オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アフターバーナークライマックス公式サイトへ
読者の評価
79
投稿数:5
レビューを投稿する
海外での評価
72
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
強力な“オールドゲーマーホイホイ”であることは認めるが,この爽快感は今でも十分通用する!「アフターバーナークライマックス」の魅力をプレイムービーとあわせて紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2010/05/01 15:10

レビュー

強力な“オールドゲーマーホイホイ”であることは認めるが,この爽快感は今でも十分通用する!

アフターバーナークライマックス

Text by Alexander服部



これほど多くの人に遊ばれたタイトルは希である!


アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス
 「アフターバーナー」シリーズといえば,一定以上の年齢のゲーマーにとっては,もはや説明すら不要な超有名フライトシューティングゲーム。これまで(アーケードを含め)11ものプラットフォームに移植されてきた人気シリーズだ。
 アフターバーナーが生まれたのは1987年。当時,ゲームセンターだからこそ成立していた大型筐体専用ゲームが出自であるにもかかわらず,性能的には厳しいなんてレベルじゃないファミリーコンピュータやセガ・マークIIIにまで移植されている。当時はまだ,ポリゴンという技術がゲームに本格利用される時代ではなかったこともあり,巨大なスプライト(レイヤーのようなものと考えて頂きたい)を使ったダイナミックな表現と,プレイヤーのハートを揺さぶるハードロック調のBGMで人気を博した。
 移植作品のなかには,当時のコンシューマーゲーム機のスペックの限界もあってか,ちょっと気になる不具合のあるバージョンも存在したし,音源がガッカリするほど寂しいものもあった。それでも,筆者を含む当時の少年達は,移植されたアフターバーナーにアーケードゲームの傑作の姿を投影し,移植してくれたメーカーやセガのすごさを思い知ったものだ。

アフターバーナークライマックス

 時は移り2006年,ゲームセンターに,そのアフターバーナーの最新作が登場した。それが「アフターバーナークライマックス」だ。高速飛行するF-14を操り,敵機を次々とロックオンして撃破していくスピード感はそのままに,“クライマックスモード”という爽快感満点の新要素を搭載して,大型筐体ゲームとして再びアーケードに帰ってきたのだ。
 残念ながら,すでに大型筐体ゲームの時代ではなかったこともあり,大きく目立つまでには至らなかったが,実際に遊んだプレイヤーの評判はすこぶる良かった。
 クライマックスモードというのは,分かりやすくいうとバレットタイムのようなもので,スコアアタックを盛り上げるのに一役買っていた。さらに,F-14Dスーパートムキャット,F/A-18Eスーパーホーネット,F-15Eストライクイーグルの3種類から機体を選ぶことができるだけではなく,ゲームに登場するすべての戦闘機は,ボーイング社とノースロップ・グラマン社の許可を受けているというこだわりようだ。

アフターバーナークライマックス アフターバーナークライマックス アフターバーナークライマックス

 ほかにもCo-opモードが用意されており,2人協力プレイを楽しむこともできる。このCo-opモードは途中参加も可能で,ゲームセンターで友人と遊ぶことを考えても,かなり完成度の高いものになっていた。

アフターバーナークライマックス

 そんなアフターバーナークライマックスが,PlayStation 3およびXbox 360の,ダウンロード専用タイトルとして発売されたのだ。ダウンロード専用タイトルであるがゆえ,インターネット環境がなければ購入できない。加えて,残念ながら(今後DLCとして配信されることはあるかもしれないが)Co-opモードも標準搭載されていないので,その点には注意してほしいが,ファンにとっては夢にまでみたコンシューマタイトルの登場である。

「アフターバーナークライマックス」公式サイト



シンプルな操作と派手な演出が

ゲームへの没入度を高める


アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス
 アフターバーナークライマックスの最大の魅力は,文章やスクリーンショットでは伝えきれない,圧倒的なスピード感である。いわゆるフライトシミュレータではないので,自由気ままに好きな場所を飛行できるわけではないが,「グラディウス」や「スペースマンボウ」で「決められた方向にしか進めない!」と文句を言う人はいないだろう。つまり,アフターバーナーシリーズは,シューティングゲーム。なので,そういう見方で良し悪しを判断するのが正しい。

 操作系統は,基本的には昔から変わっていない。スピードのアップ/ダウン,上下左右への移動,誘導ミサイル/バルカンの発射に,クライマックスモード発動操作が一つ加わっただけだ。左右のスティックを駆使する必要もなければ,ボタン配置を必死に覚える必要もない。画面奥へと進んでいく3Dゲームではあるが,内容的にはごくごくシンプルなシューティングである。
 ちなみにクライマックスモードは,通常/高速飛行やコンボの継続,コンティニューなどで蓄積される“クライマックスゲージ”を消費して発動する特殊なモード。発動中は時間の流れがスローになり,ロックオンカーソルが広がり,さらにミサイル数が無限になるうえ,コンボが途切れなくなるという,分かりやすいが問答無用で興奮するモードである。

