オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

Intel

このページの最終更新日:2017/07/20 16:47

rss


キーワード

下線

Intelが「Minecraft: Story Mode」シーズン2に最適化した64bit版Windows 10用グラフィックスドライバを公開

[2017/07/20 16:47]

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー後編。基礎検証と消費電力&温度測定で新世代ハイエンドプラットフォームの特性を掘り下げる

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー後編。基礎検証と消費電力&温度測定で新世代ハイエンドプラットフォームの特性を掘り下げる

 2017年7月14日,Intelの新世代ハイエンドCPUとなるCore Xシリーズのうち,10コア20スレッド対応以下のモデルが発売となる。4Gamerでは先にアプリケーションベンチマークテストの結果をお届け済みだが,今回はレビュー後編として,Skylake-XおよびKaby Lake-Xの特性に迫り,最終的な結論も下してみたい。

[2017/07/14 00:00]

Intel,新型Xeonを発表。最大28コア56スレッドに対応するサーバーおよびデータセンター向けCPU

Intel,新型Xeonを発表。最大28コア56スレッドに対応するサーバーおよびデータセンター向けCPU

 北米時間2017年7月11日,Intelは,開発コードネーム「Skylake-SP」と呼ばれるサーバーおよびデータセンター向けの新しいXeonプロセッサ計51製品と,対応チップセットの「Intel C620」を発表した。新型Xeonは,「Skylake-X」ことCore Xシリーズが採用したアーキテクチャを導入しているのが特徴だ。概要を簡単に説明しよう。

[2017/07/12 14:13]

Intel,7月15日に東京秋葉原でCore Xシリーズ発売記念店頭イベントを開催

[2017/07/06 18:49]

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー前編。10コアのSkylake-Xと4コアのKaby Lake-Xは誰のためのものか

「Core i9-7900X」「Core i7-7740X」レビュー前編。10コアのSkylake-Xと4コアのKaby Lake-Xは誰のためのものか

 2017年7月中旬の発売が見込まれるCore Xシリーズプロセッサ。4Gamerではそのうち,10コア20スレッド対応の「Core i9-7900X」4コア8スレッド対応の「Core i7-7740X」を入手できたので,まずはゲーマーの日常生活を前提としたアプリケーションベンチマークテスト結果をお届けしたい。Intelの最新CPUはどんな人に向くのだろう?

[2017/07/01 00:00]

Core XシリーズCPUは7月14日発売とパソコンショップ アークが予告。マザーボードから16日遅れに

Core XシリーズCPUは7月14日発売とパソコンショップ アークが予告。マザーボードから16日遅れに

 2017年6月27日,X299チップセット搭載のマザーボードが販売解禁となったが,対応する新CPU「Core X」の販売は,いまだに行われていない。発売日に関する公式な情報もない状況だが,パソコンショップ アークは,まだ変更になる可能性があるとしながらも,7月14日発売予定と予告している。

[2017/06/27 13:24]

E3 2017でIntelが披露した「ワイヤレスVR」&「超高負荷VR」を体験してきた

E3 2017でIntelが披露した「ワイヤレスVR」&「超高負荷VR」を体験してきた

 E3 2017でIntelは,同社のVRに関する最新の取り組みを体験するブースを用意していた。そこでは,60GHz帯の電波を使った「ワイヤレスVR」や,発売前の「Core i9-7920X」を搭載したPCによる超高負荷VRといった興味深いデモが行われている。Intelが取り組むVR環境についてレポートしてみたい。

[2017/06/24 00:00]

10コア20スレッド対応のSkylake-X「Core i9-7900X」性能速報

10コア20スレッド対応のSkylake-X「Core i9-7900X」性能速報

 ハイエンドデスクトップPC向けとなるIntelの新世代CPUシリーズ「Core X」。その10コア20スレッド対応モデル「Core i9-7900X」を独自に入手できたので,取り急ぎ数時間だけ動かしてみた結果をレポートしたい。より正確なデータは,情報が出揃ってからお伝えする予定だ。

[2017/06/19 22:00]

