反転」が,自分のせいだったらどうしようという,大一番をお届けする。

[2007/06/07 21:21]

週刊連載「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」第4回を掲載

 潜水艦シム「Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific」で,太平洋戦争の主要な海戦をたどる連載記事,「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」第4回を掲載した。今回扱うのは太平洋戦争も大詰めの1944年6月,マリアナ沖海戦。新鋭空母「大鳳」を含む,日本機動部隊最後の総力出撃を,満を持して迎え撃つのだ。

[2007/05/31 21:18]

週刊連載「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」第3回を掲載

 米軍潜水艦で,太平洋戦争のハイライトシーンにお邪魔していく連載記事「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」の第3回を掲載した。タイトルが“鉄底海峡”なのに,今回はソロモン諸島の攻防をすっ飛ばしてマリアナ諸島(グアム,サイパン,テニアンなど)の戦いに備えた船団襲撃ミッションをお送りする。

[2007/05/24 22:15]

週刊連載「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」第2回を掲載

 ひさびさに登場したWWII潜水艦シムの新作「Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific」の魅力に,ある意味日本軍側から迫っていく連載記事「Silent Hunter 4 鉄底海峡冬景色」の第2回を掲載した。太平洋戦争のターニングポイント,ミッドウェー海戦でアメリカ潜水艦の艦長が目にしたのは,意外といえば意外な敵空母群の姿だった。

[2007/05/17 22:09]

「SH4:Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版」の紹介記事を掲載

 太平洋戦争モチーフの米軍潜水艦シミュレーション,「Silent Hunter 4: Wolves of the Pacific 日本語マニュアル付英語版」紹介記事を掲載した。シミュレーションゲームを語るうえで避けては通れない「リアリティとゲーム性」のバランシングを,ゲームオプションでかなり細かく調整できる本作。潜水艦を深く愛する人も,少しだけ興味があるという人も,好みの難度でプレイできる点がうれしい。

[2007/05/16 22:27]

全ての記事を表示する

レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
動作スペック

OS:Windows XP/Vista,CPU:Pentium 4/2GHz以上[Pentium 4/3GHz以上推奨],メインメモリ:1GB以上[2GB以上推奨],HDD空き容量:6GB以上,グラフィックスカード:DirectX 9およびPixcel Shader 2.0 対応製品,グラフィックスメモリ:128MB以上

AD(最終更新日:2012/06/03)
SilentHunter4 Wolves of thePacific英語版
Software
発売日:2007-04-27
価格:1980円(Amazon)
amazonで買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月18日〜01月19日
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月