オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G★2007#38]NHNの「GamePack」は,120本ものライトゲームを遊び放題!
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/11/11 00:16

ニュース

[G★2007#38]NHNの「GamePack」は,120本ものライトゲームを遊び放題!

 先日お伝えしたとおり,FPS「Wolf Team」やカジュアルレースゲーム「Go Go Xing」,そしてMMMORPG「R2 - Reign of Revolution」が目立っていたNHNブース。この三作以外にも,会場の片隅で主に低年齢層を中心に人気を集めていたのが,本記事で紹介する「GamePack」だ。

 GamePackとは,ライトゲームを120種類近くもセットにしたサービス。1か月あたり7900ウォン(約950円)で,全タイトルが遊び放題になるという代物だ。含まれるタイトルのほとんどは,マウスのみで操作可能な,シングルプレイに特化したゲームだそうだ。G★2007では,そんなGamePackの中からとくに人気があるという4タイトルの試遊ができた。

●「Chuzzle」

 縦横6ラインずつにぎっしり並べられた色とりどりの毛玉を,マウス操作でラインごとにずらして並び替えるパズルゲーム。同じ色の毛玉が三つ並ぶと,その毛玉は画面左側の小瓶に吸い込まれる。小瓶の中身をいっぱいにするとゲームクリアだ。

GamePack GamePack

●「Dinner Dash2」

 レストランのお客さんをテーブルに案内し,注文をとり,料理を出し,ときには椅子を追加し,食事が終わったテーブルを片付け,チップをもらい……という一連の流れをマウスクリックだけで楽しめるゲーム。
 複数のお客さんを同時にさばくには,マウスさばきが肝心。ちょっと放置すると,途端にお客さんの機嫌が悪くなるので,客商売の難しさを痛感させられることも。お店の手際が少しぐらい悪かったからって,すぐに腹を立てちゃダメだな……と思った。

GamePack GamePack GamePack

●「Insaniquarium」

 直訳すると「狂った水族館」。水槽をクリックするとグッピーにエサをやることができ,エサを食べたグッピーは大きく成長する。大きくなったグッピーは,どういうわけだか金貨や銀貨を落とすので,これを拾ってお金を貯め,さらにグッピーを追加! というゲーム。空腹になったグッピーは,だんだん色が変わっていき,最後には真っ白になって死んでしまう……。
 水族館を題材にしたゲームというと,“癒し”イメージのものが多いような気がするのだが,このゲームを遊んでいたら,金魚の世話をサボっていたら,水槽の中がエライことになった……という20年ほど前の記憶が甦った。

GamePack GamePack

●「World WarII: Pacific Heroes」

 太平洋戦争の空戦をモチーフにした3Dシューティング。米軍機を操って,爆撃や爆撃機の護衛といったミッションをこなすことになる。こちらはさすがにマウスだけでは操作できず,キーボードを使用する必要がある。
 とはいえ,難しいことを考える必要はなく,自在に空を飛び回りながら敵機を攻撃することができた。フライトシムや,FPSなどでの戦闘機操縦時には,操作の難しさに戸惑うヒマもなく,あっという間に墜落! みたいなことばかりやりがちな筆者のようなヘボゲーマーでも,普通に楽しめそうだ。

GamePack GamePack GamePack

 お気づきの方もいるかもしれないが,実はこれらのタイトルは,GamePack以外でもプレイできる。ニュアンス的には新作タイトルというよりも,フリーウェア&シェアウェア集といった表現が近いかもしれない。

 なお,ブースにいたNHNのPublishing Marketing TeamのYong Tae Soun氏に,このようなサービスを行っている理由を尋ねたところ,「ヘビーなオンラインゲームばかりを遊んでいると,ストレスを感じてしまうこともある。そこで,一人で気楽に楽しめるゲームを集めて提供することにした」のだそうだ。
 確かに筆者など,MMORPGで遊んでいてもほかのプレイヤーとのコミュニケーションが面倒でソロプレイに興じてしまい,パーティプレイ必須のクエストが頻発するあたりで挫折することが多い。日頃の人間関係のストレスから逃げたくて,コンピュータ相手に遊んでいるというのに,どうしてさほど仲良くもない人とゲーム内で待ち合わせなどしなければならないのだろう……そんなことを思ってしまうこともしばしばだ。こんな調子の筆者のような人間にとって,うってつけのサービスかもしれない。
 しかし,やはり一つ一つのタイトルの物足りなさは否定できない。そこを数で補おうということなのだろうが,ゲームが物足りないという不満は,ほかのゲームで補えないからこその不満なんじゃないかなとも思ったりもして。
  • 関連タイトル:

    GamePack

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月13日〜11月14日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月