[E3 2017]Intel,エクストリーム市場向けCPU「Core X」の価格を発表。10コアの「Core i9-7900X」は11万円弱に

[E3 2017]Intel,エクストリーム市場向けCPU「Core X」の価格を発表。10コアの「Core i9-7900X」は11万円弱に

 北米時間2017年6月12日,Intelは,エクストリーム市場向けの新CPUファミリーである「Core X」の4〜10コアCPUモデル計5製品の価格と発売時期を明らかにした。10コアCPU「Core i9-7900X」の価格は989ドル,4コアCPUの「Core i5-7640X」は242ドル(いずれも税別)。いずれも,6月19日から予約受け付けを開始し,翌週には出荷を開始する予定だ。

[2017/06/14 11:10]

Intel,「許可なしにx86をエミュレートしている企業がある」という意味深なblogエントリを掲載

Intel,「許可なしにx86をエミュレートしている企業がある」という意味深なblogエントリを掲載

 北米時間2017年6月8日,Intelは「いくつかの企業が,許可なしにx86 ISAをエミュレートしている」という内容のblogエントリを公開した。「いくつかの企業」が,Snapdragon 835ベースのWindows 10マシンを披露したQualcommと,そこで動くOSを提供するMicrosoftのことを指す可能性は大いにあり,今後が気になるところだ。

[2017/06/12 00:00]

[COMPUTEX]ハイエンドゲーム環境高速化の最終兵器!? X299チップセットのPCIeレーンをごっそり使うストレージ技術「VROC」とは何か

[COMPUTEX]ハイエンドゲーム環境高速化の最終兵器!? X299チップセットのPCIeレーンをごっそり使うストレージ技術「VROC」とは何か

 「Intel X299」チップセット搭載マザーボードの一部がサポートし,PCのストレージ性能を大きく左右しそうな技術に,「Intel VROC」がある。これは,CPU上で構成する仮想RAID技術で,OSのブートが可能で高速なSSD RAIDアレイを作れるものだ。その仕組みと利点,そして問題点を簡単に説明しよう。

[2017/06/02 00:00]

[COMPUTEX]最大18コアのハイエンドPC向けプロセッサを投入するIntelの狙い

[COMPUTEX]最大18コアのハイエンドPC向けプロセッサを投入するIntelの狙い

 COMPUTEX TAIPEI 2017のIntelによる基調講演で,同社デスクトップ市場に向けて新たなハイエンドCPUシリーズ「Core X」「Core i9」を発表した。これらははなにを目指したものなのだろうか。そのほか,データセンター分野などでのIntelの動向をまとめて紹介してみたい。

[2017/05/31 16:34]

[COMPUTEX]Intel,エクストリーム市場向け新型CPU「Core i9」とCPUの新シリーズ「Core X」を発表

[COMPUTEX]Intel,エクストリーム市場向け新型CPU「Core i9」とCPUの新シリーズ「Core X」を発表

 2017年5月30日,Intelは,COMPUTEX TAIPEI 2017初日の基調講演で,エクストリーム市場向け新型CPU「Core i9」プロセッサと,CPUの新シリーズ「Core X」を発表した。Core i9は,ゲームおよびVR,コンテンツ制作用途向けのCPUと位置付けられている。

[2017/05/30 16:10]

[COMPUTEX]Intel,「第8世代Coreプロセッサ」を2017年後半にリリース

[COMPUTEX]Intel,「第8世代Coreプロセッサ」を2017年後半にリリース

 2017年5月30日,Intelは,COMPUTEX TAIPEI 2017開幕に合わせて行った基調講演で,第8世代Coreプロセッサを2017年後半にリリースすると発表した。Kaby Lakeこと第7世代Coreプロセッサと比べて,30%高速であるとして,搭載ノートPCを披露している。

[2017/05/30 15:49]

[COMPUTEX]未発表チップセット「X299」搭載のマザーボードをGIGABYTEブースで発見

[COMPUTEX]未発表チップセット「X299」搭載のマザーボードをGIGABYTEブースで発見

 台湾時間2017年5月30日のCOMPUTEX TAIPEI 2017開幕に向け,設営が進むGIGA-BYTEブースに,未発表の「Intel X299」チップセットを搭載するゲーマー向けマザーボード「X299 AORUS Gaming 9」がしれっと置いてあったので,フォトレポートをお届けしたい。

[2017/05/30 00:00]

