オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ノーラと刻の工房 霧の森の魔女公式サイトへ
  • アトラス
  • 発売日:2011/07/21
  • 価格:6279円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
76
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/08/06 00:00

インタビュー

「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載

 4Gamerを運営するAetasは,4年に1度のゲーム音楽フェス「4starオーケストラ2019」を,2019年8月11日に東京・大田区の片柳アリーナで開催する。

 これまでの4starオーケストラは“複数日程,複数会場,複数公演”だったが,今回は1枚のチケットで昼から夜まですべてのステージを楽しめる構成となった。ステージは大きく分けて,「4star2019 ensuite Wind Orchestra Stage」「4star2019 Street Stage」「4star2019 Primal Orchestra Stage」の三つだ。

 今回4Gamerでは,4starオーケストラ2019に出演するバンド「風とキャラバン」の神永大輔氏に,4star2019 Street Stageがどのようなステージになるのか聞いてみた。

画像(001)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載

4starオーケストラ2019 公式サイト



 風とキャラバンは,尺八奏者の神永氏を中心に結成されたバンドで,ケルトミュージックをはじめ,さまざまな民族音楽を取り入れた独自のスタイルでゲーム音楽を演奏している。
 バンドのメンバーは,それまでにも一緒に活動していたが,2016年にあらためて風とキャラバンという名を冠しライブを行った。そのときは8人編成だったが,2回めのライブとなる今回の4star2019 Street Stageには,フィドル(ヴァイオリン),アコースティックギター,アイルランドの太鼓・バウロン,そして尺八という4人編成で出演するとのことだ。

画像(002)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載
神永大輔氏(以下,神永氏):
 僕はもともとゲーム音楽が大好きで,子供の頃はピアノで演奏していたんです。中でも民族音楽調の曲に使われる笛の不思議な音が好きで,その音に近いアイルランドの笛に憧れていました。
 そんな中,大学で尺八に出会い「これはすごくケルト的な表現,ひいてはゲーム音楽に向いている楽器じゃないか」と思ったんです。とくに日本のゲーム音楽の場合,アイルランド風,ケルトミュージック風とは言っても,日本人の耳になじみやすいように作られています。
 その流れで風とキャラバンでは,僕の尺八が加わることで,より“日本人が思い浮かべる民族音楽”を実現できるんじゃないかと考えたんです。


 尺八とめぐり会った神永氏は,1人あるいはギターとのコンビによって高円寺などでストリートライブを行っていたという。またコンサートなどで海外に出向いたときにも,路上で演奏を披露することがあったそうだ。

神永氏:
 ストリートでは,いろんな人が関わってくる“身軽さ”を体感できるんです。ゲーム音楽を尺八で吹いていると,とくに海外だと「その曲知ってる」と声をかけてくれたり,楽器を持っている人は一緒に演奏してくれたりするんです。
 また,アイルランドのパブでは,皆で同じテーブルを囲みお酒を飲みながら,演奏できる人は演奏する,踊れる人は踊るんです。奏者と観客の垣根があまりないんですよ。4star2019 Street Stageでは,そういったストリートの自然発生的な雰囲気を作り出せないかと考えました。

画像(003)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載


 こうした神永氏のアイデアのもと,4star2019 Street Stageでは,風とキャラバンのメンバーだけでなく,ピアノ連弾ユニットの「めろらん」と,口笛世界大会2018優勝者の口笛奏者・YOKOさんが演奏を披露する予定だ。
 神永氏1人が尺八を吹いているところに,ほかの奏者が徐々に加わってくるという演出などを通じて,神永氏が路上で感じた雰囲気を再現するとのこと。とくにYOKOさんの口笛は,このステージの聴きどころの一つになるそうだ。

画像(004)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載
神永氏:
 ゲーム音楽には,いい曲がたくさんあります。それを伝えたくて,子供の頃は部屋の窓を開けてゲーム音楽を演奏していました。「こんなに素晴らしい曲があるのに,何でみんなは知らないんだろう」って。
 今の僕は,風とキャラバンのほかにもいろんな音楽活動に取り組んでいますが,もとをたどるとゲーム音楽がきっかけということもたくさんあります。また僕と同じ30代半ばの世代は,ゲーム音楽に慣れ親しんできた人が多いと思います。
 いい音楽を聴く喜び,それを演奏する喜び,聴いてもらう喜び,その場を共有する喜び……。そういったものを,4star2019 Street Stageでは奏者と観客の皆さんで作り上げていきたいですね。


画像(008)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載
 4star2019 Street Stageで披露する楽曲は,十数曲を予定。そのうち,何曲かはメドレーになるという。
 具体的には,まず風とキャラバンのアルバム「はじまりの風-CROSSROAD-」に収録されている「ノーラと刻の工房 霧の森の魔女」「WILD ARMS」シリーズの楽曲を演奏するそうだ。

神永氏:
 「ノーラと刻の工房 霧の森の魔女」の曲は,ケルトミュージックと相性がいいんです。また,同じなるけみちこさん作曲の「WILD ARMS」の曲も演奏します。
 そして「ゼノギアス」のアレンジアルバム「creid」に収録された「Balto」も演奏します。この曲は,今回の風とキャラバンの4人で演奏するとすごく楽しいんです。


