オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ロックスミス公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ユービーアイソフトは2013年もさらなる飛躍を。「Splinter Cell Blacklist」発売決定も明かされた「UBIDAY2012」ラウンドテーブル&「ロックスミス」ステージレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/10/27 23:48

イベント

ユービーアイソフトは2013年もさらなる飛躍を。「Splinter Cell Blacklist」発売決定も明かされた「UBIDAY2012」ラウンドテーブル&「ロックスミス」ステージレポート

ロックスミス
 ユービーアイソフトは,2012年10月27日,東京都内でイベント「UBIDAY2012」を開催した。
 このイベントでは,2012年10月〜12月期発売の同社のソフトが試遊できたほか,いくつかのステージイベントが催された。本稿では,ユービーアイソフトの今後の展開について,同社のキーパーソンがトークを交わしたラウンドテーブルと,リアルギターゲーム「ロックスミス」PS3 / Xbox 360)のステージイベントの模様をお伝えしよう。


会場で試遊できたのは,「アサシン クリードIII」PlayStation 3/Xbox 360/Wii U),「ロックスミス」,PlayStation Vita用ソフト「アサシン クリードIII レディ リバティ」,そしてWii U用ソフト「ゾンビ U」の4タイトル。ちなみにWii U本体は「ゾンビ U」用に7台,「アサシン クリードIII」用に8台が用意されていた
ロックスミス ロックスミス
ロックスミス ロックスミス


2012年の展開と2013年の展望が語られた「ユービーアイソフト ラウンドテーブル」


ユービーアイソフト 代表取締役 スティーヴ・ミラー氏
 「ユービーアイソフト ラウンドテーブル」に登壇したのは,ユービーアイソフト 代表取締役 スティーヴ・ミラー氏,マーケティングディレクター 辻 良尚氏,PRマネージャー 福井蘭子氏の3名。
 トークの最初のお題は「UBIDAY2012」の開催の経緯について。まずミラー氏は,ユービーアイソフトが本社の意向などもあり,東京ゲームショウ2012への出展を見送ることになった経緯を説明。しかし「アサシン クリード」シリーズのナンバリングタイトルをはじめ,大型タイトルのリリースが続くことから,ぜひ実際にプレイしてもらいたいと考え,同社の単独イベント開催を企画したとのことである。
 また,辻氏は,今回のイベントの企画が通った背景には,2011年に同社が開催した「アサシン クリード アート展」の実績があったことを明かした。

ユービーアイソフト マーケティングディレクター 辻 良尚氏(左),ユービーアイソフト PRマネージャー 福井蘭子氏(右)

 続いてのお題は「2012年度,これまでの総括」。ミラー氏は,先日発売された「ロックスミス」について,店頭で品薄が続いている状態であることを詫びるとともに,その理由を,事前の予想以上に反響があり,同梱する専用ケーブルの生産が間に合っていないと説明した。また,辻氏と福井氏は,同タイトルのプロモーションで全国キャラバンを企画したことに言及。福井氏いわく,当初は東名阪のみの開催予定だったのだが,「これでは“全国”とは言えない」と氏が指摘したところ,一気に話が大きくなったそうだ。

ロックスミス

 また,2012年は「アサシン クリード エツィオ・サーガ」「アサシン クリード ウェルカムパック」と,旧タイトルの再リリースが相次いだ。辻氏は,前者について,「社内でさまざまな議論があったが,同作の『アンサイクロペディア日本語版』を作りたかった」と,自身のモチベーションを語る。また,これにも事前の予想以上に反響があったことから,福井氏は「(ユービーアイソフトは)消極的ですよね」とコメント。
 後者の「ウェルカムパック」についても,価格設定やタイトルのダブりなどで,さまざまな議論があったそうだ。しかし購買者の7割前後が新規プレイヤーだったとのことで,ミラー氏は「IIIの発売に先駆けて,いい結果を出せた」と語った。

ロックスミス
 3番目のお題は,「2012年度,これからのキータイトル」で,「アサシン クリードIII」と「アサシン クリードIII レディ リバティ」の最新トレイラーが相次いで上映された。いずれも海外では公開済みのものだが,前者はコナーのボイスを声優の浪川大輔さんが,後者はアヴリーンのボイスを甲斐田裕子さんがそれぞれ演じる日本語吹き替えバージョンとなっていた。両タイトルとも,これまではゲームの新要素やプレイフィールに注目した情報が多かったが,このトレイラーではコナーとアヴリーンの人物像や,世界との関わり方をフィーチャーしている。

 このほか,両タイトルとも発売日までにさまざまなトレイラーと,テレビCMでプロモーションをかけていくとのことである。なおテレビCMは22:00以降に放映されるとのことなので,興味のある人はぜひチェックしてほしい。

 会場では,「アサシン クリードIII」初回版特典の冊子「リファレンスガイド」と,「アサシン クリードIII レディ リバティ」初回版特典のPS Vita用ポーチの実物もお披露目となった。辻氏いわく,両方ともかなりこだわったとのことで,とくに前者は設定資料やゲームにまつわる周辺の話を掲載し,読み物としても面白いという。氏は,「特典の付かない通常版も価格は同じなので,ぜひ初回版を入手してください」と来場者に呼びかけていた。

ロックスミス ロックスミス
ロックスミス ロックスミス

ロックスミス
 さらに,Wii Uのローンチタイトルとしてリリース予定の「ゾンビ U」の紹介も行われた。
 登壇者3名によれば,2010年の段階では「Killer Freaks」と呼ばれる,宇宙をモチーフにしたコミカルなゲームだったそうで,その後しばらく沈黙したのち,王道のサバイバルホラーに生まれ変わっていたとのことである。
 また「ゾンビ U」という名称についても,てっきり仮のものだと思っていたら,E3 2012でそのまま出展されており,社内でもかなり驚かれたそうだ。

