オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ソラとウミのアイダ公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ソラとウミのアイダ」声優陣と部長達が“喜びの舞”を披露!? ラジオ番組「ギョギョラジ!」公開収録レポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/11/09 20:28

イベント

「ソラとウミのアイダ」声優陣と部長達が“喜びの舞”を披露!? ラジオ番組「ギョギョラジ!」公開収録レポート

 2017年10月30日,文化放送12Fメディアプラスホールにて,フォワードワークスがサービス中のスマートフォンアプリ「ソラとウミのアイダ」iOS / Android。以下,ソラウミ)のラジオ番組「宇宙漁師候補生がラジオやってみた!宇宙漁業団非公認! 花林とほの花とももことソラとウミのラジオ!略してギョギョッとラジオ! さらに略してギョギョラジ!」の初となる公開収録が行われた。


「ソラとウミのアイダ」公式サイト

「ソラとウミのアイダ」ダウンロードページ

「ソラとウミのアイダ」ダウンロードページ

「ソラとウミのアイダ」公式Twitter


 公開収録には,ラジオのパーソナリティを務める高橋花林さん(空町 春役)井上ほの花さん(ルビー・安曇役)すずきももこさん(櫻 舞湖役)が登壇。会場に集まったファンを巻き込んでさまざまなコーナーが展開されたほか,「どこでもいっしょ」とのコラボイベントが発表される()など,盛りだくさんの内容となった。

※コラボイベントは10月31日〜11月13日の期間で実施中。
関連記事:トロ&クロが宇宙イケスに降臨! 「ソラとウミのアイダ」初のコラボイベント開催に合わせて攻略のイロハを紹介します

 本稿では,そんな公開収録の模様を紹介するとともに,終演後に行われた声優陣へのインタビューもお届けしよう。

高橋花林さん(写真中央),井上ほの花さん(写真左),すずきももこさん(写真右)


初の公開収録を“喜びの舞”お祝い!?

ラジオの新コーナーもスタート!


 イベントの幕が上がり,温かい拍手に迎えられて登場したパーソナリティの3人だが,最初に行われたのは,なんと客席をバックにした記念撮影。一般的なイベントであれば,イベント終盤に行われるのが普通だが,その理由を聞いて納得。撮影した写真をイベント終演後,来場者全員に配るというのだ。そんな嬉しいサプライズもありつつ,和やかな雰囲気のなかで撮影が行われ,会場内は温かい空気に包まれた。

 タイトルコールの練習が行われたのち,公開収録がスタートした。最初のコーナーの「ふつおた」では,リスナーから届いた,公開収録の開催を祝うメッセージが紹介されたのだが,中でもひときわ盛り上がったのは,「初公開収録の喜びを全身を使って表現したくないですか?」といった内容のメッセージ。
 リクエストに応えて,声優陣が“喜びの舞”を披露することになったのだが,せっかくだからと会場内のリスナー全員が巻き込まれることに。しかし,とくに決まった振り付けもないため,各々でオリジナルの喜びの舞を披露するという,公開収録ではなかなか見られない不思議な光景が展開された。


 その後,ほかのふつおたやイベント前に募ったアンケート結果が紹介され,あっという間にAパートが終了。幕間のフリータイムでは,すずきさんから「公録は初めてなんだけど,こういうことをやるものなの?」という純粋な質問が寄せられ,高橋さんや井上さん,リスナーの笑いを誘う一幕も。

 Bパートでは,今回から初登場したコーナー「心の鍵」が行われた。リスナー自身の「○○なところに弱い」という,心の鍵を明かす内容のコーナーだ。会場では「初回限定や期間限定など,限定に弱い」「可愛い声に弱い」など,リスナーのさまざまな心の鍵が紹介された。
 また「可愛いおねだりに弱い」というメールに関しては,実際に声優陣が“全力の可愛いおねだり”に挑戦することに。しかし,井上さんが「お手本を……」と呟いたことから,会場内にいたメールの投稿者本人が,目の前でお手本を披露させられることになってしまった。そこで「可愛くおねだりしてください♪」とお手本を示した投稿者だったが,残念ながら噛んでしまう。
 しかしその噛み具合に,スタンディングオベーションで「可愛い!」と声優陣が大絶賛。想像以上のお手本に納得した3人は,リスナーへ向けて「ソラウミ,プレイしてね♪」と可愛らしいおねだりを披露したのであった。


