オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
GUILD01公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/06/07 10:00

連載

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」


著者近影
 今週はね,完全にジェラシーを感じたわ。ジェラシー,つまり嫉妬っていうのは,文字どおり相手をねたみそねむこと。決して美しい感情ではないわ。
 例えば,自分が好きな人に別の人が話しかけているのを見たとき,ジェラシーを感じるじゃない。これって,独占欲がそうさせているものだと思うのよ。自分だけのものでいてほしいのに,そうならない。自分の理想の形でいてほしいのに,そうあってくれない。そういう自分勝手な心が,ジェラシーを生むのね。
 ただ,ジェラシーにも色々な形があって,結局のところ好きなものに対する距離感によって変わってくるものだとは思うの。私は氷川きよしが好きなんだけれども,仮に氷川きよしがサブちゃんと話していたところでジェラシーは抱かないわ。なぜなら,あまりにも距離が離れすぎてるから。いくら好きでも距離感があれば,ジェラシーって起こりにくいのよ。それは「自分の」っていう意識が希薄だからでしょうね。
 では,アイドルファンや声優さんファンはどうか? ジェラシーの塊ではないのか? いい質問です。これはね,そのとおりなんです。アイドルファンは,誰かとの交際が発覚したらジェラシーを燃やしまくるわ。アイドルがちょっと恋愛対象になりそうな誰かと親しくしたら,総叩きにする。言い換えるとジェラシーがハッピ着てハチマキしてサイリウム振ってるようなもんなのよ。いくら距離があろうと,そこは関係ない。
 ただ,(とくに最近の)アイドルの場合は管理側が,意図的にファンとの距離感をぼやけさせているのね。握手や会話できる機会,テレビの中だけでなく,身近にそこにいるってことが認識できる機会を設けるというのは,そういうことだと思う。会える。そこが大事。
 アイドルは,ファンとの距離が実際以上に近い存在であることをアピールしなきゃいけない。皆が望む姿でいなければならない。管理側は,アイドルをそのように管理しなければならない。逆にいうと,ファンのジェラシーを煽らなきゃいけない。アイドルのビジネスは,この子は「自分の」ものって思わせる商売,つまりジェラシーによって商売が成り立っていると言えるわけです。
 突き詰めると,総選挙ビジネスってそういうことでしょ? 自分が何とかしてあげなきゃいけないわけだから。そして,実際に自分の投じた金額で何とかなってしまうかもしれないんだから。
 こういう形で書くとネガティブに受け取られそうだけど,決して批判してるわけじゃないのよ。エンターテイメントのビジネスって,どうやって感情移入させてお金を払ってもらうかだから。そういう意味では,ジェラシーを抱かせるほど好きにさせるってやり方は,間違っていないんだろうと私は思う。

 ところで,エンターテイメントにおいて,名前で勝負している人――まあ簡単にいえば名前と顔を世に出す人ね,こういう人って常にリスクを負っているのよ。とくにこのネット社会というか,個人個人が自分の考え方を世の中に出すことのできる時代には。ちょっと下手こいたら,すぐに叩かれる。これは仕方がない。そういう世の中なんだから。なんとなく他人事のように書いてるけど,私もそう。
 ここで「キノコをクッパして大きくなったマリオがドカンの穴の中を滅茶苦茶にする」ってことを延々と書いたら,たぶん叩かれるわけですよ。叩かれる前に編集段階で全部削除されるけど(編注:今回は削りません),それは担当編集から叩かれまくるのと同じことだし。まあ,そういうリスクはあるわ。それが自分が本職として従事しているエンターテイメント以外の場所なら,なおさら。


 ……ということで,本当に前置きが長くなったけど,今週は「GUILD01」のご紹介でございます。まずはさらっと。このゲイムは,別々の人が作った4種類のゲイムが一つのパッケージに入っているのね。ジャンルもバラバラ。シューティングゲイムの「解放少女」,リズムゲイム&シミュレーションの「レンタル武器屋 de オマッセ」,パズル要素の強い「エアロポーター」,RPGの「クリムゾンシュラウド」
 これがまたね,どれもこれも面白いのよ。そして,一つ一つがそれほど重くない。ゲイムのあり方としても,意外と新しい形かもしれないわ。
 一つ大きな筋の通ったゲイムもいいけれど,ライトな感覚で気負わず手に取れて,それでいてどのゲイムも作り込まれている。これもライト層を意識しているという意味で,紛れもなくレベルファイブっぽいアプローチだと思う。イヤ,ヤラれました。
 どんなゲイムが好きな人であれ,少なくとも4本のうち1本は気に入ると思うから,「どんなゲイムが面白い?」って聞かれたときに,無責任にオススメできるゲイムね。なんとなくゲイムをヤりたい人は,GUILD01を是非どうぞ。

