オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ストーカー 〜クリアスカイ〜 日本語版公式サイトへ
読者の評価
77
投稿数:7
レビューを投稿する
海外での評価
76
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
[GC 2007#058]前作での反省点を生かして飛躍を遂げられるか? 「S.T.A.L.K.E.R.:Clear Sky」
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2007/08/25 17:56

ニュース

[GC 2007#058]前作での反省点を生かして飛躍を遂げられるか? 「S.T.A.L.K.E.R.:Clear Sky」

 「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」(以下,Clear Sky)は,ウクライナのデベロッパGSC Game Worldが2007年3月にリリースしたFPS「S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl」の続編にあたる作品だ。

 1986年に起こったチェルノブイリ原発事故と,その後2006年に起こった原因不明の大爆発の影響で,チェルノブイリ周辺は,人体に有害な物質と異形の生物に溢れた,「Zone」と呼ばれる危険地帯となってしまった。プレイヤーはそのZoneで危険な仕事を請け負うことで生活する,ハンターのような存在“ストーカー”の一人となって,最終的にはZoneの謎の核心へと踏み込んでいく……というのが前作の大まかなストーリーだ。新作のClear Skyでは,その一年前の物語が描かれる。

 S.T.A.L.K.E.R.は一般的なステージクリア型のFPSではなく,広大なマップ上を自由に行き来しながら請け負ったミッションをこなしていくという,ノンリニアな展開が楽しめるのがウリの一つとなっていた。Clear Skyでもこのコンセプトはしっかりと引き継がれる。

 ゲームシステムの面では,「A-Life」「X-Ray」の二つがキーワードだ。「A-Life」はマップ上に存在するNPC達が自立的に行動して,勝手に敵対勢力に攻撃を仕掛けたり,拠点を乗っ取ったりすることで状況が変化していくという,この作品ならではの仕組みのこと。「X-Ray」は,この作品で使われているGSC Game Worldオリジナルのゲームエンジンの名称だ。Clear Skyはその最新バージョン「X-Ray1.5」を使って作られている。



Valentine Yeltyshev氏
 さて,今回のGCではGSC Game WorldのPRマネージャー Valentine Yeltyshev氏から,現在のバージョンを目の前でプレイしてもらいつつ,ゲームの説明を受けることができた。

 見せてもらえたのは,前作にも出てきたような湿地帯のマップ。プレイヤーキャラクターが平坦な草地を歩いていると,上空から敵のヘリコプターがやってきて,こちらに対して発砲してきた。そこで目の前にあるブッシュの中に身を隠すと……攻撃が止んだ。さらにしばらくじっとしていると,完全にこちらを見失ったようで,傍受中の無線でも確かにそのようなことをしゃべっている。これまでにあったFPSでは,フィールド上のブッシュなどは遮蔽物の役目を果たさず,隠れてみたところで敵からは丸見え,という現象に遭遇することが多々あった。しかしClear Skyでは,そんなことはないようだ。

 湿地をしばらく進むと,味方であるストーカーの一団に出会った。彼らはときどき,向こうから近づいてくるイノシシに向かって攻撃している。「A-Life」で自立的に行動しているのだ。Yeltyshev氏に促されてよく見てみると,ストーカー達の動きには,これまでよりもバリエーションが増えている。アニメーションのパターンはかなり増やしたとのことで,Clear Skyに登場するキャラクター達はより多様な振る舞いを見せるようになっているとのことだ。



 前作のグラフィックスは,発表当時こそ衝撃的だったものの,度重なる発売延期がたたって,発売の頃には他作品と比べてそれほど変わらないものとなってしまっていた。しかしClear Skyのグラフィックスは,もしこれがちゃんと予定通りにあと半年程度でリリースされるのならば,最新世代のFPSと肩を並べるものとなるだろう。GSCとしてもグラフィックスの美しさは注目してもらいたいポイントのようで,時間の経過に合わせてダイナミックに動く光と影の質感の高さや,パララックス・マッピングという技術を使って表現されたオブジェクト表面の高いリアリティなどを,たびたびこちらにアピールしていた。

 しばらく戦闘をしてみて気がついたのは,リロード時に画面がぼやけること。銃と手ははっきり描画されるのだが,奥の風景はぼやけて描画されるのだ。確かに現実では,手元を見ているときにその後ろにある風景はぼやけて見える。「X-Ray1.5」では以前よりも画面の深度をうまくコントロールできるようになったため,このような表現が可能になったそうだ。

 現在はまだ,グラフィックスやAI,つまり「X-Ray1.5」や「A-Life」といったゲームの基本部分を作るのに注力している段階らしく,インベントリのスクリーンやPDAの画面などは前作とあまり変わらないものが使われていた。ただ前作のUIが使いにくいものだったことはしっかり把握しているようで,この先必ず,より使いやすいものに変更するそうだ。システムに関する改良点はそれだけではなく,お金とトレードのシステムがあまりうまく機能していなかったことや,長距離の移動がときにとても面倒だったこと,持ち運べるアイテムの重量の上限が低めなのにも関わらず荷物を保管しておく場所がなかったことなど,これまでファンに指摘されてきた弱点は,多くが改良の対象となっているとのこと。



 「S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky」の発売予定時期は2008年の第2四半期。前作は発売を何度も延期されて,ファンはやきもきさせられたが,今作はスムースに発売まで持っていってもらいたいものである。(ライター:星原昭典)






  • 関連タイトル:

    ストーカー 〜クリアスカイ〜 日本語版

  • 関連タイトル:

    S.T.A.L.K.E.R.: Shadow of Chernobyl 日本語マニュアル付 英語版

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2020/07/16)
S.T.A.L.K.E.R.: Clear Sky 日本語マニュアル付英語版
Software
発売日:2008/09/26
価格:10093円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
4Gamer.net最新情報
プラットフォーム別新着記事
総合新着記事
企画記事
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月05日〜12月06日
タイトル評価ランキング
94
74
原神 (PC)
68
59
原神 (PS4)
50
LOST ARK (PC)
43
VALIANT TACTICS (PC)
2020年06月〜2020年12月