オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
F1 RACE STARS公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2012]誰でも楽しめる「F1 RACE STARS」と本格派の「F1 2012」。幅広いレースゲームファンにコードマスターズが贈る2つのF1ゲーム
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2012/09/24 17:53

イベント

[TGS 2012]誰でも楽しめる「F1 RACE STARS」と本格派の「F1 2012」。幅広いレースゲームファンにコードマスターズが贈る2つのF1ゲーム

 毎年,レースゲームをリリースしているコードマスターズから,今年もF1のレースゲーム「F1 2012」PS3 / Xbox 360)が登場する。発売日は,日本グランプリ(2012年10月5日〜7日)にあわせた10月4日。また今年は,これまでのリアル指向のレースゲームとは異なる,幅広い層をターゲットとした「F1 RACE STARS」PS3 / Xbox 360)を発表しており,こちらは12月13日の発売予定となっている。
 今回,両作のシニアプロデューサーである大庭将司氏に,各タイトルの概要を聞いてきたので,チェックしていこう。

F1 RACE STARS F1 RACE STARS

コードマスターズ シニアプロデューサーの大庭将司氏。ゲームの説明をしながら,高難度のチャンピオンモードも華麗にクリアして魅せてくれた


誰でも楽しめるF1ゲーム「F1 RACE STARS」


 F1のレースゲームというと,リアルなシミュレータ系寄りのものを思い浮かべる人が多いだろうが,こちらはコミカルにデフォルメされたF1カーやドライバーが登場。実在のコースと各国の特徴を反映しつつも,ファンタジー要素が組み合わさった,独特のコースでレースが展開する。アイテムなどを活用することで,パワーアップしたり,相手の邪魔をしたりすることも可能。ゲーム中には実在のチームやドライバーが登場する(オリジナルキャラクターもいて,女性ドライバーなどのチームや,日本人の女の子もいたりする)。

ルイス・ハミルトン選手など,F1ドライバーが実名で登場。各チームもそのまま実名で登場するほか,オリジナルのチームやドライバーを選択することもできる。ちなみに,イメージアートに小林可夢偉選手が登場するのは,日本版だけだそうだ
F1 RACE STARS F1 RACE STARS

 大庭氏によれば,「せっかくF1のIPを利用できるのだから,もっと幅広くF1を知ってほしい」ということで本作が開発されたのだという。実際に遊んでみると分かるが,難度は低めで,レースでの走りはもちろん,アイテムを上手に使うことで,一気にライバルを抜き去ることができたり,みんなでワイワイと楽しめるゲームになっている。
 こうしたコンセプトはもうずいぶんと前からあったそうで,本作は数年越しでそれを実現したものだとのこと。

F1 RACE STARS
F1 RACE STARS

 ただ,「見た目はカートっぽく見えるかもしれませんが,カートのようにコーナーをドリフトしながら走ったりといった要素はありません。あくまでF1的に,コーナーはアウトインアウトで,ヘアピンなどではしっかり事前に減速するといった走りになります」と大庭氏が語るように,基本はF1なのだ。

 コースは実在のコースと空想上のコースが入り混じっていることもあり,ジャンプ台,ジェットコースターのように急角度で上っていく坂などがあり,かなり起伏に富んでいる。一周もそこそこ長めの印象だ。各コースは,F1が開催される国別になっていて,ドイツ・ホッケンハイムでは,バイエルンの城をモチーフにするなど,各国の雰囲気が反映されている。

F1 RACE STARS

 また,ゲーム展開を左右するさまざまなアイテムが用意されており,相手にぶつけてスピードを遅くしたり,自車をしばらく無敵状態にしたり,相手の視界をふさいだりといったものから,F1らしくペースカーが入ることで,先頭車のスピードを抑えたりするものもある。

 F1らしい要素はほかにもあり,その一つがKERSだ。コースにブルーのエリアがあって,そこでアクセルを踏むことで最大3段階までバッテリーにパワーを溜めて,一気に加速することができる。また,アイテムによる攻撃で車体にダメージを受けると,外装が壊れるだけでなくスピードもどんどん落ちていく。それを回復するためのピットレーンがコースに何か所か設けられている。

KERSを溜められるブルーのエリアでは,車体の後ろに電池のマークが現れる。画像ではまだパワーを溜めていないが,最大まで溜めればかなりのスピードアップが見込める。ライバルのごぼう抜きも簡単だ
F1 RACE STARS

ピットインはとくに停車したりする必要はなく,スパナマークの付いたイエローのスクリーンを通過すれば回復する
F1 RACE STARS

 ほかにも,4人までの画面分割対戦や,12人までのオンライン対戦が可能だ。各種レースモードについては今後明らかになっていくそうだが,1人でじっくり取り組むことも出来るし,普段それほどゲームを遊ばない友達とも気軽に遊ぶパーティーゲームとしてオススメできそうだ。F1を知っている友人が相手なら,実名であったり,KERSなどが盛り込まれているところにニヤリとしてくれるハズ。

こんなジェットコースターのようなコースもある。前方に見える,星が浮かんでいるところではアイテムを入手できる
F1 RACE STARS

「F1 RACE STARS」公式サイト



とことんマニアックに,しかし,初心者でも入りやすい「F1 2012」


 コードマスターズでは2009年からF1のゲームを毎年発売しているが,この「F1 2012」はその最新版。最新の車体とチームでのプレイが可能で,レギュレーションについても2012年シーズンのものが採用されている。

