オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2011/04/12
  • 価格:基本プレイ無料
読者の評価
81
投稿数:76
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2013]「World of Tanks」でおなじみのWargaming.netブースで,スマホ向け新作タイトル「Warld of Tanks Blitz」をプレイ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2013/03/28 20:18

イベント

[GDC 2013]「World of Tanks」でおなじみのWargaming.netブースで,スマホ向け新作タイトル「Warld of Tanks Blitz」をプレイ

 サンフランシスコで開催中のゲーム開発者会議「Game Developers Conference 2013」には,ご存じのようにレクチャーだけでなくエキスポホールも用意されており,さまざまなメーカーがデモンストレーションを行っている。「World of Tanks」で知られるベラルーシのゲームメーカー,Wargaming.netもその一つで,E3でもGamescomでも見かける大きなブースでは,いつものようにWorld of Tanksの試遊と,現在クローズドβテストが実施されている「World of Warplanes」の紹介が行われていた。海外イベントのたびに話を聞いているので,すっかり顔なじみになってしまったような気がするが,今回は北米時間の3月27日に電撃的に発表されたWorld of Tanksシリーズの一つ,「Warld of Tanks Blitz」iOS / Android 以下,Blitz)の話や,最近の同社の様子などが聞けたので,戦車ファンの皆様にお伝えしたい。

「World of Tanks」公式サイト

「World of Tanks Blitz」公式サイト


World of Tanks
 現在,5500万人という膨大な会員登録者数を誇り,プレイヤーの国籍が世界200か国以上にわたるという人気のオンライン戦車戦ゲームWorld of Tanksだが,早い話,BlitzはそれをiOS / Androidに移植したものだ。プレイヤーは,ゲームの中に作られた戦場に自分の戦車を持って集まり,敵味方に分かれて派手なドンパチを繰り広げることになる。ただし,Blitzでは,PC版より最大参加人数が少なく,7人vs.7人の戦いになる。PC版は10分程度で一勝負がつくテンポのいいゲームだったが,Blitzでは参加人数が減ったことで,さらにペースが速くなるはずで,通勤通学の途中で軽く戦車戦,などということが可能になりそうだ。現在のところ,ルールはPC版と大きく違わないとのこと。

World of Tanks World of Tanks
World of Tanks

World of Tanks
World of Tanks
 やたらとこだわって作られた戦車がWorld of Tanksの魅力だが,それはBlitzでも一緒だ。ハードウェア的な制約はもちろんあるが,ディテールについては掲載したスクリーンショットからも分かるはず。ティーガーやT-34といったおなじみの戦車のほか,シュマールトルム(小砲塔)を搭載したパンターFなどの試作車両も確認できるはずだ。登場する戦車は約80種類とのことだが,現在の開発状況はαの前,プリαであり,今後仕様が変更される可能性もある。
 というわけで,Blitzを実際に試遊させてもらった。移動は,スクリーンショットには映されていないが,画面左下に表示されるひまわり型のアイコン(仮想パッド)で行う。ひまわりの上部をタッチすれば前進,下なら後進という具合だ。ただし,戦車特有の動きとなる砲塔の旋回も同じアイコンで行うので,ちょっとややこしい。前進するつもりが,砲塔をぐるぐる回してしまったりするのだ。いやこれ,慣れるまで結構大変かもしれない。とくに,スマフォの小さい画面で操作するのは難しそうだ。

World of Tanks World of Tanks

World of Tanks
 また,画面下部右側にもいくつかアイコンが並んでおり,これらで視点を一人称にしたり,砲撃したりすることになる。一人称視点にしてしまえば,照準はドラッグで移動できるのでラクチンだ。筆者は,Wargaming.netの3人のスタッフを相手に善戦し,見事全車を撃破してタンクエースになった。ええ,接待してもらっちゃいました。証拠写真を掲載したいところだが,残念ながら画面撮影は禁止とのこと。アイコンを含めたユーザーインタフェース関係には,今後も手が入っていくのだろう。

 リリース時期については発表されておらず,まだ時間はかかるとのことだった。World of Tanksもずいぶん長い時間βテストをしていたうえ,いまだに日本の戦車が実装されていないという状況なので,ここは気長に待つしかなさそうだ。ビジネスモデルはもちろんFree-to-Playで,誰でも無料でダウンロードして,気軽に楽しめるものになる。

World of Tanks World of Tanks

 カードゲームである「World of Tanks Generals」に続く,Wargaming.netのモバイル進出第2弾となるBlitzだが,Global Branding Managerを務めるAlister King氏によると,今後もモバイルへの裾野は広げていくとのこと。その行方を占う試金石となる本作だけに,時間をかけて気合の入ったものを作っていく予定であるようだ。

World of Tanks
World of Tanks
 とはいえ,4GamerとしてはPC版も気になるところである。ブース内ではWorld of Tanksの航空機版「World of Warplanes」も展示されていたのだが,現在の状況を聞くと,相変わらずクローズドβテスト中とのことで,正式サービスの予定を聞いても,あまりハッキリしたことは教えてもらえなかった。もっとも,ユーザーインタフェースやフライトモデル,ドッグファイトのしやすさなどは着実に改善されているとのこと。
 ブースのデモンストレーションでは,サンフランシスコそっくりな「Bay」と名付けられたマップ上空を飛行してくれたが,通常飛行ならキーボードとマウスから手を離していても,安定している様子が確認できた。今回,いくつかの「GDC Exclusive!」なスクリーンショットが公開されているので,ぜひその華麗な姿をチェックしてほしい。
 Blitzと合わせて,さらに詳しい情報は6月にロサンゼルスで開催されるE3 2013で公開される予定になっている。

World of Tanks World of Tanks
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks

 1998年の設立以来15年で,従業員1500人,世界中に40のオフィスを置くまでに成長したWargaming.netだが,Day 1 Studiosに続いて,クリス・テイラー(Chris Taylor)氏のGas Powered Gamesを傘下に収めるなど,勢いは止まらない。ロシアおよび東欧では,独自のe-Sportsリーグを立ち上げる予定で,2012年9月24日に掲載した記事で紹介したような国際大会も行っていくとのことだ。クビンカ戦車博物館ツアーとか,またやるのかしら(関連記事)。
 同社がかなりの勢いで拡大中であることはKing氏も認めるところだが,以前と同じようにプレイヤーの声に耳を傾け,改善すべきところは改善していくという。発売日がなかなか発表されないのがメディア泣かせだが,続報を楽しみにしてほしい。

World of Tanks
World of Tanks

Game Developers Conference公式サイト

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Blitz

  • 関連タイトル:

    World of Warplanes

  • 関連タイトル:

    World of Tanks Generals

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日