オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
NVIDIA,総額2000万ドルの高性能プロセッサ研究契約をDARPAから獲得
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/12/13 13:01

リリース

NVIDIA,総額2000万ドルの高性能プロセッサ研究契約をDARPAから獲得

総額2000万ドルの高性能組み込みプロセッサ研究契約
配信元 NVIDIA 配信日 2012/12/13

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

NVIDIA、総額2000万ドルの
高性能組み込みプロセッサ研究契約をDARPAから獲得

NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、米国防総省国防高等研究計画庁(DARPA)より、総額2000万ドルの組み込みプロセッサ・テクノロジ研究プロジェクトを受注したと発表しました。この研究により、今後、自律型ビークルでオンボード・センサのデータを収集・処理する能力が大幅に高まるものと思われます。

DARPAは、米国防省の研究開発部門です。今回のプロジェクトは、PERFECT(Power Efficiency Revolution For Embedded Computing Technologies)プログラムの一環で、現在の組み込みソリューションに対してエネルギー効率が75倍以上となるプロセッサの開発を5年契約で進めるものです。目標は、現在の技術ではリアルタイムに処理できないほど多くのデータを、地上車および航空機の監視システムとコンピュータビジョン・システムで収集し、分析できるようにすることです。

既存の組み込みプロセッサは、1ワットあたり約1ギガフロップスのパフォーマンスが得られます(浮動小数点演算が1秒あたり10億回行える)。プロジェクト・オスプレイというNVIDIAのプログラムでは、低消費電力回路と超高効率のアーキテクチャおよびプログラミング・システムを研究し、1ワットあたり75ギガフロップスをめざします。プロセス技術は、現状の28nmに対し、7nmと大きく進んだものとする予定です。

NVIDIAアーキテクチャリサーチ担当シニア・ディレクタのスティーブ・ケクラーは、次のように述べています。「今回のプログラムで開発するテクノロジは、組み込みシステムの能力を一新し、自律型ビークルをもっとインテリジェントにして実用性を高めることができるでしょう。この研究を通じてNVIDIAは、政府関連アプリケーションにおいても消費者アプリケーションにおいても、モバイル・コンピューティングの進歩を推進したいと考えています。」

プロジェクト・オスプレイでは、従来型CPUより処理効率を高められる並列処理テクノロジとヘテロジニアスなコンピューティングに関してNVIDIAが持つ強みを活用するとしています。NVIDIAプロセッサは、すでにさまざまな組み込みアプリケーションに活用されています。自動車では、アウディ、BMW、テスラ、ランボルギーニなどに採用されていますし、航空機では、F-22 Raptorや米国陸軍の戦車に採用されています。

今回のプログラムは、NVIDIAの研究者がユタ大学およびヴァージニア大学のパートナーと協力して推進します。

開始されたプロジェクト・オスプレイには、オプションの追加フェーズが2つあり、最終的には5年半にわたる可能性があります。

詳しい情報は、DARPA PERFECTプログラムのウェブサイトをご覧ください。

NVIDIA 公式サイト

  • 関連タイトル:

    Project Denver(開発コードネーム)

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月16日〜07月17日