 そしてBパートの終了後,会場になっているメディアプラスホールの思い出が語られた。同会場で行われた「第九回 声優アワード」の新人発掘オーディションで受賞したことによって,事務所への所属が決定したすずきさん。その当時は「今度は仕事でここに立つぞ」と強い想いを持っていたそうだが,今回の公開収録で見事に達成。あらためて喜びを露わにしていた。

 一方,母・井上喜久子さんが出演していた「サクラ大戦」のイベントを,メディアプラスホールで見たことがあるという井上さん。そのときのエピソードを語ると,すずきさんと同じく「そのとき,今度は仕事でここに立つぞと思って!」とどこか思いついたように発言し,高橋さん,すずきさんから突っ込まれるワンシーンも見られた。

 なおここで,「どこでもいっしょ」とのコラボイベントの開催が発表された。別記事でもすでに紹介しているが,イベント専用ガチャが登場するほか,トロやクロなどの限定衣装も用意されている。詳細は「こちら」の記事で確認してほしい。


 公開収録をすべて終えたあとは,来場者から寄せられた質問に答えるアンケートコーナーが行われた。ハロウィン直前ということで,声優陣がやってみたい仮装や,リスナーが考える声優陣に似合いそうな仮装など,ハロウィントークで大盛り上がり。
 続いては,リスナーの言い間違いや読み間違いを紹介する,ラジオのワンコーナー「ルビーのらくしい日本語講座」も実施された。今回は「馬喰町」や「石神井公園」などの難しい地名や,誰もが小さい頃に疑問に思っていたであろう「月極」の読み方などの話題が飛び出した。
 また,ラジオでも恒例となっている漢字の書き取り問題にチャレンジしたり,「“耕”って漢字好きだもん!」と言って自信満々にペンを走らせる井上さんを温かく見守ったりと,イベントならではの展開も数多く見られ,壇上も客席も最後まで笑顔の絶えない公開収録イベントは幕を下ろした。


収録後の声優陣にインタビュー!

3人の心の鍵は……?



――イベントお疲れ様でした。初めての公開収録となりましたが,イベントを終えての感想をお願いします。

井上さん:
 すごく楽しかったです! お客さんの反応があるのとないのでは全然違いますし,公開収録を通してお客さんをイジることを覚えました!

――どちらかと言えば,ラジオではイジられることが多いですよね。

井上さん:
 これからは,この2人をイジっていこうと思います! 隙を見せないようにしていきますし,漢字だってバリバリ書けるから!

高橋さん:
 ふっ(鼻で笑う)

一同:
 (笑)

高橋さん:
 でも確かに,今日はお客さんもいらっしゃって,ほーちゃんが人をイジることを覚えたので,新たな3人の掛け合いをお見せできたのかなと思います。なので,また公開収録など,お客さんと近い距離のイベントができたらなと思っています。漢字は書けるようになりましょうね?

井上さん:
 なりますわ♪

――今後,書けるようになるための対策が必要かもしれませんね。

高橋さん:
 でも書けちゃったら「ルビーのらくしい日本語講座」が終わってしまうので,永遠に書けなくてもいいかなって思います。

井上さん:
「ルビーのらくしい日本語講座」で覚えていきます!

――すずきさんはいかがでしょう?

すずきさん:
 私自身,公開収録というイベントに参加させていただくこと自体が初めてだったので,部長(※リスナーの総称)のみなさんの温かさに救われたといいますか……。初めての公開収録が「ギョギョラジ!」の現場で良かったなと思いました。また,3人の普段のゆるい感じをみなさんにお見せできた点も良かったなと思いつつ,初めてが「ギョギョラジ!」で良かったのかな? とも感じています。2人からも,公開収録じゃ踊ったりしないと聞いていたので……(笑)。

井上さん:
 すごい楽しかったよね!