 ほかにも「FINAL FANTASY」シリーズ,「MOTHER」シリーズ,「クロノ・クロス」の楽曲に加え,めろらんのピアノの演奏が映える「ヴィーナス&ブレイブス〜魔女と女神と滅びの予言〜」の「Waltz for Ariah」を演奏するとのこと。

神永氏:
 「MOTHER」の「エイトメロディーズ」は,僕が小学校5年生のときに音楽の教科書に載っていたんです。当時はこの曲がゲーム音楽だと知らなかったんですが,リコーダーや鍵盤ハーモニカなどで合奏して「なんて美しいメロディなんだろう」と思っていました。のちにゲーム音楽だと知ったときには,「自分はどれだけゲーム音楽が好きなんだ」と思いましたね(笑)。僕の葬式で,ぜひ流してほしいくらい好きな曲です。

画像(005)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載

 会場では,上記の風とキャラバンのアルバムやグッズも販売される。今回,新たにマグカップがグッズのラインナップに加わるとのことだ。
 さらに4star2019 Street Stageでは,演奏に加え,ゲストに「ゲーム音楽ディスクガイド」を監修した田中“hally”治久氏を招いたトークショーも行う予定であるという。
 本稿を読んで4star2019 Street Stageに興味を持った人は,ぜひ会場に足を運んでほしい。

 最後に,神永氏からのメッセージを掲載して本稿の締めとしよう。

神永氏:
 今回,風とキャラバンは4人,めろらんとYOKOさんを加えても最大7人という少ない編成ですが,それでもこれだけのグルーヴを生み出せるというところをご覧いただけると思います。ぜひ期待してください。

4starオーケストラ2019総合監督の斉藤健二(左)と神永大輔氏(右)
画像(006)「4star2019 Street Stage」が再現を目指す雰囲気とは。ゲーム音楽を民族音楽風アレンジで演奏する「風とキャラバン」の神永大輔氏へのインタビューを掲載

ローソンチケットの「4starオーケストラ2019」チケット情報ページ

イープラスの「4starオーケストラ2019」チケット情報ページ

チケットぴあの「4starオーケストラ2019」チケット情報ページ


「4starオーケストラ2019」公式サイト


4年に1度のゲーム音楽フェス『4starオーケストラ2019』


【開催日程】
2019年8月11日(日)
開場:12時30分
開演:13時15分
終演予定:18時00分

【会場】
片柳アリーナ

[最寄り駅]
JR京浜東北線、東急池上線、東急多摩川線「蒲田駅」
蒲田駅西口より徒歩2分

【チケット】
SSシート(1Fセンター):1万6800円
Sシート(1Fサイド・後方): 1万4800円
Aシート(2Fサイド):1万2800円
Afterシート(15:30より入場可):9,800円
大学生・専門学生以下シート:6,800円
Playersシート(演奏参加・2Fステージ寄り・見切れ席):1万4800円

※税込 ※全席指定 ※未就学児入場不可
※SSシート(1Fセンター)は、ローソンチケットのみの販売となります。
※Playersシートは、ステージの一部が見えづらいお席となります。
※Afterシートの入場開始時間は公演内容により前後する場合がございます。
※大学生・専門学生以下シートは、ご入場時に学生証の提示をお願いする場合がございます。

[チケット一般販売]
7月6日(土)〜

チケット販売サイト
ローソンチケット:
https://l-tike.com/4star2019/
イープラス:
https://eplus.jp/sf/detail/2997020001-P0030001
チケットぴあ:
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1928301

【出演者】
古代祐三(ゲスト)、柳川和樹(ゲスト)、麻生かほ里(ゲストボーカル)、志村健一(指揮)、竹内健人(指揮)、LaiD Back Gorilla(バンド)、風とキャラバン(尺八、フィドル、アコースティックギター、バウロン)、4star2019 Primal Orchestra(オーケストラ)、4star2019 ensuite Wind Orchestra(吹奏楽) ほか

※出演者や演奏予定のゲームタイトル、楽曲は順次更新してまいります。

【主催】Aetas株式会社
【制作】エイベックス・エンタテインメント株式会社

【お問い合わせ】
公演に関するお問い合わせは、下記宛てにご連絡ください。

HOT STUFF PROMOTION
03-5720-9999(平日12:00-18:00)
http://www.red-hot.ne.jp
※【お願い】会場へのお問い合わせはご遠慮ください。

【4年に1度のゲーム音楽フェス『4starオーケストラ2019』公式サイト・ツイッター】
http://www.2083.jp/4star2019/
https://twitter.com/2083info
  • 関連タイトル:

    ノーラと刻の工房 霧の森の魔女

  • 関連タイトル:

    ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

  • 関連タイトル:

    ワイルドアームズ ミリオンメモリーズ

  • 関連タイトル:

    ヴィーナス&ブレイブス 〜魔女と女神と滅びの予言〜

  • 関連タイトル:

    MOTHER

  • この記事のURL:
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日
タイトル評価ランキング
81
KENGOHAZARD2 (PC)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
76
Days Gone (PS4)
74
2019年03月〜2019年09月