オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ファンタテニス公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:2
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
「ファンタテニス」の4回連続大規模アップデートについて話を聞いてみた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/09/28 20:37

インタビュー

「ファンタテニス」の4回連続大規模アップデートについて話を聞いてみた

ファンタテニス
 ソリッドネットワークスが運営するオンラインテニスゲーム「ファンタテニス」で,4回連続で行われる大規模アップデートが,9月6日から2週間ごとに実施されている。すでにニュースでもお伝えしているが,その第1弾として9月6日に「クラブシステム」「オブザーバー(観戦)システム」「ランキングシステム」が,9月20日に第2弾となる「ガーディアンバトル」が実装された。次回,第3弾以降のアップデートでは,アイコンだけは表示されていたが,今まで未実装だった機能もいよいよ追加されるという。
 4Gamerはソリッドネットワークスを訪問し,同社の事業運営本部 大木裕氏,永谷典之氏に,今回のアップデートに関する詳しい話をうかがってきた。まずは実装された目玉の新機能と,今後のアップデートについてまとめておこう。

協力プレイで打倒ガーディアンを目指す

「ガーディアンバトル」モード


ファンタテニス
ファンタテニス
 9月20日のアップデート第2弾で実装された,新たな対戦モード「ガーディアンバトル」は,プレイヤー対ガーディアン(NPC)の試合が行える,今までにないスタイルのゲームモードだ。もともとファンタテニスには通常のテニスのルールに加えて,魔法が飛び交う「バトルモード」という一風変わった対戦モードが用意されており,ガーディアンバトルはこれをベースにしたもの。最大でプレイヤー4人vs.ガーディアン3人が一つのコート上で戦えるのが特徴で,もはやテニスとは呼べないほどの,凄まじいゲームモードである。
 出現するガーディアンはコートごとに異なり,プレイヤーのレベルや戦績に合わせて強さが自動調整されるため,場合によってはプレイヤー1人に対し,ガーディアンは2人ということも。ガーディアンを打ち負かせば,経験値と合成のための素材が手に入り,こちらもコートごとに手に入る種類が異なっている。中にはレベル制限のあるボスクラスのガーディアンもいるので,9月16日に実装されたクラブシステムの仲間と共に,打倒ガーディアンを目標に掲げてみるのはいかがだろう。

10月以降のアップデート内容を公開


 続いて10月4日以降に予定されているアップデート内容について触れていく。なお,実装される順番などは今のところ未定なので,そういった情報は今後の情報を楽しみに待っていてほしい。第3回以降での実装が決定している内容は,「シングルモード」「バトルモン」,バトルモードでの新スキル10種,そして「ハウジングシステム Ver.2」の4点だ。どれも今までのファンタテニスに新しい楽しみを加えてくれるシステムばかりなので,実装されれば遊び方の幅はさらに広がりそうだ。

・シングルモード


「ニキ」には,ルンルンの魔法のせいで,魂だけがファンタランドに来てしまったという背景が
ファンタテニス
 シングルモードはその名のとおり,対戦相手がうまく見つからないときでも一人で遊べるシステムだ。シングルモードを選ぶと,まずワールドマップが表示され,次にプレイ可能なエリアから一つを選択。各エリアには10個のクエストが設定されており,そのクエスト条件を(当然テニスの試合で)クリアすれば次に進めるというものだ。クエスト遂行時には報酬として合成素材が入手できる。
 試合の相手を務めてくれるのは,「ルンルン」や「ニキ」をはじめとする,おなじみのキャラクター達。クエスト開始時には,各人がファンタランドの大会で勝たねばならない理由,彼らのバックグラウンドにまつわるストーリーなども,ささやかながら語られるようだ。
 シングルモード実装時には11エリアが最初から開放される予定で,エリアによってはレベル制限もある。ストーリーを楽しむゲームモードというよりは,ログインしたものの友達が誰もいない,適正レベルの対戦相手がどうしても見つからない,という,ちょっとした待ち時間を埋める感じでプレイするのに適したモードと言えるかも。

・バトルモン


ポテコ(上)とピカロ(下)
ファンタテニス
 βテスト開始時からアイコンだけは用意されていたが,長らく未実装のままであった「バトルモン」は,韓国で先に導入され,今回のアップデートでようやく日本でも登場となる。バトルモンは簡単に言ってしまえばペットのような存在で,ダブルスのパートナーとして試合に参加してくれる。リスのような外見の「ピカロ」と,小さな羽で飛び回る「ポテコ」は,どちらも期限付きの有料アイテム的な扱いで,可愛い容姿で試合に参加してくれる。
 「スタミナ」「満腹度」というステータス値があり,試合に出るたびに減少していくので,動かなくなる前に休憩させよう。また,使用期限が終了すると「仮死状態」となり,使用不可になってしまう。ペットを蘇生したい場合には,専用の有料アイテムが必要だ。
ファンタテニス
 試合に参加させたバトルモンには経験値が入り,プレイヤーと共に成長していく。レベルが上がってもバトルモンのステータス値に変化はないが,AIが少しずつ賢くなっていくとのこと。購入直後はサポートどころかプレイの邪魔ばかりしていた困り者のペットが,いつの間にかプレイヤーの良きパートナーになっていく……というわけだ。ハウジングシステムを利用していれば,庭で自分のバトルモンを眺めることも可能なので,ちょっとした癒し系といえなくもないかも。
 現時点で新種のバトルモンが追加される予定はないようだが,ぜひバリエーションは増やしてほしいところだ。