アフターバーナークライマックス アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス

 こういった説明からは,何から何までシンプルなゲームに思えるかもしれないが,画面から受ける印象はどちらかというと“豪華”で,とくに煙と光の演出は素晴らしい。敵味方の射出する多数の誘導ミサイルが,中空に弧を描き,戦場を爆風と閃光で美しく彩る。とくに大量のミサイルが白煙で弧を描く様は,(F-14がメイン機体ということもあり)「超時空要塞マクロス」で一世を風靡した“板野サーカス”を彷彿とさせる。噴煙をかいくぐり敵をロックオン,そして一斉に誘導ミサイルを射出する。これを高速で繰り返していくことこそが,アフターバーナーというゲームの本質であり,最大の魅力なのだ。


頑張れば頑張っただけ“易しく”なるゲームバランス


アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス
 本作には,アーケード版を再現した「ARCADE」,最終ステージクリアまでのスコアを競う,オンラインランキングに対応した「SCORE ATTACK」,一つのステージを繰り返し練習できる「TRAINING」といったゲームモードが用意されている。ARCADEでは,プレイ中に任意の条件を満たすことで,ゲームオプションの項目が増えていく「EX OPTION」という要素も楽しめる。
 詳しくは動画を見てもらいたいのだが,腕前にはちょっと問題がある筆者でも,繰り返しプレイすることで,オプション項目をすべて解除していくことができた。その結果,ロックオン範囲を拡張し,敵の攻撃力を下げ,残機を増やすことでノーコンティニュークリアが可能になった。正直なところ,今回の動画撮影時のオプション設定なら,誰でもスーパープレイが可能である。「寝る前にちょっとストレス解消しておくか」という軽い気持ちで遊ぶことができるので,初心者もあきらめずにARCADEをプレイして,ぜひEX OPTIONの恩恵に浴してほしい。



ふるえるぞハート! 燃え尽きるほどヒート!!


 アフターバーナーというタイトルにグッとくる人の大半は,30歳以上なのではないだろうか。そういう人達がアフターバーナーと聞いて,真っ先に思い出すのが,駆け抜ける疾走感とともに脳内に流れ込んできたBGMだろう。「Final Take Off」「Super Stripe」などの曲名を目にすると,熱いものがこみ上げてくるという古兵も絶対にいるはずだ。

アフターバーナークライマックス アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス

 本作のウリの一つになっている,「アフターバーナーII」BGMへの切り替え機能は,そういった人達の心を一気に20年前に連れ去ってしまう。基本的なゲーム性はそのままに,より美しく,より速く,より気持ちよくなったシリーズ最新作に,懐かしの名曲達が乗っかっているのだからたまらない。
 筆者は本稿の執筆依頼を受けたとき,誰になんと言われようと,BGM切り替え機能に関する動画を掲載してやろうと心に誓った。正直に言ってしまうと,このゲームを筆者は繰り返し遊んでいるのだが,撮影の時以外は一度の例外もなく,20年以上前の楽曲達を使用している。もちろんこれは世代の問題なので,若い人にとっては取るに足りない機能かもしれない。しかし,アーケードで,FM TOWNSで,X68000でアフターバーナーを遊んだ世代にとって,当時のBGMは神曲以外の何者でもないのだ。とくにアフターバーナー直撃世代の読者なら,ぜひこの動画をチェックしてほしい。



気軽に遊ぶにはもってこいの“熱い”ゲーム


アフターバーナークライマックス
アフターバーナークライマックス
 最後は少々熱くなってしまったが,アフターバーナーシリーズは,これほどまでに人々の心をつかみ続けてきたゲームだと思ってもらいたい。もちろん“思い出補正”などなくても,アフターバーナークライマックスは実に楽しいゲームだ。これほど遊びやすく,爽快感に溢れ,繰り返し遊べてしまうゲームが,PlayStation 3なら900円,Xbox 360なら800マイクロソフトポイントで自分のものになってしまうのだから,まったくいい時代になったものである。
 本作はダウンロード専用タイトルであり,ディスクレスで遊べることも魅力の一つと言えるだろう。今,メインで遊んでいるゲームディスクを入れ替えることなく,実に気軽にプレイできるのだ。本作の気軽さと爽快感は,何かとくたびれることの多い生活の中で,一服の清涼剤として機能する。RPGなどの重たいゲームで疲れたときには,ぜひアフターバーナークライマックスで,気持ちをリフレッシュしてもらいたい。

「アフターバーナークライマックス」公式サイト

アフターバーナークライマックス
  • 関連タイトル:

    アフターバーナークライマックス

  • 関連タイトル:

    アフターバーナークライマックス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月16日〜09月17日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年03月〜2019年09月