オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2021/09/17 12:00

連載

ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

画像集#001のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」
「すちーむ」ってなぁに?というよい子のみんな集まれー! 「ハロー! Steam広場」は,PCゲームのダウンロード販売サイトSteamで公開されている気になるタイトルを,筆者が独断と偏見でピックアップして紹介する,とっても有意義なコーナーだ。毎週欠かさずチェックすれば,ルマルシャンの箱を拾ったら躊躇なく開ける上級サバイバーにジョブチェンジできるかも。


※来週のハロー!Steam広場は,筆者取材のため休載いたします。次回は10月1日に掲載予定です。

ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」


 アーリーアクセスとは,開発途中のゲームを購入して,デバッガー兼プレイヤーとして参加できる,Steamの販売形態の1つだ。今回はオーストラリアのインディーズ系デベロッパ,Sbug Gamesが手掛ける「Webbed」を紹介しよう。

画像集#007のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

 本作はハエトリグモを主人公にした,2Dの横スクロールアクションゲームだ。物語は,恋人ならぬ恋グモが,アオアズマヤドリに連れ去られるところから始まる。なんとか彼女を助け出したいハエトリグモは,同じくアオアズマヤドリに悩まされるアリやガといった虫たちの協力を仰ぎながら,敵の根城(巣)を目指すことになる。

画像集#004のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

 ゲームの舞台は草木が生い茂る森林がメインだが,工場と化したアリの巣や,迷路のように入り組む木の内部といった場所に足を運ぶこともある。ゲームの難度は易しめで,ライフのようなものは存在せず,ダメージを受けるとすぐ近くで即座に復活する。何度失敗してもゲームオーバーにはならないので,そうしたところでストレスが溜まることはない。ストーリー的には一刻を争う状況だが,ゲーム自体の雰囲気はのほほんとしているので,肩の力を抜いてプレイできるだろう。

画像集#002のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

 そんな本作の特徴は,クモの糸を使った移動にある。本来,ハエトリグモは糸を張らない生き物だが,本作ではオブジェクト同士を糸でつないで自由に足場を作り出せる。糸は制限なしに好きなだけ放出できるので,歩くところがまったくないようなステージでも,足場には困らないというわけだ。
 糸を壁や天井に引っ掛けて,グラップリングフックのように使うこともできる。糸の飛距離はかなり長いので,移動は非常に快適だ。

画像集#006のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

 また,糸は自分より重い物を運んだり持ち上げたりするのにも使える。糸で物同士をつなげると,軽い物が重い物の方に引っ張られるので,壁とつなげれば横に,天井とつなげれば上に引き寄せられる。前述したとおり糸の数には制限がないので,一本だけではビクともしないような大物でも,糸を何十にも重ねればやがて動き出すわけだ。
 こうした糸の性質を利用する謎解きが本作にはたくさん用意されており,どれもひねりが効いていて面白い。

パイプと天井を糸で結び,パイプを持ち上げている様子。なんかやっていることがかわいい
画像集#005のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

てこの原理を利用したギミック。重りを片側に集めるのが面倒だったので,大量の糸で解決した
画像集#003のサムネイル/ハロー!Steam広場 第345回:ハエトリグモがかわいい横スクロールアクション「Webbed」

 そして,このゲームのハエトリグモはもう1つ特技を持っている。なんと目からビームを出せるのだ。このビームは,間違って張ってしまった糸を切るのに使えるほか,小さなオブジェクトであれば遠くにふっ飛ばせるので,糸で引っ張るよりも早く運べる。糸と同じくビームも無制限に撃てるので,うまく活用しよう。

 本作の魅力は,プレイヤーの思ったとおりに糸を使えるところにある。好きな場所に好きなだけ糸を張り巡らすことができ,クモになりきって遊べるのがシンプルに楽しい作品だと感じた。なによりハエトリグモの仕草が愛らしく,ほかの虫の近くで[Q]キーを押すとダンスができるなど,こうした遊び心もプレイヤーの胸をキュンと突いてくる。
 ちなみに,オプションの「クモきょうふしょう たいさくモード」をオンにすれば,主人公の見た目が毛玉みたいになるので,クモが苦手だという人も安心して遊んでみてほしい。



  • 関連タイトル:

    Steam

  • 関連タイトル:

    Webbed

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月18日〜10月19日
タイトル評価ランキング
67
DEKARON (PC)
63
BLESS UNLEASHED (PC)
54
Pokémon UNITE (Nintendo Switch)
21
2021年04月〜2021年10月