オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ストリートファイターV アーケードエディション公式サイトへ
  • カプコン
  • カプコン
  • 発売日:2018/01/18
  • 価格:パッケージ版:4990円(+税)
    ダウンロード版:4620円(+税)
    デラックス:7398円(+税)
読者の評価
45
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
87
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/09/13 13:31

イベント

[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 東京ゲームショウ2019の初日(2019年9月12日),カプコンブースにおいて,eスポーツの事業戦略を発表するステージイベントが開催された。代表取締役社長の辻本春弘氏や「ストリートファイター」シリーズ統括プロデューサーの小野義徳氏,インテル代表取締役社長の鈴木国正氏らが登壇し,多くの施策が発表されたイベントの模様をお届けする。

画像(001)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

「ストリートファイターV アーケードエディション」公式サイト


 ステージでは,始めにカプコンの代表取締役社長,辻本春弘氏が登壇し,オープニングの挨拶を行った。辻本氏は,9月11日に発表された「Intel World Open」に触れ,「ストリートファイターV」PS4 / PC / AC)が正式タイトルに選ばれたことを非常に名誉であり,光栄なことコメント。また,カプコン全社一丸となり,インテルに協力し,イベントが成功するように尽力すると話した。
関連記事

種目は「SFV」と「ロケットリーグ」。プロアマ問わない世界規模のeスポーツトーナメント「Intel World Open」が東京五輪直前に開催

種目は「SFV」と「ロケットリーグ」。プロアマ問わない世界規模のeスポーツトーナメント「Intel World Open」が東京五輪直前に開催

 2019年9月11日,Intelは,2020年7月24日に開幕する東京五輪に先立ち,国別対抗のeスポーツトーナメント「Intel World Open」を開催すると発表した。種目は「ストリートファイターV」と「ロケットリーグ」で,プロアマ問わず,世界各地のオンライン予選を勝ち抜いた選手で国別の代表チームを作り,東京で行なう大会で世界一を決めるという。

[2019/09/11 20:46]
 さらに辻本氏は,eスポーツを性別に年齢,身体能力やハンディキャップの有無を問わず,同じステージに立って競い合える夢のスポーツと捉えていると語った。また,一過性のブームにとどまらず,さらには賞金制の大会がメインではない,野球やサッカーと同じく世界的に普及するよう中長期な目線で参画しているとし,挨拶を締めくくった。

辻本春弘氏
画像(002)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 辻本氏の挨拶後には,インテルの代表取締役社長,鈴木国正氏が登壇し,「Intel World Open」開催の背景を説明。インテルは2006年から13年間にわたって,eスポーツ大会「Intel Extreme Masters」のメインスポンサーを務めており,eスポーツ業界の経験値をかなり積んでいると語った。

鈴木国正氏(写真右)
画像(003)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 そして,日本でも大きな盛り上がりを見せているeスポーツだが,世界から見ると全体の5%程度のマーケットに収まっており,今後さらに伸びていく業界だと話す。そういった環境の中で,より裾野を広げるために開催されるイベントが「Intel World Open」とのことだ。
 加えて,鈴木氏は日本において裾野を広げるのであれば,「ストリートファイター」シリーズを種目とすることが最良と考えているという。そこで今回カプコンへのラブコールにつながったとのこと。また,インテルは日本で開催される「Intel World Open」を皮切りに世界でも裾野を広げていきたいと考えており,辻本社長,カプコンと一緒に活動をしていきたいとも語っていた。

画像(004)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 2人の挨拶のあとには,「ストリートファイター」シリーズ統括プロデューサーの小野義徳氏が登壇し,「Intel World Open」における「ストリートファイターV」の大会実施内容の説明を行った。

小野義徳氏(写真右)
画像(005)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

大会概要
画像(006)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

画像(007)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
開催国の日本を除く12か国と8地域の代表は,最終予選にて7チームまでに絞られる。日本のみ,代表決定戦からそのまま決勝大会に進出できる仕組みとなっている
画像(008)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
こちらは国ごとの予選形式を示したロードマップだ。日本予選については現在協議中で,続報に期待してほしいとのことだった

