オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
CONTROL公式サイトへ
レビューを書く
準備中
CONTROL
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/03/21 18:55

イベント

[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 505 Gamesが2019年内に発売を予定している「Control」PC/PS4/Xbox One)は,「Alan Wake」「Quantum Break」を制作したRemedy Entertainmentの最新作となるアクションアドベンチャーだ。
 過去2作と同様に超自然現象をテーマとした本作では,重力が捻じ曲げられ,人間が獰猛なクリーチャーになるといった事件が起こるニューヨークを舞台に,連邦管理局の女性エージェントである主人公,ジェシー・フェイデンの物語が描かれる。

画像(001)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 アメリカのサンフランシスコで開催中の「Game Developers Conference 2019」(GDC 2019)では,そんな本作のキャラクターの衣装制作をテーマとしたセッション「Costume in Games: Integrating a Costume Designer into the Character Pipeline」が開かれた。
 登壇したのは,本作でコスチュームアーティストを務めるHeli Salomaa氏。演劇やパフォーマーの衣装デザイナーとして活躍したのち,VRやアニメといった仮想空間における衣装デザインの修士論文を執筆して,2016年にゲーム業界入りしたという面白い経歴を持つ人物だ。

画像(002)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 ゲーム業界での作業の流れを知らない状態でキャリアをスタートしたHeli Salomaa氏は,これまで自身が身を置いた演劇業界との類似点と相違点を学びながら,ゲームにおける衣装制作の新たなプロセス作りを目指したという。論文執筆時点では「ゲームのキャラクターデザイナーの仕事は,舞台の衣装デザイナーと似ている」と感じていたようだ。

画像(003)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 ファッションのデザインと衣装のデザインはしばしば混同されるが,その2つは大きく異なるという。ファッションではそれを手にする人たちに向けてデザインされるが,映画や舞台などの衣装デザインは,登場人物の年齢や趣向,その世界で生きる人間としての背景といったものを意識して行われる。そういった点から,ゲームの世界で生活する人物を制作するキャラクターデザイナーは,ファッションデザイナーよりも衣装デザイナーに近いものと感じたというわけだ。

画像(016)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 Heli Salomaa氏は,実際にゲームのキャラクター制作の現場に入ってみると,その感覚に間違いはなかったと語る。キャラクターを分析,研究し,参考資料を作り,デザインを共有するムードボードを作成。そこからコンセプトアートを作るというプリプロダクションの流れは,細かいところに違いはあれど,演劇の衣装デザインと同じような流れだったという。

画像(008)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート 画像(009)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
画像(010)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 一方で,企画が実際に動き出してからは,作業工程は異なると感じたようだ。演劇の衣装の場合,ここから衣装デザイナー以外にもパタンナーや仕立て屋,靴職人といった各分野の担当者が関わり,パターン作成や衣服の製造,試着やリハーサルを経て完成するが,それらに該当する作業をキャラクターデザイナーたちが行なっていたのだ。

画像(004)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 Heli Salomaa氏は,デザインチームに所属して,プリプロダクションでのキャラクター分析やコンセプト作成を行うに際し,「(企画が本格的に動いてから)自分に何ができるのか理解する必要があった」と当時の苦労を語る。
 たがそれでも,アクション時の衣服の布の動き,ゲームで描かれている時代や場所,仕事や立場によって違うNPCの服装など,さまざまなキャラクター制作作業に関わることができたという。これまでのデザインの経験が生かされ,リアリティある世界観作りに貢献したようだ。
 
画像(011)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
画像(012)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート 画像(013)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
画像(014)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート 画像(015)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

 ゲームの衣装デザインに関わったHeli Salomaa氏は,良いゲームを作るためということのほかに,「今後のゲーム開発者のサポートとなる方法論を作る」という目的を持っていたと語る。そしてこの経験を生かし,2018年からフィンランドの大学でデジタルコスチュームに関する講義を始めたそうだ。

 奥谷海人氏の連載「Access Accepted」の第600回でも取り上げられているが,本作は2019年内の注目のタイトルの1つとなっている。
 発売日はまだ確定しておらず,国内での販売があるかも不明だが,その世界観や物語だけではなく,キャラクターたちがまとう服装までもこだわり抜いているという本作の今後が楽しみだ。

画像(018)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート 画像(019)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
画像(020)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート 画像(021)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート
画像(022)[GDC 2019]演劇の衣装デザイナーが語るキャラクター衣装制作の現場。「Control」のセッションをレポート

「Control」公式サイト

  • 関連タイトル:

    CONTROL

  • 関連タイトル:

    CONTROL

  • 関連タイトル:

    CONTROL

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月23日〜10月24日