オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
MSI,X79搭載マザーボード3製品を発表。ゲーマー向け「Big Bang」シリーズの最新モデルも初披露
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2011/11/14 17:00

イベント

MSI,X79搭載マザーボード3製品を発表。ゲーマー向け「Big Bang」シリーズの最新モデルも初披露

Intel 7
 MSIの日本法人であるエムエスアイコンピュータージャパンは,開発コードネーム「Sandy Bridge-E」ことCore i7-3000番台が2011年11月14日17:00に正式公開されたのに合わせて,対応チップセットとなる「Intel X79 Express」(以下,X79)を搭載するマザーボード3製品を発表した。今回発表された製品は3モデルで,いずれもMSI独自の品質規格「Military Class III」に準拠しているのが特徴だ。ラインナップは,DIMMスロットを8本備える「X79A-GD65(8D)」とスタンダードモデルとなる「X79A-GD45」,そしてmicroATXフォームファクタを採用する「X79MA-GD45」となっている。
 そのほか,報道関係者向けに開催された事前発表会では,詳細こそ公開されなかったものの,MSIのゲーマー向けマザーボード「Big Bang」シリーズの新モデルも初披露された。
 さっそく発表されたMSI製X79搭載マザーボード3製品から見ていきたい。

関連記事:「Core i7-3960X&3930K」レビュー。LGA2011の「Sandy Bridge-E」は,ハイエンドPC環境に何をもたらすか

関連記事:Intel,新世代ハイエンドCPU「Core i7-3000番台」を発表。Sandy Bridge-Eプラットフォーム,そのポイントをチェックする



●X79A-GD65(8D)

想定売価:3万3000円前後

X79A-GD65(8D)
Intel 7

展示されていたデモ機は,容量2GBのメモリモジュールが8枚取り付けられており,メインメモリ容量16GBが認識されていた
Intel 7
 今回発表されたモデルで唯一,DIMMスロットを8本備えたマザーボードだ。ATXフォームファクタを採用し,PC3-19200までのDDR3メモリモジュールをサポートしている。ただし,X79で利用可能なメモリモジュールは,Intelのデザインガイドだと,Dual Rankモジュールで4枚,Single Rankモジュールで8枚ということになっており,本製品もこれに準拠しているとのこと。メモリモジュールによっては,8本のDIMMスロットすべてを利用できない可能性がある点には注意しておきたい。
 ちなみに会場では,容量2GB×8枚構成のデモ機が動作しているのを確認できた。

 拡張スロット構成は,PCI Express x16×5,PCI Express x1×1。3-wayのSLIと,1スロット厚のグラフィックスカードに限られるものの4-wayのCrossFireXをサポートするそうだが,各スロットのレーン構成は明かされなかった。
 なお,5本のPCI Express x16スロットのうち3本は,PCI Express 3.0をサポートしているとのこと。ただ,現状ではPCI Express 3.0に対応した拡張カードが登場しておらず,IntelもX79でのPCI Express 3.0サポートを正式に謳っていないため,あくまでマザーボードレベルでのサポートに留まっている点は覚えておいたほうがいいだろう。

Frio Advancedが同梱された製品ボックス
Intel 7
 なお,X79A-GD65(8D)の初回出荷分には,Thermaltake Technology製CPUクーラー「Frio Advanced」が付属するとのこと。対象製品には,マザーボードの製品ボックスにCPUクーラーが同梱されている旨を示したステッカーが貼られているとのことだが,一般的なマザーボードの製品ボックスよりもかなり厚みがあるのでひと目で分かるだろう。


●X79A-GD45

想定売価:2万6000円前後

X79A-GD45
Intel 7

X79A-GD45のI/Oインタフェース部
Intel 7
 スタンダードモデルと称される製品。4本のDIMMスロットを備えており,ATXフォームファクタを採用している。サポートするメモリモジュールは,PC3-19200までのDDR3だ。

 拡張スロットは,PCI Express x16×3,PCI Express x1×4という構成が採用されている。PCI Express x16スロットはいずれもPCI Express 3.0をサポートするとのことだ。X79A-GD65(8D)同様に3-wayのSLIと1スロット厚のグラフィックスカードに限られるものの4-wayのCrossFireXをサポートするが,本製品もPCI Expressのレーン構成は明かされていない。


●X79MA-GD45

想定売価:未定(12月以降発売予定)

X79MA-GD45
Intel 7

X79MA-GD45のI/Oインタフェース部
Intel 7
 microATXフォームファクタを採用し,DIMMスロットが4本構成となるマザーボードだ。PC3-19200までのDDR3メモリモジュールをサポートしている点は,ほかのモデルと同じである。

 microATXフォームファクタを採用しながらも2-wayのSLIとCrossFireXをサポートするのが特徴で,その拡張スロット構成は,PCI Express x16×2,PCI Express x1×2だ。PCI Express x16スロットがPCI Express 3.0をサポートする点もほかのマザーボードと同じ。PCI Expressのレーン構成は明かされていないものの,Corei-7 3000番台が有するPCI Expressは40レーンであるため,スロット形状そのままのレーン数であると考えてよさそうだ。