外付けグラフィックスボックスの時代が来るか? IntelがThunderbolt 3の仕様公開とCPUへの統合計画を発表

外付けグラフィックスボックスの時代が来るか? IntelがThunderbolt 3の仕様公開とCPUへの統合計画を発表

 北米時間2017年5月24日,Intelは,「Thunderbolt 3」の普及促進に向けた施策を発表した。いわく,将来CPUにThunderbolt 3の機能を統合するのに加えて,Thunderbolt 3のプロトコル仕様を無料で公開して,対応製品を作りやすくするとのことだ。現在はマイナーな外付けグラフィックスボックスだが,将来は当たり前の選択肢になるかもしれない。

[2017/05/25 12:53]

PCやゲームの起動が速くなる? ディスクキャッシュ用高速ストレージ「Optane Memory」をIntelが発表

PCやゲームの起動が速くなる? ディスクキャッシュ用高速ストレージ「Optane Memory」をIntelが発表

 北米時間2017年3月27日9:00,Intelは,高速メモリ技術「3D XPoint」を使ったPC用ストレージ「Optane Memory」を発表した。本製品は,PCのストレージキャッシュとして機能するM.2仕様のカード型デバイスで,これを装着することにより,アプリケーションの起動やデータ読み出しが高速になるという。価格や発売日は明らかになっていない。

[2017/03/28 01:00]

「データカンパニー」を目指すIntelが,2017年の注力分野となるAIやIoT,5Gを解説

「データカンパニー」を目指すIntelが,2017年の注力分野となるAIやIoT,5Gを解説

 去る2017年3月2日,Intelは,東京都内で「Intelプレスセミナー Q1’17」と題する記者説明会を開催した。2017年にIntelは,こういう方向にビジネスを展開していきますという話をする場であり,ゲーマーに直接関わるような話は皆無だったのだが,現在の同社がどういう方向に注力しているのかを理解する参考としてレポートしよう。

[2017/03/06 18:13]

Intel,下り最大通信速度1Gbpsを実現する新型LTEモデムチップ「XMM 7560」発表

Intel,下り最大通信速度1Gbpsを実現する新型LTEモデムチップ「XMM 7560」発表

 2017年2月21日23:00,Intelは,「LTE-Advanced Pro」に対応する新型LTEモデムチップ「XMM 7560」の出荷開始を発表した。XMM 7560は,最大1Gbpsの下り通信速度を実現するのが特徴だ。これに加えてIntelは,2017年2月27日からバルセロナ市で行われる展示会「MWC 2017」で披露する新製品や展示内容についても明らかにしたので,概要をレポートしよう。

[2017/02/21 23:00]

「Core i3-7350K」レビュー。史上初の倍率ロックフリー版Core i3がゲーマーにもたらすものとは

「Core i3-7350K」レビュー。史上初の倍率ロックフリー版Core i3がゲーマーにもたらすものとは

 2月に国内発売の始まった,史上初の倍率ロックフリー版Core i3プロセッサ「Core i3-7350K」。2コア4スレッドで2万円台中後半という価格設定の本製品は,コストパフォーマンス重視のゲーマーにとって,理想的な選択肢と言えるのだろうか。定格,そして5GHz超級のオーバークロック状態とで,上位モデルと比較してみよう。

[2017/02/18 00:00]

Intel,次世代移動通信「5G」に対応するモデムチップを発表

Intel,次世代移動通信「5G」に対応するモデムチップを発表

 Intelは,次世代の移動体通信「5G」をグローバルでサポートするためのモデムとRFチップを発表した。いずれも2017年にサンプル出荷を開始する予定という。次世代のゲーマー向けモバイルPC(など)で採用が進む可能性のある技術ということで,要点をまとめておこう。

[2017/01/05 18:47]

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?

「Core i7-7700K」レビュー。最大クロック4.5GHzの倍率ロックフリー版Kaby Lake-Sはゲーマーに何をもたらすか?

 デスクトップPC向け「Kaby Lake」となる「Kaby Lake-S」が,ついに発表の日を迎えた。4Gamerではそのラインナップや基礎検証レポートを掲載しているが,肝心要の「ゲーム性能」で,Kaby Lake-Sには何を期待できるだろう? 最上位モデル「Core i7-7700K」を入手したので,簡易OCテストも交えつつ,その実力に迫りたい。

[2017/01/04 02:00]

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

Kaby Lake-S「Core i7-7700K」基礎検証レポート。注目すべきは絶対性能ではなく,電力対性能比だ

 Intelの新世代デスクトップPC「Kaby Lake-S」こと第7世代Coreプロセッサのゲームにおける性能はレビュー記事で検証しているが,本稿では,ゲーム性能以外の部分,基本特性を探ってみたい。一体,何が新しくなっているのだろうか。

