オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
龍が如く 維新!公式サイトへ
読者の評価
92
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
PS4/PS3「龍が如く 維新!」の発売記念サイン会には100名近くのファンが来場。名越総合監督と横山プロデューサーの合同インタビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2014/02/24 17:38

イベント

PS4/PS3「龍が如く 維新!」の発売記念サイン会には100名近くのファンが来場。名越総合監督と横山プロデューサーの合同インタビューを掲載

 セガから2014年2月22日に発売された「龍が如く 維新!」PS4/PS3)は,「龍が如く」シリーズの登場人物達が幕末の志士を“演じ”,「坂本龍馬」を中心としたアツいドラマが展開される作品だ。
 過去シリーズ作品の登場人物達が多数登場しているのをはじめ,桐生一馬が主人公の坂本龍馬と斎藤 一の2役を演じているなど,史実に新しい解釈が加えられている。

龍が如く 維新! 龍が如く 維新!

 以前「こちら」のニュースでお伝えしたように,「龍が如く 維新!」の発売記念抽選会&体験会が,2月22日に東京/大阪/名古屋/北海道/福岡の全国5都市6会場で開催された。
 そのうち,東京の2会場では,「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋氏と,「龍が如く 維新!」プロデューサーの横山昌義氏によるサイン会が同時開催された。本稿では,ヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでのサイン会に合わせて実施された,メディア合同インタビューの模様をお伝えしよう。

名越氏と横山氏のサイン会には,対象店舗でPS4版またはPS3版「龍が如く 維新!」を購入した人のみが参加できた。ざっと見て100人近くのファンが参加していたが,PS4本体とPS4版のソフトを購入した人も多数見受けられた
龍が如く 維新! 龍が如く 維新!
抽選会では,さまざまな「龍が如く」関連グッズがプレゼントとして用意されていた
龍が如く 維新!

「龍が如く 維新!」公式サイト


写真左:「龍が如く」シリーズ総合監督の名越稔洋氏
写真右:「龍が如く 維新!」プロデューサーの横山昌義氏

――ついに「龍が如く 維新!」が発売されましたが,今の率直な感想をお聞かせください。

横山氏:
 今日は朝から,ユーザーの皆さんが「龍が如く 維新!」を遊んでくれているのか,ネットを見てチェックしていました。
 PlayStation 4の発売と重なったということもあって,さまざまなニュースが出てゲーム業界自体が盛り上がっている印象ですが,その中で「龍が如く 維新!」というキーワードを見るたびに,この日に間に合ってよかったなと実感しています。
 ゲームを作っている立場としては,中身に対する反応が気になるのですが,皆さん気を遣っているのか,まだあまりネタバレは出ていないですね。今の段階では,黙々と遊んでいただいている感じなので,明日以降も引き続きチェックしていきたいと思ってます(笑)。

名越氏:
 PlayStation 4のカウントダウンイベントにも出させていただいて,盛り上がりを実感しています。小売店さんによってはもう売り切れているという話も聞いているのですが,皆さんに手に取っていただける日が来て,まずはホッとしています。
 「龍が如く 維新!」はPS4と結び付いている印象が強いみたいですが,PS3版も売れてほしいなと思う気持ちもありますので,どちらもよろしくお願いします(笑)。
 かつてセガはハードメーカーでしたから,ローンチでゲームを出すということには,変な意味じゃないのですが,複雑な気持ちがあります。「龍が如く」シリーズは,ソニーさんとずっと一緒にやらせてきてもらいましたが,ソニーさんのハードでローンチにゲームを供給するのは,実は今回が初めてなんです。過去に任天堂さんのハードのローンチにゲームを供給したときとは,また少し違う印象でした。
 PlayStation 4は今一番注目されているハードだと思いますし,そのハードに一番乗りできたのは嬉しいですし,誇りに思います。

――秋葉原に来る前に,有楽町の会場でサイン会を実施されたそうですが,そちらの会場では,ファンの熱量をどのくらい感じましたか?

名越氏:
 ユーザーさんの熱量は,毎回同じようにとても高いのはありがたいです。とくに今日は,「出かけるのが面倒くさい」と思われてもおかしくないくらい寒かったのに,いつもと変わらない,多くの方々に来てもらえたのは非常に嬉しいですね。

横山氏:
 発売日ですから,多くの方はゲームを買ったら家に帰って,ずっとプレイするのかなと思っていたんですよ。
 自宅の暖かい環境でゲームをゆっくり楽しんでいただきたいと思う一方で,夕方の時間帯なのにイベントに来ていただけることに,我々もすごく勇気をもらっています。ありがたいという気持ちでいっぱいですね。

――ゲーム本編のリリースに先駆けて,PS Vitaで「龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita」が配信されました。配信後の感触はどのような感じなのでしょうか。

横山氏:
 手応えはすごく感じています。今日のサイン会でも,無料アプリをやり込んでお金や武器をため込んでいると言ってくださったユーザーさんがたくさんいらっしゃいました。
 PS Vitaを持っている人だけになってしまいましたが,気持ちを高ぶらせてゲームを始めてもらう下準備として,いいゲームシステムを提供できたんじゃないかと思います。

名越氏:
 「龍が如く」はまだPlayStation Vitaとの関わりがなかったので,これまでシリーズをプレイしたことがない方が接する機会を増やしたいという思いで,けっこう大盤振る舞いな内容で作りました。おかげさまで,多くの方にダウンロードしていただいています。
 ダウンロードしてくれた方の何割に「龍が如く 維新!」を購入していただけるのか,ドキドキしているところもありますが,楽しんでいただけたようで評判も良かったので,それだけでも満足しています。

――「龍が如く 維新!」では,PS3での開発に加えて,日本でのPS4のローンチ合わせ,「龍が如く 維新! 無料アプリ for PlayStation Vita」など,多くのチャレンジがありました。その中でも,一番のチャレンジだったと思うことはなんでしたか?