・ハウジングシステム Ver.2


こちらは現在のLv1ハウジング。ここからどんな風に景色が変わるのか,お楽しみに
ファンタテニス
ファンタテニス
 2007年3月に実装されたハウジングシステムは,室内を好みの家具で飾り付けたりできるだけでなく,試合で獲得できる経験値やGOLDをアップする機能も持っている。一戸建てのマイホームは小さいながらも庭付きで,合成素材が採集できるミニゲームとして「釣り」も用意されている。
 さて10月のアップデートでは,ハウジングポイントを溜めることでマイホームの拡張が可能になる。レベル2の「スモールハウス」は,家の見た目はもちろん庭も大きく広くなり,新たなミニゲームとして「木の実採集」が行えるように。もちろん採集できた木の実は,魚と同じく合成の素材となる。まだハウジングポイントが足りない……という人でも,レベル2にアップグレードした友達の家を訪問すれば,木の実採集は可能だそうだ。友情にヒビが入らない程度に分けてもらおう。
 獲得経験値とGOLDのボーナス値上限もアップするので,家の拡張は早めに行いたいところだ。なお,ハウジングシステムは今のところレベル5まで準備されており,もしかしたら釣りでもっと大物がかかるようになったり,ミニゲームのバリエーションがさらに豊かになったりするかも,とのこと。

・バトルモードでの新スキル追加


ファンタテニス
 「バトルモード」でコート上のクリスタルを取ることで,さまざまな魔法を繰り出して相手にダメージを与えられるという,ファンタテニスならではの攻撃スキル。10月のアップデートではさらに新スキル10種が追加実装される予定だ。隕石がコート上に降り注いだり,相手をミニサイズに変化させたりと,何かとド派手なエフェクトの多かった魔法スキルだが,今回も対戦相手をモアイ像風に固める「キス オブ メデューサ」,地面に地獄の穴を開ける「インフェルノ」など,ユニークなものが揃っている。バトルモードはテニスの腕前(操作)がダメでも,魔法の使い方一つで逆転可能という変わった対戦モードなので,各アイテムの効果をよーく研究して使いこなしてもらいたい。

※クリックで拡大します
ファンタテニス

この大型アップデートでどうなる?

事業運営本部の両氏にインタビュー


 おおよその概要をまとめたところで,永谷氏と大木氏に今回の大型アップデートについて聞いてきた話を,こちらはインタビュー形式でお伝えしよう。

4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。さっそくですが,4回連続大規模アップデートということで,二つの新モードや待望のバトルモン,細かいところではランキングや観戦機能まで,さまざまな機能が一気に実装され始めましたね。この連続アップデートで,韓国クライアントとのバージョン差は,だいぶ縮まったと見てよいのでしょうか。

ソリッドネットワークス事業運営本部 永谷典之氏
永谷典之氏(以下,永谷氏):
 これまではかなり差が開いていましたが,4連続アップデートが終了する頃には,ほとんど差がなくなります。アイテムの一部は入らないのですが,機能に関してはほぼ韓国バージョンと同じになりますね。

4Gamer:
 これで日本のファンタテニスファンも一安心ですね。

永谷氏:
 ただ,まだ実装したというだけで,機能として充実しているとは言いがたいんです。観戦機能も,試合を観戦できるのはたったの4人までですし,クラブシステム(ギルド)はできましたが,メンバーのオンライン/オフライン状態の確認はまだできません。

4Gamer:
 なるほど,機能そのものの充実も図る必要があるわけですか。

永谷氏:
 そうですね。とくにクラブシステムは現状,クラブレベルを上げて最大人数枠を増やすという目的しかありませんので,今後はオリジナルのエンブレムやユニフォームを作れるなど,クラブならではのアイテムやボーナスを得られるようにしたいです。クラブメンバー同士のダブルスができる,特別チャンネルがあったらいいかなとも考えています。

ランキング(左)とクラブシステム(右)
ファンタテニス ファンタテニス

4Gamer:
 そのクラブシステムですが,現在いくつぐらいのクラブが結成されたのでしょうか。

永谷氏:
 予想以上の数のクラブができてますよ,130個ぐらいかな。フレンド登録機能だけでは物足りなかったというプレイヤーさんが,それだけ多かったということなのでしょう。テニスゲームの性格上,試合中は相手に話しかけたり,ゆっくり友達になったりという余裕がありませんからね(笑)。以前からギルドシステムを入れてほしいという要望は,かなり来ていたんです。

4Gamer:
 今後はランキングやクラブシステムといった新機能を生かしたイベントなども行われるのでしょうか。ランキング一覧から各プレイヤーのオンライン/オフラインが分かると,自分と同程度の実力の人にすぐ試合を申し込めたりと,使い方はいろいろありそうですが。