すずきさん:
 初めての公開収録がぶっ飛んでいて,これから大丈夫かなと心配もありますけど,いい意味で楽しかったです。そんな初めてを「ギョギョラジ!」に捧げられたことが幸せに思います。

高橋さん:
 ラジオが始まって2か月しか経っていないのに,公開収録をさせていただき,たくさんの部長さんが来てくださるのは本当にありがたいなと思います。


――イベントではさまざまな漢字のお話をされましたが,好きな漢字はありますか?

井上さん:
「耕」です!

高橋さん:
「漁」です! 漁(ぎょ)業や,宇宙漁(りょう)と読んだり,色々な読み方があって難しく思っていたので,ラジオを通してそれらの読み方を覚えることができました。

すずきさん:
 私は「舞」です。演じさせていただいたキャラクターの名前にも入っていますし,舞台に立ち続けたいという思いを込めて「舞」ですね。

――今回の公開収録はアクティブな内容になりましたが,みなさんはアクティブなイベントと,しっとりとしたイベントではどちらが好きですか?

井上さん:
「ギョギョラジ!」は毎回アクティブだよね! 1回目はすごくうるさくて,自分で聞いてて少しボリュームを落とそうって思わなかった?

高橋さん&すずきさん:
 思った!(笑)

井上さん:
 そう,みんな思っているんですよ(笑)! なので,2回目からもっと落ち着いて次の収録に臨もうと思ったんです。

すずきさん:
 私は声のトーンをもっと下げようと思った。2人は声が高いから,ちょっと低めでいこうと思ったんだよね。

高橋さん:
「ギョギョラジ!」もだんだん落ち着いてきました!

すずきさん:
 今日で10回なんですけどね(笑)。

高橋さん:
 今までの放送を聞いて,ここはもう少し静かに喋ろうとか,もう少し漢字を読もうとか,いろいろと悪戦苦闘しつつ,日々,切磋琢磨しようと思います。

すずきさん:
 切磋琢磨って漢字書ける?

井上さん:
 書けないけど意味は分かるよ! お互いに頑張ってのし上がっていく……みたいな!


――番組自体もみなさんで作り上げていこうという雰囲気で,とても温かいラジオですよね。

高橋さん:
 この3人でやることは初めてで,初回はまだ会った回数が少ないまま始まったんですけど,回数を重ねていくうちに仲良くなって,収録後にご飯を食べに行ったりしています。

――今回,盛りだくさんのイベントとなりましたが,ここがポイントだったなと思うシーンを教えてください。

井上さん:
 部長さんをイジるの楽しかったー!

高橋さん:
 ……はい。

一同:
 (笑)。

高橋さん:
 私は「心の鍵」のコーナーです。初めてのコーナーでしたし,それをみなさんの前で披露できたのはプレミアムな気がします。

すずきさん:
 みなさんと一緒にプレゼントコーナーをしたところが,自分の中では心に残っています。直に部長さんと触れ合える機会もなかなかないですし,ラジオだと一方的じゃないですか。会話してお話しできたところは印象的でした。

井上さん:
 あと記念撮影も良かったよね! 撮った写真は部長さんももらえるし,きっと喜んでもらえたんじゃないかな?

――「心の鍵」は今回初めてのコーナーということでしたが,みなさんの心の鍵を教えてください。

高橋さん:
 私は,ほーちゃんみたいなキャラクターかなぁ。

井上さん:
 どういうこと!?

高橋さん:
 つい,なんでも許してしまうようなキャラクターなんだよね。許してなかったら突っ込まないから(笑)。

井上さん:
 いいこと言うねー!!

高橋さん:
 ほーちゃんの心の鍵は?