横山氏:
 ゲームとして面白いものを提供できたという自信はありますが,1年前にした「龍が如く 維新!」を作るという決断自体が,チャレンジだったんだろうなと思います。
 シリーズでいくつかスピンオフ作品をやってきましたが,坂本龍馬という主人公,そして幕末を舞台にした作品を,「龍が如く」の名前で作ること自体が勇気のいることでした。

名越氏:
 やはり,PlayStation 4のローンチで出すということですね。
 僕らが「龍が如く」を1年に1本のペースで作ってきたというのは皆さんご存じだと思いますが,「龍が如く 維新!」を制作することを決めた段階ではPS3版だけで,PS4版の話はなかったんですよ。ソニーさんからPS4版のオファーが来たときも,そんなに余裕のあるスケジュールではなかったので,我々もすぐには返事をすることができませんでした。PS4版も作るという決断が,一番の分岐点だったと思います。
 加えて,PS Vitaの無料アプリもあったので,デバッグもシリーズで最も時間がかかりました。チャレンジというよりもしんどかったので,こうやってきちんとパッケージが店頭に並んでいるのを見ると,スタッフをほめてあげたいですね。

――「龍が如く 維新!」では,ナンバリングタイトルには出演しなくなったキャラクターが多数登場しますが,久々の出演となったキャスト陣の収録で,思い出深いエピソードがあれば教えてください。

横山氏:
 今回,再出演となった皆さんには総じて喜んでいただけました。収録時のテンションもすごく高くて,キャストの方々と一緒に作っていく感覚がありましたね。
 今まで出演していただいた方々は,周囲から「あの作品に出ていたね」と言われても,出演のチャンスはもうないと思われていたそうです。
 ナンバリングでは柏木 修を,「龍が如く 維新!」では井上源三郎を演じていただいた咲野俊介さんは,自分が演じたキャラクターは死んだと思っていたので,今回,重要な役どころで再出演となったことに驚かれていました。
 キャストの皆さんに「またやれるんだ」と思っていただけるタイトルになったというのは,こちらとしてもありがたい話だと思います。

名越氏:
 自分も楽しかったですし,「もう1回やりたい」と言ってくれた方々と一緒に仕事ができて良かったです。
 中村獅童さんは歌舞伎役者ですけど,テレビドラマや新劇の舞台など,新しいものにチャレンジするのが大好きで,ゲームの仕事も楽しんでくれていたみたいです。高橋ジョージさんも,完成披露記者会見で「スピンオフしか出られないんだよね」と,すごく名残惜しそうに言っていただきました。
 そういう風に言ってもらえると復活させたくなる気持ちも生まれますし,ユーザーさんからの声もありますから,いつかはそういう声を反映する形で応えていきたいなと思っています。

――横山さんは「龍が如く5 夢、叶えし者」に続いて2作めのプロデュースとなりましたが,「龍が如く 維新!」の開発を振り返ってみて,どのような気持ちですか?

横山氏:
 年を取ると時間が経つのが早いといいますけど,この1年は長かったですね。
 一日一日が濃かったからだと思うのですが,「龍が如く5 夢、叶えし者」が1年ちょっと前の話ですけど,もう3〜4年くらい前のことに感じられます。「龍が如く 維新!」をお披露目したのは2013年の8月でしたが,それすら遠い昔のようですし。……1年前には戻りたくないですけどね(笑)。
 でも,素晴らしい濃い1年が過ごせたなと思います。

――名越さんは,横山さんを見守る立場として,今回どのような印象を持ちましたか。

名越氏:
 横山もたくましくなりましたし,ディレクターの阪本も成長したと思います。作品を通して自信が生まれるのが一番いいことだと思いますから,あとは,自信が付いても調子に乗らないよう,キチンとやっていればいいかなと。
 うちのスタッフ達は謙虚なので,これからも成長してくれると信じていますし,次にいい作品を生み出せるよう,勉強してくれていると思っています。

――それでは最後に,読者に向けてメッセージをお願いします。

横山氏:
 家にこもって思いっきりゲームをしていただきたいです。
 我々が作っているのは家庭用ゲーム機のタイトルですから,やはり家でゲームをたくさん遊んでほしいと思っています。
 たくさんゲームをプレイしてほしいと思って作ったシステム,内容になっているので,寒い時期ですけど,家ではアツくプレイしてもらえればと思います。よろしくお願いします。

名越氏:
 狙っているわけではないんですけど,「龍が如く」って寒い時期に出ることが多いんですよね。
 そういうことは僕らも意識していて,横山もそういう目線で演出をかけることがあるのですが,ユーザーさんが遊ぶ環境というのがいつ頃で,世の中がこうなっているから,こういうお話で遊んでほしいということを,常に考えながら作っています。
 本作のアツさは現代劇にはないもので,最後までプレイしていただければ,「龍が如く」の魅力がまた1つ増えたんだな,という風に感じていただけると思います。ぜひすみずみまで見てもらえたら嬉しいですね。

――ありがとうございました。

「龍が如く 維新!」公式サイト


  • 関連タイトル:

    龍が如く 維新!

  • 関連タイトル:

    龍が如く 維新!

  • 関連タイトル:

    龍が如く維新! 無料アプリ for PlayStation Vita

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
76
Days Gone (PS4)
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月