オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
EVE Online公式サイトへ
  • CCP Games
  • 発売日:2012/03/29
  • 価格:月額14.95ドル
読者の評価
89
投稿数:48
レビューを投稿する
準備中
EVE Online
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2019/11/15 13:59

インタビュー

[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた

 韓国・釜山で開幕したゲームショウ「G-Star 2019」のPearl Abyssブースに,CCP GamesのSF MMORPG「EVE Online」が大々的に出展されている。

 4Gamerでも以前お伝えしているが,Pearl Abyssは2018年9月にCCP Gamesの買収を行っている。その後,EVE Onlinの韓国語版のローカライズ作業が行われ,G-Star 2019のタイミングで正式サービスを迎えたという。

画像(001)[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた

 Pearl AbyssはG-Star 2019で新作タイトルを4作品紹介し(関連記事),ブースにはEVE Onlineも出展している。「Pearl Abyss=黒い砂漠のゲームメーカー」という認識をなんとなく持つ4Gamer読者も多いかもしれないが,筆者は今回のG-Starの取材を通じて,同社のパブリッシャとしての存在感が大きく高まった。

 今回は,EVE Onlineのブースを訪れていたCCP GamesのCEO,Hilmar Veigar Petursson氏にインタビューを実施。EVE Onlineの韓国のゲームファンに向けてのアプローチや,Pearl Abyss傘下になったことによる影響,そして,EVE Online日本語版のリスタートの可能性など,さまざまな話を聞いてみた。Pearl Abyss JP(日本支社)のCEOである李正攝氏も同席してくれたインタビューの内容をお伝えしよう。

G-Star 2019で「EVE Online」韓国語版をアピール


4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。
 今回のG-Starで,EVE Onlineの韓国語版が大々的に出展されていますが,来場客の反応を見て,感想はいかがですか。

CCP GamesのCEO,Hilmar Veigar Petursson氏
画像(002)[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた
Petursson氏:
 韓国語版のローカライズ作業に着手する前に,この国におけるゲームマーケットを詳しく調査しました。韓国は昔からPCゲームが広く親しまれており,またMMORPGも「風の王国」に始まる,非常に長い歴史があります。EVE Onlineには長年培った運営ノウハウがあり,韓国のゲームファンとの相性も良いと信じています。

4Gamer:
 韓国,といいますかアジア圏におけるSFに対する認識度において,不安のようなものはありましたか。

Petursson氏:
 そこに関しては,とくに不安視はしていません。MMORPGでもっとも大事なのはゲームシステムやバランス,そしてコミュニティですから。
 SFという世界観は確かに少し珍しいかもしれませんが,むしろ,それが新鮮な印象を与えることにもつながります。ですので,今回のイベント出展を通じて,EVE Onlineの魅力を多くの人に向けてアピールしたいですね。

4Gamer:
 CCP Gamesは世界各地でオフラインイベントを頻繁に開催していますよね。ここまでイベントに注力する狙いについて,あらためて教えてください。

Petursson氏:
 EVE Onlineのサービスを始めてから16年が経過しました。今も非常に多くのプレイヤーが楽しんでくれていますが,そのもっとも大きな理由のひとつは,ゲーム内で培ったコミュニティにあると思うんです。ですので,EVE Onlineのコミュニティをもっと深く満喫するために,我々に何ができるのかを常に考えています。その答えのひとつが,オフラインイベントなんです。

4Gamer:
 そのことを感じていても,ワールドツアーの規模になると,相当な費用が掛かるでしょうし,二の足を踏んでしまうメーカーも多そうです。

Petursson氏:
 確かにそうかもしれません。費用のほかにも,ゲームのアップデートも両立せねばなりませんからね。「オフラインイベントにかまけてないで,もっとゲーム内のアップデートに専念してくれ!」と言われてへこむこともありますし,イベントを開催することにプレッシャーも感じています。しかし,それでも私たちはオフラインイベントを続けたいんですよ。

画像(004)[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた

Pearl Abyssによる買収から1年が経過


4Gamer:
 2018年9月にCCP GamesがPearl Abyssに傘下に加わりました。どういった点が決め手になって,Pearl Abyssを選ばれたのでしょうか。

Petursson氏:
 当時,CCP Gamesに協力してくれるさまざまな会社を調べていました。ですが,オンラインゲームやMMORPGに対して真剣に考えるところって,それほど多くないんですよ。そういったなか,韓国にPearl Abyssという会社があることを知りました。

 Pearl Abyssは若い会社ですが,MMORPGのマーケットに精通し,非常に高い技術力を持ち,ワールドワイド展開を重視しています。このようなメーカーの存在は世界的に見ても,すごく珍しいです。この会社であれば,タッグを組むことで双方がシナジーを得られると考えたのが決め手になりました。

4Gamer:
 Pearl Abyssの傘下に入ってから1年が経過しましたが,それによって開発体制などに大きな変化はありましたか。

Petursson氏:
 いえ,それはまったくないですね。

4Gamer:
 あらためて,CCP Gamesから見たPearl Abyssという会社に対する印象をお聞かせください。

Petursson氏:
 Pearl Abyssはスタッフが若くエネルギッシュで,そしてMMORPGで成功しています。その姿は,かつてCCP Gamesを設立した頃に近いものがありますね。そのためか,個人的には彼らと一緒に仕事をすることで,自分も若返ったような気分になれるんですよ(笑)。それによって,もっとEVE Onlineの開発をがんばろう! と奮起することもありますし,彼らのことはリスペクトしています。


