オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
旋光の輪舞2公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「旋光の輪舞2」発売決定記念イベント「Reassembly from “DUO”」をレポート。DLCなどの新情報や「DUO」の再構築に至った経緯が語られた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/06/13 16:02

イベント

「旋光の輪舞2」発売決定記念イベント「Reassembly from “DUO”」をレポート。DLCなどの新情報や「DUO」の再構築に至った経緯が語られた

 キャラアニは2017年6月9日,9月7日に発売する「旋光の輪舞2」PC / PS4)の記念イベント「Reassembly from “DUO”」を渋谷のTOKYO CULTURE CULTUREで開催した。

「レーフが手伝った唐揚げ」など特別メニューの提供が行われた
旋光の輪舞2
 ステージには開発元であるグレフの丸山博幸氏と,海外でのパブリッシングを担当するデジカのジェームス・ラグ氏,出演声優の荒浪和沙さんが登壇。お笑いコンビ・BAN BAN BANの鮫島ヒロミさんによる司会進行のもと,開発エピソードなどが語られた。

乾杯の音頭でスタート

 丸山氏が語るところによると,本作は当初,対戦だけをフィーチャーした「旋光の輪舞DUO」Xbox 360/AC)のPC版として企画されていたが,Steamでの売上見込みに難があったほか,そこからさらなる続編を作っていく展望を持てなかったため,進行が停滞していたとのこと。それが,キャラアニとデジカの協力を得ることでさまざまなハードルが低くなり,「旋光の輪舞DUO」の再構築タイトルとして動き始めたという。

 本作のゲームシステムは,「旋光の輪舞DUO」から「100か所が変わっている」(丸山氏)とのこと。とくにPS4のスペックに応じた発射弾数の増加など,攻撃に関する変更が多いようだ。続編のために考えていたアイデアを実験的に盛り込んだため,攻防のテンポがスピードアップしており,「違うゲームになった」(丸山氏)という。

旋光の輪舞2 旋光の輪舞2
旋光の輪舞2 旋光の輪舞2

 初期状態のプレイアブルキャラクターは,パイロットとパートナーの組み合わせが固定となっている。アーケード版「旋光の輪舞DUO」のリリース当時は,キャラクター数などボリュームの多さでオペレータ(ゲームセンターの店員)にアピールするのが定石だったため,パイロット12人,機体性能2種,パートナー12人からの選択式としていたが,本作では遊びやすさを考慮して固定式にしたそうだ。
 ただ,任意のパートナーを選択するシステムの組み込みや掛け合い音声の収録は行われていて,リリース後のアップデートで開放するつもりだという。

台本はまとめると電話帳2冊以上の厚みがあり,背表紙を上にして持っても直立するほど
旋光の輪舞2
 初期の想定では,ストーリーのテキストやイラストは「旋光の輪舞DUO」のものを流用するつもりだったのだが,開発中に構想がどんどん膨らみ,結果的にテキストはほぼ全てリライト,イラストはHDに対応した新規のものが用意された。新たな音声を収録するための台本は分厚いものとなり,丸山氏いわく「(対戦型のゲームとしては)うちとアークシステムワークスさんくらい」と言えるほどのセリフ量になったそうだ。荒浪さんは受け取った台本に対し,「2,3時間の映画くらいの厚さ」があったと語っていた。

旋光の輪舞2

 別の記事でもお伝えしている通り,初代「旋光の輪舞」に登場したリリ・F・レヴィナスカレル・ヴェルフェルを追加するDLCの配信も発表された。披露されたプレイ映像は開発途中のものだったが,弾幕からステージ背景にいたるまで,繊密な再現が行われるという。

旋光の輪舞2 旋光の輪舞2
旋光の輪舞2 旋光の輪舞2

 イベント中盤では,ジェームス氏と荒浪さんに代わって,Yack.ことコンポーザの渡部恭久氏が登壇。丸山氏と本作の音楽面について語り,新曲の披露なども行った。また,本作には「旋光の輪舞 DESIRES ROULETTE SOUNDTRACK × NOVEL」の楽曲も収録されていることが明かされた。もともとは小説としてリリースされた「DESIRES ROULETTE」が本作でどのように演出されるのか,期待しよう。

終盤には,来場者参加による大会が行われた
旋光の輪舞2
上位入賞者には,描き下ろしのイラスト色紙が贈られた。優勝者には荒浪さんのサインも
旋光の輪舞2 旋光の輪舞2

 丸山氏はイベントを通して,「旋光の輪舞」というタイトルの“次”について何度も言及しており,言うなれば「旋光の輪舞3」に関しても非常に前向きな様子だった。その布石として重要な位置にあるうえ,「旋光の輪舞DUO」から大幅な刷新が施された「旋光の輪舞2」は,旧作をプレイし尽くした人でも要注目のタイトルだ。

「旋光の輪舞2」公式サイト

  • 関連タイトル:

    旋光の輪舞2

  • 関連タイトル:

    旋光の輪舞2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月20日〜07月21日