[2017/01/04 02:00]

Intel,Kaby Lake世代のデスクトップ&ノートPC向けCPUを一斉発表。第7世代Coreプロセッサ時代が本格的に幕を開ける

Intel,Kaby Lake世代のデスクトップ&ノートPC向けCPUを一斉発表。第7世代Coreプロセッサ時代が本格的に幕を開ける

 2017年1月4日2:00,Intelは,「Kaby Lake」という開発コードネームで呼ばれてきた第7世代Coreプロセッサ34製品とノートPC向けXeon E3 v6計2製品を一斉に発表した。ゲーマーにとって重要な,デスクトップPCや高性能PC向けモデルの登場により,Kaby Lake時代が本格的に立ち上がることとなる。

[2017/01/04 02:00]

数値演算から機械学習へと手を広げるIntelのプロセッサ「Xeon Phi」を,ゲーマーはどう位置づけるべきか

数値演算から機械学習へと手を広げるIntelのプロセッサ「Xeon Phi」を,ゲーマーはどう位置づけるべきか

 NVIDIAのTeslaに対抗する数値演算アクセラレータとして,Intelは「Xeon Phi」という製品を展開している。これが幻の単体GPU計画「Larrabee」に端を発するということで,Xeon Phiベースの何かがゲーム用途に出てくるという可能性を夢想する読者もいると思うが,果たしてそんなことは起こり得るのか。大原雄介氏による解説をお届けしたい。

[2016/10/08 00:00]

Intel,「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサを発表。第1弾はノートPC向けの2コア4スレッド製品のみ

Intel,「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサを発表。第1弾はノートPC向けの2コア4スレッド製品のみ

 北米時間2016年8月30日,Intelは,開発コードネーム「Kaby Lake」こと第7世代Coreプロセッサの第1弾,計6製品を正式発表した。改良版の14nm+プロセス技術の採用によって動作クロックの引き上げを図っている。なお,今回発表されたのは,2コア4スレッド対応のノートPC向け製品だけ。4コア以上の製品は2017年1月以降の登場予定だ。

[2016/08/31 13:18]

インテル,TGS 2016に出展。「PCゲームの楽しさ」を訴求

[2016/08/23 16:30]

Intel,「Merged Reality」を謳う独自のHMD「Project Alloy」や新型RealSenseカメラをアピール。「IDF 2016」基調講演レポート

Intel,「Merged Reality」を謳う独自のHMD「Project Alloy」や新型RealSenseカメラをアピール。「IDF 2016」基調講演レポート

 北米時間2016年8月16日から8月18日にかけて,Intelは,米国で開発者向けイベント「IDF 2016」を開催した。初日の基調講演では,「Merged Reality」対応を謳うIntel独自のHMD「Project Alloy」や,新型の3Dカメラ,組み込み向けモジュールなど,さまざまな技術や製品が発表されている。講演の概要をレポートしよう。

[2016/08/20 00:00]

インテルとAmazon.co.jp,阪急梅田駅で8月20〜21日にゲームPC体験会を実施

[2016/08/17 17:19]

DX12,Vulkan&UWP対応のフレームレート計測ツール「PresentMonLauncher」が登場。さっそく使ってみた

DX12,Vulkan&UWP対応のフレームレート計測ツール「PresentMonLauncher」が登場。さっそく使ってみた

 新世代のグラフィックスAPIであるDirectX 12やVulkanを採用するゲーム,あるいはUWPアプリとして提供されるゲームで,フレームレートを計測するためのツール「PresentMonLauncher」が登場した。果たしてこれは「Fraps」に代わる定番となるのかどうか,ちょっと使ってみた結果をお伝えしたい。

[2016/08/08 00:00]

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

機械学習の分野で「Xeon Phi 7200番台」を武器にNVIDIAと対抗するIntel,その戦略を語る

 2016年7月14日,Intelが機械学習をテーマとする報道関係者向けラウンドテーブルを実施した。そこでは新世代のHPC向けプロセッサ「Xeon Phi 7200番台」の誠品概要が説明になり,さらにIntelが機械学習の分野で何に取り組もうとしているかが明らかになったので,NVIDIAに挑むIntelの動向をまとめてみたい。

[2016/07/15 19:56]

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

「Core i7-6850K」レビュー。6コア版Broadwell-Eは「ゲーム用途で理想的なハイエンドCPU」か?