男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」
「解放少女」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」
「レンタル武器屋 de オマッセ」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」
「エアロポーター」
男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第183回「ジェラシー」
「クリムゾンシュラウド」

 さて,ここからはさらっとしてない話を。冒頭で長々と話したように,私,ジェラシーを感じたのよ。このGUILD01に収録されている,レンタル武器屋 de オマッセに。厳密には,これを作った平井善之氏に
 ほかの三つのゲイムは,ゲイムクリエイターが作ったものなの。名のある本職の人達が手がけているんだから,面白いっていうこと自体に意外性はないわよね。ただ,芸人さんである平井氏が作ったゲイムに関しては別。面白くない可能性だってあったわけ。餅を餅屋が作ってるのではなく,八百屋が作ってるわけだから。
 でも……見事に面白いではありませんか。何にジェラシーを感じたかって,ゲイムクリエイターが作っているわけではないからこその,“ちゃんとした感じではない部分”。要するに,いい意味でのチャラさがちゃんと表現できている点によ。
 別にね,私がゲイムを作りたいとか,そういうジェラシーじゃないのよ。ゲイマーとして,ゲイムとの距離感が同じぐらいだったはずだと,私が勝手に思っていた平井氏が,こんなに面白いゲイムを作りやがったことに対するジェラシー。
 もちろん,実際にゲイムとして作り上げていったのは,本職のスタッフなんだろうけど,それにしても“ゲイムクリエイター”の看板を持っていない人が作ったゲイムが,これほど面白いとは。
 いや,いい刺激になったわ。これで私は,もっとゲイムについて考えることができる。ゲイムについてゲイマー視点で考えることについては負けたくないからな! チクショウ。


 とまあこんな感じでGUILD01はおススメですよって話だけれども。それにしても最近,またしても私の中にニンテンドー3DSブームが到来しているわ。おそらく来週も,3DSのとあるソフトを取り上げることが,私の中で内定してるくらいキてる。
 フフフ。果たして私は来週,何を取り上げるかな? ほーら,当ててごらん? あらこんなことになって……みんなが見てるよー。ヒントとしては,けっこう当てづらいだろうなってことと,コストパフォーマンスは滅茶苦茶高いってこと。あと,私が好きなメーカーのアレで,私が好きそうなジャンル。
 予想してもらって,もしそれが当たったら,何か素敵なプレゼントをお贈りしましょう! もちろん嘘だが名。でもな! 私だって生きとるんじゃ! オイ! 私がクイズ出したってな! オイ! 何が悪いんじゃ! オイ! なあ,オイ! お前ら,嘘ついたこと無いんか! オイ! オイ! なあオイ! 全然オチてないんじゃオイ! 下手にな! 下手にこういうテンションに手を出したらな! 落とせないんじゃ! オイ! 文章なのにな! 伝わらないんじゃ! オイ! でもな! お前ら! 嘘ついたこと無いんか! 嘘ついたこと無いんか―――!! オイ!<以下,「Wild Thing」が脳内で再生されるまで続く>(※分からない人は「大仁田劇場」で検索)
 ではまた来週。

今週のハマりゲイム
(文字通りゲイムスロットにハマっているゲイム)
PlayStation 3:「ワールドサッカー ウイニングイレブン 2012
PlayStation Vita:「プロ野球スピリッツ2012
PSP:「CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!
Wii:「いただきストリートWii
ニンテンドー3DS:「GUILD01
Xbox 360:「トロピコ4 日本語版

■■男色ディーノ(プロレスラー)■■
ディーノ選手は6月9日(土),宮地鉄工所(東京都大田区)にて行われる,ほもいろクローバーZの工場ライブに出演します。翌10日(日)には,DDTプロレスの名古屋大会「ペガサス流星拳 in 名古屋2012」に出場予定。最近,忙しい週末が続いているということもあってか,「この期に及んで五月病になったっぽいのよ。休みたい。周囲を納得させられるような言い訳を募集したいわ」と語っていました。
  • 関連タイトル:

    GUILD01

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月