ソリッドネットワークス事業運営本部 大木裕氏
大木裕氏(以下,大木氏):
 ランキングは1日1回の更新ですので,さすがにリアルタイムでの接続状態などは反映できませんが,ランキング機能を利用したゲーム内イベント,クラブ対抗トーナメント戦などはもちろん企画中です。

永谷氏:
 ランキングはシーズンごとに一度リセットしますので,イベント期間中に上位に食い込んだプレイヤーに報酬を用意するといった単純なもののほか,イベント終了時にちょうど50位,100位にランキングされたプレイヤーに何かプレゼントする,といった遊び方もできるでしょう。ほかのゲームモードと連動させた機能などは,まだまだこれから考えていくつもりです。

4Gamer:
 アップデート内容から少し離れますが,ファンタテニス全体について質問させてください。βテストが始まった当初は,各コートに特色を持たせるという発表でしたよね。例えば冬景色のコートはキャラクターが滑りやすいとか。これについては実装される見通しはついたのでしょうか。

大木氏:
 鋭意開発中としか申し上げられないんです……。実は過去に期間限定でプレイできたクリスマスマップは,今言われたように滑りやすいコートでした。しかし,すべてのコートにそういった特徴を付けるにはバランス調整が難しく,開発はお願いしていますし進行していますが,実装までは少し時間がかかりそうです。

やっぱりこの短いスカートはファンタテニスに欠かせない要素?
ファンタテニス
4Gamer:
 もう1点気になっているのが,日本でのサービス向けに,キャラクターの下着が見えたり胸が揺れたりするよう変更が加えられた,というお話でしたよね。あれは日本側からの指示というかアドバイスがあっての変更だったんですか。

大木氏:
 いえ,ファンタテニスは最初から日本市場を意識して作られたタイトルです。いわゆる日本のアニメーションや漫画に見られる,計算された動きを取り入れたものだと思われます。

4Gamer:
 今後も追加されるキャラクターがあるとして,そういった路線は維持していきます?

大木氏,永谷氏:
 ……どうしたらいいですかね(笑)。

大木氏:
 社内的にはもっと増やしたほうがいい,という意見も出ていたような気がします……。

4Gamer:
 きっとプレイヤー側も,そこに期待している人は多いでしょうね。では最後に,読者に向けたコメントをいただけますか。

大木氏:
 ようやく必要なシステムが揃い,ここからいかに皆さんに満足していただけるよう運営が頑張っていくか,ですよね。日本では現在もMMORPGが主流ですが,まだまだ開拓されていないカジュアルゲームのジャンルの中で,充実したコンテンツと運営体制を目指していきます。

永谷氏:
 カジュアルなオンラインテニスゲームということで,大会を開いたりなど,運営部分をもっと強化していきたいです。

4Gamer:
 本日はありがとうございました。

ファンタテニス

 カジュアルゲームという括りの中でも,ルールや操作がシンプルで分かりやすいスポーツゲームは,どんなに長くても1試合5分〜10分程度で終わるため,息抜きやちょっとした気分転換に利用するのに向いている。半面,あまり長時間じっくり遊ぶ作りではなかったり,コミュニケーション機能が簡素だったり,というのが一般的である。
ファンタテニス
 ファンタテニスはオンラインテニスゲームという軸に加えて,テニスコートを利用したチャットルーム,自分好みに家具を配置して友達も呼べるハウジングシステム,テニスとはまったく無関係なところで一人でも楽しめる「釣り」や「木の実採集」といったミニゲームなど,プレイヤーが自然とファンタテニスの中で長い時間を過ごし,コミュニティを築きやすい工夫がなされている。10月のアップデートで追加実装されるペット,バトルモンもその一つだろう。

 2006年あたりから国内でも数多くのカジュアルゲームがお目見えし,カジュアルゲームの時代が到来か? とも思われたが,2007年も半分以上が過ぎ去ってみると,サービス終了あるいはβテスト延期という残念な結果に終わったタイトルが多い。
 ファンタテニスは,これまで未実装だっだ機能がようやく一通り揃い,真の完成を目指すのはこれからといった状態だ。ぜひ,ファンタテニスならではの魅力を生かしながら,さらなる発展をしてほしいと思う。
  • 関連タイトル:

    ファンタテニス

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2019/11/08)
テニスの王子様 2005 CRYSTALDRIVE(コナミザベスト)
amazon価格:12800円
Video Games
発売日:2006-06-29
Wii Sports
amazon価格:4780円
Video Games
発売日:2006-12-02

テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇 Final Vol.1
amazon価格:5198円
DVD
発売日:2008-07-25
テニスの王子様 Original Video Animation 全国大会篇 Final Vol.2
amazon価格:2742円
DVD
発売日:2008-10-24


4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
タイトル評価ランキング
88
84
DEATH STRANDING (PS4)
76
鬼ノ哭ク邦 (PC)
56
Epic Seven (iPhone)
2019年07月〜2020年01月