 2016年5月末に発表となったIntelの新世代ハイエンドCPU「Broadwell-E」。その中で最も動作クロックが高い「上から3番めの選択肢」となる6コア12スレッド対応モデル「Core i7-6850K」を入手したので,テストしてみたい。40レーンのPCIe 3.0を持ち,最大3.8GHzのCPUは,ハイエンド志向のゲーマーにとって理想的な選択肢なのだろうか?

[2016/07/04 00:00]

「フィギュアヘッズ」推奨PCを購入すると抽選で貰えるオリジナルデザイン機体が公開

[2016/06/27 19:22]

Intel,基幹サーバー向け新型CPU「Xeon E7 v4」を発表。CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載可能に

Intel,基幹サーバー向け新型CPU「Xeon E7 v4」を発表。CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載可能に

 2016年6月6日16:01,Intelは,Broadwellマイクロアーキテクチャを採用する基幹サーバー向けの新型CPU「Xeon E7 v4」ファミリー計11製品を発表した。内蔵CPUコア数が最大で24基,L3キャッシュ容量は最大60MBに増大し,CPU 1基あたり最大容量3TBのメインメモリを搭載できるようになったのが特徴だ。

[2016/06/06 16:01]

[COMPUTEX]外付けグラフィックスボックスで脚光を浴びたThunderbolt 3。本格的な普及に必要なのは,Macに採用されること?

[COMPUTEX]外付けグラフィックスボックスで脚光を浴びたThunderbolt 3。本格的な普及に必要なのは,Macに採用されること?

 外付けグラフィックスボックスに採用されていることで,ゲーマーにもその名が知られるようになった高速I/Oインタフェース「Thunderbolt 3」。その普及に努めるIntelは,発表後の1年で60種類以上の対応PCが登場したとアピールするが,機器メーカー側には「Apple次第」という意見も根強いようだ。Thunderbolt 3を取り巻く状況をレポートする。

[2016/06/04 00:00]

「フィギュアヘッズ」推奨PC購入でゲーム内アイテムが貰えるキャンペーンが6月4日から。抽選でオリジナル機体もプレゼント

[2016/06/02 13:19]

[COMPUTEX]次世代CPU「Kaby Lake」と「Apollo Lake」は2016年後半に登場。Intelのプロセッサ戦略が垣間見えた基調講演レポート

[COMPUTEX]次世代CPU「Kaby Lake」と「Apollo Lake」は2016年後半に登場。Intelのプロセッサ戦略が垣間見えた基調講演レポート

 COMPUTEX TAIPEI 2016初日である2016年5月31日,Intelは,台北市内のイベント会場にて基調講演を行い,同社のプロセッサ戦略における最新事情を説明した。次世代CPUとなる「Kaby Lake」と「Apollo Lake」の話題や,バックパック型PCを使ったVRのデモなど,ゲーマーにも関わりのあるテーマに絞って,講演の概要をレポートしたい。

[2016/06/02 00:00]

[COMPUTEX]最上位モデル「Core i7-6950X」は10コア20スレッド。Intel,「Broadwell-E」をハイエンドデスクトップPC向けに発表

[COMPUTEX]最上位モデル「Core i7-6950X」は10コア20スレッド。Intel,「Broadwell-E」をハイエンドデスクトップPC向けに発表

 2016年5月31日15:00,Intelは,「Broadwell-E」と呼ばれていたハイエンドデスクトップPC向けCPUを発表した。既存のIntel X99プラットフォームで利用できる新シリーズは,最上位モデル「Core i7-6950X Extreme Edition」が,デスクトップPC向けCPUとして史上初めて10コア20スレッド対応を果たしたのが大きな特徴だ。

[2016/05/31 15:00]

デスクトップPC向け10コア20スレッド対応CPU「Core i7-6950X Extreme Edition」レビュー。Broadwell-Eの可能性を探る

デスクトップPC向け10コア20スレッド対応CPU「Core i7-6950X Extreme Edition」レビュー。Broadwell-Eの可能性を探る

 2016年5月31日15:00,IntelからハイエンドデスクトップPC向けCPU「Broadwell-E」ことCore i7-6900&6800番台が発表となった。4Gamerではそのうち,10コア20スレッド対応の最上位モデル「Core i7-6950X Extreme Edition」を短時間ながらテストできたので,取れた限りのデータをお届けしたい。