 さらに小野氏は,日本最高峰のリーグ戦「ストリートファイターリーグ:Pro-JP」のイベント紹介を行った。こちらはビギナーやアマチュアのプレイヤーが,プロのステージに立つためのルートを作ることを目的に開催されている大会で,10月17日に第2期がスタートする。

ルーキーズキャラバン,アーケードリーグ,大学リーグ,プロライセンス保有プレイヤーから選抜された24人の内,12人がドラフト会議にて選出され,チームリーダーと共にリーグ戦を戦い抜くこととなる
画像(009)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表 画像(010)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

画像(011)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
チームリーダーの6人。いずれも日本を代表するトッププレイヤーだ
画像(012)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
ドラフト会議の模様は9月14日21時にOPENREC.tvで配信されるとのこと

ストリートファイターリーグ:Pro-JP優勝チームは,ストリートファイターリーグ:Pro-US優勝チームと戦うこととなり,勝利チームには9万ドルが賞金として授与される。なお,こちらのイベントは「Capcom Cup 2019」と同時に開催される
画像(013)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表 画像(014)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 また,小野氏は2020年度の「ストリートファイターリーグ:Pro-JP」の開催を発表し,あわせて2020年度に地方都市,企業をプロリーグの選手と結びつける施策を考えていると語った。

詳細は今後発表されていく予定で,興味のある企業はぜひカプコンに声をかけてほしいとのことだ
画像(015)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表 画像(016)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 小野氏は続いて,東京ゲームショウ2019で実施されるCAPCOM Pro Tour 2019 アジアプレミアの告知を行った。こちらの大会は14日に隣の国際会議場で予選が,15日にe-Sports X BLUE STAGEで決勝大会が開催されるという。

昨年の参加人数を大幅に上回る1000人以上の選手がエントリーしているとのこと
画像(017)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 ステージでは,次に大塚食品がストリートファイターリーグ:Pro-JPを協賛することが発表され,飲料事業部 副部長の小林一志氏が登壇。挨拶と共に協賛に至った経緯を語った。
 小林氏曰く,大塚食品とeスポーツの関りは2017から始まったという。大塚食品の商品を1人でも多くのeスポーツファンに知ってもらいたいという思いから,今回の協賛も含め,チームのスポンサーや大会支援を積極的に行っているとのことである。

小林一志氏(写真右)
画像(018)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 また,大塚食品がプロゲーマーとして活躍中のときど選手をスポンサードすることも発表された。なお,ときど選手は大塚食品の新商品である,BRAIN SPORTS DRINK「e3」のイメージキャラクターを務めており,壇上で実際に商品を試飲。「スッキリしていてとても飲みやすいので,エナジードリンクが苦手という人もぜひ試してほしい」とコメントを残した。

ときど選手(写真右)
画像(019)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

画像(020)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表 画像(021)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表
PC,モニタ,ヘッドセット,デスク,ゲーミングチェアがセットになったプレゼントキャンペーンが実施中。こちらは9月25日23:59が応募締め切りとなっている
画像(022)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

 そのほかに,ときど選手が出演する「e3」のCMも公開された。ときど選手はCMに出演することが初めてということで「どうなるか不安だったが,面白い内容に仕上がりました」とコメント。なお,こちらのCMはYouTubeでも公開されている。興味のある人はぜひチェックしておこう。


 最後に小野氏は,「本日紹介を行ったIntel World Open,ストリートファイターリーグ:Pro-JP,Capcom Cup 2019,大塚食品さんとのコラボレーションなど,日本や世界に向けたeスポーツの取り組みを真摯に行っています。今後も多くのプレイヤーやファンに興味を持ってもらえる場を提供していきますので,よろしくお願いします」とコメントし,ステージを締めくくった。

画像(023)[TGS 2019]カプコンのeスポーツ事業戦略発表ステージレポート。「Intel World Open」などの施策の詳細を発表

「ストリートファイターV アーケードエディション」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV アーケードエディション

  • 関連タイトル:

    ストリートファイターV タイプアーケード

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日