オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ディビジョン2公式サイトへ
読者の評価
82
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/01/18 13:13

ニュース

「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

 Ubisoft Entertainmentは,2019年3月15日の発売が予定されているアクションRPG「ディビジョン 2」PC/PlayStation 4/Xbox One)のプレイの様子などを収めた新たなトレイラーを公開した。


「ディビジョン2」公式サイト


 映像によれば,本作の「ダークゾーン」は,マップの西,東,そして南の3か所に用意されており,それぞれ最大12人のプレイヤーによるPvPをサポートするという。
 ゲームシステムにはさまざまな改良が加えられているが,大きなものとして「Normalization」がある。これは,PvPでベテランプレイヤーとビギナーとの差が圧倒的なものにならないよう,武器や装備の性能差を自動的に修正するという仕掛けだ。これによってプレイヤーに適度な緊張感を与えるだけでなく,チーム間でのコミュニケーションがより重要になり,待ち伏せや迂回など,チームワークを重視した戦いの比重が高くなるはずだ。

画像(003)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
画像(004)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに 画像(005)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

 ただし,「占領ダークゾーン」と呼ばれるイベントが発生した場合,Normalizationが解除されるだけでなく,敵や味方のアイコンも消去され,フレンドリーファイアがオンになるなど,ルールがシビアなものに変化するという。もちろん,この過酷な状況下で勝利した場合の報酬もより良いものになるので,PvPファンがレアアイテムの獲得を目指して挑戦することになるだろう。

画像(006)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

 ダークゾーンには「Thievery」という新しいシステムも導入される。プレイヤーはDZドロップやコンテナなどにハッキングし,中のものを盗み出すことが可能になり,これを繰り返すことで,プレイヤーに「Rogue」というステータスが与えられる。この段階で,頭上のアイコンが水色から白へ変わり,初めてほかのプレイヤーを攻撃できるようになる。
 「Rogue」としてほかのプレイヤーをキルすれば,プレイヤーには「Disavowed Rogue」という新たなステータスが与えられ,アイコンが赤に変わる。このため,ほかのプレイヤーにとって見つけやすい存在になってしまうが,その状態でサバイバルし続けると,さらに「Manhunt Rogue」というステータスに変化し,アイコンは黄色くなる。ステータスの高い「Rogue」を倒すほどより良い報酬が得られるため,ほかのプレイヤーの攻撃に晒されるのは間違いないが,用意されたターミナルにアクセスすることなどで,「Rogue」状態をクリーンにできるとのことだ。

画像(007)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
画像(008)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに 画像(009)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
画像(010)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに 画像(011)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
画像(012)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

 ダークゾーン以外でPvPを楽しみたい場合は,「Conflict」にアクセスすることになる。3つのマップで,「スカーミッシュ」と「ドミネーション」という2つのモードが楽しめる。このPvPモードにも上記のようにNormalizationシステムが用意されるほか,スキルベースのマッチメイキングが導入されるとのことだ。レベルアップはConflict独自のものになっており,シンプルにほかのプレイヤーと戦いたい場合は,こちらにアクセスするといいだろう。
 詳しくは,以下のリリース文を参照してほしい。

画像(013)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに
画像(014)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>




『ディビジョン2』
ダークゾーンの詳細

&
マルチプレイトレーラー公開

画像(015)「ディビジョン 2」の最新トレイラー公開。3つのダークゾーンのほか,新たなシステムも明らかに

 ユービーアイソフト株式会社(東京都渋谷区/代表取締役社長スティーヴ・ミラー)は、オンラインRPGゲーム『ディビジョン2』で搭載されるダークゾーンの詳細とマルチプレイトレーラーを公開いたします。

 前作でも搭載されたPvPvEエリア「ダークゾーン」。『ディビジョン2』ではコミュニティのフィードバックを受け、さらなる改良を重ねてより楽しんでいただけるエリアとなります。

3種類のダークゾーン
3種類のダークゾーンにはそれぞれに独特の物語があり、新しいプレイスタイルを促すものになるでしょう
  • ダークゾーンイースト……3つあるダークゾーンの中で最も広く、プレイヤーは生い茂った政府の公園で、遠くまで見渡せる環境を活用することになります
  • ダークゾーンサウス……最も小さなダークゾーンで、接近戦に重点が置かれています。大きなオブジェクトや難所があり、狭い視界の中で戦うことになるでしょう
  • ダークゾーンウェスト……大きな運河によって2つに分けられたジョージタウンは、中距離での交戦とヨーロッパ式建築が特徴的です

ダークゾーンでのプレイ
プレイヤーが同時に12人まで入れるダークゾーンを作りました。『ディビジョン2』での最大プレイヤー数を半分に減らした一方で、ダークゾーンの全体サイズも3分の1に減らして、プレイヤーの密度を高めました。これにより、ダークゾーンでのエンカウントの質が向上し、より充実したゲームを楽しめるようになります。

PERKシステム
ダークゾーンのレベルが前作以上に重要になります。ダークゾーンPERKをプレイスタイルに応じてアンロックすることで幅広い遊び方が出来るようになります。汚染アイテム用の追加スペースから、ローグエージェント用の報酬増加、または略奪できる機会の追加にいたるまで、様々なPERKの中から自分の『ディビジョン2』の楽しみ方に合ったものを選ぶことが可能です。ただし、ローグとしてダークゾーンで死亡すると、払う代償は非常に大きくなってしまいます。

ダークゾーンでのマッチメイキング
ダークゾーンでのマッチメイキングは2つの異なる区分で行われます。一方では、プレイヤーはレベル別(1〜10、11〜20、21〜30)にマッチメイクされ、同じパワーレベルに標準化されます。もう一方では、ワールドクラスに到達した全プレイヤーがマッチメイクされ、同一のワールドクラスに標準化されます。標準化されたパワーレベルを上回るプレイヤーには、プレイ時間に対する報酬としてボーナス値が適用されます。

コンフリクト
SHDエージェントとローグエージェントに分かれ、ダークゾーンの中で4vs4対戦のPvPモード「ドミネーション」と「スカーミッシュ」をプレイすることが出来ます。ここでは、メインミッションとは異なる3つのマップを使用することになります。ここで手に入れた報酬はメインミッションに持ち帰って使用することが出来ます。
  • ドミネーション……3つのエリアの支配権を奪い合うモード。自らのスキルとツールボックスを活用してエリアを確保したり、指定アクションで敵チームを倒しましょう
  • スカーミッシュ……敵チームを回復不能な状態にするモード。複雑で繊細な戦略を必要とするため、仲間とのコミュニケーションが不可欠です。

その他ダークゾーンについての新情報は下記ページをご覧ください
URL:https://tomclancy-thedivision.ubisoft.com/game/ja-jp/news-updates/342558/intelligence-annex-welcome-to-the-dark-zones 

<マルチプレイトレーラー「ダークゾーン&コンフリクト」>
URL:https://youtu.be/su6qMfyvf7E
  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • 関連タイトル:

    ディビジョン2

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月22日〜04月23日