 手軽にコースとドライバーを選んでプレイすることも可能だが,やはりメインのゲームモードとなるのは,自分がF1ドライバーとなって進めていくキャリアモードだ。こちらは,シーズンを戦いながら良い成績を残していくことで,次のシーズンではより強いチームからオファーを受けてキャリアアップしていく。そして,最終的には強豪チームのドライバーになって,ワールドチャンピオンを目指すというものだ。

 また,2012年の最新シーズンのデータを採用しているのはもちろんだが,それだけには留まらない「2012」からの新要素も用意されている。その一つが,チュートリアルモードとなる「ヤングドライバー・テスト」だ。

2012年シーズン最新の車体,ドライバー,レギュレーションが盛り込まれている
F1 RACE STARS F1 RACE STARS

ヤングドライバー・テストでは,F1ならではの挙動やDRS,KERSといった機能について学べる。実際にその使い方が分かれば,ゲームを楽しむ近道にもなるだろう
F1 RACE STARS

 F1マシンの走りは,一般的な自動車などとはフィーリングがかなり異なる。さらに近年はDRSやKERSなど,普段からF1を見ているわけではないプレイヤーにはピンとこない,F1ならではの要素がいくつもある。このモードでは,実際にドライバーになる前の試乗という形で,F1に関する基礎知識を1つ1つ修得できる。また,このときの成績によって,いきなり上位チームからキャリアモードを始めることも可能だという。

ヤングドライバー・テストでは,好きなチームの車を選んでプレイできるようになっている。後にキャリアモードに進むと,このとき選択したチームに誘われやすくなるそうだ
F1 RACE STARS F1 RACE STARS

 また,天候の影響やタイヤとの関係をよりリアルにしていて,ピットクルーとの会話も強化されているという。これによって,ピットからの情報を元に,いつタイヤを交換するかといった判断を,実際のF1のように行える。大庭氏が「F1が好きな人にとっては,本当に楽しめるゲームになっている」と自負するだけの,思いつく限りの要素が本作には盛り込まれているのだ。

事前にピットインのタイミングは作戦で決めておけるが,天候次第で戦略は変化していく。雨が降ってきたからといってすぐにレインタイヤに交換しても,実は路面はまだそれほど濡れておらず,スリックタイヤでも十分に走れることもある。まさに,F1の中継でよく見られる,チームやドライバーがそのタイミングに頭を悩ませていたりするシーンだ
F1 RACE STARS

ゲーム中は専門用語が次々と飛び出す,実にマニアックなコース攻略のポイントを聴くこともできる。これを聞いているだけで,実際にドライバーとしてレースに臨む気分が盛り上がってくるはず。もちろん,実際に走る際にもそのアドバイスは有用だ
F1 RACE STARS

 また,大庭氏オススメのマニアックなプレイモードが,とことんまでF1ドライバーの雰囲気が満喫できるチャンピオンモード。こちらはあらかじめ設定された状況下からゲームが始まり,勝利をつかんでいくという条件戦。ワールドチャンピオンとのバトルは,まさに頂上を極める者しか体験できない世界をゲームとして楽しめる。

F1 RACE STARS

 こう説明すると,非常に高度なテクニックが要求されるように聞こえるが,さまざまなアシスト機能が充実しているのも本作のポイントだ。実際にハンドリングのアシストや接触してもクラッシュしないモードがあったり,究極的には少しだけ時間を戻す機能なども用意されている。慣れてくるに従って,そうしたアシストはどんどん外していくこともできるので,自分のこだわりやドライビングスキルに合わせた仕様で遊べるようになっているのだ。

すでにシリーズを遊び込んでいる猛者には,アシストがむしろ邪魔なこともあるだろう。自分好みの仕様に調整できるあたりは,シリーズを重ねてきた経験を感じさせる
F1 RACE STARS

 最後に大庭氏は,「これまでレースゲームを遊んできたけれど,F1はそうでもないというのであれば,『F1 2012』のヤングドライバー・テストでF1の世界を楽しんでみてほしい。そして,レースゲームを遊んだことがないけれど,F1にちょっとでも興味があるのなら『F1 RACE STARS』でレースゲームの楽しさを味わってほしいですね」と語った。真のF1マニアなら,チャンピオンモードが手応えの面でも雰囲気でも,とことん楽しめるはずだ。

F1 RACE STARS F1 RACE STARS

 なお,コードマスターズでは,同社の発売しているレースゲーム・ブランド「Codemasters Racing」と連動したコミュニティ「CODEMASTERS RaceNet」を主催している。現在はまだ英語でのみのサポートだが,公式サイトに詳しく登録方法が説明されている。こちらに登録すると,戦績のデータ管理がオンラインでできたり,アイテムやインゲームキャッシュがもらえたり,コミュニティイベントに参加できるようになったりするので,同社のレースゲームを買って遊ぶのであれば登録してみよう。

「F1 2012」公式サイト

  • 関連タイトル:

    F1 RACE STARS

  • 関連タイトル:

    F1 RACE STARS

  • 関連タイトル:

    F1 2012

  • 関連タイトル:

    F1 2012

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月18日〜05月19日