[2016/05/31 15:00]

最大CPUコア数はついに22基に。Intel,Broadwell世代のサーバー向けCPU「Xeon E5 v4」ファミリーを発表

最大CPUコア数はついに22基に。Intel,Broadwell世代のサーバー向けCPU「Xeon E5 v4」ファミリーを発表

 2016年4月1日,Intelは,Broadwellマイクロアーキテクチャを採用するサーバー向けCPU「Xeon E5 v4」ファミリー計27製品を発表した。14nmプロセス技術を用いて製造される新モデルは,CPUコア数が最大22コア,L3キャッシュ容量は最大55MBに達した。BIOSアップデートにより,前世代のXeon E5 v3対応マザーボードでも利用できる。

[2016/04/01 01:30]

[GDC 2016]「Unreal Engine 4」を統合型グラフィックス機能で動かせ。ゲームエンジンへの最適化に向けたIntelの取り組みとは

[GDC 2016]「Unreal Engine 4」を統合型グラフィックス機能で動かせ。ゲームエンジンへの最適化に向けたIntelの取り組みとは

 ここ数年,GDCで開発者向けの情報提供に熱心なIntelは,今年もさまざまなセッションやイベントを開催している。そんなIntel主催のセッションから,「Unreal Engine 4」Intel CPUの統合型グラフィックス機能向けに最適化するための努力や,DirectX 12で性能を引き出すポイントなどを解説した講演の概要をレポートしよう。

[2016/03/19 00:00]

[GDC 2016]Intel,外付けグラフィックスボックスにも対応するゲーマー向け超小型PCベアボーン「Skull Canyon」を発表。価格は650ドル

[GDC 2016]Intel,外付けグラフィックスボックスにも対応するゲーマー向け超小型PCベアボーン「Skull Canyon」を発表。価格は650ドル

 北米時間2016年3月16日,Intelは,開発コードネーム「Skull Canyon」の名で呼ばれるゲーマー向け超小型PCベアボーンキットを発表した。「Iris Pro Graphics 580」を統合したノートPC向けCPU「Core i7-6770HQ」の搭載と,外付けグラフィックスボックス「Razer Core」に対応するのが特徴だ。税別のメーカー想定売価は650ドル。

[2016/03/17 18:49]

Intel,次世代Xeon Phi「Knights Landing」を中核にしたHPCシステム「Scalable System Framework」を紹介

Intel,次世代Xeon Phi「Knights Landing」を中核にしたHPCシステム「Scalable System Framework」を紹介

 2015年12月10日から11日の2日間,Intelは,東京都内で「インテル ソフトウェア・カンファレンス東京」という,HPCをテーマとした開発者向けイベントを開催している。イベント初日の10日には,同社によるHPC分野への取り組みに関する説明会が行われ,「Knights Landing」こと次世代Xeon Phiを使ったプラットフォームが説明された。

[2015/12/11 00:00]

「LoL」と「LoVA」の大会が行われるIntel主催のイベント「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」が,12月12日と13日にベルサール秋葉原で開催

「LoL」と「LoVA」の大会が行われるIntel主催のイベント「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」が,12月12日と13日にベルサール秋葉原で開催

 Intelは,同社主催のe-Sportsイベント「Intel CLUB EXTREME GAMERS WORLD」を,2015年12月12日と13日にベルサール秋葉原で開催する。会場では,12日に「Load of VERMILION ARENAエキシビション大会」,13日には「League of Legends 最強ソロレーナ―決定戦」が行われるほか,特設ブースでの展示なども用意されるようだ。

[2015/12/07 22:28]

Intel,SkylakeとBroadwell,Haswell対応のグラフィックスドライバ「15.40.7.4279」を公開。Windows 10用と8.1&7用が1パッケージに

[2015/09/14 14:08]

これで分かるSkylakeマイクロアーキテクチャ。性能向上と省電力化のために加えられた多くの改良が明らかに

これで分かるSkylakeマイクロアーキテクチャ。性能向上と省電力化のために加えられた多くの改良が明らかに

 2015年8月5日に,倍率ロックフリーモデルから登場した「Skylake」こと第6世代Coreプロセッサ。9月2日には,第2弾の46製品が一斉に発表されて,名実ともに,Coreプロセッサは新しい時代を迎えることとなった。そこで本稿では,Skylakeのマイクロアーキテクチャに加えられた改良点を,なるべく分かりやすく解説してみよう。

