オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Qualcomm製新世代SoC「Snapdragon 845」の実力が明らかに? 開発機によるベンチマーク結果レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/12 14:00

テストレポート

Qualcomm製新世代SoC「Snapdragon 845」の実力が明らかに? 開発機によるベンチマーク結果レポート

カリフォルニア州サンディエゴにあるQualcommの本社キャンパス
 Qualcomm製の新世代ハイエンドSoC(System-on-a-Chip)である「Snapdragon 845 Mobile Platform」(型番:SDM845,以下 Snapdragon 845)を搭載するモバイル機器は,2018年の早い時期に登場する予定と言われている。おそらく,2018年2月26日にスペイン・バルセロナで開幕する携帯電話関連イベント「Mobile World Congress 2018」(MWC)が一斉リリースのタイミングになるだろう。

 そんなMWCを控えた2月上旬,Qualcommは,米国・サンディエゴにある本社キャンパスへ報道関係者を集め,「Snapdragon 845のリファレンス端末でベンチマークテストを行える」というイベントを開催した。筆者もそこに参加できたので,本稿では,実行したテストの結果をお伝えしてみたい。

イベントで使用したSnapdragon 845搭載リファレンス端末。開発用の機材であり,これがそのまま製品として世に出るわけではない
Snapdragon Snapdragon

 それに先だって,2017年12月に製品概要が発表済みのSnapdragon 845を簡単に振り返っておこう。
 Snapdragon 845は,Qualcomm製の新世代CPUコア「Kryo 385」を8基と,同じく新世代のGPUコア「Adreno 630」を中心に,いずれも新世代となるDSP「Hexagon 685」,ISP(Image Signal Processor,画像処理プロセッサ)「Spectra 280」,そしてLTEモデム「Snapdragon X20 LTE」などを統合したSoCだ。ハイエンドSoCの前モデルとなる「Snapdragon 835 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 835)に比べてGPU性能は最大30%,CPU性能は最大25%向上すると,Qualcommは主張している。

Qualcommが公開したSnapdragon 845のブロック図
Snapdragon

 さて,イベントは,Qualcomm側が用意したリファレンス端末を用いて,インストール済みのベンチマークアプリで性能を検証できるというものだったが,報道関係者には追加でアプリをインストールすることも許可されていた。いずれにせよ,計測結果は外部へ送信されないよう,あらかじめ設定してあったそうだ。
 筆者は今回,比較対象として,Snapdragon 835搭載の「Galaxy Note8」と,HiSilicon Technologies製SoC「Kirin 970」を搭載する「HUAWEI Mate 10 Pro」(以下,Mate 10 Pro)の2製品を持ち込んだ。一部の例外を除き,Snapdragon 845のリファレンス端末機と同じテストを行って,ざっくりと比較してみたいと思う。

 なお以下,Snapdragon 845のリファレンス端末は,グラフ中に限り「Snapdragon 845」と表記するので,この点はお断りしておきたい。


AnTuTu Benchmark


 まず,メジャーなAndroid用総合ベンチマークアプリの「AnTuTu Benchmark v7.0.4」による計測結果をグラフ1にまとめてみた。Snapdragon 845リファレンス端末の総合スコアは「266186」で,Snapdragon 835搭載のGalaxy Note8と比べて約37%高いスコアだ。
 CPUやGPUの結果も良好だが,なぜかメモリのテスト結果のみ,Mate 10 Proが極端に高いスコアを記録していた。



Geekbench


 続いて使用したのは,スマートフォン用のCPUベンチマークアプリである「Geekbench v4.2.1」だ。結果はグラフ2のとおり。Galaxy Note8比で,Snapdragon 845のリファレンス端末は,「Single-Core」スコアは約37%,「Multi-Core」は約30%,それぞれ高いスコアを示した。



3DMark


 定番の3Dグラフィックスベンチマークアプリの「3DMark」では,Qualcommが指定した「Sling Shot Unlimited」で計測を行った。ただし,スコアの比較には多少問題がある。
 というのも,筆者が持ち込んだ端末は,テスト時点で最新版となるバージョン「2.0.4574」を使っていたのだが,Snapdragon 845のリファンレンス端末にプリインストールされていた3DMarkは,「1.5.3074」とかなり古い――おそらく2年ほど前の――バージョンだったのだ。うかつにもテスト時には気付かなかったのだが,これだけバージョンが異なると,スコアに互換性がない可能性もある。そのため,今回のスコアは,あくまでも参考程度のものであることをお断りしておく。

 それを踏まえたうえで,総合スコアをまとめたグラフ3を見ていくと,リファレンス端末は,処理負荷の高いOpenGL ES 3.1プリセット(※現行の3DMarkでは「Sling Shot Extreme Unlimited」という名称)において,Galaxy Note8比で約26%,やや処理負荷の低いOpenGL ES 3.0プリセットでは約24%のスコア差を付けているのが見てとれよう。