井上さん:
 宝塚とモーニング娘。です。

高橋さん:
 ガチなやつじゃん! 収録のときに「ねー見て! カッコいいでしょ!」ってファイルやブロマイドを見せられます(笑)。

すずきさん:
 私は食べ物です。餌付けをされるとすぐに心を開いちゃいます。また,周りの人からしっかり者と思われているのか「すずきさん」と呼ばれることが多いんです。ラジオでも「花林ちゃん」「ほーちゃん」と呼ばれるなか,私だけ「すずきさん」と書かれていることがあるので,「すずきさん」じゃなくて「ももちゃん」と呼ばれると,心を開いてしまいます(笑)。

――イベント内でもハロウィンの話題が出てきましたが,みなさんのハロウィンの思い出はありますか?

井上さん:
 学童保育に通っていたのですが,そこでかぼちゃのランタンを作ったり,当日だけ仮装をしていろいろな地域にお菓子をもらいに行ったりしていました。

高橋さん:
 高校生のときはハロウィンやバレンタインになると,みんなでお菓子を持ち寄っていたんです。いつもだったら怒られるんですけど,先生もお菓子がもらえるから嬉しくて見逃してくれたりしました。また,仮装をしている子はクラスにもいましたね。不思議なカチューシャを付けていたりして,本来なら怒られるんですけど,先生も「今日はハロウィンだからね」と言って許してくれて。私はそんな子たちを「あぁ,パリピだなぁ」という顔で見ていました(笑)。あとかぼちゃのお菓子が美味しい! かぼちゃのアイスとか,かぼちゃのモンブランとかありますよね。

すずきさん:
 私もハロウィンの思い出は多くなくて,子供の頃も大々的に何かをやっていたわけでもないですし,高校のときも花林ちゃんと一緒で「あぁ,パリピだなぁ」と思って眺めていたタイプだったので……(笑)。でも仮装はしてみたいなと思います。ハロウィンが近づいてくると,いろいろなお店でコスチュームが並び始めるじゃないですか。それを見て「いいなぁ」と思っています。「こういう風に作られているんだ」と衣装を見るのが好きなので,お店のディスプレイや仮装の衣装を見て楽しむ側の人間です。


――最後に本作のファンへ向けてメッセージをお願いします。

高橋さん:
 今回,こうやって公開収録ができて嬉しく思います。それは部長のみなさんのおかげです,ありがとうございます! これからも「ギョギョラジ!」は続いていきますし,「ソラとウミのアイダ」も配信開始したばかりで,これからストーリーも増えていきますので,ぜひみなさんプレイしてみてください。よろしくお願いします!

井上さん:
 部長さんと一緒に公開収録をすることができて楽しかったです! 今回,私たちが着ていた法被も,部長さんに着てほしいですし,お客さんと一緒に何かをできる機会があればなと思います。そのときには,また部長さんに会いたいと思っております。ありがとうございました!

すずきさん:
 今回,初めての公開収録イベントということで,お越しいただきありがとうございました。「ギョギョラジ!」はまだ10回目なのに,こんなにも早く公開収録イベントを開催できたのは,応援してくれる部長さんあってこそだと思います。今日は初めて部長さんにお会いできた初めてのイベントだったんですけど,これから公開収録だけでなく,アプリ全体でもいろいろなイベントを通して,部長さんとたくさん触れ合っていきたいと思います。これからも「ソラとウミのアイダ」を応援していただければ嬉しいです。本日はありがとうございました。

――ありがとうございました。


「ソラとウミのアイダ」公式サイト

「ソラとウミのアイダ」ダウンロードページ

「ソラとウミのアイダ」ダウンロードページ

「ソラとウミのアイダ」公式Twitter

  • 関連タイトル:

    ソラとウミのアイダ

  • 関連タイトル:

    ソラとウミのアイダ

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月19日〜08月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
Days Gone (PS4)
76
55
DEAD OR ALIVE 6 (PS4)
53
Anthem (PC)
2019年02月〜2019年08月