[2015/09/14 00:00]

Intel,Skylake世代のデスクトップPC&ノートPC用CPU計46製品を一斉に発表。デスクトップPC向けの「Skylake-S」は販売が始まる

Intel,Skylake世代のデスクトップPC&ノートPC用CPU計46製品を一斉に発表。デスクトップPC向けの「Skylake-S」は販売が始まる

 2015年9月2日10:00,Intelは,第6世代Coreプロセッサ合計46製品を追加発表した。今回は,デスクトップPC向けからノートPC向け,タブレット端末向けまで,幅広い製品を用意してきている。本稿では,各製品ラインアップを紹介するとともに,公開された第6世代Coreプロセッサの特徴をレポートしたい。

[2015/09/02 10:00]

ゲーム用途にも広がる3Dカメラ技術「RealSense」や,話題の高速メモリ「3D XPoint」によるSSDのデモが披露されたIDF 2015 基調講演レポート

ゲーム用途にも広がる3Dカメラ技術「RealSense」や,話題の高速メモリ「3D XPoint」によるSSDのデモが披露されたIDF 2015 基調講演レポート

 北米時間2015年8月18日から,Intelは毎年恒例の開発者向けイベント「IDF 2015」を開催している。本稿では初日に開かれた基調講演の中から,4Gamer読者も興味のありそうな3Dカメラ技術「RealSense」と,超高速な不揮発メモリ技術「3D XPoint」によるSSDやメモリモジュールに関する話題をレポートしよう。

[2015/08/20 16:06]

Razer,3Dカメラ技術「RealSense」対応カメラの開発を表明。背景をカットし,実況者の姿だけをゲーム画面に合成できる時代が来る!?

Razer,3Dカメラ技術「RealSense」対応カメラの開発を表明。背景をカットし,実況者の姿だけをゲーム画面に合成できる時代が来る!?

 北米時間2015年8月18日,Razerは,Intelの3Dカメラ技術「RealSense」に対応するゲーマー向けカメラ製品を開発中であると発表した。3Dカメラに写った人物の背景を自動で削除して,人物の姿だけをゲーム画面に重ねることが可能になるそうで,ゲーム実況用途を想定しているようだ。発売時期や価格は発表されていない。

[2015/08/19 12:01]

[SIGGRAPH 2015]Vulkan&OpenGL ES 3.2対応をアピールするIntelブースに注目。SIGGRAPH 一般展示セクションレポート前編

[SIGGRAPH 2015]Vulkan&OpenGL ES 3.2対応をアピールするIntelブースに注目。SIGGRAPH 一般展示セクションレポート前編

 SIGGRAPHの一般展示セクション「Exhibition」では,IntelやNVIDIA,AMDといったプロセッサメーカーがブースを構えるのが好例となっている。とくに今年は,Intelが新世代のAPI「Vulkan」に関する興味深い展示を披露して注目を集めていた。本稿では,これを含む各プロセッサメーカーによる展示をレポートしよう。

[2015/08/18 00:00]
さらに記事を探す

Core X(Skylake-X,Kaby Lake-X)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7・i5・i3(Coffee Lake)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7・i5・i3・M(Kaby Lake)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7(Broadwell-E)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7・i5・i3・M(Skylake)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 -

Intel Solid-State Drive

ジャンル
発売元 Intel
発表日 -

Atom x7・x5・x3

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7・i5・i3・M(Broadwell)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 2014/09/05

Core i7-5000番台(Haswell-E)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Intel 8

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 -

Core i7・i5・i3-4000番台(Haswell)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 2013/06/04

Core i7・i5・i3-2000番台(Sandy Bridge)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2011/01/06

開発コードネーム「Sandy Bridge」と呼ばれていた,デスクトップPC向けCPU。「Intel HD Graphics 2000/3000」というブランドネームの与えられるグラフィックス機能や,DDR3メモリコントローラ,PCI Expressコントローラを,1つのシリコンに統合するのが大きな特徴となっている。負荷状況に合わせた自動クロックアップ機能「Intel Turbo Boost Technology 2.0」や,新しい命令セット「AVX」の対応もトピックだ。