EVE Onlineに関連した複数のタイトルを開発中


4Gamer:
 CCP Gamesの新作タイトルについて,開発状況などを聞かせてください。
 まず,今年5月に発表された「EVE:Echoes」について,あらためての紹介をお願いします。

関連記事

「EVE Online」のIPを使った「EVE:Echoes」の続報や,「風ノ旅ビト」開発会社の新作も登場。NetEaseのカンファレンスレポート

「EVE Online」のIPを使った「EVE:Echoes」の続報や,「風ノ旅ビト」開発会社の新作も登場。NetEaseのカンファレンスレポート

 NetEaseは,2019年5月20日中国・広州でカンファレンスを開催し,約50タイトルを一挙に紹介した。同社はアジア向けだけでなく,グローバル向けの展開も積極的に行っているのだが,本稿では,その方向性に沿った作品を3本,ピックアップして紹介しよう。

[2019/05/22 14:38]

Petursson氏:
 EVE:Echoesは,EVE Onlineのスマートフォン版ともいうべきゲームです。これまで約3年をかけて開発しており,今年の12月に中国を皮切りにソフトローンチする予定です。
 また,かなり大規模なゲーム内容となっていることから,スマホ以外のプラットフォームにも展開できないか,検討しているところです。

4Gamer:
 そのほかには,「EVE Aether Wars」という作品もありますね。

Petursson氏:
 EVE:Aether Warsは,社内で研究しているさまざまな技術を,とりあえず形にしてみたプロジェクトです。従来だと,最多で同時6000人のバトルを行えていたのですが,EVE:Aether Warsによって1万人を目指せるようになっています。
 ただ,これはゲームというよりプロトタイプと呼ぶべきもので,アプリとしてのリリース予定は今のところありません。


4Gamer:
 では,「War of Ascension」の状況はいかがでしょうか。

Petursson氏:
 War of Ascensionに関しては,その開発リソースをEVE Onlineに集中させるべく,現在は一時停止しています。プロジェクトが終わったわけではなく,再開する可能性おありますが,今のところはなんとも言えないですね。

4Gamer:
 「Project Nova」なんてのもありますよね。

Petursson氏:
 それは,SF系のMMOゲームとして新規開発中のタイトルです。いま話せる情報はこれだけです(笑)

画像(005)[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた


EVE Online日本語版のリスタートの可能性は?


4Gamer:
 日本のメディアとしては,EVE Online日本語版についても聞かねばなりません。
 EVE Online日本語版は,Nexonが2012年から2017年までサービスを行っていましたが,現在は終了しています。日本の熱心ファンは,いまも再開を心待ちにしていると思います。

Petursson氏:
 そうですよね。CCP Gamesとしては前向きに考えています。
 今回,EVE Online韓国語版をローンチしたことがきっかけで,状況が好転してくれることに期待したいですね。

4Gamer:
 Pearl Abyssは今後,日本支社に力を入れる構えだと聞いています。ですが,現在同社が展開しているタイトルは「黒い砂漠MOBILE」と「黒い砂漠」PS4版のみと,それほど多くはありません。また,「Pearl Abyss Connect」では4タイトルが発表されていますが,これらが仮に日本でローンチされるとしても,まだまだ先の話になりそうです。
 そういったなか,EVE Onlineはゲームとして完成されており,過去には日本展開された実績もあります。開発会社と運営会社の双方にとって,サービスの手間が大きくかからないように見えますが。

Petursson氏:
 (隣に座っているPearl Abyss JPのCEOに向かって)この考え方には私も同感なんだけど,どう思います?

李正攝氏:
 いまの時点で断言はできませんが,これから検討しますよ。
 今回,EVE Online韓国語版のローンチが行われますが,韓国のゲーマーがどのように受け入れるのか,Pearl Abyss日本支社としても注視しています。

 おっしゃるようにEVE Onlineは非常に長い期間サービスが行われており,SF MMORPGとしてオンリーワンといえる存在です。私の一存で決められるわけではないものの,もしこのようなタイトルを担当できたらとても光栄ですね。

Petursson氏:
 嬉しいこと言ってくれるね! 一緒に写真を撮ろう!(笑)

4Gamer:
 撮りますよ〜。はい,チーズ!

CCP Games CEO Hilmar Veigar Petursson氏(左)とPearl Abyss JPのCEO,李正攝氏(右)
画像(003)[G-Star 2019]「EVE Online」日本語版のリスタートの可能性は? CCP GamesとPearl Abyss日本支社のトップに聞いてみた

4Gamer:
 というわけで,そろそろお時間のようなので,最後にEVE Universeのビジョンを聞かせてください。

Petursson氏:
 EVE Onlineのサービスを永遠に続けたいですね!

4Gamer:
 そのためにも,Pearl Abyss JPによるリスタートに期待したいですね。
 本日はありがとうございました。

「G-Star 2019」記事一覧

  • 関連タイトル:

    EVE Online

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/11/20)
Eve (Gollancz)
amazon価格:7889円
Book
The Art of Eve
amazon価格:19082円
Book

EVE ONLINE(R) ゲームタイムカード 50
amazon
Software
発売日:2008-07-18

4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日