ロックスミス ロックスミス

 続いて上映された2本のトレイラーでは,舞台が2012年のロンドンであること,一度力尽きたプレイアブルキャラがゾンビとしてゲーム内に登場するなど,同タイトルが“恐怖を中心とした昔ながらのサバイバルゲーム”に仕上がっていることが紹介された。
 開発者のコメントによれば,同タイトルにおけるWii U GamePadの位置付けは,単なるコントローラではなく,サバイバルキットだそうである。「ゾンビ U」に関しても,今後公開されるトレイラーで,さまざまな情報が提供されるとのことだ。

ロックスミス ロックスミス
ロックスミス ロックスミス

 なお,事前に「ファークライ3」(PlayStation 3/Xbox 360)および「Assassin's Creed Utopia」(iOS/Android)の出展告知もあったが,残念ながら開発上の事情により,本イベントでは出展が見送られた。また「ファークライ3」に関しては,2012年内となっていた発売予定日が,2013年1月〜3月予定に変更となったこともアナウンスされた。ちなみに辻氏いわく,「こういう場合,大人の世界では一番最後のほうを指します」とのことである。

 その代わりと言ってはなんだが,E3 2012で発表された「Tom Clancy's Splinter Cell Blacklist」(PC/PlayStation 3/Xbox 360)が。2013年,日本語フルローカライズで日本でも発売されることが,ミラー氏により明かされた。さらに辻氏は同タイトルが,「アサシン クリード」のプロデューサーを務めたJade Raymond氏が率いる,Ubisoft トロントスタジオのデビュー作であることに言及し,ファンの期待を煽っていた。なお,気になる日本語版の声優に関しては,従来シリーズ同様,サム役に玄田哲章さん,アンナ役に田中敦子さんを起用するとのことだ。

ロックスミス ロックスミス
ロックスミス ロックスミス

 最後のお題は「将来的な展望について」。会場では,E3 2012でも話題となった「Watch Dogs」PC/PlayStation 3/Xbox 360)のウォークスルーの後半部分が上映され,モバイルデバイスを使って個人情報をハッキング/盗聴する様子や,信号をハッキングし故意に交通事故を引き起こして,ターゲットを追い詰める様子などが披露された。なお,ここで上映された内容は,目標を達成するための手段の一つに過ぎず,プレイによってはまったく別の手段で乗り切ることもできるそうだ。
 同タイトルは,Ubisoft本社でも「アサシン クリード」に次ぐ大型IPとして育てていく方針だと辻氏。ただし,日本で発売されるかどうか決まっていないとのことで,ミラー氏は「ぜひ日本語化したいビッグタイトル」だと話していた。

ロックスミス ロックスミス
ロックスミス ロックスミス

 ラウンドテーブルの最後には,辻氏とミラー氏がユービーアイソフトの認知が日本でも上がっていることに言及し,2013年は今年以上の盛り上がりを見せたいと展望を述べ,締めくくった。なお,今回の盛り上がりを受け,2013年も「UBIDAY」の開催を前向きに検討するとのことである。


初心者,バンド経験者,プロのギタリストが三者三様に「ロックスミス」をプレイ!


真剣な表情でギターを弾くダイノジの大地洋輔さん
 「ロックスミス」のステージイベントには,2012年10月12日に東京・渋谷109にて行われた体験会にも登場した,お笑い芸人のダイノジの二人が登壇した。エアギターの世界チャンピオンでもある大地洋輔さんは,前回のイベントレポートにもあったとおり,まったくのギター素人。しかし今回は3日間ほど「ロックスミス」を練習したとのことで,前回と異なり,Nirvanaの“Bleed”を見事(?)完奏してみせ,初心者でも簡単に演奏できるようになることをアピールした。

 もう一方の大谷ノブ彦さんは,Blurの“Song 2”をプレイ。大谷さんは高校生の頃にバンド経験があるとのことで,正確さ93%という,演奏を披露した。

大地さんとは対照的に,相方の大谷ノブ彦さんは,慣れた感じでアクションを決めていた
ロックスミス ロックスミス

 続いて,バンド「D_Drive」のYUKIさんが登壇し,MegaDeathの“Hanger 18”に挑戦。“美しすぎるし速すぎる!”と評されるYUKIさんは,「ロックスミス」の中でも高難度とされる同曲を,正真正銘,見事に演奏して見せた。またYUKIさんは,「ロックスミス」ではアンプやエフェクタを設定して自分好みに演奏できることに言及し,プロのギタリストであっても,ゲームプレイを楽しめることをアピールした。

ロックスミス
「D_Drive」のYUKIさん。速弾きだけでなく,一つ一つのポーズも格好いい
ロックスミス ロックスミス

  • 関連タイトル:

    ロックスミス

  • 関連タイトル:

    ロックスミス

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードIII

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードIII

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードIII

  • 関連タイトル:

    アサシン クリードIII レディ リバティ

  • 関連タイトル:

    ZombiU(ゾンビ U)

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル ブラックリスト

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル ブラックリスト

  • 関連タイトル:

    スプリンターセル ブラックリスト

  • 関連タイトル:

    Far Cry 3

  • 関連タイトル:

    ファークライ3

  • 関連タイトル:

    ファークライ3

  • 関連タイトル:

    ウォッチドッグス

  • 関連タイトル:

    ウォッチドッグス

  • 関連タイトル:

    ウォッチドッグス

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月24日〜08月25日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
2019年02月〜2019年08月