オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/13 10:00

連載

初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

画像集#010のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

スマートフォンには相当な数のゲームが存在しているが,「じゃあ,どれが面白いの?」「そもそも,数が多すぎて好みのタイトルが探せない!」と思っている人も少なくないはず。そんな問題を解決すべく,スタートした連載が「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」だ。話題の新作タイトルからネタ要素多めのオモシロ系まで,スマートフォンのゲームを片っ端からプレイして(ほぼ)毎日お届けする。

 本日の「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」では,ヒットマン気分を味わえる,スマホ向けシューティングゲーム「Mr Gun」iOS / Android)を紹介しよう。タップ操作のみで楽しめる,シンプルな作品だ。

アプリは無料でダウンロードできる。暗殺稼業のハードな世界観だが,雰囲気はカジュアルそのもの
画像集#001のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回 画像集#002のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

「Mr Gun」ダウンロードページ

「Mr Gun」ダウンロードページ


 ゲームをはじめたら,手持ちの銃の射撃角度が変化する中,プレイヤーはタイミングよく画面をタップして敵ヒットマンを撃ち抜いていく。ヘッドショットを決めるとスコアが倍増し,ボーナスでコインもゲットできる。ただし,弾を外すと容赦なく反撃されゲームオーバーとなってしまう。一発必中を心がけよう。

ステージのラストには,ブラックリストに載ったボスが登場。耐久力が高く,連続で弾をヒットさせないと倒せない
画像集#003のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回 画像集#004のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

 ステージボスを倒すとクリアとなり,次のステージへと移行する。また,ブラックリストに載っているボスをすべて倒すと,コインや武器が報酬として獲得できる。ルーレット形式なので,望みのアイテムをゲットできるかは運次第だ。

武器はブラックリストの報酬のほか,コインなどでもアンロックできる。それぞれ個性的な性能なので,プレイスタイルに合った得物を選ぼう
画像集#005のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回 画像集#006のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

 プレイヤーキャラクターはカスタマイズすることができ,プレイ中の実績やログインボーナスなどで衣装が開放されていく。中には元ネタが存在するものもあるので,考察しながら選ぶのも一興だ。

広告視聴やSS投稿などで時短要素を利用できる。プレイに行き詰まりを感じたら利用してみるのもいい
画像集#007のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回 画像集#008のサムネイル/初手で仕留めねばやられるのみ。スマホ向けシューティング「Mr Gun」を紹介する「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」第1738回

 タイミングよくタップするだけのゲームながら,シンプルさと小気味の良さでついつい手を伸ばしてしまう本作。暇つぶし用としても,長く遊ぶ用としてもうってつけなので,気になる人はぜひダウンロードしてほしい。

著者紹介:瑞嶋カツヒロ
 Wikipediaに記事があることを密かに誇りに思ってしまうおじさん。好きなものは銃(ドンパチ)・病原菌(ゾンビ)・鉄(巨大ロボ)。思春期にTFCに傾倒したのが運の尽き,”キャプチャー・ザ・フラッグ”こそ最高のゲームモードと考えるようになった。早くVRで魔法少女になりたい。

「(ほぼ)日刊スマホゲーム通信」記事一覧

  • 関連タイトル:

    Mr Gun

  • 関連タイトル:

    Mr Gun

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月22日〜01月23日
タイトル評価ランキング
75
原神 (PC)
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
46
V4 (iPhone)
2020年07月〜2021年01月