オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Oculus VRが「Rift」の最低動作環境を下方修正。45fpsでもスムーズにゲームを作動させる「Asynchronous Spacewarp」の恩恵を最大限に活かす
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2016/10/07 17:15

イベント

Oculus VRが「Rift」の最低動作環境を下方修正。45fpsでもスムーズにゲームを作動させる「Asynchronous Spacewarp」の恩恵を最大限に活かす

 Oculus VRのCEOであるBrandon Iribe(ブランドン・イリベ)氏は北米時間の2016年10月6日,Oculus Connect 3の基調講演の中で,同社のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「Rift」の最低動作環境を引き下げると発表した。新たな最低動作環境は,以下のようなものになる。

  • GPU:GeForce GTX 960以上(以前はGeForce GTX 970以上)
  • CPU:Core i3-6100もしくはAMD FX 4350以上(以前はCore i5‐4590以上)
  • メインメモリ容量:8GB以上(以前と同じ)
  • OS:Windows 8以上(以前はWindows 7.1 SP1以上)


 VRコンテンツにおいては「90fps」というフレームレートが死守すべきベンチマークとされている。これ以下になるとフレームのドロップによるカクつきや,首を横に動かしたときに前のフレームの残像が残るゴーストなどが起こり,ゲームプレイを損なうだけでなくVR酔いの原因になるからだ。

 そのための対応策として,これまでは「Asynchronous Timewarp」という機能があった。これは欠落したフレームの前後を,首の動きに合わせて自動的に補完するというものだ。しかし,Asynchronous Timewarpはスタティックな環境表現には対応できるものの,敵や破壊可能なオブジェクト,プレイヤーが手に持った武器の動きといったリアルタイムで変化するものを補完することができず,これまで90fpsの呪縛から逃れることはできなかったという。

Rift Rift

 そこで,新しい技術として今回発表になったのが「Asynchronous Spacewarp」である。これはゲームで表現されるすべてのものの位置空間を瞬時に読み取ることで,前後のフレームの情報を自動合成するというもの。そのため,ゲーム側のフレームレートは45fpsでよく(※表示は90fps),低いレイテンシを維持したままスムーズな表示が可能になるという。
 つまり,PCのスペックとしてはアプリケーションを45fpsで表示できれば十分であり,結果として最低動作環境が引き下げられたということなのだ。

基調講演で壇上に立つOculus VRのCEO,ブランドン・イリベ氏。「VRに興味を持つ学生達は,デスクトップではなくノートPCを所有している」として,Asynchronous Spacewarpによる最低動作環境引き下げの恩恵の高さを強調していた

 イリベ氏は,上記の発表と合わせ,PCメーカーのCyberpower PCおよびAMDの協賛によって,価格を現在の半額程度の499ドルに抑えられたという「Oculus Ready PC」の新型モデルを披露。もちろんNVIDIAとの深い関係は継続しており,ASUS Tek Computer,Alienware,Lenovo,そしてAorus(GIGA-BYTE TECHNOLOGY)から,NVIDIAのGPUを搭載したOculus ReadyなノートPCが発売になることもアナウンスしている。


 スタンドアロン型の次世代Riftの開発もアナウンスされたばかりだが,最低動作環境の引き下げにより年末商戦も一気に期待できるものとなった。「PlayStation VR」も今月中にリリースされるなど競合の多いVRゲーム市場が,さらに活気づくのは間違いないだろう。

「Rift」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Rift

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
74
2019年05月〜2019年11月