Core i7・i5・i3-3000番台(Ivy Bridge)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 2012/04/24

Core i7(Sandy Bridge-E)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2011/11/14

Xeon Phi

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 2012/06/18

Ivy Bridge-E(開発コードネーム)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Pentium&Celeron(LGA775/LGA1156/LGA1155)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2007/06/03

Intel 7

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 -

Intel 6

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 -

Xeon

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 -

Core i7(LGA1366,ヘキサコア)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2010/03/16

Core i7・i5・i3 Mobile Processor(デュアルコア)

ジャンル
  • CPU
  • GPU
発売元 Intel
発表日 2010/01/07

開発コードネーム「Arrandale」と呼ばれていた,Intel Microarchitecture(Nahalem)ベースのノートPC用デュアルコアCPU。32nmプロセス技術を用いて製造されるCPUダイと,45nmプロセス技術を用いて製造され,グラフィックス機能とデュアルチャネルDDR3メモリコントローラを持つダイをMCMでワンパッケージに収めた“グラフィックス機能統合型CPU”である。

Core i7(LGA1366,クアッドコア)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2008/11/18

Intel Microarchitecture(Nahalem)の第1弾で,開発コードネーム「Bloomfield」と呼ばれていたプロセッサ。トリプルチャネルDDR3-1066メモリコントローラの搭載や,CPUの負荷状況に合わせて自動的にCPUの動作倍率を引き上げる「Intel Turbo Boost Technology」,Pentium 4以来となる「Intel Hyper-Threading Technology」といった機能のサポートが,主なトピックとなる。CPUパッケージはLGA1366で,組み合わされるチップセットは,2チップ構成の「Intel X58 Express」だ。

Core i5&i3(LGA1156,デュアルコア)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2010/01/07

Intel製デスクトップPC向けCPUとして初めて,グラフィックス機能統合した,Microarchitecture(Nehalem)世代のプロセッサ。開発コードネーム「Clarkdale」(クラークデール)と呼ばれていたものだ。32nmプロセス技術を採用して製造される2コア4スレッド仕様のCPUダイと,45nmプロセス技術を採用して製造され,DirectX 10.0世代となるグラフィックス機能を,MCMでワンパッケージに実装した製品となっている。

Core i7&i5(LGA1156,クアッドコア)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2009/09/08

Intel Microarchitecture(Nahalem)ベースの,ミドルクラス〜ハイエンド市場向けCPUで,開発コードネーム「Lynnfield」と呼ばれていたもの。デュアルチャネルDDR3メモリコントローラと,PCI Expressコントローラを内蔵するのが大きな特徴だ。CPUパッケージはLGA1156となっている。

Core i7 Mobile Processor(クアッドコア)

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2009/09/24

開発コードネーム「Clarksfield」と呼ばれていた,Intel Microarchitecture(Nahalem)ベースのノートPC用クアッドコアCPU。デュアルチャネルDDR3メモリコントローラやPCI Express 2.0コントローラを内蔵する。「Intel Turbo Boost Technology」の効果が,同世代のデスクトップPC向けCPUと比べて大きいのも特徴だ。

Intel 5

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 2008/11/18

Atom

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2008/03/03

Ice Storm Fighters

- -
読者の評価 海外の評価
ジャンル
  • アクション
  • シングルプレイ
  • FPS
発売元 Futuremark
発売日 2007/01/05
価格 無料

  • 読者レビューを書く

Core 2

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2006/07/27

Intel 4

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 2008/06/04

Intel 3

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 -

Intel 900 Express

ジャンル
  • チップセット
発売元 Intel
発表日 -

Core

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2006/01/06

Intel初のノートPC向けデュアルコアCPU。1995年以来続いた一般ユーザー向けCPUのブランド「Pentium」を捨てた,新たなブランドの第1弾CPUでもある。Pentium Mをベースに,デュアルコアに最適化された設計が行われた「Core Duo」と,Core Duoから片方のコアを停止させた「Core Solo」の2モデルでスタートしている。プロセッサナンバーは「アルファベット1文字+4桁数字」で表すようになっており,Pentium 4/Dのそれと関連性はない。

Pentium D

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2005/05/27

Pentium 4

ジャンル
  • CPU
発売元 Intel
発表日 2000/11/21


トピックス
スペシャルコンテンツ