MSI独自の品質規格「Military Class III」に準拠


エムエスアイコンピュータージャパン カスタマーサービス部 コーポレートPR課 課長 三好正行氏。今回のマザーボードから製品ボックスに書かれている説明が日本語になるそうだ
 さて,発表会には,エムエスアイコンピュータージャパンの三好正行氏が登壇し,今回発表した3モデルの機能を解説した。ここからは,MSI製X79マザーボードが採用している機能面について見ていこう。

 三好氏によれば,今回発表された3製品は,MSI独自の品質規格であるMilitary Class IIIに準拠しているのが最大の特徴だ。
 従来の「Military Class II」では,固体コンデンサとSFC(Super Ferrite Choke),そしてHi-c CAP(Highly-conductive Polymerized Capacitor)の3つを採用していることが必須条件に設定されていた。それに加えてMilitary Class IIIでは,アメリカ国防総省が策定した「MIL-STD-810G」を認定を取得することと,加熱保護機能を備えた「DrMOS II」チップを搭載していることが必須条件として追加されている。

 新たに基準として設けられた2点のうち,まずMIL-STD-810G認定について。これを取得するためには,熱ショックテスト,多湿環境テスト,振動テスト,低圧環境テスト,高温測定テスト,低温環境テスト,衝撃テストといったテストが行われる。ちなみに今回発表された3製品には,MIL-STD-810G認定を取得した証として,証書が同梱されているとのことだ。

Intel 7
公正を記すために,第三者機関が7つの耐久テストを行うとのこと
Intel 7
MIL-STD-810G認定を取得した製品に同梱される証書だ

従来のDrMOSに加熱保護機能を追加したのがDrMOS IIだ
Intel 7
 続くもう一点であるDrMOS IIは,DrMOSに加熱保護機能を追加したものだ。DrMOSとは,MOSFETとドライバICをシングルパッケージに統合した「Driver-MOSFET」に対してMSIが名付けた名称である。これまでもマザーボード製品などで採用されていたので,耳にしたことがある人もいるだろう。
 DrMOS IIでは,温度が115℃になった時点でエラーメッセージなどの警告を発し,温度が130℃まで上昇した場合は自動的にシャットダウンを行うとのことだ。

 そのほか,Windows上でも通常のBIOS設定画面と同様の操作感でBIOS設定が行える「CLiCK BIOS II」を採用している点や,マザーボード上のボタンを押すだけで自動オーバークロックが行われる従来の「OC genie」を,より高いパフォーマンスで動作するように改良した「OC genie II」を搭載している点もポイントだそうだ。

Intel 7
CLiCK BIOS IIでは,通常のBIOS設定と同じ感覚でWindows上からもBIOS設定が行えるとのこと。また,設定した内容をUSBメモリなどへ保存できるようになったそうだ
Intel 7
従来よりも性能向上の度合いが底上げされたというOC genie II。たとえば「Core i7-3960X Extreme Edition/3.3GHz」の場合だと,動作クロックが4GHzに引き上げられるという

Intel 7
マザーボード上には,テスターで電圧の測定が可能な「V-Checkpoint」や,エラーを表示するデジタルセグなど,オーバークロッカー向け機能を従来より引き継いで備える
Intel 7
Windows上で動作するオーバークロックユーティリティソフト「Instant OC」も付属。リアルタイムでシステム状況の確認もできるようになっている
Intel 7
2つのBIOSチップを搭載する「Multi-BIOS II」により,マザーボード上のディップスイッチでBIOSを切り替えることができるため,トラブルが起きた場合でも安心だという
Intel 7
通常のUSBポート比で3倍の電流を流すことができる「Super Charger」機能を備えているため,携帯端末などを高速に充電できるそうだ。なお,PCの電源がオフのときでも利用できるとのことだ


ゲーマー向け「Big Bang」のX79搭載モデルが初披露


Big Bang-XPOWER IIを披露するAlex Kuo氏(A.V.P.,MB Strategy Planning Div., Micro-Star INT'L)
 発表会では,台湾のMSI本社からAlex Kuo氏が来日し,開催の挨拶を行ったのだが,そこで同社ゲーマー向けマザーボードシリーズ「Big Bang」のX79搭載製品「Big Bang-XPOWER II」が披露された。
 詳細な仕様などは明かされなかったものの,展示されていたマザーボードでは,8本のDIMMスロットと7本のPCI Express x16スロットを備えているのが確認できた。相当にハイエンド向けな製品であることは間違いなさそうだ。
 Kuo氏によれば,正式発表は2012年初頭になるとのこと。続報に期待したい。

Big Bang-XPOWER II
Intel 7
Intel 7
I/Oインタフェース部。見る限りは一般的な構成といえるだろう
Intel 7
チップセット部のヒートシンクは弾丸をイメージしたものになっている

エムエスアイコンピュータージャパン公式Webサイト

  • 関連タイトル:

    Intel 7

  • 関連タイトル:

    Big Bang

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月22日〜05月23日