 グラフ4はOpenGL ES 3.1プリセットでのフレームレートをまとめたもので,Snapdragon 845のリファレンス端末はGalaxy Note8より28〜32%程度高いスコアを示している。
 同様に,OpenGL ES 3.0プリセットにおけるリファレンス端末のフレームレート(グラフ5)は,Galaxy Note8比で22〜32%程度高い結果となった。
 大雑把に言うと,Snapdragon 845は,Snapdragon 835よりも2〜3割高いグラフィックステスト結果だ。Qualcommの主張する「前モデル比で30%の向上」というのは,大袈裟ではなさそうに思える。



GFXBench


 最後は,これまた定番の3Dグラフィックスベンチマークアプリ「GFXBench」(v4.0.13)でのテストを行った。テストに使用したプリセットは,Qualcommが指定した以下の4種類である。処理負荷の高いプリセットの順に並んでいるという理解でいい。

  • 1080p Car Chase Offscreen(以下,Car Chase)
  • 1080p Manhattan 3.1 Offscreen(以下,Manhattan 3.1)
  • 1080p Manhattan 3.0 Offscreen(以下,Manhattan 3.0)
  • 1080p T-Rex Offscreen(以下,T-Rex)

 グラフ6がその結果で,GFXBenchでは,3DMark以上にSnapdragon 845とSnapdragon 835のスコア差が開いた。Galaxy Note8との比較では,最もスコア差の小さい「T-Rex」でも約42%,最もスコア差の大きな「Manhattan 3.1」ではなんと約58%も高い値を示した。


 今回は限られたベンチマークアプリしか実行できなかったが,これを見る限り,Snapdragon 845は,おおむねQualcommの主張どおり,テストによってはSnapdragon 835を上回る性能を発揮できているようだ。実際に搭載端末が登場したときに,どの程度の性能を発揮できるのか,今から楽しみである。


Qualcomm社内ラボでSnapdragon 845によるVRやゲームのデモを体験


ラボの壁には,宇宙船内をイメージさせるような壁紙や装飾があった。理由を聞いたところ,「インスピレーションが沸くから」とのこと
Snapdragon
 今回のイベントでは,ベンチマークを行えただけでなく,Qualcomm社内にあるラボの一部を見学することもできた。そのうち,ゲームやVRを担当するラボでは,Snapdragon 845を使ったVRヘッドマウントディスプレイ(以下,VR HMD)や,Vulkan APIを使ったゲームのデモをチェックしてきたので,簡単に紹介しておこう。

 VR HMDを使ったデモでは,「Space Dog」というシューティングゲームをプレイできた。宇宙基地に襲いかかってくるエイリアンを,手に持ったリモコンで狙いを付けて,レーザーを撃って倒すという,よくあるゲームだ。
 デモで使ったVR HMDは,PCやスマートフォンに当たる機能を内蔵したスタンドアロンタイプのようだった。Qualcommのスタッフいわく,外部のPCやセンサーを使うことなく,ゴーグル部分に備えた2つのカメラによるインサイドアウト方式のトラッキングで,自由な動きを可能にしているとのことだ。

デモに使用したスタンドアロン型VR HMDのリファレンス機。付属のリモコンをコントローラとして使う
Snapdragon

ゴーグル部分の前面にはステレオカメラがあった
Snapdragon

 Qualcommによれば,2016年に,モバイルゲームの総プレイ時間は,PCゲームのそれを超えたそうで,これは「重要な点」だと,Qualcommのスタッフは強調していた。ゲームスタジオには,より高度なモバイル向けゲームが求められており,それを実現する要素の1つが,グラフィックスAPIのVulkanであるという。
 そしてSnapdragon 845では,Vulkanを用いて,従来よりも高精細で高度なグラフィックス表現のゲームが可能になるとのことだ。

 Vulkan対応ゲームとして披露されたのは,Android版の「リネージュ2 レボリューション」(以下,リネレボ)だった。
 リネレボはVulkan対応が特徴の1つなのだが,なぜか既存のSnapdragon 835搭載端末では,Vulkanを用いたグラフィックス設定を選べないことがある(関連記事)。しかし,Snapdragon 845搭載のリファレンス端末では,きちんとVulkanが機能するようで,今回のデモでは,リアルタイムレンダリングよる影や反射光などがあるシーンで敵キャラクターが大量に登場しても,描画は遅くならず,快適にプレイできることを確認できるようになっていた。

リファレンス端末上で,Vulkanを使用したリネレボのプレイを体験。Snapdragon 845上でVulkanを使うことにより,リアルタイムの影や反射の描写など,リアルな描写が可能になったという
Snapdragon
Snapdragon

 Qualcommは,ゲーム開発者に向けてVulkan用のソフトウェア開発キット(以下,SDK)や「Snapdragon VR SDK」なども提供しており,今後もゲーム開発者に対してのサポートをさらに強化していくとのこと。それにより,モバイルゲームの分野においても,さらなる市場拡大を目指していくそうだ。

QualcommのSnapdragon 845製品情報ページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Snapdragon

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日